皆さんも絶対に名前くらいは聞いたことあると思いますがニキビ治療薬の「クレアラシル」。テレビCMでも大々的にニキビケアができるという事で宣伝しているので、それなりに効果も期待できるのではと私も思ってはいました。ですが、実際にどの様な成分が配合されているのかなど気になるところも多くあります。

 

そこでこの記事ではクレアラシルについて徹底的に調べた内容をまとめておきます。もしですが、何かニキビ治療薬でいい商品ないかなと考えている方でしたら、少なからず参考になるのではと思います(^^)/

 

クレアラシルはCMでお馴染みのニキビ治療薬!!

 

 

クレアラシルと言えばテレビCMでも紹介されているニキビ治療薬です。殆どの方が知っているでしょうが、本当にニキビ治療ができるのかは使った方にしか分からないというのも事実です。また、ニキビ治療薬で不安なのは肌荒れなどの副作用です。たまにですが、ニキビ治療薬でニキビが悪化したという話もたまに聞きます・・・(゚д゚)!

 

私もテレビCMを見てニキビに効果が期待できそうだなとは思っていたのですが、試してみてはいなかったのです。なぜなら、申し訳ないのですが、私自身はニキビがある訳ではないのでニキビ治療薬を使うという事はないのです。ですから、この記事はクレアラシルがニキビ治療に効果が期待できる理由、特に有効成分についてまとめてみました。

 

以下からが私が調べた内容なので、ぜひ参考にしてください(・∀・)b

 

 

クレアラシルの第2類医薬品って、どういう意味!?

 

 

処方薬と市販薬の違いについて!!

 

まず始めに私がクレアラシルで注目したのは、医薬品の中でもどの様な分類になるのかという事です。詳しく調べていくと、クレアラシルは一般市販薬という分類になるそうです。皆さんも聞いたことあるでしょうが、処方薬と市販薬の違いって、何なんか知っているでしょうか??

 

実はですが処方薬と市販薬には以下のような理由がある使い分けられているのです。

 

  • 処方薬 ・・・ 病院やクリニックなどで医師の診断に基づき、診断書(処方箋)付き医薬品
  • 一般市販薬 ・・・ ごく普通に私たちが自由に薬局やドッグストアで購入できる医薬品全般

 

という事です。ですから、この時点でクレアラシルは一般市販薬に分類さえる事が分かります。とは言え、この時点で一般市販薬だからどうなの??という事になると思います。そこで、以下に更に詳しく一般市販薬の分類を記載しておきました。クレアラシルが医薬品の中でも安全性が高い事が分かるはずです。

 

第2類医薬品という分類について!!

 

クレアラシルを薬局やドラッグストアで手に取ると、容器には「第2類医薬品」という文字が記載されています。医薬品という事はよく分かりますが、第2類医薬品というのが、今一つピンとこない方が殆どだと思います。実はいうと、一般医薬品の中にも色々分類分けがあるのです。以下の様に・・・

 

第1類医薬品とは

副作用、相互作用などの項目で安全性上、特に注意を要するもの。店舗においても、生活者が薬剤師の説明を聞かずに購入することがないよう、すぐには手の届かない場所に陳列などすることとされています。販売は薬剤師に限られており、販売店では、書面による情報提供が義務付けられています。

 

ですから、街中の薬局やドラッグストアに行っても第1類医薬品が商品棚に陳列されているという事はあり得ません。それに余程の症状がない限り必要とする方もいない事でしょう。詳しくは薬剤師の方に直接聞いてみるのも良いかと思います。

 

第2類医薬品とは

副作用、相互作用などの項目で安全性上、注意を要するもの。またこの中で、より注意を要するものは指定第2類医薬品となっています。第2類医薬品には、主なかぜ薬や解熱剤、鎮痛剤など日常生活で必要性の高い製品が多くあります。専門家からの情報提供は努力義務となっています。

 

クレアラシルはこの分類になるという事です。私としては一般人が気軽に購入できる医薬品お腹でも比較的効果も期待しやすく安全性もそこそこあるのではないかというところです。勿論、絶対大丈夫と帆書するものではないので、使用上の注意はしっかりと守る必要はあるでしょうが(笑)

 

第3類医薬品とは

副作用、相互作用などの項目で、第1類医薬品や第2類医薬品に相当するもの以外の一般用医薬品を指します。

 

 

クレアラシルの成分チェック※有効成分の詳細※

 

 

クレアラシルの全成分をピックアップ!!

