顔の脂、ティッシュで取って大丈夫ですか?

 

顔の脂がどうしても気になるという方も多いともいます。ベトベト、ギトギトしてテカるというのは自分が気になるのもそうですが、他人の話している時も他人の目線なども気になってしまうはずです。とは言え、仕事や学業などで忙しい時に毎回洗顔なんてしていられないというのも事実でしょう・・・

 

そんな時に、思わずティッシュで顔の脂を拭き取ってしまった経験はないでしょうか?実はいうと、この記事を書いている私もよくあります。そこで、顔の脂はティッシュでも大丈夫なのか?それとも、脂取り紙の方が良いのか?という事を調べてみました。

 

 

顔の脂はティッシュではなく脂取り紙の方が良い!!

 

顔の脂を取るのはティッシュペーパーでも大丈夫なのかという事からまとめてみようと思います。ティッシュペーパーというのは、生地は柔らかいのですが、それで肌を擦るとどうなのかという事です。皆さんも容易に想像がつくと思いますが、ティッシュペーパーの表面は決して滑りが良いという訳ではありません。どちらかというと、肌にへばりつくというか・・・

 

何が言いたいかというと、もし仮に、ティッシュペーパーで肌の脂を取ろうとすると、ティッシュペーパーと肌との間に摩擦が生じてしまうという事です。つまり、ティッシュペーパーで顔の脂を取るというのはあまりおすすめできないという事です。

 

逆に脂取り紙で顔の脂を取る時は、ティッシュペーパーほど摩擦が生じません。ですから顔の脂を取る時はティッシュペーパーよりも脂取り紙の方がおすすめだと言えます。ただしですが、脂取り紙でも種類がありパウダーを塗布してあるものは避けるべきかと思います。理由はパウダーがけ毛穴に詰まると肌荒れしてニキビなどの原因になる可能性があるからです。

 

脂取り紙はあくまで、携帯用にするべきかと・・・

 

私の個人的な意見ですが、確かに顔の脂を取るのはティッシュペーパーよりも脂取り紙の方が適しています。ですが、脂取り紙はあくまで即席で脂を除去するアイテムにしか過ぎません。顔の脂というのはできる限りは、毎日、朝晩の洗顔で落とすのが理想だと思います。顔の脂、つまり皮脂がそのまま毛穴に残れば劣化しては肌荒れの原因にもなります。

 

脂取り紙だけで顔の脂をキレイの取り除くには限界があると思うのです。外出先など、どうしてもやむを得ない場合にのみ、脂取り紙を利用してみてはと思います。因みに、この記事の内容と合わせて洗顔方法も確認しておくと顔の脂の抑えるのに役立つと思います。ぜひ以下のサイトを参考にして下さい(^^)/

 

⇒ 顔の脂を落とすのにおすすめの洗顔方法はこちら!!

 

 

スポンサーリンク