ニキビ跡について、多くの方がなかなか消えないという事で悩まれている事でしょう。折角、ニキビの炎症が治まったににニキビ患部が赤くなったまま、目立ってしまう事もあるでしょう。そんな赤みを帯びたニキビ跡ですが、いったいどんな理屈でできているのか、そして、どの様にケアして良いのかがイマイチ分からないという方も多いのではないでしょうか??

 

ニキビ跡の赤みですがケア方法を間違えていまえば、後々まで残ってしまう事もあるかもしれません。そうならない為に、ニキビ跡の赤みの原因をしっかりと理解し、正しいケア方法を実践していきたいところです。この記事では、そんなニキビ跡の赤みに悩む方に役立ててもらえればという内容をまとめました。

 

ニキビ跡の赤みは、いったい何が原因なのか!?

 

先ずはニキビ跡の赤みをケアするには、なぜ赤みになるのかのメカニズムを知る必要があるでしょう。以下には画像付きでニキビ跡の赤みの正体を分かりやすく説明しました。ぜひ、参考にして下さい。

 

ニキビ跡が赤く目立つメカニズムとは!?

 

 

先ずは、なぜニキビが治っても赤みが残ってしまうのか肌の仕組みについて説明しておきます。そもそもですが、ニキビができた幹部というのは炎症が起きて組織が破壊された状態にあります。すると、人間の皮膚組織は治癒能力が備わっていますから、その部分を修復用と毛細血管が集中してくるようになります。

 

すると部分的に集中した毛細血管が赤く目立つようになるのです。これこそがニキビ跡にできる赤みの原因です。毛細血管が手中しているためにできる、そして元々ニキビの幹部だった場所にできることからニキビ跡と考えられますが、決して後ではないのです。厳密には肌の赤みですからに規模跡とは違うというのが医学的な見解です。

 

 

ニキビ跡の赤みは治るものなのか!?

 

 

でも、仮にですがニキビ跡の赤みがすでにできてしまったといます。そんな時はどうしたら良いのかという事です。始めに思いい浮かぶのは、赤みが本当に気慰霊になるのかという事ではないでしょうか?もしかしたら、このままシミになってしまうのではと不安に思っている方も多いのではないでしょうか??

 

そのニキビ跡のかか実ですが、個人差はあるにせよ、時間がたてばかなり薄くなることが判明しています。とは言っても、1週間やそこらで治るという事ではないです。おおよそですが、ニキビ跡の赤みは2~3年ほどで目立たなくなるケースが多いようです。但し、赤みが酷い場合は5年以上かかったり、時にはどうしても消えない事もあるでしょう・・・

 

ですから、ニキビ跡の赤みを自然放置で治すというのは可能でああるものの、かなり長い期間かかるという事を覚悟しなくてはいけないという事が分かります(;^ω^)

 

 

ニキビ跡の赤みが日焼けしたらどうなるの!?

 

 

ニキビ跡の赤みは、ニキビの炎症時と比べ痛みを伴わないため「いつか自然に治る」と放置してしまう方がが多いのですが、それも問題の一つです。

 

先ほども触れたように、ニキビ跡の赤みができて、それが治るまでにはかなりの期間がかかります。仮に2~3年かかると仮定します。すると、少なからず紫外線対策も重要になってきます。容易に想像がつくことですが、ニキビ跡の赤みを紫外線にさらし続ければ、その部分は黒ずみに変わります。

 

紫外線は細胞をダメージを与え、肌の代謝を起こしにくい状態を作ります。紫外線によって、黒ずんだ肌は代謝もしずらく皮膚内部にまでダメージが起こるとそのまま色素沈着という事で、ずっとシミになって残る事が予想されます。これは日差しが強い夏場は当然ですが、正確には紫外線対策は1年を通して対策をする事が大事だと言われています。

 

中には、街中の薬局やドラッグストアで独自に日焼け止めクリームなどをぬっている方もいる様ですが、稀にそれが脂肪分として肌のニキビの原因なるアクネ菌の増殖につなげている時もあるようです。ですから、ニキビ跡の赤みが出来立た時も、炎症がなくてもケア用品は肌に合うものを慎重に選びたいと事です!!

 

 

ニキビ跡の赤みをできるだけ早く治したい時は!?

 

では、ニキビ跡の赤みができてしまったら、そんなに長い期間ケアし続けないといけないのかと思う方もいるでしょう。確かに肌ケアは継続的にというのが基本中の基本ですから、いざ仕方ないという事もあります。ですが、単に肌が回復するのはまた待つだけでなく、自分自身で肌の回復を促進する事も出来るのです!!

 

ニキビ跡の赤みを治すポイントは、肌質をできるだけ正常な状態にしたまま、肌の代謝(ターンオーバー)を促す事が重要になってきます。肌の代謝とは肌の深層部でできた皮膚組織が事件の経過とともに肌表面に出て、やがて時間の経過とともに劣化して剥がれ落ちるまでの一連の流れです。

 

ニキビ跡で赤みがあ場合、その症状を改善しようと考える時、重要になってくるのは、肌を新しいものに生まれ変わらせることになります。ですから肌の代謝が注目されるのです。ただ、肌の代謝というのはそれなりに時間がかかるもので、若い20代の女性でも28日以上かかる言われています。

 

そして年齢が増えるに従い肌の代謝の期間は余計にかかると言われています。これがニキビ跡の赤みが目立たなくなるまでに時間がかかるという割れる理由です。また、目立たなくするためのポイントは以下にこの代謝を促すかにもよるのです。言い換えれば、ニキビ跡の赤みをいきなり改善するという事は難しいという事です・・・。

 

 

ニキビ跡の赤み改善には化粧水を効果的に使うべき!!

