スキンケアやメイクは毎日していても、ボディは何もしないという方も意外と多いようです。特に背中は自分では唯一見えない部位という事で、なおさら何もしない傾向にあるようです。ですが、それとは裏腹に背中という部位は体の内外から様々な刺激を受けます。ちょっとした体調の変化に加え、乾燥した空気や気温の低下、紫外線、更にスキンケア用品の影響も受ける事も珍しくありません。

 

背中というのは衣類に包まれているものの、擦れたり蒸されるような機会が多く、皮脂腺も多い部位です。ですから、一度、背中ニキビができてしまうと、自然に治るという事はまずないように思います。また、そんな背中ニキビケアで使われるボディーソープについて、ほとんどの方が間違った認識を持っているようです。ぜひこの記事を見て改めてもらえればと思います(^^)/

 

背中ニキビをボディソープで毎日ゴシゴシすると・・・

 

顔に比べてボディ(特に背中)がおなざりになるのは、そもそものケア方法がよく分からないという方が殆どだからの様に思います。とは言え、外的な刺激によって、擦れ、蒸れ、冷え、乾燥などの過酷な環境下にある場合が多いのに、何お予防をしないのも背中ニキビの症状を悪化させるようなものです。そこで多くの方がボディーソープで、せっせと洗うようですが・・・

 

 

背中ニキビに悪影響??ボディソープの真実とは!?

 

 

固形石鹸に代わって今やすっかりとお馴染みになったボディソープですが、皆さんは何を基準に購入されているでしょうか?ほとんどの方がパッケージの「薬用」、「植物由来」、「オーガニック」などといううたい文句に踊らされているのではないかと思うのです。実は暴露すると、そんな謳い文句のボディソープにも「界面活性剤」が配合されているのです!!

 

商品名は明かせませんが(明かせば訴えられるので)、あるボディソープの成分表示を見ると「ラウロイルメチルアラニンNa」、「ラウロイルサルコシンTEA」とあり、これらはどちらも洗浄剤であり非常に毒性の高い合成界面活性剤です。「サッパリ気持ちよく洗いあげます!」などというキャッチコピーが付いていましたが、これでは洗いすぎで肌に必要な皮脂まで取ってしまいます・・・

 

また、別の有名なボディソープにも、「ラウレス硫酸Na」や「ココイルグルタミン酸Na」、「ラウレス6-カルボン酸」、「ラウリングルコシド」、「ラルラミドプロピルベタイン」と、5種類もの合成界面活性剤に加え、毒性の高い香料の「エトキシジルグリコール」や防腐剤が配合されています。

 

このボディーソープの同じラインナップには赤ちゃんにも使えるタイプも用意されており、そちらには「ラウレス4-カルボン酸Na」、「ラウレス硫酸アンモニウム」、「ラウリルグルコシド」、「ラウラミドプロピルベタイン」といった合成界面活性剤や合成ポリマーなどの成分が配合されています。

 

まだ、皮膚の機能が未完成な赤ちゃんに、これほどの成分を使ったら、大人になるにつれてアトピー性皮膚炎などのトラブルが起こってもおかしくない状況が出来上がるのです。今は化粧品会社が乱立して店舗だけでなくネットでも販売活動が激化しています。その為、メーカーは様々なうたい文句を使います。

 

ですから、この記事を見ている皆さんもボディソープを見て「これ良さそう!!」と思っても、そのキャッチコポーを鵜呑みにしないでもらえればと思います。特に今現在、背中ニキビができているのであれば、それは尚更の事です。

 

 

背中ニキビはボディソープより固形石の方がおすすめ!!

 

 

先ほども触れたように洗顔フォームには界面活性剤など肌に刺激の強い添加物が配合されている可能性が高いです。そして、洗いあ上がりのツッパリ感を消すために、油分が含まれているものもあります。勿論、脂分はすすいでも肌に残ります。洗った後は、洗った後は肌に油膜を張ったような状態です。

 

肌に油膜が張るとツッパリ感はないので一種の安心感を与えるようですが、これでは肌の毛穴に蓋をして肌の呼吸を妨げることになります。更に言うと、背中ニキビができている場合は、後につけるスキンケア商品の成分の浸透を妨げるという事にもなりかねません。ですから、決してボディソープが悪いという訳ではないのですが、見直してみる必要はあるかもしれません。

 

私としては背中ニキビができているか否かに関わらず、体を洗う時は固定石鹸を使う事をおすすめします。理由は固定石鹸なら、石鹸成分を主体としており、刺激の強い界面活性剤や、余計な脂分をほとんど含まないという特徴があるからです。その為、固形石鹸を選ぶ時でも失敗して肌荒れのリスクが少ないのです。

 

因みに、固形石鹸を選ぶ時は以下の事に気を遣うと良いかもしれません!!

