大人ニキビは原因が複雑なためなかなか治らないという声をよく耳にします。私が知るだけでも20代、30代、40代の方で大人ニキビにケア方法をどうしたらいのか分からなくお手上げ状態だという方が多数います。やはり大人ニキビは社会人になってからの生活にもかなり大きく影響しているのでしょう。そこでですが、この記事では大人ニキビの原因としてありがちなスキンケア商品の使い方と併せ、選び方を紹介します。

 

大人ニキビを改善したいがために一生懸命していたスキンケア商品が、実は余計肌質悪化の原因だったという事もよくあるケースです。もしですが、何も原因が思い当たらないのに、なかなか大人ニキビが治らないという方は、ぜひ以下の内容を参考にしてもらえればと思います。

 

大人ニキビのスキンケア方法※クレンジング剤の正しい選び方!!※

 

 

クレンジングは必要悪と思うべし!!

 

メイクを落とすクレンジングは、日々のスキンケアの中では一番肌に負荷をかけるものです。メイクという人工的なものを肌につけた後、落とし手助けをするのがクレンジングの役割です。特に近年のメイクは汗などでも落ちにくい(ウォータープルーフ)などが良く出回り、普通の洗顔だけでは落ち切らない事もあります。それでもメイクは落とす事が必要ですから、クレンジング剤には様々な洗浄成分が配合されています。

 

つまり、洗顔料よりもクレンジング剤の方が洗浄力が強いという事です。ですから、クレンジング方法次第では肌の潤いや艶まで奪い取り、大人ニキビの悪化させかねないのです。できれば、メイクしないでクレンジングもしない方が肌への負担も減らせるの事は間違いないです。ですが、メイクのスッピンで世間に顔をさらせるほど有機というか、顔に自信がある方も早々はないでしょう(笑)

 

それに見た目だけの問題だえでなく、紫外線対策などの外的刺激から肌を守るためにもメイクは必要費可決です。そいう意味でもクレンジングは必要悪であるとも言えます。そこで、クレンジングは少しでも肌に負担をかけない方法と肌に優しいクレンジング剤選びがタイセイ地になってくるのです!!

 

 

クレンジングしないとどうなるの!?

 

肌にのせたファンデーションは、1日経つと皮脂やほこりと交じり、大人ニキビの原因となる外的な要因にもなります。それを無理なくきちんと落とす事は、大人ニキビの症状を改善させるだけでなく、大人ニキビができにくい肌質を作る上でも大切になるのです。

 

マイクした日はクレンジングと洗顔のツーステップ「ダブル洗顔」が必要です。ただし、軽いタイプのパウダーファンデーションもしくはフェイスパウダー(おしろい)だけなど、とても軽いメイクの時は、石鹸洗顔だけでも大丈夫です。なお、クレンジングなしでメイクを落とせるワンステップの洗顔料もあります。それらの洗顔料に界面活性剤などの添加物が配合されている可能性が高いです。

 

界面活性剤などが配合されたもので、クレンジングと洗顔料の両方の機能を持たせたものも多いのですが、洗浄力が強力な代わりに肌内部への浸透力で肌内部に刺激の強い成分まで戦闘する可能性が高いです。大人ニキビができている肌や、肌が弱い敏感肌・乾燥肌の方にはあまりお勧めできません。もし選ぶときは、成分にも気を配ると良いでしょう。

 

 

クレンジングの選び方のポイント!!

 

肌にとって負担のないクレンジング剤を選ぶためには、クレンジング剤の配合成分を知る必要があります。基本的にクレンジング剤の配合成分というのは油分+界面活性剤でできています。そして、界面活性剤の強弱で、クレンジング力は決まります。それを二めて以下にクレンジング選びの3つのポイントを紹介しておきます。クレンジングに思い当たる方は、ぜひ参考にして下さい。

 

 

【ポイント1】油分と界面活性剤のバランス!!

 

クレンジング剤を選ぶ時に、先ずチェックしなければいけないのが脂分の量です。油分が少ないと、油でメイクを浮かせることができないので、当然、越智は悪くなります。その分の洗浄力を補う為に、界面活性剤が多く必要になります。反対に油分が多過ぎても、その脂分を落とすために多量の界面活性剤が必要になります。つまりは脂分が多すぎず、かと言って、油分がすくなすぎずという事です。

 

では、油分が多すぎず少なすぎずというのは、簡単に言うとメイクの油分と同程度のものが良いです。似た者同士といういう訳ではないですが、やはり似た成分というのは、意外とすんなり混ざり落としやすい特徴があります。

 

実際に販売店で購入できるクレンジング剤のタイプを見てみると、油分の多い方から順にオイル、クリーム、乳化ジュル(透明ではなく、乳化してある白いジェル)、ミルク、フォーム、透明ジェルおよびリキッドとなります。油分量がメイクに近いものはどれかというと、オイルタイプでは多すぎますし、ミルクタイプでは水分が多すぎます。かと言って、リキッドタイプは油分をほとんど含みません。

 

つまりメイクに近い性質を持ち、ほどよい油分を含んで混じりやすいのは、クリームタイプか乳化ジェルタイプです。

 

 

【ポイント2】肌への摩擦に注意!!