 

 

ニキビ跡の赤みを改善するには、保湿成分と美容成分(コラーゲンやヒアルロン酸)が配合された化粧水が効果的と言われています。さらに、グリチルリチン酸やカンゾウ根エキスなどのニキビの炎症を抑える成分が入っていれば、同時にニキビの炎症などもできて、直義といったところでしょう。

 

肌の保湿を補うと、皮脂の分泌を抑えるはたらきがあるので、ニキビ予防にも効果が期待できる反面、肌が乾燥する場合があります。ヒアルロン酸やアミノ酸、コラーゲンといった保湿成分を含んだ化粧水を積極的にニキビ跡の赤みに使用していく事は効果的なのです。

 

上記の動画はニキビ跡の化粧水として最も多くの方が愛用しているリプロスキンの内容です。

 

【リプロスキン5つのポイント】

1,研究開発された独自の浸透技術、「ナノBテクノロジー3.0」を採用!
(10億分の1メートルまで小さくした有効成分をお肌の奥まで浸透させます)

2,販売6年の実績、「ニキビ後ケア化粧水ランキング5冠達成!」
(日本アクネケア化粧品研究所調べ)

3,日本に限られた工場しか持っていない、「ナノ乳化」「ブースター」技術を採用!
(リプロスキンの後に使う化粧品の美容成分もお肌に引き込みます)

4,敏感肌にもオススメ、6つの成分フリー!
(パラベン、アルコール、鉱物油、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料)

5,販売会社のスタッフが全員、「スキンケアアドバイザー」を取得!
(日々、専門性を磨きお客様を全力サポート)

 

ニキビ跡の赤みというのは、できたくてできるという方はいないと思います。それにできてしまったとしても、クレーターの様に肌組織が破壊されたニキビ跡でもない限りは改善の見込みがあるのです。ですから、ニキビ跡の赤みもできてしまったからと言って、諦めずに根気よくケアしてもらえればと思います。

 

⇒ リプロスキンの公式サイトを確認したいときはこちらか!!

 

 

ニキビ跡の赤みを隠したい時はコンシーラーも!?

 

ニキビ跡の赤みを治すには上記の様に化粧水を使用しながら、なるべく日焼けしないような工夫をしていく事が重要でしょう。ですが、それでも時間がかかるのも事実です。ですから、今すぐにでもニキビ跡の赤みを何とかしたいという方向けのケア方法も紹介しておきます。それが何かというと「コンシーラー」です。

 

コンシーラーは、ファンデーションだけでは隠しきれない肌のトラブルシミ・そばかす・ニキビ・ニキビ跡・赤みなど部分的に気になる部分をカバーしてくれます。コンシーラーは、簡単に言えば、自分の肌に合ったものを使えば、ニキビ跡の赤みなどをキレイに隠してくれる便利な化粧品という事です。

 

肌が立体的に見え、顔の印象も変わります。コンシーラーを上手に使ってメイクすれば、万能化粧品アイテムと言えるのです。ちなみに私がおすすめするコンシーラーは以下です。

 

 

 

【ケアミネラルコンシーラUV(24h cosme)の配合成分】
マイカ、ホホバ種子油、ヤシ油、アロエベラ葉エキス、アルガニアスピノサ核油、オリーブ果実油、ツバキ種子油、マカデミア種子油、ウメ果実エキス、ビワ葉エキス、ヨモギ葉エキス、クマザサ葉エキス、コシロノセンダングサエキス、トコフェロール、水、エタノール、BG、アルミナ、(+/-)シリカ、タルク、酸化チタン、酸化鉄

 

天然由来、石油由来に関わらず、お肌に負担になる成分は極力使用せず、肌への優しさをとことん追求したコンシーラーですね。初めてお肌にのせるファーストメイク、ベビーやキッズに頬ずりするママメイク、肌に負担になる長時間メイク、敏感肌に悩むお肌の弱い方、すべての女性に「肌悩みを気にせず、思いっきりメイクを楽しんでもらいたい」そんな想いから生まれ商品だそうです!

 

 

ニキビ跡を隠すコンシーラーの塗り方

 

ニキビ跡のタイプによってもコンシーラーの塗り方が変わってきます。タイプに合った方法を試してみてください。赤みのあるタイプがどのような塗り方なのか抑えておいてください。

 

1.コントロールカラーで色調整
色味が気になる平らなニキビ跡は、化粧下地の後に素肌の色調整ができる部分用コントロールカラーをつけるとよいでしょう。赤みのあるニキビ跡にはグリーン系を、その他にはイエロー系を使用がおすすめです。

 

2.ニキビ跡の色に合ったコンシーラーを塗る
その後、上記にある「ニキビ跡をカバーするコンシーラーの色」を参考にコンシーラーを塗ります。ファンデーションを塗って仕上げればベースメイクが完成です。

 

 

ニキビ跡の赤みを隠すコンシーラー【まとめ】

 

ニキビ跡をカバーするコンシーラーを選ぶ際は、カバー力はもちろん、ケアを視点に入れた肌にやさしいものを選びましょう。ビタミンC誘導体など肌によい成分や、ヒアルロン酸など保湿効果のある成分が配合されたものもおすすめです。但し、ニキビの元になるオイル成分が配合されていないことが重要です!!

 

また、コンシーラーの後はパウダーファンデーションをつけるとサラリとした仕上がりになります。また、パウダーファンデーションの粉体には、ニキビ跡を含めた肌トラブルに関連する紫外線をはね返すはたらきがあり、UV効果も期待できます。この様に、もしどうしてもニキビ跡の赤みが気にあるという時はコンシーラーでケアするもの良いでしょう。