最近はエイジングケアなども流行っていますから、各化粧品メーカーも「〇〇専用美容液」などと大々的に宣伝している広告を目にします。では、ニキビ跡のケアにもやはり美容液が必要かという事という疑問を持った方も多いのではないかと思います。それに関しては言えばニキビ跡には美容液はかなり重要です!!

 

そしてなぜ、ニキビ跡のケアに美容液が重要になってくるのかも気になってくるはずです。この記事を見てもらえれば、ニキビ跡に美容液がなぜ大切なのかが分かるはずです。今まで、何も化粧品を使っていなかったり、別の化粧品ではニキビ跡のケアができなかったという方は参考になると思います。

 

そもそも美容液って、どんなものをいうのか!?

 

 

最近は、エイジングケアなどの影響で美容液という言葉をよく耳にするようになりました。そこで、私から皆さんにお聞きしたいのは、「美容液って、いったいどんなものをいうの??」という事です。多くの方は、美容成分が配合されていて・・・などという様にあいまいな答えになると思うのです。

 

それに関しての答えですが、実はですが、正確には「こういうものが美容液」というのが正解です。一般的には、多くの方が考えるように美容成分の濃度が高く効果が強いものを指します。確かにそこまでは皆さんも容易に想像がつくでしょう。中には粘度(とろみ)が強いジェル状以外に、クリームに使いものも美容液と呼ぶ商品もあるのです。

 

また、美容液の効果にも色々あり、美白美容液、小ジワ用美容液などのタイプがあります。そして、この記事の本題であるニキビ跡のケアにも美容液は欠かせないのです。基本的にニキビ跡のケアには、油分を肌に与えすぎずに効果を求めるられるタイプの美容液が良いと言われています。詳しい内容は以下の通りです(・∀・)b

 

 

ニキビ跡のケアは美容液で保湿するのが最善!!

 

ニキビ跡が気になる方は、洗顔にも気を付けている事でしょう。その洗顔をした後のケアですが、皆さんはどうしているでしょうか??肌が荒れているからと言って、何もつけない方もいる様ですが、洗顔後は肌の潤いや艶も少なからず流れ落ちている状態です。余計な皮脂を取り除くとと同時に肌の潤いもという事です・・・

 

最近は「潤いを奪わない洗顔料」というものも販売されるようになりました。ですが、極論言うと水洗いだけでも肌の潤いというのは長江っるので、やはり洗顔後は潤いを補填するというのは大事になってきます!!

 

女性で、洗顔後に何もつけないという方はあまり見かけませんが、化粧水だけという方は時々見かけます。そんな方からは「化粧水で肌の潤い(保湿)を保てばいいんじゃないの!?」なんて声が聞こえてきそうなところですが、実はそれが大きな落とし穴になっていたりするのです(。-`ω-)

 

あまり知られていませんが、化粧水だけではほとんど保湿にならないのです!!

 

そこで正しい保湿とは何かという事を触れておくと、そもそも肌の保湿機能を保っているのは、主にセラミドです。なので、肌の保湿機能を保とうと思えば、セラミド、もしくはそれに類似する保湿の王道と言っても良いでしょう。ところが。、洗顔後は「化粧水で潤いを与えて、脂分でフタをする」という古いスキンケア理論が意外と若い方にまでしみついているのには驚きです・・・。

 

はっきりと断言しておくと、油分で肌にフタはできません。油をつけても、その間をぬって水分は逃げていくからです。油をいくらつけても、その間をぬって水分は蒸発するからです。そして、さらにニキビの原因であるアクネ菌は油分を好むので、ニキビ跡がまた、悪化する可能性も出てくるのです。

 

ですから、肌の皮質で重要なのは水分に油でフタをするのではなく、水分と結合して蒸発しない様に守る成分こそが、保湿に欠かせないのです。ですから、洗顔後は化粧水よりも保湿成分に優れた美容液の方が向いているのです。今まで乳液やクリームなどの「フタもの」を使用していた方は、ぜひ化粧水に見直してはどうかなと思います(^^)/

 

 

ニキビ跡におすすめの美容液!!※私のが選ぶベスト3とは※

 

 

【美容液その1】リポコラージュ ラメラエッセンス

 

 

【ラメラエッセンスC 全成分】
リン酸2Na、マンニトール、水溶性コラーゲン、ラフィノース、リン酸K、ヒアルロン酸、トレハロース、グリセリン、BG、水添レシチン、加水分解エラスチン、フィトステロールズ、カルボキシメチルデキストランNa

 

リポコラージュラメラエッセンスの特徴は、二との肌内部のラメラ構造を正常に機能せせる事にあります。ラメラ構造というのは水分と油分が交互に層になっており、体内に異物が侵入するのを防いだり、お肌の内側の水分が蒸発しないようにして潤いを保つ働きがある細胞組織です。

 

ラメラ構造が乱れるとお肌が乾燥したり、刺激に弱くなってしまいます。つまり、健康なお肌を保つには角質層の「ラメラ構造」を整えることが肌の保湿には重要になってくるのです。勿論、ニキビ跡の弱った肌の保湿機能を高めるためにも、リポコラージュラメラエッセンスの役割は大きいです!

