学生の頃のニキビは比較的、おでこや頬にできる方が多かったですが、大人になると顎にニキビができるという方もいます。つまりですが、顎にできるニキビというのは大人ニキビの特有の症状です。ですから、学生の頃のようなイメージでケアしていてもなかなか治らないというのが現状です。

 

そこでですが、大人ニキビの典型例である顎ニキビについて、この記事では原因と詳しいケア方法を紹介していこうと思います。もしかしたらですが、大人ニキビが顎にできたまま治らないと嘆いている方は参考になるのではと思います。

 

 

大人ニキビが顎にできて治らないのはなぜ!?

 

社会人にありかなり立つのにニキビが治らないという方も多いはずです。その中でも、顎にニキビができてしまうという方も珍しくないはずです。顎というと会社で接客業務をする方や、美容に意識が高い方にとっては厄介な部位であることは町がありません。時には、メイクで目立たない様にしても無理という時もあるでしょう。そして、話相手の目線だったりも気にある時もあるでしょう。

 

そこで何とか顎にできてニキビのケアをしようと懸命になっているいる方もいるでしょうが、私が知る限りですが適切なケアをしている方は意外に少ないように思います。逆に言えば、ほとんどの方は顎にできたニキビを学生の頃にできたニキビの様に考えて、安易にケアしているいる様です・・・。

 

ですが現実はそれほど甘くはありません。顎にできたニキビは学生の頃にできたニキビとは根本的に違うのです。原因が違えば、当然ながらケア方法も違うのです。以下に顎にできるニキビの原因とそのケア方法を詳しくまとめておきました。

 

大人ニキビが顎にできるのはホルモンバランスの乱れ!!

 

大人ニキビは学生の頃にできる思春期ニキビと違います。思春期ニキビは、皮脂の過剰分泌が原因で毛穴に詰まる事でニキビの元になるアクネ菌が増殖するのが原因でした。一方の大人ニキビは何例を重ねるうちに起こる体内の不調が原因だと言われています。ですが、ここで疑問なのは「なんで顎なんかに大人ニキビができるの!?」という事です。

 

 

大人ニキビが顎にできる理由!!

 

実は顎というのは、あまり知られていませんがホルモンバランスの影響を受けやすい部位でもあります。そのホルモンバランスが乱れる事で顎に大人ニキビができると言われているのです。ただ、ホルモンバランスが乱れると一言で言っても、ホルモンにも様々な種類があります。

 

ニキビなどの原因になるのは基本的に女性ホルモンと男性ホルモンのバラスが悪くなっている証拠でもあります。女性のなたなら、男性ホルモンがあるとは思いもしないでしょうが、実は女性でも男性ホルモンを持っているのです。

 

  • 男性ホルモン ・・・ 皮脂分泌の働きを促して角質を厚く丈夫にする働き。
  • 女性ホルモン ・・・ 皮脂を抑え肌のバリア機能を高める働き。

 

つまりですが、大人ニキビが顎にできるというのは女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れてしまっている証拠です。男性ホルモンが通常より多く分泌されている傾向にあると言えるのです。男性ホルモンの分泌が過剰に続くと、皮脂分泌が増えるうえに、角質が固く丈夫になるので毛穴に皮脂が詰まりやすくなるのです。

 

また、顎というのは顔の中でも汗をかきにくい部位です。汗腺が発達していないという事は、毛穴もそれほど発達していないという事です。男性なら髭が生えるので少なからず毛穴は開くでしょうが、女性ならなおさら毛穴に皮脂が詰まりやすい状態が出来上がるのです。

 

ただ勘違いして欲しくないのは、大人ニキビが顎にできるのが男性ホルモンが過剰なら、逆に男性ホルモンを減らせばよいと思う事です。これは正確には違います。仮にですが男性ホルモンが少なすぎると、女性ホルモン過多になり肌本来に必要な皮脂までがなくり乾燥を招く恐れもあるのです。それ以外にもさん婦人病にリスクも高くなるのです。

 

あくまで人の肌の健康と宇野は男性ホルモンと女性ホルモンのどちらも大事という事です。大人ニキビの原因も男性ホルモンと女性ホルモンのバランスに注意する事が大事という事です(・∀・)b

 

大人ニキビが顎にできる!!※ホルモンバランスの乱れの原因※

 

では、何が原因で男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れるのかというのが気になるところです。ホルモンバランスの乱れというのは実に様々な原因がありますから、一概には言えません。ですが以下の原因は現代人にありがちな傾向です。自分自身に置き換えて考えてもらえれと分かりやすいかと思います。

 

【原因その1】ストレスや睡眠不足でホルモンバランスが乱れる

 

 

