デコルテニキビをボディクリームで治す事はできるのか!?

 

デコルテニキビができると、襟元が開いた洋服もなかなかきれないですし、夏場になると海やプールにでも水着になれないので本当に困ります。ですから、何としてもデコルテニキビを治したいという方も多い事でしょう。ただ問題は、その治し方です。どうやってデコルテニキビを治せばよいのかという事です・・・(。´・ω・)?

 

やっぱりニキビだから保湿が大事なのかなという事で何となくでケアしている方がよくいますが、実はそれが余計にニキビの症状を悪化させている可能性もあるのです。では、この記事で取り上げるボディクリームでデコルテニキビをケアすると、どの様な事が考えられるかという事も気になるところです。

 

 

 

ニキビの原因は皮脂過剰分泌が原因で起こります!!

 

先ず、デコルテニキビの治し方の前に、なぜニキビができるのかという原因をおさらいしておこうと思います。そもそもですが、社会人になってからできるニキビのほとんどは生活習慣の乱れなどからくるホルモンバランスの乱れによって引き起こされた皮脂の過剰分泌です。

 

皮脂というのは元々、私たちの肌に存在していて、適切な分泌量であれば肌表面を守りバリア機能の役目や、肌にフタをして肌内部の水分が蒸発しないようにする役割を行います。ですが、過剰に分泌されると、その皮脂は古くなった角質や汚れなどとまさり合い、毛穴に詰まってしまうのです。

 

ニキビの原因菌である”アクネ菌”は嫌気性で、脂分を好む性質があるので、毛穴に詰まって酸化した皮脂はまさに繁殖するのにはもってこいの環境です。そして、アクネ菌が繁殖する事によって毛穴が炎症する症状を、皆さんもよく知るニキビと呼ぶのです。ですから、早く言えばニキビの原因は皮脂の過剰分泌が関係しているという事です。

 

ただ多くの方は、そこで過剰に分泌された皮脂をなくせば良いと勘違いして過剰な洗い方で乾燥肌になったりもします。乾燥しすると、肌のバリア機能は余計に奪われてニキビができやすくなるのです。

 

 

市販のボディクリームにはニキビの原因なる油分が配合!!

 

デコルテニキビに限ったことでもないのですが、肌が荒れた方の多くは肌が乾燥状態になっていると言われています。確かにそれは間違いがないことです。そこで多くの方が保湿を行おうとするのですが、問題はその保湿の行い方です。何でもかんでもクリームを塗ればよいというものではないのです。

 

例えばですが、市販のボディクリームをデコルテに塗って保湿したように考えている方も多いのですが、実はこれがでこr手ニキビの症状をさらに悪化しているというケースもよくあるのです。なぜかという事で、以下に市販のボディソープの成分表を記載しておきます。成分をよく見ると・・・

【某メーカーのボディクリーム】

水、ミネラルオイル、グリセリン、カルボマー、セチルリン酸K、香料、水添パーム脂肪酸グリセリズ、フェノキシエタノール、カプリリルグリコール、水酸化Na、アニス酸、塩化Na、ブドウ種子油、ポリメタクリル酸メチル、酢酸トコフェロール、アスパラギン酸Mg、グルコン酸亜鉛、アスコルビン酸、パントテン酸、パルミチン酸レチノール、グルコン酸銅

 

この様に油分が配合されている事もあるのです。この様に油分を含んだボディクリームをニキビの炎症部にすり込むという事は、皮脂が過剰分泌された毛穴に余計に油分を加える事になるのです。そうなれば、まさにニキビの原因菌であるアクネ菌に栄養を与えてしまうようなものです。

 

ですから、私としてはデコルテニキビがあっても、不用意に市販のボディクリームを使わない方が良いのではと思うのです。勿論、ボディクリームそのものがいけないという訳ではないのです。中にはニキビ肌用に開発されたボディくりーもあるのは事実です。ただ一つ言えるのは、私たち一般人がそれらをすぐに判別するのは難しいという事です(*´Д`)

 

なので、もし確実な方法でデコルテニキビをケアしたいのであれば、私としては始めからデコルテニキビ用に開発された以下のクリームを使うべきではと思います。

 

 

デコルテニキビにおすすめの保湿クリームならこちら!!

 

以下に紹介する保湿クリームですが、デコルテニキビだけでなく全身に使えるというのもポイントです。デコルテニキビに悩む方は背中ニキビなどに悩んでいる方も多いはずです。同時に毛するという点でも、以下の保湿クリームはかなり役立つのではと思います(^^)/

 

クリスタルモーション(株式会社美彩)

>>クリスタルモーションの公式サイトはこちら<<

 

【クリスタルモーションの全成分】
有効成分/ググリチルリチン酸ジカリウム、水溶性プラセンタエキス その他の成分/カルボキシビニルポリマー、水酸化カリウム、1,3-ブチレングリコール、フェノキシエタノール、1,2-ペンタンジオール、トレハロース、トリメチルグリシン、アラントイン、濃グリセリン、キサンタンガム、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、2-エチルヘキサン酸セチル、天然ビタミンE、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解エラスチン液、水溶性コラーゲン液(4)、加水分解コラーゲン末、精製水、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、加水分解ヒアルロン酸、ニンジンエキス、トウキエキス(1)、エイジツエキス、ワレモコウエキス、クワエキス、シャクヤクエキス、アロエエキス(1)、クララエキス(1)、香料

 

薬用ニキビケアジェル「クリスタルモーション」はアットコスメのネック・デコルテケア部門で第1位を獲得した、人気商品です。女性の気になる胸元やデコルテラインなどの体にできるニキビを集中的にケアするために開発され、9種類もの天然植物エキスと厳選された美容成分を潤沢に配合した究極のオールインワンジェルです。

 

低刺激で敏感肌の方でも安心してお使えるよう、肌に不必要なものは全てカットした無添加仕上げです。また、「2016年モンドセレクション」を受賞したという実績もあります。胸やデコルテ以外にも、顔、ひじ、腕、背中、お尻、太もも、Vラインにも使えます。また、シミや黒ずみなどにも使えるので便利です!!

