ニキビケアについて調べていると「ピーリング」という言葉を目にする事もあるかとは思います。恐らくは美容に詳しい方であればピーリングの意味や、どの様なケア方法など分かると思います。ですが、突然、ニキビができてどうしようかと迷っている方にとっては、ピーリングも本当に効果が来たできる知様なのか疑わしくも思えてしまう事でしょう。

 

そこで、この記事ではピーリングがどん様な治療法なのかをできるだけ詳しく説明してみようと思います。ピーリングというものが、よく分からないという方にこそ参考にしてもらえればと思います。もしかしたらですが、今までなかなか治らなかったニキの改善のきっかけに案るかもしれません。

 

ピーリングという治療法の定義について調べてみると!?

 

先ずですが、「ピーリング」と何かという事を詳しく調べてみました。すると分かったのは、ピーリングとというのは日本語で言うと「化学的剥皮(かがくてきはくひ)」と言い、化学的に皮を剥がすという事でした。つまり、もっとわかりやすく言えば、人工的に人の肌表面の角質をめくり、肌質改善を促すのがケア方法を指すという事でした。

 

古代からピールイングというケア方法は行われていたようで、ヨーロッパでは昔からゴマージュ(スクラブとも呼び、クルミの殻やヒマワリの種を砕いたもので肌を擦って角質をケア方法)が行われていたという記録もあるくらいです。ちなみにですが、私のたちの周りでいうと、日本の温泉で肌がスベスベになるのも、実は一種のピーリング効果だと言われています。理由は温泉のアルカリ質が古くなった角質を落とすからだという事です。

 

 

ピーリングと肌のターンオーバーの関係性について!?

 

ではそうして、ピーリングがニキビケアに注目さえる様になったのかという事です。これに関してはニキビケアに肌の代謝(ターンオーバー)が大きくかかわっていることがあると言われています。ターンーバーが何かという事から触れておくと、以下の様に・・・

 

 

「ターンオーバー」というのは、簡単に言えば入れ替わるなどという意味です。美容の分野ではとくに、表皮の生まれ変わりの事を指します。表皮細胞が基底層のところで新しく生まれ、約28日かけて角化し、角質細胞になり、最後は垢として剥がれていく、このサイクルをターンオーバーと呼びます。ターンオーバーによって、表皮細胞は絶えず生まれ変わっていることになります。

 

表皮にできた傷は跡が残らず治ります。例えばですが、それは枝毛ができれも、髪が生え変われば元に戻るのと同じです。肌の健康のためには、ターンオーバーは切っても切り離せないという事です。

 

しかし、表皮を超えて真皮まで傷がついてしまうと、真皮はターンオーバーしていませんから、後が残る事がありますこれこそがクレーター型のニキビ跡ができる理由です。それ以外にも紫外線でメラニン色素ができても、表皮の中にとどまっていれば、28日後にはターンオーバーとともに排出されて色は元に戻ります。ですが、これもニキビ跡と同様に真皮まで色素が及んでしまうと、すっとくすんだ色としてニキビ跡になる事もあります。

 

この様に肌の健康に大切なターンオバーですが、年齢を重ねれうにつれて周期が長くなります。先ほどは28日かかる言いましたが、仮に40代女性であれば40日以上かかるとも言われています。このためニキビの改善もされにくくなかなか治らないという事にもなるのです。肌がくすむ、硬くなる、肌が乾燥してくる、などといった症状はターンオーバーの速度が落ちている証拠と言ってよいでしょう。

 

その為に、化学的に人の肌を剥いて、代謝を促進するピーリングが注目さえるようになったのです。

 

ニキビケアにピーリングが注目される理由!!

 

 

こう考えると、ピーリングは特に最新という美容法という訳でもないのです。では、実際にどうしてニキビケアでここまで注目さえるのかという具体的な事について触れておこうと思います。繰り返しになりますが肌は約28日でターンオー場していますが、年齢とともにそのサイクルはゆっくりになっていきます。古くなった角質も、彼はの様に積もっていきます。。

 

古い角質が落ちていかないと、下から新しい細胞があってくるのも差がいされてしまいます。これをピーリングでどけてしまえば、細胞はどんどぬまれからうぃ、ターンオーバーは促進される問う事です。つまり積極的に肌の若返りを行うという事です。

 

ピーリングを行う事で毛穴のつまりが減って、ニキビができにくくなりますし、メラニン色素も排出さえるのでシミの軽減にも役立ちます。更に言うとピーリングは、表皮のターンオーバーを高めるだけでなく、真皮のコラーゲンを増やす作用もある事も、最新の研究で分かってきました。それによりシミやシワの改善にも注目されています。

 

 

ピーリングを美容皮膚科でおこうなうと、どうなる!?

