医薬部外品の化粧品ならニキビケアに効果あるのか!?

 

皆さんも聞いたことぐらいはあるでしょうが「医薬部外品」という言葉。コンビニなどの健康ドリンクなどにも表示されている為、多くの方はこの医薬部外品という言葉を見ると「これって、効果あるのかな!?」というイメージを無意識のうちに頭の中に刷り込まれているはずです。現に私もニキビに悩んでいる方に「医薬部外品の化粧品はないの!?」という声をよくもらいます。

 

ただ、そこで私が多くの方に伝えたているのは、決して医薬部外品だから効果があるか?安全なのか?という事です。必ずしもそうではないという事です。決して医薬部外品がいけないという訳ではないのですが、気を付けてもらいたいことがあるのです。その内容を詳しく以下にまとめておきましたので、ぜひ参考にして下さい(^^)/

 

 

 

医薬品・医薬部外品・化粧品の意味って、そもそも??

 

先ずですが、この記事を見ている皆さんは医薬部外品についてどこまで知っているでしょうか??恐らくですが、ほとんど分からないという方が大半だと思います。そこで、医薬部外品について語る上で、医薬品・医薬部外品・化粧品に違いを予め確認してもらおうと思います。その方が後で話す内容も飲みこみやすくなるのではと思います。

 

これらの分類は「医薬品医療機器等法」(旧薬事法)によって以下の様に分類されています。(正式名称は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」といい「薬事法」と略される事もあります。

 

【医薬品の定義】

医療などの治療を目的とした製品で、分かりやすく言えば皆さんが病気や怪我で使用する薬の事です。厚生労働省によって効果・効能が認められた有効成分が含まれていて、薬局やドラッグストアなどで販売さえている一般用医薬品と要指導医薬品。それとは別で、医師・薬剤師の指示で処方される医療用医薬品(薬局医薬品)があります。

 

【医薬部外品の定義】

医薬部外品は、別名、薬用とも表記される事もあります。厚生労働省によって効果・効能が認められた有効成分を一定の濃度で配合している製品を指します。医薬品と一般の化粧品の中間的な存在というところです。効果に関しても緩やかで医薬品の様に効果が必ず現れるというものではなく、効果が来たできるというレベルで予防ができるという事です。

「ニキビを防ぐ」「美白に効果がある」などを謳う事は出来ますが、デメリットは”全成分の表示義務が義務付けられていない”という事です。(日本化粧品工業連合会による自主基準はある)

 

【化粧品の定義】

医薬部外品よりさらに区化や効能が緩やかで、清潔にする、美しくする、健やかに保つなどを目的とする製品を指します。医薬部外品では認められている、「美白に効果がある」などと表記する事はできません。ファンデーションや口紅などの他、石鹸(薬用石鹸は除く)やシャンプーなども化粧品に含まれます。

 

 

医薬部外品の化粧品が一般の化粧品よりも効果あるのは誤解!!

 

話を再び医薬部外品の化粧品はニキビケアに効果が期待できるのかという事に戻します。医薬部外品の化粧品は薬のようなイメージでニキビケアにも効果が来たできそうだと感じる反面、全成分表示義務がないので何が配合されているのか分からないというリスクもあるのです。つまり医薬部外品の化粧品だから効果があるとか、安全性が高いと勝手に決めつけるのは安易ではという事です。

 

化粧品と医薬部外品の違いは、有効成分が配合されているかどうかです。有効成分は厚生労働大臣によって効果・効能が認められたものです。1種類でも、少量でも有効成分が配合されていれば医薬部外品として認められ、140種類の表示指定成分以外の全ての成分を表示しなくても販売できてしまいます。

 

また、有効成分は肌のバリア機能を壊して肌の奥まで浸透させる必要があります。成分を浸透させ、有効に働いてもらうには、「浸透剤」が配合されていなくてはならないのですが、浸透剤として使われているのは「合成界面活性剤」です。

 

合成界面活性剤は、強力な洗浄力と浸透力によって皮膚のバリア機能を破壊します。まず、皮膚膜が奪われ、皮膚は水を弾く力を失ってしまいます。お風呂に入った時に肌がお湯を弾くのは、皮脂がきちんと肌を守っているからです。バリア機能が壊れると、水はコロコロと弾かれずに、ジワっと広がるようになります。

 

 

さらに、角層内にある天然保湿因子であるセラミドも流出するようになり、こうなれば乾燥肌へまっしぐらです。皮膚の健康を守ってくれている常在菌も、いなくなってしまいます。それほど強力な合成界面活性剤についても、全成分表示の具無我ない為、私たち消費者には配合されているのかどうかは分かりません。

 

この事から分かるのは、医薬部外品というジャンルは、合成界面活性剤を始め、表示が憚れるような成分を配合している場合は、有効成分を加えてしまえば全成分表示をしなくてもよくなる、という事なのです。「そんなのおかしなものは、めったに配合されていないのでは!?」とおもうかもしれませんが、本当にそうなのかというと・・・

 

また、効果・効能がある有効成分は極少量しか配合されていないという可能性もあります。それは、化粧品と違って、医薬部外品は配合成分の記載の順番が自由なのですが、これは実は、配合量が分からない為です。しかも、効果を出すには皮膚の内部に有効成分を浸透させないといけませんが、「浸透剤=合成界面活性剤」が配合されている事を隠す事もできます。これは大きな問題でしょう!!

 

 

医薬部外品の化粧品は選べばニキビケアはしっかりできる!!

 

この10年ほどですが、化粧品会社が急に増えたことを皆さんは気づいているでしょうか?理由は2001年の薬事法改正により、化粧品の原材料を使用する際の細かいルールが緩くなり、新しい原材料も使いやすくなった為です。更に海外からも色々な化粧品が輸入されるようになりより一層、化粧品を販売するメーカーは増えました。

 

その結果、誇大広告で消費者の購買意欲を揺さぶるような行為も各メーカー間で激化しました。「無添加」「オーガニック」「植物由来」「ノンシリコン」などなども実際の成分をごまかすかのようにパッケージにでかでかと記載されています。今回、医薬部外品の化粧品について触れましたが医薬部外品という謳い文句も例外ではないでしょう。

 

医薬部外品だから売れるという購買心理を巧みに利用したメーカーも多数あります。決して、医薬部外品を購入するなという事ではないのですが、やはり医薬部外品だからという概念は一度捨てて、本当にニキビケアなど肌の炎症がある方や、元々肌が弱い方などは尚更化粧品の成分を自分の目で確かめて購入する事をおすすめします。

 

因みにですが、どうしても自分ではどんな化粧品が安全でニキビケアに効果が期待できるのかよく分からないという方もいるかとは思います。その方は、成分チェックと同時にお試しができるニキビケアの化粧品を購入してみてはと思います。成分ちぇくと同時に、実際にこれなら安心して継続使用ができるか確かめれるはずです。

 

そしてそれから継続的に購入し続ければよいのですから。因みに、以下の3つのお試しセットが私のおすすめのニキビケア商品です。どれも評判も良いので参考にして下さい。

 

見出しタイトル