日焼け止めクリームにあるSPFの表示とは・・・

 

夏場になると海水浴やプール、更にキャンプなど色んな行事があります。そうなると、否が応でも日焼けしてしまう事でしょう。なんとしか手日焼けを軽減しようとすると、日焼け止めクリームは欠かせなくなってきます。ですが、ここで疑問なのは日焼け止めクリームの表示にある「SPF」という文字についてです。

 

多くの方が何気なく見ているでしょうが、恐らくはSPFが何の意味なのか詳しく知っている方は少ないのではと思います。ですから、この記事では日焼け止めクリームを選ぶ際に役立つようSPFの意味と、選ぶ際の基準をまとめておきます。覚えておくと、より日焼け止めクリーム選ぶがしやすくなるはずです。

 

 

日焼け止めクリームの”SPE”って、何の意味なの!?

 

ニキビ跡などのシミを予防するには、やはり「日焼け止め」です。最近では、実に様々な日焼け止めクリームが(サンスクリーン剤)が出回るようになりました。ですが、その表示を見ると”SPF”という文字がある事に気が付くかと思いますこのSPFというのは、紫外線B波(UVB)をカットする力を示します。( ⇒ 紫外線B波(UVB)はこちらで解説!! )

 

つまりSPFは、何も塗らない状態と比べて、サンバーン(赤くなってヒリヒリする事)が始まるまでの時間を何倍に伸ばす事ができるか、という目安です。例えば、SPF2は、約2倍に伸ばす事ができるという事になります。

 

通常、成人が夏の日剤の下にいた場合、サンバーンを起こす程度の紫外線を浴びるのに約20分はかかると言われています。(もちろん個人差はあるので、平均的な時間が20分という事です。)そこでSPF2の日焼け止め化粧品を塗っておくと、サンバーンを起こすまでの時間を20分の2倍、約40分に伸ばす事ができるという訳です。

 

【SPF(Sun Protection Factor)】
SPFは日本語で「紫外線防止指数」と訳されます。SPF値は、2~50までの数値で表示されています。以前は100を超す数値を表示するものもあったのですが、2000年から、50以上のものは全て50+と表示されるようになりました。(日本化粧品工業連合会の統一基準。)その理由は日焼け止めの効果としてはSPF50もあれば十分である事と、50以上になると測定する時の誤差が出やすくなるからです。

 

SPFはシミできる時間を測定したものではない!!

 

それならば、屋外スポーツを1時間する際には、20分の3倍ですから、SPF3の日焼け止め化粧品を塗っておけばシミはできず、シワの心配もないでしょうか??残念ながら、そういう訳でもないのです。ここで大事な事は、SPFというのは「サンバーン」つまり「肌が赤くなる」までの時間について測定された数値だという事です。肌にシミができまでの時間ではないのです。

 

実際にサンバーンを引き起こすほどの日焼けをしなくても、シミはできます。毎日の通勤の時に浴びる日差しも、紫外線貯金を進め、シミの原因になります。ほんのわずかな紫外線でも、少しずつ皮膚の中で細胞に変化を与え、シミを作りあげていきます。

 

つまり、SPF3の日焼け止めクリームを塗って1時間屋外にいた場合、サンバーンは起こさずニズムかもしれませんが、小さな「シミのもと」は、肌の奥に発生しているかもしれないのです。ですから、決してSPFがシミのできにくさを表した数値ではないという事だけは覚えておくと良いでしょう。

 

日焼け止めクリームを選ぶ時のSPFの目安は!?

 

では、実際に日焼け止めクリームを選ぶ時に、SPFはどれくらいの値のものを選んだら良いのかという事になると思います。kの答えに関して言っておくと、ズバリ正確な答えというのは、どこにもないのです。理由は肌細胞の中に発生する微細な「シミ予備軍」までは、現実問題として測定できるものではないからです。

 

そこであくまでも目安として、日焼け止めクリームにはSPFの値が表示されているという訳です。そうなると、シミを作らない為には、念のためにやや高めの数値を選ぶ方が安全と、皆さん考える事でしょう。実際にその通りで、例えば、日常生活の場合、殆どの方が外で日に当たる当たる時間は1日あたり1時間以下です。

 

SPF1=20分」あれば、1時間の外出にはSPF3という事になりますが、シミ予防の観点からはやはりちょっと不安ですので、念のためSPF20くらいを使う方が無難であるとされています。皮膚科学会でも「日常つかいであればSPF20程度」を推奨しています。これをもとに、外出時間が長い時は、更に高めの数値を選ぶようにすると良いでしょう。

 

ところで、紫外線が皮膚にそれほど悪いのならば、SPF値は高ければ高いほどよいのだろうと考える方も多いことでしょう。しかし、実際には、そう単純なものでもないのです。それは、日焼け止めクリームはどうしても多少は肌に負担をかけるものだからです。

 

⇒ もうファンデーションはいらない。HANAオーガニックのウェアルーUV

 

 

スポンサーリンク