 

では、さっそく本題ですが、クレアラシルにはニキビ治療に有効な成分に何が使用されているかという事です。これこそがクレアラシルがニキビ治療に効果が期待できるかの重要なポイントになると思います。以下にはクレアラシルの全成分をピックアップしておいたので参考にして下さい。

 

【クレアラシルの有効成分】
イオウ・・・3%
レゾルシン・・・2%
グリチルリチン酸二カリウム・・・0.5%
トコフェロール酢酸エステル・・・0.5%
(100g中 イオウ 3g、レゾルシン 2g、グリチルリチン酸二カリウム 0.5g、トコフェロール酢酸エステル 0.5g)
◎クレアラシル S3は、添加物として、亜硫酸水素Na、エデト酸Na水和物、メチルパラベン、ミリスチン酸イソプロピル、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ワセリン、流動パラフィン、セチル硫酸Na、ブチルパラベン、ポリソルベート80、ジメチルポリシロキサン、ベントナイト、1,3-ブチレングリコール、無水ケイ酸を含みま

◎クレアラシル H3は、添加物として、亜硫酸水素Na、メチルパラベン、ミリスチン酸イソプロピル、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ワセリン、流動パラフィン、セチル硫酸Na、ブチルパラベン、ポリソルベート80、ベントナイト、1,3-ブチレングリコール、酸化チタン、三二酸化鉄、酸化鉄、タルクを含みます。

 

先ず、クレアラシルの成分で注目するのは以下の4つの成分です。以下の4つの成分は厚生省が効果を認可した成分です。ですから、ニキビ治療のポイントともいえる重要な役割を果たしているのです。

 

 

【有効成分その1】イオウとは!?

 

イオウと言えば、皆さんも科学の授業などでも触れた成分だと思います。それにイオウは温泉の成分としても有名ですが果たして、そのイオウにどの様なニキビ治療の効果があるのかというと、実は、イオウには大きく分けて3つの効果があります。

 

  • 1つは殺菌作用で、ニキビの原因となるアクネ菌を減少させること。
  • 2つ目は、角質を柔軟にして毛穴が詰まるのを防ぐ作用。
  • 3つめは、硫黄が持っているもっとも強い作用が、皮脂分泌を抑制して肌表面を乾燥させる。

 

ニキビというのは、角栓によって詰まった毛穴の中に皮脂が溜まり、その皮脂をエサに増殖するアクネ菌が炎症を誘発するという順序で悪化していきます。ですから、イオウが持っている3つの効果はニキビ治療に効果があると言えるのです。温泉が肌質に効果が期待できるというのも、実はこんな理由があるからなんですね!!

 

 

【有効成分その2】レゾルシンとは!?

 

レゾルシンはレゾルシノールともいい、ベンゼンスルホン酸から化学合成で作られる有機化合物の一種です。白色の針状結晶で、防腐剤、殺菌剤、鎮痛剤、色素の製造などに使用されている二価フェノールです。また、タイヤコードや木材の接着剤、樹脂の紫外線吸収剤などの原料としても広く使われています。

 

角質を溶かす働きがあるので、新陳代謝が乱れた肌に使用するとニキビを予防し、フケを防止する作用があり、医薬部外品や頭皮ケア製品によく使用されています。また、皮脂過剰が原因で起こる脂漏性湿疹や、フケや角質が毛穴に詰まって起こる粃糠性(ひこうせい)脱毛症の治療薬としても使用されています。

 

 

【有効成分その3】グリチルリチン酸二カリウムとは!?

 

カンゾウ根エキスの主成分グリチルリチン酸の水溶成分です。同じグリチルリチン酸の湯同体で、油溶性のものが、グリチルリチン酸ステアリルです。水溶性なので、化粧水などの水溶性成分の多い化粧品によく配合されています。医薬部外品の有効成分で、強力な消炎作用があります。

 

グリチルリチン酸二カリウムと医薬品であるステロイドホルモンは、構造骨格が似ているため、同じようにとらえられる事があります。しかし、化粧品に配合されるグリチルリチン酸二カリウムには、ステロイドのような免疫抑制採用はありません。

 

 

【有効成分その4】トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)とは!?