 

⇒ クリスタルモーションの公式サイトを詳しく確認したい時はこちら!!

 

 

ルフィーナ(キュアメディカル株式会社)

>>ルフィーナの公式サイトはこちら<<

 

【ルフィーナの全成分】
有効成分 水溶性プラセンタエキス・グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分 天然ビタミンE・セイヨウナシ果汁発酵液・カモミラエキス(1)・酵母多糖体末・加水分解コラーゲン末・加水分解ヒアルロン酸・シロキクラゲ多糖体・ゲットウ葉エキス・スターフルーツ葉エキス・テンニンカ果実エキス・アマチャヅルエキス・カルボキシビニルポリマー・1,3-ブチレングリコール・キサンタンガム・ポリアクリル酸ナトリウム・濃グリセリン・1,2-ペンタンジオール・トレハロース・トリメチルグリシン・水酸化カリウム・2-エチルヘキサン酸セチル・メチルポリシロキサン・モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)・パルミチン酸レチノール・トウモロコシ油・10-ヒドロキシデカン酸BG・グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体・水素添加大豆リン脂質・ホップ末・トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル・油溶性甘草エキス(2)・ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液・ホエイ(2)・ラクトフェリン液・フェノキシエタノール・無水エタノール・香料・精製水

 

「ルフィーナ」は、肌の悩みの声を徹底的にリサーチし無添加・低刺激にこだわった保湿に優れた成分を配合した背中の肌ケア専用クリームで、潤いのある肌を保ちます。勿論、デコルテなど全身にも使えます。1日約89円というコスパも魅力なので、継続的に使用したい方にとってはもってこいです。

 

成分も保湿成分をったっぷり含んでおり、製造に関しても国内にある医薬部外品製造業許可取得工場(医薬部外品GMP承認工場)で製造しています。品質面や安全面等において一定の基準をクリアしたもののみを出荷するという拘りです。ニキビだけでなく黒ずみケアにも効果が期待できます。また、安心してお試し頂ける様に120日間返金保証を設けており安心して使用ができます。

 

⇒ ルフィーナの公式サイトを詳しく確認したいときはこちら!!

 

 

ジュエルレイン(株式会社ピカイチ)

>>ジュエルレインの公式サイトはこちら<<

 

【ジュエルレインの全成分】
有効成分/サリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウム
その他成分/精製水、濃グリセリン、シュガースクワラン、オリブ油、トリメチルグリシン、ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)デカグリセリル液、トレハロース、アラントイン、L-アルギニン、グリシルグリシン、ホエイ(2)、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、加水分解ヒアルロン酸、ムコ多糖体液、ブリエラスチン、コメヌカエキス、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、コラーゲン・トリペプチドF、ローマカミツレエキス、アロエエキス(2)、水溶性コラーゲン液(4)、オウバクエキス、アーティチョークエキス、エイジツエキス、トウキエキス(1)、シャクヤクエキス、クワエキス、クララエキス(1)、天然ビタミンE、ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸ソルビタン(20E.O.)、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル(20E.O.)(4P.O.)、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ジプロピレングリコール、1,3-ブチレングリコール、1,2-ペンタンジオール、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、水酸化カリウム、香料

 

ジュエルレインの特徴は、有効成分医薬部外品で背中を始め全身について使える保湿クリームです。今現在の炎症している背中ニキビのケアから、ニキビができにくい肌へしっかりケアできます。また35年の肌湿潤浸透技術を応用し、顔の7倍厚い背中の皮膚でもしっかりと有効成分を肌に届けることができます。販売会社のスタッフが全員、「スキンケアアドバイザー」を取得しています。

研究開発された独自の浸透技術、「ナノBテクノロジー3.0」を採用しています。(10億分の1メートルまで小さくした有効成分をお肌の奥まで浸透させます)憂苦成分のサリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウムのW主剤でしっかり背中ニキビをケアします。また、ノンアルコール、ノンシリコン、無鉱物油、石油系界面活性剤フリー、合成香料フリー、合成着色料フリーです。

 

⇒ ジュエルレインの公式サイトを詳しく確認したいときはこちら!!

 

 

デコルテニキビを治すためには正しいケア商品を選ぶ事も大切!!

 

最近は、化粧品メーカーが乱立したせいであらゆる謳い文句を宣伝するメーカーが現れました。例えばですが「無添加」という謳い文句はその典型かもしれません。無添加という言葉が謳っていても、実際に成分表を見ると添加物が多く配合されているケースが世とんどです・・・

 

どうやらメーカーの言い分は、肌に刺激が強い特定の成分は配合していないという事らしいのです。ですが、それでニキビなどの荒れた肌に安心して使用できるのかというと、私には疑問以外の何物でもありません!!

 

この記事ではボディクリームについてまとめましたが、やはりボディクリームの謳い文句も例外ではありません。肌に優しいようなイメージの謳い文句が表示されていても、いざ成分を詳しく調べるとニキビの悪化に繋がる成分もよくある話です。この記事を見ている方も、安易にボディクリームを選ばず、先ずはしっかりと成分を確かめてもらえればと思います。

 

その上で、信用性が高い保湿クリームを選んでもらえればと思います。きっと、スキンケア商品を変えるだけでも、デコルテニキビの症状は改善するのではと思います(^^)/