ジーンズは履きたいけどお尻ニキビが怖い!!

 

ジーンズと言えば、若者の間でも根強い人気を誇るファッションです。男性、女性問わず多くの方が愛用している事でしょう。ジーンズにも色々な種類があるのですが特徴は何と言っても、あの頑丈な生地です。ちょっとやそっとでは破れたり避けたりもしないような生地ですからファンション性だけでなく、耐久性にも優れています。

 

ですが、その頑丈な生地ゆえの心配というのもあるのも事実です。その悩みの一つが「お尻ニキビ」です。お尻ニキビの原因は単に遺伝や体質だけでなく、お尻の摩擦や蒸れなども影響していると言われています。そななるとジーンズもお尻ニキビの良くないのではと思えてくるのではないでしょうか??私なりにですがジーンズとお尻ニキビの関係性についてまとめたので以下を参考にして下さい。

 

 

 

ジーンズは、そもそも炭鉱の採掘用の作業服です!!

 

少し余談ですが、先ずはジーンズの歴史なんかも触れてみようと思います。元々、「Gene(ジェーヌ)」と呼ばれ、この中世フランス語「Gene」が英語に入り「jean」と呼ばれるようになったという事です。日本では、「Gパン」という呼び名もありますよね(笑)

 

そもそも、ジーンズは鉱山で切る作業着でした。1870頃、アメリカではゴールドラッシュに湧いていました。北米の鉱山で働く多くの鉱夫は必死に採掘作業に取り掛かっていたそうですが、悩みのひとつは作業中にズボン(パンツ)がすぐに掏り切れてしまうことだったそうです。

 

そこで、仕立て屋のヤコブ・デービスは、既に設立されていたリーバイス社のリーバイ・ストラウスから仕入れたキャンバス生地を用いて銅リベットでポケットの両端を補強した仕事用パンツ(ワークパンツ)を発売し、これが鉱夫らの好評を博したのです。ジーンズは最初、鉱夫らの作業着であったという事です。

 

ですから、実はい多くの方がおしゃれで履いているジーンズですが、実は作業着を着ているという事にもなりますね(#^^#)

 

 

ジーンズはお尻ニキビの悪化に関係するか!?※摩擦や蒸れなど※

 

では、話をジーンズとお尻ニキビの関係性に戻しますが、やはり、前述した内容を見る限りでもジーンズがお尻ニキビと関係あるのは確かだという事です。因みに、なぜジーンズがお尻ニキビに関係しているのかという事ですが、少なくとも以下の2点はかなり関係性が深いのではと思います(`・ω・´)

 

ジーンズの固い生地による摩擦でお尻ニキビを刺激!!

ジーンズは元々、鉱山で作業するために作られた作業着ですから、生地は厚く頑丈なのが特徴です。ジーンズの厚さは「オンス (OZ) 」という単位で表され、ジーンズ1本の重さではなく1平方ヤードの生地の重さを表したものです。1オンス = 28.3グラム弱、1平方ヤード = 0.84平方メートルです。

 

一般的には14オンスほどの厚みが多く、しなやかな履き心地ですが、厚い生地は硬くゴワゴワし、馴染むまで時間がかかるのも事実です。その硬さは洗濯して天日干しすると、壁に立てかけられるほどであるとか・・・。まさに丈夫で破れにくいのですが、当然のごとく肌への摩擦も強くなります。

 

座る時などはジーンズの記事が摩擦になる事は避けられませんから、お尻ニキビでも赤く膨らんでいたり、白いできものばある時は履くのを辞める方が賢明でしょう。もし、どうしてもは期待という時は木綿の下着などできる限り柔らかい下着を履いてジーンズと肌の摩擦を軽減すると良いでしょう。

 

ジーンズの通気性の悪さで蒸れによる肌の衛生面が悪化!!

そして、次にジーンズとお尻ニキビの関係性で指摘されているのが、ジーン渦の通気性の悪さからくる蒸れです。ジーンズを履いていると夏場は非常に暑いという経験をした方も多いのではないかと思います。お尻ニキビというのは、肌の衛生状態にも影響します。肌が蒸れると、肌環境が悪くなりニキビの原因菌が繁殖しやすくなります。

 

ですから、ジーンズを履き続けるとお尻は当然もれますし、座る事が多い方は尚更蒸れることが多くなるでしょう。お尻ニキビがある時は通気性の良いスカートの方が改善する肌環境としては理想でしょう。

 

 

お尻ニキビがという方へおすすめのクリーム!!