 

次に考えないといけないのが肌への物理的な刺激、つまり摩擦です。クレンジングの際に肌を擦ると、いっそう肌が傷みます。洗剤を刷り込んでいるようなものだからです。摩擦を与えない為には、ある程度の固さが必要です。オイルやリキッド、ミルクタイプはみな液状です。

 

液状のクレンジング剤は指と肌の間でクッションとなりにくいため、当然、肌への摩擦が強くかかります。特に摩擦が強くかかるのは、ふき取りタイプやシートタイプです。これに関してもある程度の固さがあってバランスが良いのはクリームかジェルタイプのクレンジング剤になります。

 

ポイント1とポイント2を総合して考えると、クリーム浄化乳ジェルがベストです。どちらのタイプであってもクレンジング剤によって、刺激の強さは色々です。自分の肌で試してみる事が最善でしょう。

 

 

【ポイント3】極端に安いものには要注意!!

 

最後にチェックしておきたいのが、クレンジング剤の価格です。クレンジングは安価なもので済ませる方が多いようですが、もう少し慎重に選ぶ必要があるはずです。クレンジングは日々にスキンケアの中では肌に与える負担が比較的大きいものです。

 

クレンジングは日々のスキンケアの中では肌に与える負担が比較的大きいものです。極端に安いものは先ほども触れましたが、界面活性剤の量が多く油分とのバランスも良くないかもしれません。ですから、極端に安いクレンジング剤は避け、できれば2千円以上の者から選びたいところです。

 

ちなみにですが、最近は通販サイトを利用する方が多くいます。通販サイトは流通経路の簡略化で市販のクレンジング剤よりも良い品質のものが多いです。クレンジング剤を通販サイト中心に探すのもより良いクレンジング剤選びになるかもしれません。

 

⇒ 美容液クレンジング【マナラホットクレンジングゲル】

 

大人ニキビのスキンケア方法※洗顔料の正しい選び方!!※

 

 

洗顔は1日2回が基本です!!

 

洗顔する際に気を付けなければいけない事は、皮脂をしっかり落とす事です。大人ニキビの原因は皮脂の過剰分泌ですから、洗顔の目的はこれに尽きるところです。ですが、実際には理屈をしっかりと理解してなないまま間違った洗顔方法を行ってしまい、肌質悪化を招いてしまう方が本当に多くいます。

 

それに洗顔の際、肌に皮脂が残ると、肌に皮脂が残ると、参加されて過酸化脂質に変わります。これはただ単に大人ニキビになるだけでなく、シミやシワの原因にもなります。ですから、しっかりと皮脂は落とした方が良いのです。例えば、皿に開けた油を1日部屋に出しっぱなしにしておくと、参加しますが理屈は同じです。

 

 

間違った洗顔方法に注意!!

 

上記で触れたようにしっかりと洗顔するのはとても大切な事です。ですが、ただ単にごしごしとやみくもに洗ったり、高温のお湯で洗い流すと本来必要な肌の皮脂まで洗い流し肌の乾燥を招きます。肌が乾燥するとバリア機能も低下するので余計に肌質が悪化してしまいます。当然、大人ニキビができやすくもなります。

 

逆に皮脂を落とし市議るのが怖いからと言って、弱めの洗顔料で洗う方もいますが、それでは皮脂が落としきれなくなります。ですからこれも難しいところですが、洗顔料もなるべき低刺激の者で、あまりゴシゴシとはしない代わりにしっかりと皮脂を落とす事を意識すると良いでしょう(少々、曖昧な表現で難しいでしょうが・・・)

 

 

洗顔料の選び方のポイント!!

 

最近では、「毛穴が小さくなる」、「メラニンも落とす」などと謳った洗顔料の宣伝をよく目にします。中には美容液成分を配合したものもあります。ですが、逆に色々な情報が飛び込んでくるがために一般の方にはどの様な洗顔料が、結局のところ良いのかと疑問に思われているようです。そこで私がおすすめする洗顔料選びの3つのポイントをまとめておきいました。

 

 

【ポイント1】美容成分よりも洗浄成分を!!

 

最近の洗顔料はビタミンC配合、薬用エキス配合、ヒアルロン酸配合などと謳ったものが数多く出回っています。ですが、基本的に洗顔料はすすいだ時に全て洗い流してしまいます。つまりですが、いくら洗顔料に美容液成分と謳っていても美容効果はそれほど望めないという事です。つまりメーカーの誇大広告には超注意という事です(笑)

 

結局のところ、洗顔料で求めるののは添加物などの肌に刺激が強い成分を排除し、なおかつ、洗浄力がしっかりとあるものです。洗浄力が弱いとごしごしと何度も擦るので肌との摩擦を起こしてしまう原因になりかねないのです。あくまで洗顔料は肌について皮脂や汚れをしっかりと落とす事が重要なのです。

 

 

【ポイント2】それほど高価でなくても良い!!

