頬にニキビができるとかなり目立ちので、どうしても苦痛に感じる方が多いと思います。背中やデコルテなどにできるに大人ニキビであれば服などで隠せますかが、頬にできるとどうしても隠せないので辛いところです。中には販売や営業などの仕事をしていて他人の目線が気になったり、時には異性からどのように思われているのだろうと疑心暗鬼になる事もあるでしょう・・・

 

そんな頬にできる大人ニキビですから、ニキビで悩む方の中でも特に多い悩みです。ですから、この記事では大人ニキビが頬にできてしまった、もしくは、すっと大人ニキビが頬にできて治らない方に、その原因と関係が深い洗顔方法について紹介していこうと思います。洗顔方法というのは誰でも実践できる代わりに、意外と間違えやすい盲点でもあります。

 

 

 

大人ニキビが頬にできて治らない方が多いですよね・・・

 

 

顔の中でも頬というのは広い面積を持ち、何より肌が傷んでいるかを判断する時は頬の状態が目安になると言っても過言ではありません。特に大人ニキビが酷い方だと頬全体が荒れてしまっているというケースもあります。こうなると肌が傷んでいるのが気になりなかなかケアする事もできなくもなります。ですが、なぜ頬は顔の他の部位や体の部位に比べて大人ニキビができやすいのかというと・・・。

 

頬というのは元々、皮膚が薄く他の部位以上に繊細です。少しの事でダメージを受けやすいのです。また、他人だけでなく本人も気にする部位でもあります。ですが、そこのひとたび大人ニキビができると多くの方は気にするあまり強引なケア方法で隠そうとします。確かに大人ニキビが頬にできるのは生活習慣の乱れもあるでしょうが、私としては間違ったスキンケアをできる限り早い段階で治すべきだと思うのです。

 

そうしなければ、頬に大人ニキビができ、それを気にして間違ったスキンケアをする。そしてまた、大人ニキビが悪化するの負のスパイルに陥ってしまいかねないです。ですから、もし、大人ニキビが頬にできたまま治らないと嘆いているのであれば、以下の内容で紹介する洗顔方法はしっかりと確認してもらえればと思います。意外と多くの方がやらかしがちな事ばかりです(・∀・)/

 

大人ニキビが頬にでて治らないのは間違った洗顔方法が原因かも!?

 

 

大人ニキビが頬にできるというのは毛穴に皮脂や垢が詰まってしまうからです。ですから、洗顔で皮脂や垢などをキレイに洗い流し、常に皮膚の清潔を保つことが、大人ニキビの予防改善に絶対に欠かせません。「一に洗顔、二に洗顔」と言われるほど大切なポイントで、当然ながら大人ニキビが頬にできている方も実践している事でしょう。

 

最近は洗顔料や化粧品なども様々なタイプのものが選べる様になっています。ですから、自分に合ったものを使い洗顔をするのは良いことだと思います。ですが、実際に現実を見ているとそうでもない事が分かっているのです。何かというと、ほとんどの方が正しい洗顔方法を実践していないという事です。いくら、大人ニキビに洗顔が大事と言っても間違ったまま続ければ、治らないどころか余計症状が悪化してしまう原因になりません。

 

洗顔料の使い方がいい加減だったりしてないですか!?

 

 

最近は色んな洗顔料が出回るようになりました。ですがどんなに良い成分を配合した洗顔料を使っても使う側の私たちがいい加減に使っては大人ニキビが良くなる訳もありません。特に私が注意してもらいたいのは洗顔料を泡立てる時はしっかりとモチモチの泡を作るという事です。ありがちな事ですが、泡立ての方法が分からないからと言って、適当に泡立てるだけだったり、少量の水だけで泡立てようとする方もいます。

 

ですが、しっかり泡立てない洗顔料を頬にこすりつけるという事は、傷んだ肌に余計摩擦を加えて余計、大人ニキビの症状を悪化させてしまう事になりかねないのです。面倒かもしれませんが、洗顔料でしっかりと肌のケアをしようと思うのであれば、面倒な気持ちを抑えてししっかりと洗顔料を正しい方法で泡立ててから、撫でるように優しく肌を包むように洗ってください。

 

ゴシゴシ洗うと一見、肌をきれいにしているような錯覚に陥る気持ちは分からなくもないのですが、意識してみて下さい。ちなみに、なかなか洗顔料が泡立たないという方はネット通販などでも気がるに泡立てネットが購入できます。試しに使ってみると良いかと思います。恐らくですが、あなたが考えている以上にモコモコのきめの細かい泡が出てる思います。( ⇒ おすすめの泡立てネットならこちら!! )

 

 

洗顔時にゴシゴシ擦りつけていないですか!?