 

 

ニキビケアにもピーリングは効果が期待できるという事は分かってもらえたかと思いますが、では次に疑問なのはピーリングの具体的な施術内容です。私が調べた限りでは、皮膚科や美容皮膚科でピーリングの治療は行えるという事が分かってい案す。そして具体的な施術内容はというと、「ピーリング剤」という一種の酸を顔に塗る単純な作業です。

 

酸を顔に塗った直後は多少のピリピリ感を伴います。これは弱った肌がアルカリ性に傾いているのを正常な弱酸性にしようとする働きからくるものです。ですから、ピリピリするからと言って、副作用がある訳ではないので安心してください。また、さんの種類、濃度、ph(ペーハー)、塗布時間などによってピーリングの効果は変わってきます。患者さんの肌の状態に併せて調整していきます。

 

⇒ 美容皮膚科のピーリングを知りたい時はこちらも参考にして下さい!!

 

 

ニキビケアに使われるピーリング剤の成分って何なの!?

 

 

ピーリング剤として現在使われているのは、ほとんどがグリコールで、その他は乳酸なども使われているという事です。ピーリングは弱ければ良いというものではなく、あまり弱くやっても効果もそれなりになってしまいます。そこで皮膚科では20~30%程度のグリコール酸を使うところが多いようです。

 

【ピーリング剤の濃度】
日本ではあまり知られていない事ですが、ピーリング剤の強さは、本当は%(濃度)よりもphで決まります。ph3.5~4.5くらいが中等度の強さで、ph3.5以下になると強めの作用を持つと言えます。

 

市販のピーリング剤は、ぐりコース酸やフルーツ酸などを含んでいます。ですが、皮膚科で扱うものよりはかなり弱めにできています。その為、ニキビや浅いシミには効果が期待できます。その一方で、シミやたるみなど極点な肌の老化にはなかなか効果を求めるのは難しいかと思います。(この記事ではニキビケアにピーリング剤が使えるかが重要ですから問題はないかと思います。)

 

もう一つ、サリチル酸というピーリング剤があります。これも皮膚科でよく使われます。グリコール酸、乳酸、フルーツ酸などの水溶性のピーリング剤はAHA、サリチル酸のような油性のピリング剤はBHAと呼ばれます。BHAの特徴は肌へのあたりがソフトで、施術後でも肌がかさつかないのが魅力です。しかしながら、このサリチル酸を使用した施術というのはほとんど行われていません。

 

理由は薬事法によってサリチル酸は市販のピーリング剤には0.2%までしか配合できないという事が義務付けらえれているからです。その濃度ではピーリング効果が発揮しきれないという訳です。その為、サリチル酸を用いて、ピーリングを行っているのは、院内でピーリング時を調合しているごく一部の美容皮膚科くらいに留まっているのです。

 

 

美容皮膚科でピーリングを行うのは費用も掛かるものです・・・

 

 

そして気になる施術料ですが、おおよそで計算すると1週間に1回のペースで合計10回通ったとします。1回の費用は5千円から2万円ほどとかなり幅がありますから、10万円ほどは見積もっておいた方が良いのではと思います。ちなみにですが、ピーリングは保険適用外なので保険は適用できません。ですから、自分の経済状態とよく相談する必要があるでしょう。

 

ですから、私としては本当に金銭的に余裕があるのであれば、美容皮膚科に通うのもありかなとは思います。ですが、現実的になかなか難しいという方の方が多いのではと思います。先ほども記載したように市販のピーリング剤は美容皮膚科の程の効果を求めるのはなかなか難しいでしょう。ですが、もしニキビケアなど肌質改善程度であれば効果は期待しても良いかもしれません。

 

私なりのピーリング効果が期待できる商品を以下にいくつか紹介しておきます。気軽に自宅でピーリングをと考えているのであれば、以下の商品の内容も参考にしてみると良いかもしれません。もしかしたら、なかなか治らなかったニキビの症状が改善してくることもあるかもしれませんので(^^)/

 

 

⇒ 薬用リメンバーリンクスホワイト

⇒ 薬用ピーリングジェル【きらりのつくりかた】