 

⇒ 全額返金保証で安心の美容液!リポコラージュラメラエッセンス C

 

【美容液その2】ラ・ミューテ化粧品

 

 

【アドバンス保護美容液 全成分】
水、グリセリン、BG、グリコシルトレハロース、ダマスクバラ花水、加水分解水添デンプン、温泉水、プラセンタエキス、セラミド3、セラミド6Ⅱ、セラミド1、ヘキサペプチド-3、フィトスフィンゴシン、コレステロール、メバロノラクトン、スクワラン、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、カニナバラ果実油、ローズマリー花/葉/茎エキス、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、ラフィノース、キサンタンガム、カルボマー、ラウロイルラクチレートNa、1,2-ヘキサンジオール、フェノキシエタノール、ラウリン酸ポリグリセリル-10、水酸化K、香料

 

ラ・ミューテは製薬会社との長年の研究の末に開発した「女性ホルモン」の働きに着目した化粧品です。女性ホルモンの働きを整えることで肌質改善を促す効果が期待できます。ラ・ミューテの化粧品は、パラベン、鉱物油、アルコール、石油系合成界面活性剤、合成着色料完全フリーで肌にも優しいです。

 

ラ・ミューテのダマスクローズは、信州蓼科高原の清澄な空気と日本アルプスの天然水に育まれた、純国産無農薬有機栽培です。ラ・ミューテは、この厳選された原料から独自の蒸留・熟成法で作り上げた、美容成分豊富で、芳醇な香りを持つ熟成ダマスクローズウォーターを、すべての製品に使用しています。

 

⇒ 92%がキレイになった!大人にきび・肌荒れにラ・ミューテ美肌セット

 

【美容液その3】APP-Cフラ セラム

 

 

【APP-Cフラ セラム全成分】
水、BG、1,2-ヘキサンジオール、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、フラーレン、ダイズイソフラボン、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、PCA-Na、アルギニン、カッコンエキス、クロレラエキス、アロエベラエキス-1、水酸化Na、ポリソルベート80、レシチン、PVP、フェノキシエタノール

 

APP-Cフラ セラムは広尾プライム皮膚科クリニックと共同開発をした美容液です。進化系ビタミンC誘導体APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)は、親水性、親油性の性質を兼ね備えており、水分、脂質で構成している皮膚へのなじみが抜群です。APPSを贅沢に配合しているためダイレクトに肌奥(※角層まで)へ届けることができます。

 

ビタミンC特有のつっぱり感がなく肌への刺激が少ないのも特長です。さらにヒアルロン酸配合のため、お肌に水分補給と保持環境を整え潤いを与え乾燥を防ぎます。イオン導入剤としても使用できます。また、強力な抗酸化成分フラーレンを高濃度に配合しており肌トラブルの偏印となる活性酸素を除去し、メラニンを分解します。

 

⇒ ビタミンCは肌のあらゆる肌トラブルに有効!超浸透型ビタミンC!APP-Cフラセラム

 

ニキビ跡のケアに美容液を選ぶ時のポイントは成分チェック!!

 

 

保湿美容液を選ぶ際には、先ず、どんな保湿成分を含んでいるのかという事が重要になります。化粧品に配合する保湿成分として様々なものが開発され、利用されています。以下に保湿の高いものから上から順に並べましたので参考にして下さい!

 

 

【最強の保湿力】水分をサンドイッチ状に挟み込む成分

 

保湿がどんなに下がっても保湿力がキープするぜひとも摂りたい成分です。各化粧品メーカーでも大々的に保湿成分配合という事で、宣伝文句に利用している成分です。

 

●セラミド
最強の保湿成分です。人間の肌に元々あるため、安全で敏感肌の方でも使用できます。セラミド2、3、10など、後ろに数字が付いているものが本物のセラミドです。これを使うと肌が潤うだけでなくバリア機能が高まり、肌荒れしにくくなります。

 

●セラミド以外のスフィンゴ脂質(スフィンゴリピッド)
セラミド以外の角質細胞間脂質です。セラミドと類似の効果を期待して使われています。

 

●水素添加大豆レシチン、ステアリン酸コレステロール
これらもセラミドと類似の作用を持ちますが、セラミドよりも保湿力は下がります。

 

 

【強い保湿力】水分保有力のある成分

 

真皮に元々ある成分がよく使われます。湿度が下がっていても威力を発揮します。上記の「最強の保湿力」の成分に比べると価格も安いため、ボディ用品やハンドクリームにもよく使われます。

 

●ヒアルロン酸
真皮にもある糖の一種です。200~600倍の水分を蓄える力があります。

 

●コラーゲン
真皮では弾力を保つ働きをしていますが、化粧品として表面に塗った場合は、保湿成分となります。真皮までは吸収されません。

 

●エスラチン
これも真皮の繊維成分ですが、保湿ry区があるので化粧品に配合されています。

 

●ヘパリン類似物質
血液中のヘパリンという物質に水分保留力がある事から、類似の成分を保湿成分として応用したものです。医薬品にも使われています。

 

 

【中くらいの保湿力】吸収性のある成分

 

空気中のほしつりょくが下がると、保湿力も低下します。ただ、化粧品などにはよく使用される成分なので、配合されている分にはメリットが勿論あります。

 

●天然保湿因子(NMF)
アミノ酸、尿素、PCA(ピロリドンカルボン酸)などです。保湿力は強くありませんが、サラッとしていて使用感が良いため、化粧水によく使われています。

 

●PG(プログレングリコール)、グリセリン、1.3BG(ブチレングリコール)
多価アルコールという、分子量が大きいため発揮しないアルコールです。吸収性に優れ、化粧品に多く利用されています。

 

 

【弱い保湿力】油分

 

「油でフタ」という、やや古典的な発想の保湿成分です。オイルやクリームなどの脂分の多い化粧品のベースになっています。さいっ金はあまり見かけなくなりました・・・

 

●鉱物油(ミネラルオイル)
石油を分離別蒸留させて得る油です。軟膏などに用いられるワセリンも、鉱物油で作られています。

 

●植物油
アボカドオイル、オリーブオイル、ホホバオイル、米ぬか油などです。

 

●動物油
ミンクオイル、スクアランオイルなど。

 

●流動パラフィン(ホワイトミネラルオイル)
石油から得た精密度の高い炭酸水素類の混合物です。蝋のような質感を持ちます。