 

 

洗顔料の泡立て方も重要でしたが次に注意しなければいけないのが洗顔料でどのように洗うかという事です。殆どの方が何となくで顔につけてごしごしと擦っているようですが、これも間違いです。というよりもせっかく泡立てた洗顔料が台無しになっていると言っても良いでしょう。折角、きめ細かく泡立てた洗顔料を擦りつけ利用にしては、浮き出してくる皮脂や垢などの汚れも毛穴に閉じ困ってしまいます。

 

洗顔料で洗う時の基本は優しく顔にモコモコになった洗顔料を載せるようにする事です。手順としては以下の通りです・・・

 

  1. ぬるま湯で顔の汚れなどをキレイに洗う(済洗い)
  2. 洗顔料をしっかりとモコモコの泡になるまで泡立てる
  3. 洗顔料は皮脂の多い顔のT字ゾーンからのせ円を描くように伸ばす
  4. 次に頬などのUゾーンも同様に円を描くように優しく伸ばす
  5. ぬるま湯で洗顔料が残らないようしっかりすすぐ

 

洗顔料でゴシゴシ洗うといかにも余計な皮脂が取れて肌が清潔になっているようですが、実は思い切り間違っていたという事です。洗い方一つにしても継続していけば、かなり肌質に影響する事は間違いないでしょう。特にすでに大人ニキビが頬にできているという方は、なおさら優しく包み込むように洗う事を心がけてみてはと思います。

 

 

洗顔を高温のお湯や冷水などで行っていませんか!?

 

 

実は洗顔をしている方のほとんどが勘違いしている事があるのですが、洗顔の目的は大人ニキビの原因である皮脂を取り除くことではありません。正確に言うと、毛穴に詰まった余分な皮脂や垢などの汚れを取り除くのが正解という事です。ですが、ほとんどの方は皮脂を何とか取り除こうとしてしまいます。その為に脂分を取りやすいだろうと高めの温度のお湯を使うようです。

 

ですが、高めの温度で肌を洗顔すると確かに皮脂は取り除けるかもしれませんが、問題は肌本来にある必要な皮脂まで取り除いてしまうという事です。保田に元々ある皮脂を取り除くとどうなるかというと、肌のバリア機能が低下して極端な乾燥状態になります。すると、バリア機能も低下して外部からの攻撃にも弱くなりニキビの原因であるアクネ菌の増殖もしやすくなるのです。

 

では、逆に冷水で洗顔すればよいのではと考える方もいるかもしれませんが、これもまた間違いです。確かに冷水で洗顔すると肌がピンと張るような感覚を受けますが、肌が引き締まるという事は余計な皮脂や垢などがたまった毛穴が、そのまま口を閉じてしまっている状態なのです。これではケア何から皮脂や垢などの汚れを取り除くことはできません。

 

洗顔する時のお湯の目安は32℃前後にするのが目安と言われています。つまり人肌より若干低いぬるま湯で洗顔するのが理想です。もし、給湯器などで温度を調整してから洗顔する事をおすすめします。

 

 

洗顔を1日に3回以上行っていませんか!?

 

 

神経質な方などに多い傾向ですが、1日に何でも洗顔する方がいる様です。大人ニキビができた頬などを鏡で見れば思わずと言いたくなるところですが、実際にこれが逆効果になっているあ脳性があるのです。洗顔の回数が多いほど肌の衛生状態は良いように思いますが、実際には肌に必要な皮脂まで洗い流している可能性があるのです。

 

夏などは汗でベタベタになるのでやむを得ずシャワーなどを浴びるなどという事はあるでしょうが、そのような場合を除いて、基本的に洗顔は1日朝晩の2回で良いと言われています。つまり、洗顔はむやみやたらに行うのではなく、肌の状態から適切な洗顔方法を見つけることが大事だという事です。良かれと思って、何度も洗顔している方は改めるべきでしょう。

 

 

洗顔料が本当に自分の肌に合っていますか!?

