無添加ボディソープはニキビケアに効果があるの!?

 

今やボディソープは固形石鹸に代わり、お風呂場の主役とも言えるでしょう。それにテレビCMで無添加ボディソープは、「肌に優しい弱酸性」、「もっちり泡で肌を包む」なんて宣伝されていようものならニキビケアにも効果がありそうと思えてもきます。ですが、果たして本当にどうなのかというとどうでしょう??実際に、あなたは確かめたことはあるでしょうか??

 

実はですが、無添加ボディソープと販売されている製品の成分表示を見るとかなりの添加物が見つかる事があるのです。こう聞くと「えっ!?それって、詐欺なんじゃないの!?」と思う方もいると思います。というか、そう思うのが普通でしょう。だからこそ、気の記事ではそんな無添加ボディソープに隠された秘密を知ってもらいたいのです。

 

 

 

無添加ボディソープの「無添加」はあまり意味がない・・・

 

「無添加」という文字にはあまり意味がない!!

さっそくですが、皆さんに質問ですが上記の画像は私が近所のドラッグストアで見かけた「無添加」と謳ったボディソープの画像です。明らかにパッケージに無添加と謳い文句を打っています。ですが、ある事に気が付かないでしょうか??もしですが、この時点で気が付けばかなり、スキンケアに詳しい方だとは思います。

 

上記の画像を見てもらえれば分かる事ですが、無添加と謳っていてもそれは「着色料」「パラベン」に限ったことなのです。つまりですが、洗浄力が強く肌内部まで浸透して肌荒れを起こしていしまう合成界面活性剤や、肌をツルツルにしたように見せかけて防腐剤の代わりになる合成ポリマーは普通に配合しいているという事です。

 

最近よくある事なのですが、パッケージに無添加と記載があったり、中には公式サイトに無添加に拘っている!などとして合成界面活性剤、合成着色料、合成香料・・・などなどそもそも配合する必要性のないものを取り上げて無添加と言い放っているメーカーが目立つのです。上記の画像のメーカーもまさにその典型的な事例です。

 

実はですがテレビCMで赤ちゃんにも使えると宣伝しているメーカーでもボディソープには添加物を配合していたりします。成分表の記載の義務はあっても、パッケージには法的な規制がないので曖昧な表現で法をすり抜けているという事です。そう考えると、日本のスキンケア業界は荒れ放題と言ってよいでしょう・・・

 

「無添加」がなぜここまで注目されるようになったのか!?

そもそもですが、なぜ日本人はここまで「無添加」という言葉が好きなのかという事です。理由は1960年代にアメリカで起こった自然食品ブームです。添加物を使わずに自然のものを食べるのは体に良いという事で空前のブームになりました。そして、日本に渡ってきたのですが、そこで食品に限らずスキンケアにも同じような事を消費者が求めてしまったのです。

 

そして、今日まで「無添加」という根拠のない謳い文句がこれほどに出回るようになったのです。特に2001年の薬事法改正で多くの異業種のメーカーがスキン商品を開発し販売競争を激化してきました。そこで何でもかんでも「無添加」「弱酸性」「ノンケミカル」などという謳い文句を謳えば売れるという事になってしまったようです。

 

ですから、無添ボディソープだからニキビケアにも効果が期待できるだろうと考えるのはあまりにも危険な行為なのです。一度皆さんも、近所のスーパーやドラッグストアで無添加ボディソープを手に取り成分表をしっかりチェック見てはと思います。恐らく見て事もないような添加物が色々配合されています。

 

その様に一般の消費者が分からないような添加物を記載してごまかし、パッケージはイメージの良いことばかりを並べている事に気が付くはずです。無添加という文字だけを追いかけては決していけないという事です!!

 

 

無添加ボディソープでも添加物の影響で肌荒れの危険性あり!!

 

ニキビができてなかなかな治らないという方は、何とかして治したいと考えるために普段以上に洗顔やお風呂場で体を洗う事でしょう。ですが、そのような時に上記のような合成界面活性剤や防腐剤などの代わりの合成ポリマーなどが配合された”自称無添加ボディソープ”を使うと肌ではどうなってしまうかという事です。

 

分かりやすいように、以下に添加物を配合したボディソープを使用した場合の、肌洗浄のメカニズムを詳しく解説しておきます。

 

【添加物の肌への影響のメカニズム】

①合成界面活性剤が肌や毛穴から皮脂や角質の汚れを必要以上に洗い流し、更に皮膚表面の皮脂でできたバリア機能を壊す。

②皮脂汚れを洗い流したボディソープは、水で洗い流す事で皮膚表面から離れます。表面の皮脂や角質がかなり剥がれ落る。

③皮膚のバリアが壊れたままの状態なので、肌内部の水分が蒸発していき、どんどん肌の乾燥状態が悪化していく。

④乾燥した肌は外部からの刺激に弱く、かつ、ニキビの原因菌の本職もしやすくなり、余計にニキビができやすい肌質になる。

 

また、更にですが、硬いスポンジでゴシゴシと擦る方が多くいます。それもニキビの症状が進行した方に限ってです。そうなるともはや添加物をニキビでできた炎症部に刷り込んでいるようなもので、ニキビケアと言うよりもニキビの悪化を自ら促していると言って過言ではないでしょう。そうなれば、ニキビができて荒れる⇒そして、一生懸命洗って肌が荒れる!という悪循環に陥ります。

 

たかが洗顔や体を洗うと言って、自己流で安易にケアしている方が目立ちます。ですが、洗顔や体を洗うというのは毎日行う基本的なスキンケア方法です。たかがと思っている事こそ、しっかりと見直すべきでしょう。普段何気なく行っている事が実はニキビの症状を悪化させているというケースは珍しくないのですから(`・ω・´)

 

そしてですが、無添加ボディソープを探している最中だったという方は、以下の内容は覚えておいてください。実は無理にボディソープにこだわる必要もないのです。意外と簡単に代わりになるものがるのです。それが以下の・・・

 

 

ニキビケアは、実はボディソープより固形石鹸がおすすめ!!

 

実はですが、あまりにも多くの方が気が付いていあないので、あえてここで私が声を大にして言いたい事があります。それは何かというと、”昔ながらの固形石鹸を見直してみては??”という事です。特にですが、ニキビで肌が荒れている方にこそ、固形石鹸は試してもらいたいのです。事実、ニキビで悩んでいる方のほとんどはボディソープ派ばかりでした。

 

なぜ、ボディソープより固形石鹸がおすすめのかというと、単純ですが原材料がシンプルなので、ボディソープの様に合成界面活性剤や合成ポリマーなどの添加物のリスクが圧倒的に低いのです。本当に思う方もいるでしょうから、気になる方はコンビニなどで固形石鹸とボディソープを両方手に取って成分表を見比べてみて下さい!!

 

恐らくですが、その時にボディソープのパッケージに「無添加」「肌に優しい」「さっぱり潤う」なんて謳い文句が記載されているのが笑えてくるくらいバカらしくもなってくるはずです。そして、無添加ボディソープだからニキビケアに効果が期待できると考えも揺らいでもくるはずです。

 

それに最近では、ニキビケア用に開発された石鹸も評判です。固形石鹸でありながら、ニキビのケアができるという事で、かなり効果も期待できるのではと思います。ですから、もしですが、無添加ボディソープでニキビケアを考えているのであれば、先ずは以下の内容を確かめてみてはと思います(^^)/

 

⇒ ニキビケア用に開発された固形石鹸を詳しく知りたい時はこちらから!!