乾燥肌で粉を拭いたような状態は注意が必要!

 

乾燥肌とは、角質細胞が剥がれ落ちた状態

乾燥肌とは、肌の保湿機能がうまく働かず、角質層から水分量が減り、肌の表面がカサカサしたりツッパリする肌の事で、”ドライスキン”とも呼ばれます。乾燥肌の人は、生まれつき乾燥しやすい肌質であるケースが多いようです。子供の頃からアトピーの方、冬になると肌に痒みが出る方も乾燥肌です。

 

健康な肌の場合、角質層に約30%の水分を保っているのですが、何らかの原因から保湿のシステムがうまく機能しないと、30%以下になり、水分不測の状態になります。空気中の湿度が低くなると、角質層が影響を受けて、肌に含まれる水分量は減少します。

 

また、皮脂やセラミドなどの角質細胞間脂質は、加齢とともに作り出される量が減ります。角質細胞の隙間が大きくなると、水分が蒸発しやすくなったり角質細胞の一部が剥がれ落ちたりします。この状態がいわゆる”粉ふき肌”と言われ、肌がカサカサになると嘆く方が多くなります。

 

悪循環に陥っている乾燥肌にはケアが必要!

乾燥肌になると、人の身体というのは肌の乾燥を守ろうとして、ターンオーバー(肌の代謝)を急ぐようになります。結果、水分保持が未熟な角質細胞が生まれ、肌は硬くなり、さらに乾燥するという悪循環に陥ってしまうのです。これを改善して正常な機能に戻し、瑞々しい肌を呼び戻すには、丁寧なスキンケアが大切になってきます。

 

 

 

角質細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)は、加齢や体質、気候、ライフスタイルなどが原因で減少し、角質層のス便が不足して乾燥します。また、角質細胞の隙間が大きくなり、水分が蒸発しやすくなります。皮脂量は、女性の場合、20代頃に分泌量のピークを迎え、その後は減少していきます。(上記の画像の通りです。)

 

乾燥肌が原因で起こる肌トラブルとは、いったい?

 

以下に紹介するのは、乾燥肌が原因で発生する肌トラブルの一例です。思い当たるかもいるのではないでしょうか??

 

【ひび割れ】

唇や指先、かかとなどは保湿の為の皮脂腺が少ない為、ひび割れが起こりやすくなります。肌がガサガサになり、ヒビまでできる原因は、乾燥によって肌が皮脂や水分を失い、肌の弾力が減少して固くなる為です。基礎化粧品がしみてヒリヒリしたり、刺激に弱くなります。悪化すると敏感肌になってしまいます。

 

【ニキビ】

バリ戒能が低下すると、肌回復しようとして皮脂を盛んに分泌します。皮脂が毛穴に入り込み、炎症を起こしてニキビの原因になります。カサカサしているのにニキビができる方は、日頃のケアを見直してください。( ⇒ https://nikibikea.jp/nikibikeshouhinotamesi/ )

 

【シワ】

角質層の水分量が減少すると、皮膚が張りを失い、柔軟性に乏しくなって乾燥ジワができます。初期の段階で保湿をすれば元に戻りますが、お手入れを怠ると、消えない事のない真皮のシワになるので要注意です。

 

【かゆみ】

肌のバリア機能が低下して、小さな刺激にも過剰に反応するようになり、これが痒みとして表されます。保湿を徹底させ、肌を乾燥から守る事で改善します。

 

【色素沈着】

肌のバリア機能が失われ、紫外線のダメージを受けやすく、目に見えないくらい小さな傷がつきやすい状態の肌になります。それが下人で炎症を起こして色素沈着を起こすと、数年後、シミの様になる事があります。

 

【敏感肌】

肌の水分や皮脂が不足して、角質の一部がはがれ、バリア機能が低下した敏感な受胎を指します。症状が進むと僅かな刺激で肌がかぶれたり、赤くなったり痒みが生じます。環境の変化によって、様々なトラブルを招きやすい肌です。( ⇒ https://nikibikea.jp/differinkeshousui/ )

 

【くすみ】

乾燥によって肌の水分量が低下すると、肌の張りや透明感が失われます。肌がくすむと、顔のトーンが暗くなって、不健康なイメージがあります。肌のきめが整わなくなり、まるで雲りガラスのような肌になってしまいます。

 

乾燥肌が敏感肌にならないようにケアが大切!

 

乾燥肌が敏感肌にすぐに移行する!

乾燥肌を改善したり悪化させない為には、日頃のケアが欠かせません。特に乾燥肌の方は、肌のバリア機能が低いので、ちょっとした事で痒みを生じたり、敏感肌に移行しやすい状態にあります。

 

脂肪肌の方が突然、敏感肌になる事は基本的に少ないのですが、乾燥肌の方はケアを怠ると、敏感肌にすぐに移行してしまいます。肌の乾燥を防ぐには、洗顔後の保湿が大切です。肌が本来備えている保湿成分を逃さず、更に化粧品で、角質層の水分を保つ様にします。

 

化粧水で肌の水分を荻井なった後は、油分のある乳液やクリームで皮膚に蓋をして水分の蒸発を防ぎ、しっかり肌に閉じ困る事が基本となります。乾燥肌だとしても、顔のケアに関しては、朝1回行えば、日中に何度もお手入れをする必要はありません。

 

乾燥肌の顔のケアは朝1回+保湿が大切!

冷暖房によって「肌が乾燥してきたな」と思ったら、クリームや乳液をすぐにつけるようにすると良いでしょう。特に目元や唇はかさかさになりやすいので要注意です。

 

手の乾燥が酷い方は、ハンドクリームを持ち歩くようにして、手を洗ったらすぐに塗る様に習慣づけて下さい。それだけでだいぶ乾燥した状態が改善されます。ボディで痒みが出やすい部位は、膝下や背中、肩、あとはベルトなどで締め付けがある腹部などです。

 

日頃からボディクリームを塗る様にすると良いでしょう。また、爪の周囲もネイルオイルやネイルクリームでお手入れを心がけるべきです。

 

「爪専用のクリームまでは用意するのはちょっと・・・」という方は、ハンドクリームを使う時、手のひらや甲に伸ばしたら爪に塗る様にするという方法でも構いません。