マスクでニキビができるって、本当なの!?噂ではないの!?

 

マスクと言えば、冬場は風邪やインフルエンザの流行を防ぐために必需品です。それにですが妊娠中の女性や、花粉症の方にとっても手放せないアイテムです。また、マスクは皮膚を隠す事もできるので、ニキビができた患部を紫外線から守るために、着用しているという方もいるのではないかと思います。

 

ただそこで、疑問なのはニキビ肌にマスクをしても大丈夫なのかという事です。ニキビがあるという事は肌が荒れている、特には炎症しているという事です。そこにマスクをつけて生活するのは、紫外線の防止以上にリスクの方がはるかに高いのではないかという事です。この記事ではマスクがニキビの原因になるか詳しくまとめた内容を記載しておきます(^^)/

 

 

マスクをする事で、ニキビ肌にはメリット・デメリットが!?

 

そもそもですが、マスクあ何の為にするのでしょうか??恐らくは細菌やウイルスなどの侵入を防ぐためと答える方が殆どだと思います。(またに、マスクをすると落ちつくという、少しメンタル的な方がいるのも事実ですが・・・)つまり、マスクがニキビの原因になるかという以前にマスクはメリットがあるからこそするものなのです。

 

マスクをする事でニキビができるのかという前に、先ずは予め断っておきたいのは、ニキビ肌からマスクをしてはいけないという事ではないという事です。私が皆さんに伝えたいのは、マスクをするのであればニキビ肌へのメリットとデメリットをしっかりと把握しておいてもらえればという事です。

 

以下にニキビ肌にマスクをするメリットとデメリットを分けて載せておくので参考にして下さい(^^)/

 

 

マスクでニキビ肌に与える影響とは、いったい!?

 

マスクをすると、ほこりや紫外線が侵入しにくくなります。それによって、ニキビの原因菌であるアクネ菌の餌が減ったり、紫外線による刺激を受けにくくなったりします。恐らく説明しなくてもお分かりと思いますが、ニキビが紫外線を浴びると色素沈着型(黒ずみ)のニキビ跡になる可能性があります。ですから、マスクでニキビを紫外線から守るというのは有効な手段と言えます。

 

ですが、マスクは肌にとってデメリットも多いというのは事実です。以下の内容は私がマスクがニキビ肌に与えるデメリットの例です。必ずしもではないのですが、参考になるとは思います。

 

【マスクと肌の摩擦でニキビ肌が悪化】

マスクをすると、どうしてもお肌と直接触れる部分ができますので、動くと摩擦が起きてそれが刺激となることがあります。また、マスクをしていると気づかないうちに髪の毛が巻き込まれていて、その先端がお肌を刺激している可能性があります。中には経験した方もいるかもしれませんが、ニキビは擦るなど刺激を加えるとその影響で余計に炎症が悪化する可能性があります。

 

【マスク内に湿気が溜まり肌の衛生状態が悪化】

マスクをしていると、なんだか暑苦しい、息苦しいと感じることがありますよね。それは、マスクの中が蒸れているからです。アクネ菌は、湿度が高いと繁殖しやすく空気が苦手な性質を持っていますので、蒸れたマスクの中はアクネ菌が繁殖しやすい状態になっていると言えます。特にマスクが厚くてかたい生地の場合は通気性が悪い可能性が高いです。

 

【化粧品の成分がマスクに付着しニキビを悪化】

マスクについた化粧品などの添加物の成分がそのままニキビの炎症部に付着するというケースも考えられます。例えばですが、口紅などには合成界面活性剤、合成タール、合成色素、紫外吸収剤などの肌質を悪化させる可能性がる添加物が配合されている可能性が高いのです。それらの成分がマスクを仲介してニキビの炎症部に侵入する可能性が高いという事です。

 

この様に、ニキビを悪化させる原因も多いため、先ずはマスクをつけるのであれば最低限、本当に必要な時だけに限るべきでしょう。最近多い、何となくでマスクをつけているという方が多くいますが、私としては肌質改善という点で見れば、あまりメリットはないように感じます。

 

そして、次に気を付けるのはどの様な生地のマスクをつけるのが良いのかという事です。摩擦や蒸れなどの症状を考慮して慎重に選ぶべきでしょう(・∀・)b

 

 

マスクをするなら摩擦が少なく通気性が良いものを!!