 

 

街中のドラッグストアなどで販売されている洗顔料は確かに安くてお買い得です。ですが、購入する前に気を付ける必要もあります。特に洗顔料はそれもそんなに変わらないでしょ?と考えている方ほど注意が必要です。なぜなら、安物の洗顔料には界面活性剤、鉱物油、合成香料、合成着色料、パラベンなどなどの肌に害を及ぼす添加物が配合されている可能性があるからです。

 

それにですが、どんなに肌に優しい洗顔料でも万人受けするものは存在しません。もしかしたら、本当に自分との肌の相性が悪いという事も考えられます。また稀に、自分に肌に合っている洗顔料を使っていても肌がピリピリするとか、赤みが出る、肌に痒みが出る安どの症状が出る方がいます。これは肌が正常な状態にあるための変化で副作用ではなく、好転反応という症状です。

 

ですから、洗顔料を選ぶときもできる限り植物由来の無添加に拘っているもので、更にそれをしばらく使い続けてから、本当に自分の肌に合ってりうか見極めるべきでしょう!!

 

 

洗顔後のタオルは生活なものを使っていますか!?

 

 

意外と盲点なのですが、洗顔後のタオルですが、必ず交換しているでしょうか。よくよく考えてみると分かる事ですが、大人ニキビができた頬というのはニキビの原因であるアクネ菌が繁殖している状態です。ですから、同じタオルを何度も使いまわしするという事はニキビの原因であるアクネ菌などの細菌類を映していると言っても良い行為です。そんな事分かっているという声も聞こえてきそうなところですが、意外と男性の方などに多いパターンです。

 

仕事なので忙しいとい方も多く毎日タオルを好感してられないという方もいるかもしれまえんが、現実的にはそれが大人ニキビが頬にできて治らない原因の秘湯になっているのです。ですから、面倒な気持ちをぐっとこらえてもらえればと思います。

 

また、女性の方でタオルには注意を払っているけど、髪の毛が頬にかかてちる方や、冬場などはタートルネックにしている方も要注意です。知らず知らずのうちに大人ニキビの原因であるアクネ菌を自分で広めているのです。タオル、髪の毛、服装、それ以外にまだまだ頬に触れるものはあるかもしれません。洗顔したから大丈夫と思わず、最新の注意を払ってください。

 

 

洗顔後の保湿ケアはしていますか!?

 

 

大人ニキビにならない為の洗顔方法という事でまとめていますが、実はポイントは洗顔後のケアにもあります。特に男性の方はほとんどが該当すると思いますが、洗顔後の保湿ケアをしていないという方が目立ちます。大人ニキビができて弱った肌というのは、傷んで乾燥状態になっている状態です。洗顔はあくまで肌の余計な皮脂や垢などのよけれをキレイにすることが目的です。

 

ですから、洗顔後の肌の保湿を保つ事で肌のバリア機能を強化する事も忘れずに行いたいところです。やはり洗顔料同様に通販などで保湿化粧水なども良く販売されています。植物由来で肌に優しい化粧水でしっかりと洗顔後の肌の保湿を行うべきでしょう。肌の保湿を行う事で大人ニキビができにくくなるだけでなく、現在できているニキビの症状もかなり軽減するのではないかと思います。

 

 

大人ニキビが頬にできたままにしておくとニキビ跡になる可能性もある!!

 

 

大人ニキビが頬にできるだけでも、本人にとってはショックでだと思います。ただ覚えておいてもらいたいのは、何とかして改善したいからと言って自己流のケア方法で取り組もうとするとかえって逆効果になるという事もあります。また、何とかして隠そうとしてファンデーションを厚塗りするなども決して大人ニキビで弱った肌に良いという事はないはずです。

 

それが原因で赤黒く黒ずんだり、膿を持った黄色ニキビとなったり、さらにニキビ跡(痕)となってしまうことだって考えられうのです。長く顔のコンプレックスを抱えることになりかねません。そうなると外見に自信が持てなくなることもあるかもしれません。ニキビ跡という外見だけでなく、メンタル面でのケアまで必要になるかもしれません。

 

ですから、本気で大人ニキビを改善たいのと考えているのであれば、今回紹介した洗顔方法限らず何気ない私生活も見返してみてはと思います。今まで何も考えていなかったことでも、実は大人ニキビを悪化させてしまっているかもしれないのですから(^^)/

 

スポンサーリンク