 

日本人の性質上、「安かろう悪かろう」という心理が働き、良い洗顔料は比較的高価なものが多いというイメージがあります。確かに高価なものは洗浄力がある上に、肌に優しい成分でできていることが殆どです。ですが、洗顔料にそれほどコストをかけてはいられないという事が現実でしょう。

 

私としても洗顔料には、1月2千円も出せばよいのではないかと思います。先ほども触れたように最近は通販サイトでかなり良質なものが手軽に取り寄せられます。洗顔料も通販で探すとかなり目玉商品が出てきたりもします!!

 

⇒ 洗うだけニキビ予防ファースト クラッシュ

 

大人ニキビのスキンケア方法※保湿美容液の正しい選び方!!※

 

 

保湿の王道は美容液にあり!!

 

意外と多くの方が見落としているのは、洗顔後の保湿です。なぜ、洗顔後の保湿が重要かというと、洗顔の際に少なからず肌は乾燥してしまいます。肌が乾燥するというのは肌質悪化の原因にもなるので、注意が必要です。当然ながら、美容液成分配合の洗顔料でもです。ですから保湿はできる限り行った方が良いのです。

 

女性で化粧水だけという方はほとんど見かけませんが、偶に化粧水だけという方はいます。化粧水も保湿効果はない訳ではないですが、それでしっかり保湿ができたかというとそうではないです。化粧水でも良いのですが、念を入れて保湿をするのであれば、美容液を肌に与えるのが王道です。

 

 

油で肌に蓋をするのはもう古い!!

 

従来のスキンケア方法では、洗顔した後に「化粧水で潤いを与えて、油分で蓋をする」という古いスキンケア理論があり、それが未だに頭に染み付いている方がいます。それも意外と若い女性にも多いというのは驚きです。これでは油の膜で毛穴が塞ぎ、皮脂がたまりやすくなるでしょう。

 

また、残念な事に油で蓋はできません。油をつけても、その間をぬって水分は逃げていきます。水分と蒸発しない様に守る成分を多く含む、その結合力の強いものがおすすめという事です。ちなみに保湿成分を含むと言っても、ピンとこない方も多いので、その点でも慎重に美容液は選びたいところです。

 

 

保湿美容液の選び方

 

保湿美容液を選ぶ際には、まず、どんな成分を含んでいるのかが重要になってきます。現在では、化粧品に配合する保湿成分として様々なものが開発されています。そして、実際に多くの方がその成分を利用しています。以下にまとめるのは保湿美容液を選ぶ時にポイントにしてもらいたい成分の例です。

 

※保湿力の高いものから順に1~4に並べてあります。つまり保湿美容液を選ぶ時は、ポイント1から順に選ぶべきという事です!

 

 

【ポイント1】水分をサンドイッチ状にする成分

 

どんなに湿度が下がっても水分をキープする力のある成分です。

●セラミド ・・・ 最強の保湿成分。人間の肌に元々ある為、安全で敏感肌の方でも使用できます。

●スフィンゴリピッド ・・・ セラミドと類似に効果を期待して使われます。

●ステアリン酸大豆レシチン ・・・ セラミドよりは保湿弱いが効果が期待できる。

●ステアリン酸 ・・・ セラミドよりは保湿弱いが効果が期待できる。

 

 

【ポイント2】水分保有力のある成分

 

真皮とともにある成分でよく使われます。湿度が下がっても威力を発揮します。

●ヒアルロン酸 ・・・ 真皮にある糖の一種です。200~600倍の水分を蓄える力があります。

●コラーゲン ・・・ 真皮では弾力を保つ働きをしています。化粧品としては保湿成分になります。

●エスライン ・・・ これも真皮の繊維成分で化粧品としては保湿成分があります。

●ヘパリン類似物質 ・・・ 血中のヘパリンという保湿成分の類似成分です。

 

 

【ポイント3】吸収力のある成分

 

空気中の湿度が下がると、保湿力も低下します。

●天然保湿因子(NMF) ・・・ 保湿力はあまり強くないが使用感がよいのが特徴。

●PG(プロググレンリコール) ・・・ 吸湿性に優れ、化粧品の多く使用している。

●1.3BG(ブチレングリコール) ・・・ 吸湿性に優れ、化粧品の多く使用している。

 

 

【ポイント4】油分

 

「油でフタ」というやや古典的な発想の保湿成分です。

●鉱物油(ミネラルオイル) ・・・ 石油を分別蒸留させて得る油です。ワセリンも鉱物油。

●植物油 ・・・ オリーブオイル、アボカドオイル、米ぬか油など身近な油。

●動物油 ・・・ ミンクオイル、スクアランオイルなど動物から得る油。

●流動パラフィン(ホワイトミネラルオイル) ・・・ 石油から得た精密度の高い炭酸水素類の混合物。

 

 

⇒ エステサロンで2,721店舗に愛用された美容液<透輝の滴>