胸ニキビが原因が分からないと正しいケアもできない!!

 

 

社会人になってもなかなかニキビが治らないという方は多いと思います。特に体の中でも胸元にニキビができて、治らないという訴えをよく耳にします。胸ニキビというと女性の方は露出が多い服も着ることが多いでしょうから、他人の目線も気になるところではないかと思います。できることなら、直ぐにでも治したいと思うのは当然のはずです。

 

そこでですが、胸ニキビを治すためにどの様なポイントに気をつければよいのかをまとめておきました。それと併せて、胸ニキビのケアにおすすめのケア商品も載せておきます。今まで、色々なケアをしてきたけど、なかなか治らないという方は、ぜひ参考にして下さい。きれいな胸元になる為の、きっかけにしてもらえればと思います(^^)/

 

 

 

胸ニキビは間違ったケアが原因で悪化する事もある!!

 

 

この記事を見ているという事は、恐らくですがあなたは胸ニキビに悩んでいるのではないかと思います。大人になってできる胸ニキビの特徴に”治りにくい”という特徴があります。色々なケアをしているけどなかなか改善しないという事も嘆きもよく耳にします。そして、私がそのような方にどの様なケア方法をしているのかと尋ねると、殆どの方が間違ったケアをしている事に気が付きます。

 

具体的にどの様な内容かは、人にもよります。ですが以下に紹介する間違ったケア方法はかなり多くの方があてはまずはずです。もし、この記事を見ているあなたが該当しているようでしたら見直してみて下さい(^^)/

 

体を洗う時はボディソープより固形石鹸がおすすめ!!

今や固形石鹸にとって代わり、すっかりお馴染みになったボディソープですが、この記事を見ているあなたは使っているでしょうか?恐らくは使っていると答える方が殆どだと思います。確かにボディソープの手軽さは固形石鹸以上のものがあり、泡立てた時のポコポコの泡は何とも言えず、気持ちいいものがあります。また、そこに香りなど付いていればすごく癒しの効果もあるでしょう。

 

ですが、ここで考えてもらいたいのが、あなたが使っているボディソープですがどんな成分が配合されているのかという事です。あるボディソープの成分表示には「ラウロイルメチルアラニンNa」、「ラウロイルサルコシンTEA」とあり、実はこれらは非常に毒性の高い洗浄剤であり、合成界面活性剤の一種です。

 

残念ながら、私たち一般人はこれらの詳しい成分を見ても何のことかわかりません。パッケージの「サッパリとした気持ち良い仕上がり!」などというあいまいな表現が謳われていたら、そのまま知らずに購入していまう事になるでしょう。

 

その様なボディーソープをニキビなどができた炎症部に良かれと思って一生懸命する込むように洗っている方が目立つのですが、これでは合成界面活性剤などの毒性の強い成分で余計に肌が乾燥し、炎症をしやすくなってしまうのです。また、私が見る限り肌トラブルになっている方ほど、余計熱心に洗っている傾向が強いように感じます。

 

ですから、私としては体を洗う時はボディソープではなく昔ながらの固形石鹸を使って洗うのがおすすめです。固形石鹸はボディソープの様に合成界面活性剤などの危険成分のリスクが低く、尚且つ、使い過ぎるという心配も少なくて済むのです。成分も比較的安全で使い過ぎず経済的なのは固形石鹸のメリットと言えるでしょう(詳しくはこの記事の下部で詳しく解説)

 

そして、体を洗った後はしっかりと保湿を行わないといけません。胸ニキビに限らず、肌トラブルを起こす方は肌が乾燥している状態です。肌が乾燥しているという事は、肌は微リア機能を失いニキビ菌などの外部からの細菌の感染や、汚染物質からの刺激に極端に弱くなります。因みに、どの様に保湿するかは以下の通りなのです。

 

 

胸ニキビを治すには「保湿」と「肌のバリア機能」が大切!!

 

 

保湿の正しい意味とは!?

