ビタミンCがニキビケアに効果があるって、本当なの!?

 

ビタミンCというと、今や色んな食べ物や化粧品に配合されるありきたりな成分というイメージです。実際にビタミンCはびはだ効果があり、ニキビケアにも効果が期待できると言われています。ただ、そこでこの記事を見ている方に考えてもらいたいのが、ビタミンCについてどこまで得知っているのかという事です。

 

恐らくですが、殆どの方が「ビタミンCというと美容に良いのでは!?」という曖昧なイメージではないかと思うのです。だからこそ、この記事ではビタミンCがなぜ、ここまで注目さえるのか、また、なぜニキビケアに効果が期待できるのかを詳しく分かってもらえればと思います。きっと、ビタミンCの重要性がより分かり、ニキビケアにも役立つのではと思います(^^)/

 

 

 

ビタミンCとは、いったいどんな成分なのか!?

 

ビタミンCは水溶性のビタミンで別名、アスコルビン酸とも呼ばれます。その昔、イギリスの J.ドルモンドがレモン汁中に壊血病に有効な成分を発見し、それを水溶性Cと命名 (1919) 、そして、翌年ビタミンCと呼ぶことを提唱しそうです。それが今日までビタミンCと呼ばれる成分となったという事です。

 

ビタミンCには、免疫力の強化や抗酸化作用をはじめ、様々な効果が期待できると言われています。その1つがコラーゲンの生成です。コラーゲンは皮膚や筋肉、骨、血管の細胞を結合する組織で、ビタミンCを摂取する事で肌組織のケアに役立ちます。ですから、ビタミンCがニキビにも効果が期待できるのです。

 

また、色素の沈着を防いでシミやソバカスを予防するなど、美容にもビタミンCは有効です。ですから、ニキビの炎症部の皮膚組織の主婦くだけでなく、ニキビ跡の色素沈着(シミ)などの改善にも効果が期待できると言われています。かなり大まかですが、ビタミンCを摂取する事で期待できる効果をまとめると・・・

 

・紫外線によるメラニンの生成を抑制する
・ニキビ跡の色素沈着したシミを軽減
・活性酸素を除去し、ニキビの炎症をケアする
・角質の天然保湿因子の保ち肌のバリア機能を保つ
・真皮層でコラーゲン生成をサポートする

 

その他にも、ビタミンCを摂取する事で色々なこ化が期待できると言われています。ただその様に色々な効果が来たできるビタミンCですが、必ず下メリットだけではないのです。実はビタミンCにもデメリットはあるのです。ビタミンCはタバコを吸ったり、精神的なストレスがかかると大量に消費されるので、該当する人は十分な補給が必要です。

 

また、ビタミンCは水に溶けやすく、熱にも弱いため調理は手早く済まる事も重要ですし、ビタミンCは水溶性なので体内に摂取しても保持できにくいという特徴があります。ですから、人間というのはビタミンCを食品などから積極的に摂らなければいけないとデメリットもあったのです。

 

 

ビタミンCが不足すると、どの様な症状が出るのか!?

 

では、ビタミンcが不足するとどの様な症状が現れるかというのも気になるところです。それに関してもしらっべてみました。すると、ビタミンCの不足に関する情報はかなり古くからあったことが分かります。皆さんもご存知のアメリカ大陸を発見したコロンブスも長い船旅の中で、同僚の船乗りが「壊血病」で亡くなったという記述を残しています。

 

この壊血病というのは、脚気の事で、実はこれもビタミンCが不足したことが原因だと言われています。脚気と言えば日本人でも戦時中は良くかかった症状ですしから、以下にビタミンCが人間にとって大事な成分かが分かります。

 

また、美容面での影響はというと、「下半身がむくみやすい」「歯茎から出血しやすい」「傷が治りにくい」「肌質の状態が良くない」「筋肉痛や関節痛がある」「疲労感がとれない」という症状が出てくると言われています。ですから、当然、ニキビの炎症も治りにくくなるという事です。

 

因みに、ビタミンCが1日にどれくらいに摂取するのが目安かというと、厚生労働省が推奨するビタミンCの摂取量は成人で1日100㎎です。しかし、ビタミンCはストレスが多い場合やタバコを吸う場合などは体内のビタミンCを失いやすくもなります。そうなると、1日1,000㎎程度摂ることが良いと言われています。

 

【食品のビタミンC1,000㎎の摂取目安量】
・レモンレモン      12個(1.0㎏)
・イチゴいちご      110個(1.6㎏)
・キウイフルーツキウイフルーツ  19個(1.4㎏)
・ピーマンぴーまん     29個(1.3㎏)
・キャベツキャベツ☆     3玉(2.4㎏)
・ブロッコリーブロッコリー   2株(800g)

 

・・・という事で、正直なところ、これだけの食事を意識的に摂取するというのは不可能です。ただ一つ言えるのは、食事が偏っているのは、ビタミンCが余計に不足している事にもなりますから注意が必要でしょう。そんな摂取がなかなか難しいビタミンCですから、食べ物からの摂取でニキビケアなどの効果を期待しても現実味はない事が分かるのではと思います。

 

私もビタミンCについて紹介したブログをよく目にするのですが、そこでは色々とビタミンCを紹介した食材や中にはレシピを紹介したブログもあります。ですが、そもそもですが、規則正しい食事はビタミンCに限らずすべての栄養素の源です。ビタミンCを取る為だけの食事ではないので、「ビタミンCを多く含むレシピ」などと紹介したブルグには疑問を持ちます(;^ω^)

 

事実、現在ではビタミンCを食品から摂取するのはなかなか大変という事で、「ビタミンC誘導体」という成分が注目されるようになっっています。ビタミン誘導体Cが今までのビタミンCと何が違うのか分からないという方もいると思うので、詳しくまとめておきます。私たちが見かける化粧品にビタミンC誘導体という見出しがついていれば、以下の成分を配合しているという事になります。

 

 

ビタミンCを体内に吸収しやすく改良したのが「ビタミンC誘導体」!!

 

前述した様にビタミンCには様々な効果が期待できます。ニキビの炎症部の修復やニキビ跡の色素沈着などにも効果は期待できます。ですがビタミンCには水溶性のビタミンでなかなか摂取ができないだけでなく、体内に取り込んでもそのまま蓄積されずに体外へ排出してしまうという弱点がありました。

 

そこでビタミンCを人工的に改良し肌への浸透性を高め、さらに体内で蓄積されやすい性質にしたのが「ビタミンC誘導体」なのです。水溶性ビタミンC誘導体の特徴としては即効性であり、短期間で皮膚に吸収されてビタミンC本来の効果が期待できます。元々壊れやすく吸収率も低いビタミンCを、リン酸と結合させることにより皮膚への吸収率を高めて効果を持続させます。

 

メラニンの生成をおさえながら新陳代謝をアップしてメラニンの排出を助け、色素沈着の改善を促します。また、皮脂分泌のコントロールや肌をなめらかにする作用など、ざらざら肌・オイリー肌・ニキビ肌から大人の肌ケアにも効果が期待されます。そして、禁煙注目されたのが以下の「VC200」という成分です。

 

今までビタミンC誘導体の最新型はAPPS(アプレシア)と呼ばれる、一般的なビタミンCの100倍の効果があると言われていました。ですが近年開発されたVC200はその2倍の効果が期待できると言われているのです。今までの一般的なビタミンCと比べても200倍もの効果がると言われています。

 

⇒ 最新型のビタミンC誘導体「VC200」について詳しく調べたいときはこちらから!!

 

 

 

スポンサーリンク