ディフェリンゲルの使い方が分からないと危険です!!

 

ディフェリンゲルはニキビ治療薬の中でも、特に効果が期待できるという事で評判です。ですが、その反面、副作用などの報告もあり使い方には細心の注意が必要です。基本的に医師に確認するのが最善ですが、ここではディフェリンゲルの使い方をすぐにでも確認したいという方の為の内容にしました。

 

例えばですが、極端に肌が弱い方やアレルギーがある方、更には妊娠中や授乳中など何らかの事情がある方は必ず確認してもらえればと思います。忘れていけないのは、ディフェリンゲルはあくまで医薬品という事です。街中で販売されている化粧品とは違って、安易な気持ちで使ってはいけないという事です!!

 

 

 

ディフェリンゲルを絶対に使っていはいけない方とは!?

 

ディフェリンゲルというとニキビ治療薬の中でも特に効果覿面と言われています。つまり言い方を変えれば、使い方にも注意が必要という事です。そこで先ずは、ディフェリンゲルの使い方の前にディフェリンゲルを使ってはいけないという方の特徴をまとめておきました。少しでも思い当たる方は必ず確認してください(^^)/

 

【使用禁止その1】薬などにアレルギーを持っている方!!

当たり前の話ですが、いくらディフェリンゲルがニキビ治療薬として評判でも万人の体質に合う訳ではありません。ニキビがる方も、それぞれの体質があります。ですから、ディフェリンゲルがどうしても体質に合わないという方も稀にいるのは事実です。また、使用を開始していつまでも副作用らし気症状改善しない時は医師、薬剤師に損談してみるべきです。

 

【使用禁止その2】妊娠中、もしくは妊娠の可能性がある時!!

ディフェリンゲルを使用中に妊娠した場合、または妊娠かなと思われた場合は、使用をすぐに辞めて、医師に相談して下さい。ニキビ治療に使い量よりたくさんの量を妊娠中の事件動物に飲ませた場合、骨や臓器に異常がある子供が認められたため、妊娠している方、妊娠している可能性のある方は使用しないで下さい。

 

【使用禁止その3】授乳中でまだまだ乳離れはしない時!!

妊娠中同様に授乳中の方も使用しないでください。母乳は元々、母体の血液からできています。もしですが、ディフェリンゲルを肌にるると、肌に浸透した成分が血液に影響を与え、それが母乳の何らかの影響が合うかもしれません。可能性としてはかなり低い話ですが、控えるべきです。もし、住乳中にやむを得ず使用するなら、母乳の方を中断する必要があるでしょう。

 

 

ディフェリンゲルの正しい使い方※使用上の注意点も確認※

 

では、さっそく本題のディフェリンゲルの使い方について説明していこうと思います。使用方法と言っても、基本的には一般の塗り薬と同じで先ずは洗顔から行います。洗顔料を手に取り良く泡立て、泡で顔全体を包み込むように優しく洗ってください。洗顔料を残さない様に儒分洗い流します。そして、柔らかいタオルで擦らずに、軽く抑えるように水分を拭き取ってください。

 

ここまでは、殆どの方は間違いなく理解しているでしょうが、問題は次です。大抵の方はココで直ぐにディフェリンゲルを塗ってしまうのですが、ディフェリンゲルは副作用も強いと言われるので低刺激の化粧水などで保湿を行っておくと副作用などの症状もかなり抑えながら使用ができると思います。

 

⇒ ディフェリンゲルと一緒に使いたい低刺激化粧水を調べたい時はこちら!!

 

そして、化粧水などでしっかりと保水した後、以下の様に顔のおでこ、頬、顎などニキビの炎症部に塗ります。基本的に塗る時間帯は就寝前になるはずです。1日に1回のペースです。前日に塗り忘れたからと言って、1日に2回塗ったりしない様に気を付けて下さい。

 

 

上記の様に塗れば問題はないのですが、顔の皮膚に切り傷、擦り傷、湿疹があるところ、目の周囲・唇・小鼻(粘膜に近いところ)は塗布を避けて下さい。(目に入った場合はすぐに水で洗い流して下さい。)

 

◆ディフェリンゲル使用中の注意!!
皮膚に刺激のある石鹸や化粧品などの使用は避けて下さい。顔に他の塗り薬を使用する場合は、医師に相談してください。また、海や山で大量の日光をあぶる事や日焼けランプでのけどの紫外線照射は避けて下さい。外出時には、日傘、帽子や日焼け止めの使用をおすすめします。

 

 

ディフェリンゲルの使い方で悩んだら医師や薬剤師に相談を!!

 

ディフェリンゲルは確かにニキビ治療薬として確かな効果が期待できます。ですが、忘れてはいけないのはあくまで医薬品で、街中で販売されているようなニキビケア用の化粧品とは違うという事です。正しい用法・用量でしっかりと継続する事が大事という事です。もしですが、そこで分からない事があっても、独自の判断で使用は避けるべきです。

 

気になる事があるのであれば、かかりつけの医師、もしくは薬剤師に相談してから使用を続けるべきです。正しい使い方をするからこそ継続でき、継続できるからこそ効果が出るのではと私は思います。

 

因みにですが、ディフェリンゲルは元々、使い始めの2週間ほどは肌の乾燥や皮が剥けるなどの症状が出ますが、それはあくまでニキビが治療できる過程で起こるものです。ですから、ディフェリンゲルにはそのような症状が予めるという理解をしておくのも大切なのではと思います(^^)/

 

 

スポンサーリンク