保湿とは、文字通り”湿気を保つ事”です。つまり肌の水分を適度に維持するためのスキンケアの事です。「でも、なんで肌の水分がそんなに大事なの!?」なのという方もいると思います。巷では、保湿、保湿と騒がれていてスキンケアの常識の様にいされていますが、私から言わせると、本当の意味で保湿を正しく理解している方は非常に少ないように感じます。

 

健康な肌の角層には約20~30%の水分が含まれていますが、これが20%以下になる事を「乾燥肌」と呼びます。冬場など空気中の湿度が50%以下になると、角層の水分が急激に蒸発しやすくなります。肌が突っ張るなど自覚症状が現れてきた時には、肌の水分量は僅か10%以下になっている事もあります。肌から水分がなくならない様にするのが保湿の役割です。

 

但し、人間の肌には元々、水分を維持する仕組みが備わっています。前述したように肌トラブルがある方は何かと体を念入りに洗おうとします。確かに体を衛生的に保つ事は大切なのですが、逆に肌の保湿を奪ってしまっている可能性が高いのです。結果的に肌が乾燥肌となり肌トラブルを起こす、また、なかなか治らないという状況になってしまうのです。

 

保湿は肌のバリア機能も維持する!!

肌の保湿をすると、どの様になるかというと単に肌がモチモチの潤いうというだけではありません。健康な肌というのは、角層に約20~30%の水分を含んでいます。それは、おもに肌自らが作り出すセラミドなどの保湿物質によって維持されています。セラミドは単に細胞同士をくっ付ける役目だけでなく、保湿物質として大きな役割を担っています。

 

ところが、上記の様に何らかの理由で肌が乾燥するとセラミドを作り出す力が弱まり角層の水分は失われていまいます。肌内部でセラミドなどの保湿物質がきちんと働いている肌のバリア機能は保てません。肌のバリア機能が弱まれば、ニキビなどの原因菌が繁殖もしやすくなります。ですから、保湿は健康な肌を維持するためにも大切なのです。

 

今回この記事で紹介する胸ニキビも同様に肌の保湿が重要になってきます。胸ニキビがなかなか治らないという方は、以下のスキン慧可商品を試してみてはと思います。使い続けることで、保湿ができ、肌のバリア機能もできると思います。なかなか治らない胸ニキビが改善するきっかけになるかもしれません。

 

※1・・・成分名:加水分解コラーゲン末・効果:高い保湿効果
※2・・・成分名:シロキクラゲ多糖体・効果高い保水力・保湿効果

 

 

ルフィーナ(キュアメディカル株式会社)

 

>>ルフィーナの公式サイトはこちらから<<

 

【ルフィーナの全成分】
有効成分 水溶性プラセンタエキス・グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分 天然ビタミンE・セイヨウナシ果汁発酵液・カモミラエキス(1)・酵母多糖体末・加水分解コラーゲン末・加水分解ヒアルロン酸・シロキクラゲ多糖体・ゲットウ葉エキス・スターフルーツ葉エキス・テンニンカ果実エキス・アマチャヅルエキス・カルボキシビニルポリマー・1,3-ブチレングリコール・キサンタンガム・ポリアクリル酸ナトリウム・濃グリセリン・1,2-ペンタンジオール・トレハロース・トリメチルグリシン・水酸化カリウム・2-エチルヘキサン酸セチル・メチルポリシロキサン・モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)・パルミチン酸レチノール・トウモロコシ油・10-ヒドロキシデカン酸BG・グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体・水素添加大豆リン脂質・ホップ末・トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル・油溶性甘草エキス(2)・ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液・ホエイ(2)・ラクトフェリン液・フェノキシエタノール・無水エタノール・香料・精製水 

 

ルフィーナは無添加・低刺激にこだわったは、保湿に優れた成分を配合した背中の肌ケア専用クリームです。2つの有効成分がニキビの炎症に働きかけ、8種類の保湿成分により肌の乾燥を抑え、潤いのある肌を保ちます。顔や体などいたるところに使えるのでトータルで肌ケアができます。黒ずみケアもできます。

 

ルフィーナは医薬部外品で、国内にある医薬部外品製造業許可取得工場(医薬部外品GMP承認工場)で製造しております。品質面や安全面等において一定の基準をクリアしたもののみを出荷しています。また、肌に刺激の強い添加物(合成着色料、合成香料、鉱物油、紫外線吸収剤、パラベンなど)を排除しているので、肌が敏感な方でも安心して使用ができます。

 

定期コースも2回以上という良心的な内容ですし、安心してお試しできる様に120日間返金保証を設けられています。じっくり効果を確かめながら使用ができます。

 

⇒ ルフィーナの公式サイトを詳しく確認したい方はこちらから!!