 

トコフェロール酢酸エステルは、分かりやすく言えばビタミンEの事です。水にほとんど溶けず、アルコールやオイルによく溶ける性質を持っています。発毛促進剤にも使用される他、医薬品として内服・概要に使われる事もあります。皮膚の抹消血管を拡張して血液循環を促進する働きや、皮膚の角化を促進する働きを持ちます。肌荒れ防止や老化防止、くすみを防ぐ効果があると言われています。

 

以前は、合成のトコフェロールと天然のトコフェロールの両方を合わせて3種類あったそうですが、現在、日本化粧品工業連合会が作成している化粧品の成分表示名称では、これらは全てとこでロールと言いう名称に統合されています。

 

 

クレアラシルの効果に隠された3つの力とは!?

 

 

【効果その1】ニキビの頭部を開き皮脂を吸収!!

 

クレアラシルには塗る事で皮膚の末梢血管を拡張し、血液循環を促進留守働きがあります。ですから、ニキビができた幹部の毛穴の開きも促進します。ニキビができている幹部は毛穴が閉じて皮脂が詰まっている状態が多くあります。ですから、毛穴が開く事で皮脂が排出されやすくなるのです。

 

また、毛穴が開くことで後から排出される皮脂も詰まりにくくなるのです。その為に、現在の悪化しているニキビの幹部だけでなくニキビ予防にも効果が期待できるのです。

 

 

【効果その2】アクネ菌を徹底的に殺菌!!

 

人の肌にはアクネ菌という常在菌が存在します。ですが、ニキビができている幹部は、このアクネ菌が増殖している傾向にあります。クレアラシルの有効成分には増殖したアクネ菌を抑制する強力な消炎効果があります。その為に、ニキビで延焼した幹部は、クレアラシルを塗る事で炎症が治まりやすくなるのです。

 

 

【効果その3】ニキビの腫れや赤みを抑える!!

 

クレアラシルの成分は消炎効果だけでなく、皮膚細胞の生成を促す成分も配合されています。ですから、炎症が起きて傷んだ肌を積極的に修復する働きも期待できるのです。クレアラシルを継続的に使用する事で炎症を抑制し、ニキビができにくい肌へ修復していく事ができるという訳です。

 

 

 

 

クレアラシルを私も体験してみると!?※体験画像付き※

 

さっそく私も、クレアラシルがどんなものか近所のドラッグストアで探してみることにしました。

 

 

先ほども説明しましたが、クレアラシルは一般医薬品の中でも第2類医薬品ですから誰でも気軽に購入できるのはありがたいところですよね。ではでは、店内へとは言ってみることにします♪

 

 

 

今回私が選んだのはこの小さいタイプ(もっとも一般的なもの)です。商品名のところを見ると「クレアラシルニキビ治療薬クリームH3」というのが正式な名称の様です。

 

 

 

手に取ってみたのですが、本当に「ちっちゃい~~~(゚д゚)!」って感じです。価格にするとこれで約1,000ですから、そこそこの値段だという事が分かります。まあ、これでニキビが改善するなら安いものですがね(笑)

 

 

 

自宅に持ち帰り、色々と調べてみている最中です(^ω^)

 

 

 

箱の両サイドには有効成分や使用方法の注意点なども詳しく書いてあるので、特にこの時点で気になる点もないなという気がします。というよりも一般の方がこれを見てもよく分からないはずです・・・

 

 

 

消費期限も空いているので、消費期限切れになる心配もなさそうです。保管方法によっては、使えなくなることもあるでしょうが、普通にしまっておく分には大丈夫なはずです。

 

 

 

箱から中身を取り出してみました。すると。こんな感じで本体のチューブと説明書がありました。

 

 

 

容器の横に記載されている文字は小さくて見づらいという方は、この説明書を見れば余程は安心でしょう。まあ、老眼でニキビ肌という方はほとんどいないかもしれませんが・・・

 

 

 

ではでは、チューブの中身はというとこんな感じで、肌の色に近いクリーム状でした。無臭で特に刺激もないので、肌の弱い方でも安心して使えるのではないかと思います。

 

 

 

指に適量取り、それをそのままニキビの幹部に塗るという簡単なものです。但し塗る前に顔もしっかりと洗顔して水気を取っておく事と、指も衛星にしておくのは最低条件ですね!!

