ニキビの原因は皮脂の過剰分泌というけど・・・

 

ニキビに少しでも詳しい方は知っていると思いますが、ニキビに原因は過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まる事で起こると言われています。ですから、皮脂ががニキビの原因だという考えが広がっているようです。ですが、残念ながらその考えは、間違っていると私は思っています。なぜなら、皮脂があるからこそ私たちの肌は健康でいられるのですから!!

 

そこでですが、皮脂とはどんな成分で、どんな役割をしているのかなどを詳しくまとめてみようと思います。そして、なぜ皮脂がニキビの原因になってしまうのかもまとめてみようと思います。皮脂がどの様な成分なのかを知る事も肌ケアには大事になります。ぜひ、以下の内容を参考にして下さい(^^)/

 

 

 

皮脂の役割について※皮脂は肌のコーティング剤※

先ずは皮脂がいったいどんな成分なのかという事をまとめておきます。そもそも、皮脂を分泌するのは、言うまでもなく皮脂腺です。皮脂は、皮膚表面に分泌され、皮脂幕と呼ばれる膜を作って皮膚をコーティングし、守る役割を担っています。皮脂はpH4~6の酸性で、これで覆う事によって肌表面を弱酸性に保ち、雑菌の繁殖を抑えてくれるのです。

 

【pHとは】
pHとは、酸性、アルカリ性の強度を0~14で表したものです。pHが小さいほど酸性、14に近づくほどアルカリ性になります。因みに酸性はpH7です。

 

また、皮脂は肌や髪にツヤと滑らかさを与える作用もあります。皮脂腺は通常毛穴へとつながっており、毛穴に分泌された皮脂は毛を伝って毛の表面をコーティングしています。天然のヘアクリームのようなものです。肌の潤いを守るために皮脂が大切だと思っている方が多いように感じますが、角質層の水分を守っているのは主にセラミドです。

 

肌の保湿における貢献度は、セラミドが約80%程度に対して、皮脂は2~3%くらいしかないと言われています。つまり、皮脂には潤滑油のように滑らかさを与える作用はありますが、潤いを守るものではありません。

 

料理や菓子作りの仕上げに、バターを塗って艶を出したりしますが、皮脂はそれに近いものと思うと良いかもしれません。もしくは、車のワックスの様に、表面をコートして保護する働きをするものです。あくまで表面をコーティングしているもので、肌の奥の潤いを守る力はありません。

 

むしろ多すぎるとニキビ、肌荒れ、老化などの肌トラブルの原因になります。なので、スキンケアでは過剰になった皮脂はある程度洗顔などで落とす事が大切になります。因みにですが、私が洗顔や体を洗うのにおすすめしているのは固形石鹸です。理由は固形石鹸は添加物のリスクが他のスキンケア商品と比べてはるかに低いからです。

 

仮にですが、合成界面活性剤理の洗顔料やボディソープを使うと強力な洗浄力で本来必要な皮脂まで取り除いてしまう可能性があるあkらです。ですから、私は皮脂を洗い流す、つまりニキビ予防などには固形石鹸をおすすめしているのです(^^)/

 

⇒ ニキビ専用洗顔石鹸【NonA.】

⇒ 火山灰生まれの長寿の里【然 -しかり-よかせっけん】

⇒ フランスで絶賛のスキンケア【P.G.C.D.】

 

 

皮脂の成分とは!?※皮脂は何からできているのか※

 

皮脂の成分ですが、おおよそで上記の画像のような成分で構成されているのです。(組織には個人差があり、また、年齢や季節でも変動します。)見ても分かるように、皮脂は色々な成分から構成されているのです。

 

【皮脂の成分】
◆中性脂肪 ・・・ 43%
◆ワックスエステル ・・・ 25%
◆脂肪酸 ・・・ 16%
◆スクアレン ・・・ 12%
◆コレステロール、コレステロールエステル各1~2%

 

皮脂腺では、血液中の栄養分から皮脂を作るので、皮脂には中性脂肪やコレステロールなどの血液と同じような成分が含まれるのです。皮脂という、単なる一つの成分という訳ではないという事です。

 

そして、肌をコーティングする皮脂幕は、実は毛穴から出てくる皮脂だけではないのです。角化(ターンオーバー)の過程で、表皮細胞の核が抜けて角質細胞に変わる時、細胞の内容物が放出されますが、これらの内容物も皮脂膜の中に混じり込みます。これを表皮脂質と言います。

 

また、汗も当然混じり込むので、皮脂膜は、これらが混然と交じり合った複雑なものからできているのです。当然、人によってその成分は異なりますし、日によっても若干違い、また、顔や体の各部位によっても成分に違いが出てきます。大まかな成分は以下の通りです。

 

【皮脂】
皮脂腺から分泌されるもので、皮脂膜の90%以上を占めます。中性脂肪(トリグリセリド、その分解産物のジグリセリド、モノグリセリドなど)、脂肪酸、ワックスエステル(ロウ)、スクアレンなどを含みます。

 

【表皮脂質】
表皮細胞が角質細胞に変わる時に放出されるものです。リン脂質、コレステロールなどです。

 

因みにですが、「皮脂が異常に多い」という方がよくいますが、皮脂が多いこと自体は、以上ではないのです。体質的な事で、薬で減らしたりはできないので、甘いものと脂っこいも食べ物を控え、ビタミンC誘導体配合の化粧水を使うなどのケアを地道に行うと良いかと思います。ビタミンC誘導体がどんなものかは、以下の記事で紹介しているので、この記事ではあえて割愛します。

 

⇒ ビタミンC誘導体が皮脂分泌にどの様に働くのかはこちらを確認!!

 

 

 

スポンサーリンク