 

 

ジュエルレイン(株式会社ピカイチ)

 

>>ジュエルレインの公式サイトはこちら<<

 

【ジュエルレインの全成分】
有効成分/サリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウム、その他成分/精製水、濃グリセリン、シュガースクワラン、オリブ油、トリメチルグリシン、ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)デカグリセリル液、トレハロース、アラントイン、L-アルギニン、グリシルグリシン、ホエイ(2)、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、加水分解ヒアルロン酸、ムコ多糖体液、ブリエラスチン、コメヌカエキス、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、コラーゲン・トリペプチドF、ローマカミツレエキス、アロエエキス(2)、水溶性コラーゲン液(4)、オウバクエキス、アーティチョークエキス、エイジツエキス、トウキエキス(1)、シャクヤクエキス、クワエキス、クララエキス(1)、天然ビタミンE、ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸ソルビタン(20E.O.)、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル(20E.O.)(4P.O.)、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ジプロピレングリコール、1,3-ブチレングリコール、1,2-ペンタンジオール、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、水酸化カリウム、香料

 

ジュエルレインは今現在の炎症している背中ニキビのケアから、ニキビができにくい肌へしっかりケアできます。また35年の肌湿潤浸透技術を応用し、胸の皮膚でもしっかりと有効成分を肌に届けることができます。「色々な商品を試してきたけどダメだった…」という方にこそ効果が期待できます。

 

ジュエルレインの特徴をまとめると、研究開発された独自の浸透技術、「ナノBテクノロジー3.0」を採用しています。10億分の1メートルまで小さくした有効成分をお肌の奥まで浸透させます)サリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウムの有効成分がニキビに働きかけます。

 

ノンアルコール、ノンシリコン、無鉱物油、石油系界面活性剤フリー、合成香料フリー、合成着色料フリーなので肌にも優しく、また、日本に限られた工場しか持っていない、「ナノ乳化」「ブースター」技術を採用しています。販売会社のスタッフが全員、「スキンケアアドバイザー」を取得し、万全のサポート体制を取っているのも魅力です。

 

⇒ ジュエルレインの公式サイトを詳しく確認したい時はこちら!!

 

 

ジッテプラス(株式会社イッティ)

 

>>ジッテプラスの公式サイトはこちら<<

 

【ジッテプラスの全成分】
有効成分/水溶性プラセンタエキス ・ グリチルリチン酸2K
その他の成分/ビサボロール ・ 3-O-エチルアスコルビン酸 ・ 米糠抽出物水解液A ・ アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム ・ 加水分解ヒアルロン酸 ・ ヒアルロン酸Na-2 ・ 水溶性コラーゲン液-4 ・ ヒメフウロエキス ・ 酵母多糖体末 ・ プルーン酵素分解物 ・ スターフルーツ葉エキス ・ アーティチョークエキス ・ セイヨウナシ果汁発酵液 ・ カモミラエキス-1 ・ ステアロイルフィトスフィンゴシン ・ トレハロース ・ 天然ビタミンE ・ エチルヘキサン酸セチル ・ トリメチルグリシン ・ 濃グリセリン ・ キサンタンガム ・ ステアリン酸POE(20)ソルビタン ・ ジメチコンBG ・ カルボキシビニルポリマー ・ 1,2-ペンタンジオール ・ 水酸化K ・ フェノキシエタノール ・ ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液 ・ 水素添加大豆リン脂質 ・ 香料・アクシア-トリプルヒアルロン酸 ・ アーチチョークエキス ・ スターフルーツ葉エキス ・ ブルーン酸素エキス ・ ベルガモット ・グレープフルーツ ・ ラベンダー ・ ローズマリー

 

ジッテプラスは、TBSのはやドキ、フジテレビのみんなのニュースなどたくさんのテレビやニュースで取り上げられた芸能人も愛用のニキビケアクリームです。現在インスタグラムでも大人気です。独自成分「アクシア-トリプルヒアルロン酸」により厚いと言われる胸の皮膚にも浸透する驚異の保湿力 があります。

 

さらに、毛穴の洗浄力とニキビ跡を抑える美白効果で予防→改善→跡ケアをたった1つで実現しています。5つのフリーでお肌に合わないという心配を払拭し、品質管理を徹底するため国内生産 しています。リラックスできる柑橘系の香りなのも魅力です。分厚い皮膚の背中でもしっかりケアするために開発されたので全身に使えます。

今まで改善できなかった、繰り返す大人ニキビ・ニキビ跡にお悩みの方にこそ効果が期待できます。1個使い切った後でも、90日間返金保証が適用されるのもありがたいところです。

 

⇒ ジッテプラスの公式サイトを詳しく確認したい時はこちら!!

