水だけ洗顔って、ニキビの改善に良いのかな!?

 

ニキビ肌の方は、肌が荒れて炎症しているケースがよくあります。その為、一般の洗顔料では肌に刺激が強く使えないというケースがよくあります。そのせいかもしれませんが、水だけ洗顔をしているという方がよく目立つように思います。確かに洗顔料を使わないので、一見、肌には優しく肌をケアしているように思えます。

 

ですが、本当に水だけ洗顔がニキビの改善に効果があるのかと問われると、殆どの方は答えられないのではないかと思います。この記事では、水だけ洗顔をすると、肌ではどの様な状態が起こるのかをでき限り分かりやすく解説していこうと思います。水だけ洗顔をしている方は、必ず確認してもらえればと思います(^^)/

 

 

 

そもそも洗顔は余分な皮脂や汚れを洗うのがメイン!!

 

最近ですが、洗顔について私が思う事があるので、先ずはその内容から触れておこうと思います。そもそもですが、皆さんは洗顔というと何のために行うでしょうか??恐らくですが、余分な皮脂や古くなった角質を取り除くためと答える方が殆どだと思います。まさにその通りなのですが、最近、テレビCMや雑誌などでは・・・

 

「美白成分〇〇配合!!」、「美容成分で肌がツルスベになる!!」、「保湿成分でモチモチになる!!」・・・

 

なとどいう謳い文句が飛び交ってします。ですが、果たして本当に洗顔料にそのような効果があるのかというと、正直なところ、私は疑問です。なぜなら、洗顔料は皮脂や汚れを落とすものですから、結局は洗い流してしまうものです。そうなると、どんなに有効な成分が配合されていても肌に浸透するまでに至らないのです。

 

ですから、先ずはこの記事を見ている方にも伝えたいのは洗顔の目的です。あくまで洗顔は余分な皮脂や古くなった角質を洗い流すのがメインになるという事です。

 

 

水だけ洗顔で余分な皮脂や古い角質は流せるか!?

 

では、本題の「水だけ洗顔」で余分な皮脂や角質の汚れが奇麗になるのかという事です。私としてはその答えはNOだと思います。ネットでは水だけで洗顔すれば、肌に優しいという事を書いている方もいますが、はっきり言って間違っていると思います。理由は簡単ですが、水だけでは毛穴に詰まった余分な皮脂や角質の汚れは落ちないからです。

 

よくよく考えてみれば分かってもらえるとは思いますが、皮脂というのは早く言えば肌をコーティングする脂分です。脂分を水で流すという事はできるのかという事です。例えばですが、油汚れした食器を水だけで洗った場合に、本当にキレイになるのかイメージしてみて下さい。きっと、ベタベタな食器のままだという事が容易に想像がつくのではないかと思います。

 

ですから、特にですがオイリー肌の方は、洗顔料でしっかりと余分な皮脂や角質を洗い流す事が必要だと思います。確かに、洗顔料にも合成界面活性剤や合成ポリマーなど肌に刺激の強いものを配合したものが多くあります。ですから、こそ洗顔料もしっかりと成分チェックをしておくことが必要になります。(以下の洗顔料はニキビケアなどを前提にしている洗顔料です。)

 

⇒ 洗うだけニキビ予防ファースト クラッシュ

⇒ ニキビ専用洗顔石鹸 NonA.(ノンエー)

 

 

古くなった皮脂がニキビ肌に与える影響とは、いったい!?

 

私が水だけ洗顔をおすすめしない理由は何かをさらに詳しく説明していこうと思います。もしですが、水だけ洗顔をして、毛穴の中に古い皮脂がそのまま残るとどうなるかという事です。簡単な事ですが、古い皮脂は酸化して肌細胞の劣化などの原因にもなります。そうなるとニキビなどの肌トラブルの原因にもなるのです。

 

ただ、皮脂が酸化すると言ってもピンとこない方も多いの分かりやすい例を挙げておきます。例えばですが、皆さんも自転車に乗っていると思いますが、そのタイヤは新品の時は弾力もあり、頑丈だったと思います。多少の衝撃ではパンクもする事はなかったでしょう。ですが、長い間、使い込んだタイヤはゴムが古くなり弾力がなく、時には簡単にパンクしてしまいます。

 

つまりですが、この自転車のタイヤも酸化する事で弾力もなりもろくなったという事です。これが私たちの肌でも起こり得るという事です。ですから、古くなった皮脂はしっかりと洗い流せるように、洗顔料でしっかりと洗った方が良いのです。

 

どうでしょう??もしかしたらですが、この記事を見ている方の中にも、ニキビ肌だから洗顔料で肌荒れしないようにと水だけ洗顔を実践しているという方もいるのではないでしょうか??

 

 

水だけ洗顔の水の温度が冷たいと、なおヤバい!!

 

この記事を見ている皆さんは、洗顔は水でしょうかそれともお湯でしょうか??時には、朝は冷水で引き締めて、夕方はお風呂でお湯をつけっているという方もいるかもしれませんね。ですが、実はこの水で洗うのは余分な皮脂が落ちないだけなく、それ以外のデメリットも隠れているのです。

 

皆さんも経験したこと張るはずですが、冬場など冷水で顔を洗うと実が縮むような思い(笑)。確かにこれで朝は目が覚めるという方はいるでしょうが、洗顔の面で見るとあまり良いことはないのです。なぜなら、冷水で顔を洗うと肌は温度変化に驚き、毛穴の開きが収縮します。すると折角洗顔で落ちる余分な皮脂が毛穴の中に留まったままになるのです。

 

では、高温のお湯で洗顔知ればよいのではと思うかもしれませんが、それもまた違うのです。今度は高温のお湯で肌に本来必要な皮脂まで取り除いてしまうのです。こうなると、乾燥肌の原因になり肌のバリア機能が弱りニキビ肌の原因になるなるのです。

 

ですから、洗顔の際は32℃前後のぬるま湯で洗うのが理想と言われています。32℃と言って毎回、お湯の温度をチェックはできないでしょうから、人肌よりややぬるめという感じで覚えておくと良いかと思います。つまり、結論をまとめると水だけ洗顔は私的にはあまりおすすめできないという事なのですが・・・(;^ω^)

 

 

正しい洗顔方法は洗顔料を使い優しく撫でるように!!

 

最後に基本的な洗顔方法をまとめておきます。洗顔の基本は朝晩の1日2回行い、洗顔料をしっりと泡立てて行うのが理想です。その際も、ゴシゴシ擦らない様に優しくなるでるように行うべきです。ゴシゴシ擦ると肌に刺激が強く、毛穴の中に皮脂や角質を押し込んでしまう可能性があるので注意をしましょう。

 

先ほども触れたように洗う時も32℃前後のぬるめのお湯でしっかりと洗い残しがないようにすすぎます。そしてですが、最後にこれで安心と思わない事ですね。殆どの方がこれでOKという安心感から、洗顔後のケアを怠っているように感じます。洗顔後のタオルなども生地の柔らかいものを使うようにするべきでしょう。

 

間違っても、同じタオルを使いまわさない様にして下さい。そして洗顔後は肌の保湿が少なからず失われているので、保湿成分を配合した化粧水などでしっかりと保湿ケアをして下さい。一般の化粧水だと保湿成分がは祇王されていないものも多くあるので、保湿成分を配合した化粧水を選ぶようにして下さい。そうするだけでも、ニキビがかなり改善する可能性が高いと思います。

 

因みにですが、保湿成分がよく分からないという時は以下の記事を参考にしてください。きっと役に立つと思います(^^)/

 

⇒ 洗顔後におすすめの保湿化粧水を確認したい時はこちら!!