ジーンズは履きたいけど、お尻ニキビがという方はどうするかという事ですが、私としてはお尻のケアを先ず見直してみてはと思います。お尻専用の保湿クリームなどで肌質を整えるのも有効な手段ではないかと思います。因みに、そのお尻専用の保湿クリームと宇野は以下の2点が有名です!!

 

プチノン(株式会社三昧生活)

>>プチノンの公式サイトはこちら<<

 

【プチノンの全成分】
有効成分/水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K
その他の成分/ビサボロール、3-O-エチルアスコルビン酸、米糠抽出物水解液A、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na-2、水溶性コラーゲン液-4、ヒメフウロエキス酵母多糖体末、プルーン酵素分解物、スターフルーツ葉エキス、アーティチョークエキス、セイヨウナシ果汁発酵液、カモミラエキス-1、ステアロイルフィトスフィンゴシン、トレハロース、天然ビタミンE、エチルヘキサン酸セチル、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、ジメチコン、BG、カルボキシビニルポリマー、1,2-ペンタンジオール、水酸化K、フェノキシエタノール、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、水添大豆リン脂質、精製水

 

プチノンは薬剤師が開発した医薬部外品のお尻用ケアクリームです。お尻のブツブツ、黒ずみ、たるみを同時にケアできるように有効成分であるグリチルリチン酸2Kと水溶性プラセンタエキスを豊富に配合しています。またそれ以外にも美白成分や保湿ケア成分も配合しているので荒れたお尻のケアには有効です。

 

使用に関しても敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使えるように肌に刺激の強い添加物を排除していますし、万が一、肌に合わないという方でも30日間返金保証制度があるので安心して使用ができます。メーカーへの問い合わせも、医薬品販売の経験が豊富な薬剤師・登録販売者が在籍しているので専門的に相談に応じてもらえるという事です。

 

⇒ プチノンの公式サイトを詳しく確認したい時はこちらから!!

 

ピーチローズ(株式会社ライブナビ)

>>ピーチローズの公式サイトはこちら<<

 

【ピーチローズの全成分】
有効成分/水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K
その他の成分/ビサボロール、3-O-エチルアスコルビン酸、米糠抽出物水解液A、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na-2、水溶性コラーゲン液-4、ヒメフウロエキス酵母多糖体末、プルーン酵素分解物、スターフルーツ葉エキス、アーティチョークエキス、セイヨウナシ果汁発酵液、カモミラエキス-1、ステアロイルフィトスフィンゴシン、トレハロース、天然ビタミンE、エチルヘキサン酸セチル、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、ジメチコン、BG、カルボキシビニルポリマー、1,2-ペンタンジオール、水酸化K、フェノキシエタノール、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、水添大豆リン脂質、精製水

 

ピーチローズは厚生労働省の認可を受けた医薬部外品として多くの効能・効果の承認を取得し、様々な角度からお尻の肌特性にアプローチします。にきび、あせもを防ぐ。肌あれ。あれ性などにも効果が期待できます。薬用美白成分がシミや黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑え、高濃度保湿、94.6%の美容成分がニキビを予防。 しかも1日朝晩2回の簡単ワンステップケアで面倒は一切ありません。

 

従来のヒアルロン酸を約300分の1にダウンサイズし浸透力をアップさせた「超・低分子(ナノ化)ヒアルロン酸」を配合しています。浸透しにくかったお尻周りの角質に1gで約6リットルという高い保水力で潤いを与えます。さらに高分子ヒアルロン酸が肌表面で潤いを長時間閉じ込め、ダメージ状態になりがちなお尻のターンオーバーをサポートしていきます。

 

⇒ ピーチローズの公式サイトを詳しく知りたい時はこちらから!!

 

 

ジーンズとお尻ニキビの関連性について【まとめ】

 

この記事ではジーンズがお尻ニキビの原因になるかについて触れましたが、あくまでもこの内容は可能性の問題で必ずというものではありません。確かに、ジーンズがお尻ニキビの原因の一つであるのは間違いないことですが、お尻ニキビの原因まだ他にもあります。生活習慣の乱れによホルモンバランスからくるものや、お風呂場での洗い方が間違っているなども関係しているかもしれません。

 

ですから、決してお尻ニキビがあるからジーンズを履いてはいけないという訳ではありません。ただ、お尻ニキビがあるのであれば、できればですが、記事の柔らかいズボンやスカートを履く方がお尻の肌質を保つのには良いのではないかという事です。

 

私としては、お尻ニキビが気になるのであれば、生活習慣やケア方法を整えて、更に上記の保湿クリームで肌質改善を行う事をおすすめします。肌質をできる限り改善してからジーンズを履けば良いのではと思います。お尻のケアとジーンズを履くことを同時にしなくても良いと私自身は思います(#^^#)

 

 

スポンサーリンク