水をたくさん飲むと肌がきれいになるって本当なの?

 

皆さんも聞いたことがあるかもしれませんが、有名なファッションモデルの方は毎日、水を何リットルも美容の為に飲むという事。確かに、水を飲むのは健康にも、美容にも良いと言われていますよね。ですが、果たして本当に健康、美容に効果があり、肌がきれいになるのかと尋ねられると多くの方は答えられないと思います。

 

恐らくですが、殆どの方はネットや口コミなどで水を飲むのが良いという情報を知り、そのまま「水を飲む=健康、美容に良い!」というイメージができてしまっているのではと思います。この記事ではイメージではなく、実際にはどうなのかという、真実について触れていこうと思います。

 

水ほど私たちの身近なものはありません。ですから、以下の内容はぜひ参考にして下さい(^^)/

 

水を飲むと毒素が出て肌がきれいになるのは俗説!

 

「水を飲むと毒素が出て肌がきれいになる」という話は有名ですが、実際はどうかという事をまとめておきます。それに関してはっきり断っておくと、明らかな俗説です。水で洗い流せるほど人間の身体は単純にはできていません。当然、汗から毒素が出るというのも間違った情報という事です。

 

水を飲んで汗を出せば毛穴の掃除になると思って半身浴などをする方も多くいますが、それも難しいのが現状です。それよりも入浴時に洗う方法をしっかりと確認したほうがよほど効果的でしょう。毛穴は皮脂腺であり、汗を出す汗腺とは別の穴だからです。また、肌の代謝と水分代謝を混同している方も多いようです。

 

「シミができやすいのは肌代謝が悪いからでは?」という方がいて、それは正しいのですが、その解決策として水を飲むというのは間違いです。なぜかは以下を見てもらえればすぐ分かります。

 

 

肌の代謝はターンオーバーすなわち表皮細胞の生まれ変わりです。20代の頃には約4週間ですが、40代に入ると6週間ほどかかる様になってしまういわれますが、この様にターンオーバーが低下する原因は主に、成長ホルモンが減る事や血行が悪くなる事です。水は直接関係はありません。水を飲んでも代謝は上らないという事です。

 

代謝を上げたいのであれ、ピーリングをするという方法が効果的です。詳しくは別の記事に記載しているので、そちらを参考にして下さい。( ⇒ 自宅でできるピーリングについて! )

 

毛穴に溜まった汚れも体に溜まった毒素も体脂肪も、なんでも水が洗い流してくれるように考えてしまいがちですが、そう単純なものではないのです。この事実を、知らないでネット上で水を飲むと良いという情報だけを鵜呑みにしている方がいかに多いのかは、私としても不思議なくらいです・・・

 

水はいくら飲んでも無害というのも怪しい・・・

 

水というと、ミネラルをウォーターなど多少の栄養分があるものもあります。ですが、基本的にはカロリーがある訳ではないので、いくら飲んで太る事はないでしょう。では、水はいくら飲んでも本当に無害なのかというと、そうでもないのが現状です。

 

余分に飲んでも排出されると言いますが、それはある程度の量までです。尿から排泄できる量にも限界があるので、水をどんどん飲むと排泄しきれずに体に溜まって、むくみや冷えの原因となります。つまり、水分をたくさん摂る事は、代謝アップどころか台車ダウンにつながるのです。また、水分を摂り過ぎるとい液が薄まって、胃もたれや吐き気の原因になる事があります。

 

但し、高齢になると喉が渇いたという感覚が鈍くなるので、ある程度は意識して飲んだ方が良いという倍もあるでしょう。因みに、す水分を適量摂れているかどうかは、尿の状態で測ると伊予でしょう。尿の量の基準は、1日に6~8回程度の排尿がある事、1回に尿の量が200ml以上である事、というのが一つの目安です。

 

また、尿の色が濃ければ脱水気味なので注意が必要です。反対に薄い尿が頻繁に出る時は、水分の取り過ぎという事を覚えておくと良いでしょう。(^^)/

 

水を飲むのは汗を出す為に大切なのでは?【まとめ】

 

最後に多くの方が勘違いしている事があるのでまとめておきます。それに何かというと、水をたくさん飲むとたくさん汗をかいて体からの老廃物が出ると思っている方がかなり多くいるという事です。残念ながら、いくら水をたくさん飲んでも汗は増えません。水を飲むと尿は増えますが、汗は増えるという医学的な根拠はありません。

 

あくまで汗は体調の管理をするものです。暑い時に汗はたくさん出てすし、緊張状態で汗が出る方もいるはずです。あたなは、汗をだらだらかいている人を見た時、どの様に感じますか?「熱いのかな?」「緊張しているのかな?」と思うでしょう。「この人、さっき水飲んだのかな?」と思わないはずです。

 

ですが、一緒にいる人が頻繁にトイレに行ったら、「水分取り過ぎなのでは?」と思うでしょう。この事からも分かるように、水をたくさん飲むと増えるのは尿であって汗ではないのです。

 

汗を出す事に美容上のメリットはあまりありませんが、それでも出したいという方は、運動をして汗をかく練習をすると良いでしょう。水をたくさん飲むことは、汗を出す事の訓練にはならないので覚えておきたいところです。今までの自分の中の常識を改めて確認すると美容に対する姿勢も変わってくるはずです(^^)/