背中ニキビがなかなか治らないとい上げいているいる方も多いようです。確かに背中ニキビの原因は色々な要素が複雑に絡み合っているので、一概にこれとは断定できないでしょう。但し、この場で言えるのは、背中ニキビと生活習慣とは大きなかかわりがあるという事です。例えばですが、毎日着る服などです・・・。

 

毎日着る服が背中ニキビに影響して改善の妨げになっている可能性もないとは言えないのです。ですから、この記事では背中ニキビで悩むときに、どの様な服を着たらいのかを詳しくまとめてみました。もしですが、背中ニキビ悩んでいるけど、着る服までは気にしていなかったという方は、ぜひ参考にして下さい(^^)/

 

背中ニキビが治らない時は着る服にも注意を!!

 

 

当たり前の事ですが、夏になると暑いですから肌の露出が多い服を皆さん着るでしょうし、海水浴やプールなどに行けば自然と肌をさらす事になると思います。ですが、そんな時に背中ニキビができていると、どうしても他人の目線が気になってしまうものです。そして、日焼けして跡になるのではと不安になり、できるだけ服を着て紫外線対策をする方もいることでしょう。

 

確かに背中にニキビができている場合は、日に焼かない方がいのは間違いない事です。ですが、何でもかんでもニキビの患部を服で覆えば、それで完了かというと、それもまた違うというのが現状です。なぜかというのを以下に順を追ってまとめたので、参考にして下さい!!

 

 

そもそも背中ニキビができる理由は!?

 

 

そもそもなのですが、なぜ背中にニキビができる方がここまで多いのか、皆さんは理由を知っているでしょうか??理由は体の構造にあります。毛穴から分泌する皮脂によって肌を保護し、外部らからの細菌や汚染物質から身を守る働きを持っています。その皮脂を分泌する皮脂腺ですが、実は顔の次に多いのが背中だと言われているのです。

 

肩の横のラインと背骨の縦のラインを結ぶ部分は、背中のTゾーンと呼ばれています。この部分は特に多くの皮脂腺があり、皮脂の分泌が盛んに行われています。そのため、背中ニキビはこのTゾーンを中心に出来ると言われています。この記事を見ている皆さんも、夏場などに背中がべたべたした経験はあると思います。

 

この皮脂と汗が混ざり合った状態を長時間続ければ、当然、皮膚の衛生状態は悪くなり毛穴に皮脂や古くなった角質が毛穴などにつまり、ニキビの原因であるアクネ菌の繁殖し易い肌環境ができてしまうという事です。また、ここで見落としがちなのが服装です。日差しに当たるのを気にして記事の厚い洋服を着ると通気性が悪く余計に肌が蒸れて汗が出やすく不衛生な状態が続きます。

 

そして、記事が厚いと汗などを含み肌にまとわりついてしまうだけでなく、ニキビで荒れた肌に刺激を余計に与え改善がしずらくなるかもしれませ囲のです

 

 

背中ニキビが治らない時は、夏場の服装は特に注意!!

 

 

汗をかきやすい夏ですから、背中ニキビができている方は夏場は特に服装に気を付けたいところです。できる限り通気性の良い綿や麻を使用した洋服を選ぶことがポイントです。ですが、蒸れやすい特性のあるポリエステルを使用した洋服でも、デザインに注意することで通気性を確保することは可能ででしょう。

 

【ポリエステルとは】
多価カルボン酸と多価アルコールとの縮合重合によって得られる高分子化合物の総称。代表例はテレフタル酸とエチレングリコールからつくられるポリエチレンテレフタレート繊維で,テトロン・ダクロンなどの商標名で普及している。抗張力・折り曲げ強度・電気絶縁性が高く,合成繊維やフィルム材,機械・電気部品として広く利用される。

 

高価な絹に似せて作られた安価で丈夫な化学繊維です。圧倒的な耐久性、シワになりにくい、吸湿性が低く、すぐに乾く、高い温度にも耐えられるなどのメリットもあります。皆さんもよく目にするワンピースや、ふんわりした形のブラウスなど様々な衣料品にポリエステルは使用されています。ポリエステルであっても吸水速乾性加工がされていれば、快適に過ごすことができます。

 