では、いったいどの様なマスクがニキビ肌にはおすすめなのかという事です。ポイントはマスクの記事が何でできているかという事です。マスクには、主に布のマスクと不織布のマスクとがあります。布のマスクの方がお肌に優しいため、ニキビが気になる時には布のマスクを着用する方がお勧めです。

 

ですが、布マスクは目が大きくウイルスなどを通してしまう可能性が高いため、問題が無ければ不織布マスクの着用が推奨されます。因みに、以下が不織布のマスクです。

 

 

因みにですが、いくらマスクの記事に拘っても、同じ記事のマスクをいつまでも使い続けるのはあまり衛生的にも良いとはいえません。不織布の使い捨てマスクを着用する場合は、清潔な状態を保ってお肌への刺激を極力避けるために、できれば午前中につけたものは捨て、午後には新しいものを着用するようにしたいものです。

 

仮にですが同じマスクをずっと使い続けると、メイクや皮脂汚れなどがマスクに移ってしまってより刺激が強くなるので、できれば途中で取り替えた方がいいんですね。少なくとも、机の上に置いておいてマスクを次の日に何となくで使うのだけはやめた方が良いのというのは間違いないですよね(苦笑)

 

 

マスクをつけている際の注意点とは、何なのか!?

 

それから、着用の仕方にも気をつけたい点があります。女性の場合、髪が長い人も多いですが、その分マスクに髪の毛が巻き込まれやすいとも言えます。せっかくお肌に合う素材のマスクを探しても、髪の毛を巻き込んでしまってはそれが刺激になりますので、着用する際には注意するようにしましょう。

 

マスクのサイズも摩擦や蒸れに関係している!!

マスクを選ぶうえで、気を付けたいというのは生地の柔らかさや通気性でしたが、出は使う際の注意点は何かという事も触れておきます。マスクは言うまでもなくつけるだけのシンプルなものなので注意点と言っても限られてきます。

 

先ずは、マスクをつける際に注意したいのがマスクのサイズです。あまり大きすぎると、マスクと肌に空間ができますから、細菌やウイルスの侵入を防げなくなると思います。ですから、逆にしっかりと密着するものを選ぶと良いと思います。ただそこで、あまりにも締め付けが強いとニキビの幹部を擦るという結果になるかもしれません。

女性の場合、顔が小さいことでマスクのサイズが合いにくい場合もありますので、そのような時には女性向けと明記されている商品を選ぶなど、サイズを合わせることも意識したいところです。顔に接する面積を減らすことも効果的なので、立体型マスクもお勧めです。肌に接する部分が少なければ、それだけマスクから直接刺激を受けることが少なくなります。

 

そのため、立体型マスクもニキビ予防にお勧めのマスクだと言えます。

 

 

マスクを外せるときは外して湿気を逃がす!!

いくら通気性が良いマスクをしていても、長時間のマスクの使用は蒸れの原因です。ですから、外出中などでも、時々、マスクを外して蒸れを外に逃がすなどの工夫が必要でしょう。それから、マスクを先ずす際も、手も衛生的かや、その際に化粧などでマスクが汚れているようでしたら、そのまま取り換えるのも良いでしょう。

 

マスクを取り替えることは湿度を下げるのにも効果的です。午前と午後でマスクを取り替えることは、マスクによる刺激を防ぐためにも有効ですが、蒸れを防ぐためにも有効です。マスクを取り替える際に空気が入れ替わるので、マスク内の湿度が下がる訳です。

 

 

マスクを取り外している時間にスキンケアも大切です!!

 

この記事ではマスクとニキビの関係性について色々触れましたが、あくまでもマスクもニキビの症状に関係しているのかもしれないという話です。ニキビの原因というのは、実に様々で複雑です。ですから、残念ながらマスクだけが原因で症状が悪化するととても言えないのが現状です。

 

勿論マスクをする際に注意するのは当然ですが、もしニキビ肌で悩んでいるのでしたら、そして、普段マスクを使用しているのでしたら、マスク以外の生活習慣についてもしっかりと見直すべきでしょう。そして、ニキビができない様に、マスクをしていない時間帯にしっかろとスキンケアをする事も大切です。

 

もしですが、ニキビケアの方法で悩んでいるのでしたら、以下におすすめのお試しセットを載せておくのでぜひ、参考にして下さい。きっと肌質改善の役に立つと思います(^^)/

 

おすすめニキビ化粧品!!