先ずホルモンバランスの崩れる原因で考えられるのは慢性的なストレスにさらされるという事です。現代は若いうちから残業なども思惟されてしまうケースが多くあります。それに人員不足で自分のキャパ以上の仕事を押し付けられたり、更には上司から圧力というのもあるでしょう。現代社会のストレスというのは本当に尋常ではなく、中には心を病む方までいるのも事実です・・・。

 

私たちの身体というのはそれらのストレスを感じると無意識に防衛本能が働きと言われています。私たちの身体はストレスがかかると抗ストレスホルモン(コルチゾールやアドレナリン)を分泌します。これらはストレスを抑制するためのホルモンですから必要不可欠なものですが、現代ではそのような状態が慢性化しています。すると、すると男性ホルモンが過剰に分泌されてしまう原因になるのです。

 

また、仕事が長引けば睡眠時間も短くなりがちですし、。中には殆ど睡眠をせず、徹夜状態で働いている方もいるでしょう。人は仕事中は交感神経が優位に働き、夜寝る時間は副交感神経が優位に働きます。ですが、交感神経が乱れると血管が拡張し、血流に乗って細胞の修復や栄養、そしてニキビの原因になるホルモンのバランスに影響してきます。

 

 

【原因その2】生理前後によるホルモンバランスの乱れる

 

 

女性の方なら避けて通れないのが生理です。生理が始まるまでは、女性ら知ホルモンも妊娠に関するホルモンも排出されません。ですが、排卵日が近くなると女性らしいホルモンの分泌が促され、やがてピークに達します。この頃には妊娠しやすいように子宮では内側にフカフカのベッド(子宮内膜)が出来上がっています。

 

この期間を過ぎると、妊娠に関するホルモンが分泌量が増え始め、体の中では妊娠の準備が進んでいきます。ここで妊娠しなかった場合は、両方のホルモンが減っていきます。ですから、生理前後というのは女性ホルモンが活発になる事からホルモンバランスが不安定になりやすい時期でもあるのです。男性ホルモンと女性ホルモンのバランスも崩れやすいと時期でもあります。

 

もし、自分の生理前後に顎にニキビができた越智宇経験があるのでしたら、間違いなく上記の内容が当てはまるでしょう。

 

【原因その3】体の冷えによるホルモンバランスの乱れる

 

 

そして意外と見落としがちなのが体の冷えからくるホルモンバランスの乱れです。人の身体に流れている血液は体の隅々の細胞に酸素や栄養を運ぶ役割を担っています。また、二酸化炭素や老廃物を回収する働きも持っています。ともと、人間の身体というのは外気温が変化しても体温を一定に調整しようとする生理機能を持ち合わせています。

 

ですが、外気があまりにも寒いと脳の視床下部にある体温調節中枢が寒さを感知して、神経を働かせて血管を収縮させてしまうのです。血流が悪くなると、女性ホルモンの分泌も同時に悪くなります。

 

例えばですが冬場で短いスカートを履いたりするのもホルモンバランスを乱す原因なるのではという指摘もありますし、夏場でも冷房のガンガン聞いた部屋でじっと作業などすれば冷えの原因になるかもしれません。ですから、外気が寒いのであれば服装を工夫したり、あまりに動かないで作業する時は偶に軽く体を宇s後かすなどの工夫も必要という事です。

 

 

大人ニキビが顎にできて治らない時のケア方法とは!?

 

大人ニキビが顎にできてなかなか治らないという方は以下の内容を意識してみてはと思います。残念ながら現在働いている会社の状況などは人それぞれだと思います。ですから、会社のストレスなどに関してはあえてこの記事では割愛しました。以下の内容はすぐにでも私生活に取り入れられる内容ばかりです。

 

【ケア方法その1】質の良い睡眠をできるだけ取る

 

 

体の内側からケアというと真っ先に食事を思い浮かべる方がいると思いますが、実は「睡眠」はそれ以上に効果があると言われているのです。睡眠中は肌を含む体全体が修復されている時間帯です。寝ている間に血液は体中に行きわたり、肌にも栄養がいきわたります。

 

特に注目するべきは眠り始めの約3時間の内にホルモンの分泌が盛んになると言われています。このホルモンによって肌内部で修復が行われているのです。理想としては夜10時~深夜2時は、肌のゴールデンタイムとされ、ホルモンバランスの調節にも重要になってきます。当然ながら、時間帯に質の高い睡眠を取るだけでも顎にできた大人ニキビの改善効果は期待できるかもしれません。

 

質の良い眠りにつくためには・・・

 

● 寝る前にカフェインを含んだコーヒーや刺激の強い飲み物はできるだけ避ける。眠気をうながうとされる牛乳や豆乳などがおすすめ。

● 寝る直線はパソコンやスマホはできる限り使用を避ける。もし、どうしても使う時は明るさ調整や夜間モードに切り替える。

● 気温26℃前後、湿度60%前後など睡眠しやすいようにエアコン、加湿器、除湿器なども利用する有効に活用するのも良い。

● 食後3時間以内は内臓に血液が流れているので、就寝は食後3時間以上経過してからが望ましい。

 

また、就寝時間を一定のリズムにする事もホルモンバランスを整えるのにも重要です。体内時計を一定にすると、自律神経が整い、ホルモンバランスの乱れが自然と修復し、ニキビの改善もつながっていくでしょう。近年では夜寝る前にパソコンやスマホを熱中している方も多いかと思いますが、そこはぐっとこらえておくべきでしょう。

 

ぜひ、睡眠時間のより良い質と規則正しい就寝時間を見直してみて下さい!