 

 

クリスタルモーション(株式会社美彩)

 

>>クリスタルモーションの公式サイトはこちら<<

 

【クリスタルモーションの全成分】
グリチルリチン酸ジカリウム、水溶性プラセンタエキス、カルボキシビニルポリマー、水酸化カリウム、1,3-ブチレングリコール、フェノキシエタノール、1,2-ペンタンジオール、トレハロース、トリメチルグリシン、アラントイン、濃グリセリン、キサンタンガム、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、2-エチルヘキサン酸セチル、天然ビタミンE、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解エラスチン液、水溶性コラーゲン液(4)、加水分解コラーゲン末、精製水、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、加水分解ヒアルロン酸、ニンジンエキス、トウキエキス(1)、エイジツエキス、ワレモコウエキス、クワエキス、シャクヤクエキス、アロエエキス(1)、クララエキス(1)、香料

 

クリスタルモーションはアットコスメのネック・デコルテケア部門で第1位を獲得した薬用ニキビケアジェルです。女性の気になる胸元やデコルテラインなどの体にできるニキビを集中的にケアするために開発され、9種類もの天然植物エキスと厳選された美容成分を潤沢に配合した究極のオールインワンジェルです。「2016年モンドセレクション」を受賞しています。

 

何度も何度も繰り返して、治りにくいニキビや赤いプツプツは、抗炎症作用を持つ「グリチルリチン酸ジカリウム」と美肌作用のある「プラセンタエキス」が肌を整え、しっかり炎症を防ぎます。さらに、3大美容成分と天然美容成分9種類をたっぷり配合し、これ一つで「うるおい」「美白」「引き締め」が可能です。

 

特に美容成分で有名な「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「プラセンタ」は、 肌の奥までぐんぐん浸透するように、「ナノ化成分」と肌の表面で作用する「高分子成分」といった、大きさの異なる2種類を配合し、肌の内と外からダブルでケアする事が可能です。また、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤などは入っておらず、お肌に刺激を与えない無添加です。

 

⇒ クリスタルモーションの公式サイトを詳しく確認したい時はこちら!!

 

 

パピュレ(株式会社レオナビューティー)

 

>>パピュレの公式サイトはこちら<<

 

パピュレは、デコルテにできたニキビを保湿成分、美容成分、美白成分でしっかりとケアする薬用ローションスプレーです。デコルテにニキビができてしまい、Vネック・UネックのTシャツ、かわいい水着、胸元が開いたドレス、ワンピース、キャミソール、チュニックが着れずに悩んでいる女性がたくさんいます。そんな方達にはスプレー式なのでおすすめです。

 

また、デコルテにニキビができた後に茶色く色素沈着してしまったお肌にもパピュレでケアしていく事ができます。年間を通して需要のある商品になります。デコルテを出すというと夏が多くなるイメージですが、Vネック・UネックTシャツ、胸元が開いたドレス、ワンピース、キャミソール、チュニックは秋、冬でもコートの下に着たいという女性には人気です。

 

また、温泉なども胸元やデコルテは必ず露出しますので、その際に携帯するのも良いでしょう。使用頻度に合わせてコースも3つの中から選べ、また、180日間返金保証制度も付いて安心です。

 

⇒ パピュレの公式サイトを詳しく確認したい時はこちらから!!

 

 

胸ニキビの保湿クリームを選ぶ際の注意点とは!?

 

 

前述したようにスキンケアと言えば保湿と思う方も多いのではないかと思います。乾燥は肌の大敵とばかりに、保湿を謳った商品が数多く出回る様になりました。しかし、私としては「保湿」という言葉自体に違和感を感じます。なぜかと言うと、本当の意味で乾燥対策というのは保湿ではなく「補脂」であると思っているからです。分かりやすく言えば、足りない皮脂を補充する事です。

 

体を洗った後、保湿クリームを使うとどのようになるのか以下に大まかな流れをまとめておきました。先ずは上記で紹介したクリームの場合の流れを消化しておきます。

 

【上記で紹介した保湿クリームの場合】

①石鹸で体を洗うと、酸性の肌は一時的にアルカリ性に傾きます。

②健康な肌は、しばらくすると皮脂幕を作って弱酸性を保ちます。

③皮脂の代わりになる油分をクリームで補います。

 

ですが、街中などで保湿という謳い文句で販売されている保湿クリームでも合成界面活性剤や合成ポリマーを配合しているものもあります。その場合は肌でどの様な事が起きるのか以下にまとめておきます。

 