 

 

クリームを拡大してみるとこんな感じです。少々ピンボケして分かりずらいですが、指でも簡単に伸びます。

 

 

 

実際に顔につけてみました。残念ながら私はニキビはないので、私の母に代役としてお願いしました。母の感想としては、特に刺激もないので良いのでは??という事でした。

 

 

この様に伸ばして分かるのは、クレアラシルは肌に馴染みやすいなど言う事です。肌がべたつくほどでもないですし、色も肌に馴染みやすい感じです。

 

 

 

最後の塗り終わるとこんな感じです。適量を塗れば、そこそこ伸びるので長持ちするでしょうし、効果もそれなりに出て着るのではないかと思います。(私はニキビがないので試せませんでしたが・・・)

 

 

クレアラシルを愛用者の口コミも徹底調査!!

 

 

私だけの意見でも何かと思い、クレアラシルを愛用した方の口コミも調べてみました。私が調べたのはネットの口コミサイトでも信憑性が高い@コスメです。やはりという感じですが@コスメにはクレアラシルの内容がありました。

 

クレアラシルの口コミ件数は770件でまずまずの量があり、総合評価は☆3.4という事でした。私が思うにですが、ニキビ薬なので化粧品の様に劇的に見た目で効果が分かる訳もなく評価はそこそこという感じなのではと思います。それにニキビというのは薬以外にも色々な要素が関係していますから・・・

 

ちなみに、以下はクレアラシルの口コミ内容のほんの一例です。興味あれば参考にしてください(・∀・)b

 

男性 27歳 (敏感肌)
ポツポツと定期的にできてしまうので買ってみました。
即効性はないと思いますが何日か使っていると赤みが引いて小さくなっていきます。
ただ乾燥しやすくなるのかカサカサとしてきて少し皮がむけてきてしまうことがありました。
乾燥肌の方や敏感肌の方は気を付けて使ったほうがいいかなと思います。
女性 24歳 (乾燥肌)
鼻の下に大き目の痛いニキビができたときに購入しました。
その大分後に右頬全体に広くニキビができた時の晩にたっぷり塗りました。
寝返り時に他所につかないっようにマスクをして寝た翌日には、ニキビがほとんど消えていたので感動しました。
なくなったらまたリピしたいと思います。
女性 20歳 (脂肪肌)
顎にできたニキビに使用していました。小さいものなら効くと思います。
しかし、毎晩風呂上がりに顎全体に薄く塗るようにつけていたら、数日後カサカサ皮がむけ、赤くなりました。
長年様々なメーカーの様々な化粧品を使ってきて肌荒れした事なかったので、驚きました。
(硫黄?のせいかもしれません。)ファンデで隠れないほど皮がめくれてきてしまったので、要注意です。
使用する際は、ニキビが全体にあっても伸ばさず、1つ1つに乗せるようにつけるといいと思います。
心配な場合は一日置きとか様子をみるといいでしょう。
とにかくこの商品は、軽度のニキビ向けであり、かつ1日で完治することを期待してはいけません。
間違っても全体に塗りたくらないように。肌が強くても荒れます(T_T)
女性 16歳 (混合肌)
Tゾーンのニキビに悩まされていた時、母親に勧められて買いました。
患部に塗ると、すぐ赤みが引いて小さくなります。
今まで皮膚科やドラックストアなど色々なニキビ商品を試しましたが、これが1番ヒットです。
多少ベタベタするので、洗顔の後に塗るといいと思います。

 

こんな感じで、確かにクレアラシルを使ったからと言って必ず効果が出るものではないのですが、それでも好評な内容もかなり多く見つかりました。ですから、ニキビ肌悩む方は試す価値もあるのではないかと思います。

 

 

クレアラシルはニキビ治療に効果ある!?【まとめ】

 

 

残寝ながらこの記事を書いている私はニキビ肌ではないので、クレアラシルを使って効果を体験するという事はできません。ですが、クレアラシルの有効成分や口コミ内容を見る限りですが、ニキビ治療薬としてかなり有効なのではないかと思います。事実、効果を実感している方も多いようです。

 

それにですが、私自身も近所のドラッグストアでニキビ治療薬について薬剤師の方に色々と伺いましたが、やはりニキビ治療薬であればクレアラシルが有効なのではないかという事を言っていました。薬剤師の方が言うくらいですから、なおの事、信用性も高い事がうかがえます。

 

もしですがクレアラシルについてもっと知りたい時は、以下から詳細が調べられます。ぜひ、皆さんもニキビ地用の参考にしてくださいね(・∀・)b