 

 

【ケア方法その2】規則正しくバランスの良い食事を摂る

 

 

ニキビができるからと言って油気の食事を避けて野菜中心の生活を行おうと考える方も少なくないと思います。偏った食事は体に十分な栄養素を供給できなくなり、体調不良の原因になると言われています。1日3食しっかりと摂る事が重要です。食事を抜いてダイエットを知れば体脂肪が落ちて、ニキビもできにくいのではと考えているのあれば、それは辞めるべきです。

 

ですから、食事は色々な栄養素をバランスよく摂り、それが体の中で十分に行きわたった状態で初めて効果が期待できるというものです。そして、そのバランスの良い食事の中で積極的に摂りたいのが・・・

 

● 大豆製品(豆腐、納豆、油揚げ、味噌など)には、女性ホルモンに似た働きがあるイソフラボンが配合されている。

● ビタミンB6含有食品(まぐろ、かつお、唐辛子、にんにく、鶏肉など)もホルモンのバランスを整えるのに役立つ

● ビタミンE含有食品(アーモンド、ピーナッツ、モロヘイヤ、アボカド、かぼちゃなど)もホルモンバランスを調整する

 

もニキビケアには有効だと言われています。ちなみにですが、食事も睡眠同様に一定の時間に規則正しく食べることを意識すると、体の体内時計が整い、ホルモンバランスの調整にもなります。現代社会では仕事などが長引くと、なかなか食事に気が回らないという事もありますが、できる限り食事のバランスと食事の時間委は注意を払ってみてはと思います。

 

 

【ケア方法その3】体を冷やさない様に気を付ける

 

 

特に冬場は体を冷やしてしまいがちにある事でしょう。できるだけ、防寒対策をして体の冷えを防止するようにするべきです。そして私が、心がけていたのは入浴の方法です。多くの方が冷え性には入浴が効果的だと思っているようですが、実はそこの大きな誤解があるのです。以前半身浴が流行った時期がありますが、半身浴は脳卒中などの生活習慣病などの予防目的です。

 

入浴のメリットはストレス解消や筋肉のリラックス効果など、間接的な効果も期待できるところです。ですから全身浴で10~15分もつかれば、実は十分なのです。入浴直後であれば、体表面の恩田が高いままなので就寝しやすくなるとも家まれています。

 

● 現代人は忙しいという理由でシャワーで済ませがちですが、入浴に切り替えてみると効果大です。

● 食事も体を冷やす飲み物ではなく年間を通して温かい飲み物を飲む習慣を使えるべきです。

 

偶に高温のお湯で入浴すると体の皮脂が取れるのではと思っている方もいるでしょうが、それは体に必要な皮脂を取り除いている可能性もあります。体温の入浴を毎日、習慣化するという事が重要でしょう。結局、体を温めるのも就寝や食事同様、習慣化する事で生活にリズムができてホルモンバランスの調整につながるという事です。何気ない事ですが気を付けたいところですね!!

 

それでも、大人ニキビが顎にできて治らないという方へ!!

 

 

この記事では大人ニキビが顎にでいてならおないという方の原因や改善方法を中心にまとめてきました。上記でも触れたように、大人ニキビというのは学生の頃にできる思春期ニキビと比べても原因は複雑で一概にケア方法が良いかとは断言できません。もしかしたら、この記事で書かれている内容は全て実践したという方もいるかもしれません・・・。

 

そんな時はどうしたら良いのかという事ですが、私としては美容皮膚科などニキビの専門家の診療を受けてみるのも一つの手ではないかと思うのです。私たち一般人ではなかなか解決できない事もアドバイスがもらえるかもしれません。それに、ニキビが悪化して後々後悔するくらいなら、思い切って診察を受けた方が後々良いに決まっています。

 

⇒ ニキビ専門の皮膚科を診察してみたいなら、こちらも参考にしてください!!

 

この様に意外と気軽にニキビの診療もできるのです。ぜひとも、大人ニキビが顎にできたからと悲観的にならずに、ケアできるように前に向きに考えてもらえればと思います。そうすればきっと症状も改善るのではと思います(・∀・)/