【危険成分配合の保湿クリームの場合】

①肌をゴシゴシ擦り傷ついた状態に、さらに保湿クリームの合成界面活性剤が入り込みます。

②皮膚の内部に水分が浸透していきます。合成界面活性剤によって皮脂やセラミドの構造が壊され、バリア機能を失います。

③皮脂の表面を合成ポリマーが乾いて蓋をします。一時的にシワや乾燥が和らぎます。

④皮膚の壊れたバリアから、保持しなくてはならない水分がどんどん蒸発します。保湿クリームの成分だけでなく、他にもあらゆる汚染物質が肌の奥に入り込みやすくなり、肌荒れを起こす原因になります。

 

このような事が肌で起こるのです。ですから、保湿ならなんでも同じと考えず、先ずは成分をしっかりと確認してから使う事をおすすめします。また、使う時も肌に異常がないかなどを確認しながら慎重に使用するのが良いでしょう。

 

また、合成界面活性剤や合成ポリマーは単に保湿クリームだけに限ったことではありません。体を洗う際も同様の事が言えます。この記事の冒頭でも触れましたが、体を洗う際には合成界面活性剤や合成ポリマーの配合されていない、固形石鹸がおすすめと触れました。上記の保湿クリームと併せて使う事でより効果が期待できるのではと思います(^^)/

 

 

胸ニキビにおすすめの固形石鹸「ノンエー(NonA.)」

 

>>ノンエー石鹸の公式サイトはこちら<<

 

【ノンエー石鹸の全成分】
有効成分/グリチルリチン酸ジカリウム(甘草エキス)
その他の成分/ダイズエキス・クワエキス・ローヤルゼリーエキス・スクワラン・ヒアルロン酸ナトリウム・海藻エキス・2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液(リピジュアR)・カリウム含有石けん用素地・精製水・ラウリン酸・濃グリセリン・1.3-ブチレングリコール

 

ノンエー石鹸は、7万件以上の相談を分析し、日本人の肌に会うように開発された薬用ニキビ専用洗顔石けんです。ニキビケア売上はナンバーワンで、累計販売個数は27万個以上という驚きの実績です。香料・着色料・エタノール・鉱物油などの添加物は一切使用していません。

 

特徴は、もちもちの泡立ちで、キメ細やかな弾力泡は刺激に弱い肌のデリケートな方やアトピーの方にも使用できます。甘草成分(消炎剤)を配合し、ニキビを防いで、肌をすこやかに保ちます。大豆から抽出したダイズエキスを加え、イソフラボン・サポニン・アミノ酸といった成分が、皮脂の分泌を抑える働きをします。

初回購入の方には、「NonA. お試しミニサイズ(12g)」「泡立てネット」「NonA.ローション(10ml)」「NonA.ジェル(5g)」をプレゼントがつくことと本製品未開封で全額返金保証付きです。

 

⇒ ノンエー石鹸の公式サイトを詳しく確認したい時はこちらから!!

 

 

胸ニキビのケアはタオルや着る服にも注意が必要!!

 

 

体を洗う時は綿のタオルがおすすめ!!

「胸にできたニキビがなかなか治らない」という方にありがちなのが、ゴシゴシと強くこするという事です。確かにゴシゴシ擦ると脂や汚れが落ちているような気になりますが、実際にはニキビの患部を刺激してしまい、治るどころか悪化してしまう事もあり得ます。勿論、皮膚を清潔に保つ事はニキビケアに大事な事ですが、擦って改善するという事はありません。

 

毛穴の中にあるアクネ菌までは落とす事はできませんし、肌への刺激になるだけです。続けていると、シミになってしまう事すらあるくらいです。体を洗う時は、ナイロンタオルやボディブラシは避けて、普通の綿のタオルを使うのがおすすめです。擦り過ぎず、優しく洗う事が大切です。その際に上記の石鹸を使うとより効果的でしょう。

 

シャンプーやリンスも肌を刺激する場合があるので、体を洗うのはシャンプーやリンスといったヘアケアの後にすりべきでしょう。そうすれば洗い残しの防止にもなります。

 

朝晩のシャワーと木綿の下着で肌への刺激を抑える!!

意外と知られていないのが「胸ニキビは汗と衣類の刺激で悪化する」という事です。朝晩シャワーを浴びて、夏場は汗をこまめに拭き取る様にするのが理想です。これだけでも胸ニキビの症状が改善するケースもあります。必ずしも出なないのですが、試す価値は十分にあります。衣類は木綿の様に吸湿性が良くて、肌触りが良いものにすると良いでしょう。

 

チクチクするようなニットを着るだけで胸ニキビが進行してしまう事もあります。そして、肌の露出が多いと当然ながら日焼けなどで紫外線のダメージなどを受けてしまう恐れもあるので、注意が必要です。

 

 

 

スポンサーリンク