インナー類は蒸れやすいポリエステル100%ではなく、なるべく薄手の綿100%素材を使用するのがおすすめです。綿や麻との混紡素材を選ぶようにするなど、素材の特性を考えて上手に活用することが、背中にニキビを作らないコツです。

また、人は眠っている間にも汗をかき続けています。睡眠中の背中は蒸れやすいため、パジャマの素材にも充分に注意しましょう。洋服は長時間身につけるものですので、素材から見直すことは重要です。もしスキンケアをしっかり行っていても改善がみられないようであれば、洋服の素材を一度チェックしてみましょう。

 

 

背中ニキビが治らない時は綿のタオルもおすすめです!!

 

 

背中ニキビができてなかなか治らないという方の話を聞いていると、「お風呂のたびに、ナイロンのタオルで背中をゴシゴシ擦って、脂や汚れを落とすようにしている」という方が意外に多くいました。普段何気なくしている行動ですが背中ニキビにとっては治らない理由に十分該当する内容です。

 

勿論、皮膚の清潔を心がけることは、ニキビ予防に重要な事です。しかし、背中ニキビに限らず、荒れた肌を無理に擦って良くなるという事はありません。毛穴の中にあるアクネ菌まで落とす事はできませんし、肌への刺激になるだけです。続けているとシミになってしまう事もあります。

 

ですから、背中ニキビで悩んでいいるのであれば、着る服もですが、それと同時に、普段使用しているタオルなども見直してみてはと思います。体を洗う時は、ナイロンナイロンタオルやボディタオルを使うべきでしょう。擦り過ぎず、優しく洗う事が大事です。また、ボディソープよりも普通の固形石鹸の方が良いでしょう。( ⇒ おすすめの固形石鹸についてはこちら!! )

 

 

背中ニキビが治らな時は、洋服に残った洗剤にも注意!!

 

 

これはしっかり選択していれば余程はない事なのですが、もし選択の方法がいい加減な場合はあり得る内容です。何かというと選択したい衣類に潜在成分が残ってしまっているというケースです。それをそのまま着用すると、背中ニキビで荒れた肌と擦れ合い余計に肌質悪化を招くケースも稀にあるのです。

 

例えばですが、洗濯用洗剤に使われている界面活性剤は人体に有害であることは知られています。ですが、服だからという事で安易に考えていると思いもよらないところで肌荒れにつながる事も考えられます。ですから、もし思い当たる方は洗濯洗剤も調べてみると良いかもしれませんね!!

 

 

おすすめの洗濯洗剤のを紹介すると!?

 

■湘南生まれの洗濯用洗剤All things in Nature(オールスィングス・イン・ネイチャー)



洗濯用洗剤「All things in Nature」は、私たちの暮らしは自然の一部であり、人も動物も植物もみんな自然の中で寄り添いながら生きているというテーマのもと、3社(スローヴィレッジ、がんこ本舗、エコサーファー)で企画された商品です。

 

商品名「All things in Nature」は、日本語で表現すると「森羅万象、虫も鳥も木も人間も皆で共存」。地球と人に優しい、というメッセージを込めたそうです。がんこ本舗(エコ洗剤メーカ-)のメイン商品である洗濯用洗剤「海へ…」を、スローヴィレッジで「All things in Nature」という商品名で企画されたとのことです。

 

使う水の量、 使う洗剤の量、 使う界面活性剤の量、残る界面活性剤の量、 これらの量が全て、他社の優秀な洗剤と言われる部類のモノよりもダントツで少ないんそうで・・・

 

●資源を有効活用しているということなんです。
●配送中の二酸化炭素、排気ガスなどを少なくしているんです。
●乾燥肌やアトピーの人にも喜ばれているんです。
●人・動物・植物との共生、森羅万象なんです。

 

地球に優しいだけじゃない、もちろん洗い上がりにも自信あってみんなを笑顔で満たしてくれるような洗濯洗剤。海にも人にも鳥にも魚にも木にも優しい。七世代先のことまで考えました。それが「All things in Nature」という事なのです。洗濯洗剤にも拘りたいのであれば、こんな商品もありかもしれませんね!!

 

⇒ 100%植物由来の洗浄成分!!湘南生まれの洗剤【All things in Nature】