 

 

背中ニキビのケアに使用したい固形石鹸とは!?

 

 

ボディ用の石鹸にも、クリーム状、液状、粉状、泡状など色々なタイプがありますが、やはり私が一番おススメするのは先ほども触れたように固形石鹸です。ものにもよるので一概には言えませんが、一般的な固定石鹸は添加物が少なく肌トラブルの報告も極めて少ないというデータもあります。

 

また、クリームタイプや液状のものは、ついつい出し過ぎて使いすぎてコスパが悪かったり、多量がゆえに洗い残しの原因になる事も考えられます。固形石鹸はそのようなリスクがない事もメリットの一つです。固形石鹸一つあれば、余計な皮脂を落とす事ができます。

 

汗も蒸発した後に塩分やタンパク質などが残りますが、お湯と固形石鹸で普通に洗うだけで、これらは全て落ちていきます。私が固形石鹸を選ぶ3つのポイントを以下に紹介しておくので参考にして下さい。

 

 

私が固形石鹸を選ぶ3つのポイント!!

 

【ポイントその1】皮脂をきちんと落とす力がある!!

洗浄力がてきどである事は勿論、大切です。洗浄力は自分の肌で試して選ぶしかありません。濯いだ時に指先がキュキュっというくらいに皮脂が落ちる事が大切です。「ちょっとつぱっるかな」というくらいで大丈夫です。その後、保湿をして落ち着けばそれでよいのです。

オイリー肌の方は、浴用石鹸でも構いません。昔からある白い石鹸です。ノーマル肌や乾燥肌の方は固形石鹸から見直すべきでしょう。

 

【ポイントその2】高価なものでなくてもOK!!

洗顔石鹸は、高価なものでなくても大丈夫です。500円から2,000円代くらいが相場価格ではないかと思います。浴用石鹸でも大丈夫という方は、勿論、100円くらいのものもあるので、色々探してみると良いでしょう。

 

【ポイントその3】弱酸性ではなくて良い!!

肌に優しいというと弱酸性という方もいるでしょうが、私的にはそこまで固形石鹸に弱酸性にこだわる必要はないのではと思います。極論言うと、中性でも、アルカリ性でも大丈夫です。

「肌は弱酸性だから、洗顔料は弱酸性でないと・・・」などとよく言いますが、水道水は中性なので、何性で洗っても、濯いだ後の肌は中性になります。さらに肌は自然に弱酸性に戻る性質があり、通常は15分くらいで元のpHに戻ります。

 

 

背中ニキビのケアには細心の注意が必要!!【まとめ】

 

 

近年はスキンケアブームの影響でフイルム会社、酒造会社、更には全く思いもよらない形態の会社がスキンケア商品の開発に乗り出してきました。確かにそれらは専属の研究員が開発した素晴らしいものが多くあります。ですから、私としてもそれらを使うなとは、とても言えませんし、もしそれらが自分お肌に合っているのでしたら使うべきだと思います。

 

ですが、私が思うのはそのようなスキンケアブームに乗り、過剰な宣伝広告を打つメーカーも珍しくないと思うのです。現に消費者庁から勧告を受けるメーカーもあると聞きます。

 

ですから、私たち消費者も決して謳い文句に流されず、特にこの記事で取り上げているように、背中ニキビで悩んでいる方は商品の成分などしっかりと確認される事をおすすめします。良かれと思って毎日、一生懸命使っていた商品が、実は原因でニキビの症状が悪化していたというのではあまりに悲しい現実です。

 

もしですが、背中ニキビ用の石鹸を始めどの様なスキンケア商品がおすすめなのか調べたい方は以下のサイトも参考にしてみてはと思います(^^)/

 

⇒ 楽天30連続1位獲得のシアクルシリーズ ボディ用背中ニキビ対策セット