無添加ボディソープは肌に優しいはずではなかったの!?

 

無添加ボディソープと言えば、最近はテレビCMなどでも宣伝され、「肌に優しく洗いあげる!!」とか「サッパリとして気持ちよい使用感!!」などという謳い文句で紹介されています。確かにこのようなテレビCMを見ると、無添加ボディソープは肌に優しくニキビケアにも効果が期待できそうだなとも思えてきます。

 

ですが、この記事を見ている皆さんは、本当に無添加ボディソープが安全なのかという事を考えたことはあるでしょうか??実はですが、無添加と書かれたパッケージの裏にある成分表には無添加と謳うには、あまりにも無理がある添加物の成分名が多数見つかるのです。多くの方はそれに気が付いていないのです・・・

 

 

 

無添加ボディソープの「無添加」に意味はない!!

 

近年は固形石鹸に代わりボディソープがお風呂場の主役になりました。ボディソープと言えば、そのモコモコの泡で体を包み込みほのかな香りで癒してくれるのが多くの方に支持される理由ではないかと思うのです。そして、テレビCMなどでも無添加ボディソープが宣伝されるようになり、より浸透したのだと私は予想します。

 

確かに、無添加と聞くと「肌に優しい天然成分」とか「植物由来で肌に優しい」などというイメージがあります。その為、ニキビに悩まされている方は、無添加ボディソープを愛用しているケースが多いと聞きます。

 

ですが、実はですが、そんな無添加ボディソープがニキビの悪化の原因を作っているかもしれないという事を殆どの方が気が付いていないのです。それどころか、ニキビが治らないからと言って、余計に無添加ボディソープでゴシゴシと一生懸命洗うという、まさに負のスパイラルに陥る方が驚くほど多いのです!!

 

そこで、この記事では無添加と謳ったボディソープの成分をできるだけ細かく暴露しようと思います。もし見てもらえれば、いかに巷に出回っている「無添加」という文字がいい加減なものか気づいてもらえれるのではないかと思います(`・ω・´)ゞ

 

 

無添加ボディソープの成分表を徹底調査してみると!?

 

【某メーカーのボディソープの成分】
水、ラウリン酸、ミリスチン酸、水酸化K、ラウレス硫酸Na、グリセリン、パルミチン酸、ジステアリン酸グリコール、ステアリン酸、PG、コカミドプロピルベタイン、ココイルグリシンK、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ヤシ脂肪酸K、BHT、EDTA-4Na、エチドロン酸、メチルイソチアゾリノン、香料

 

上記の内容は実際に私がドラッグストアで購入した無添加を謳い文句にしたボディソープです。皆さんは上記の成分表を見て、ピンとくることはあるでしょうか??恐らくは、少し詳しい方でないと分からないのではないかと思います。まさに、そこがメーカーの狙い目というところでしょう。一般の消費者に分からない様に「無添加」を宣伝するための・・・

 

そもそもですが、無添加というのは本当に自然のみで配合して作られているものであれば該当するかもしれませんが、上記の成分のほとんどは添加物です。よく考えてもらえれば分かると思いますが、上記のボディソープは購入してから数年は品質を維持できるはずです。自然のものでそれが可能かという事です(;^ω^)

 

防腐剤を使用しないのであれば原材料が半永久的に変質しないもの、腐らないものを使うしかありません。そこでメーカーは「無添加」を謳う為に合成ポリマーを採油したのです。合成ポリマーとは、陰区的に合成された高分子化合物の事です。簡単に言うとビニールやシリコン樹脂の事です。

 

また、合成界面活性剤などの配合も実はされています。合成界面活性剤とは油と水を混ぜて、その状態を維持するために使用するものです。それらも配合されていても「無添加」と謳っているのです。つまりですが、上記の内容の場合、メーカーが無添加と言っているのは、「着色料」と「パラベン」は配合していないという事だったのです。なんだか詐欺っぽいですよね(苦笑)

 

 

無添加ボディソープを探すくらいなら固形石鹸を使うべき!!

 

2001年の薬事法改正以降、数多くのメーカーが化粧品業界に参入し販売競争を繰り広げてきました。ですが、その過程で曖昧な表現で消費者を惑わす謳い文句で購買意欲を高めようとするメーカーも出てきたのも事実です。上記で紹介したボディソープもまさにその典型と言えるでしょう。それを知らずにニキビケアに使うのは、正直、おすすめしません。

 

確かに中には本当に無添加に近い肌に優しいボディソープもあるでしょうが、それを私たち一般の消費者が見つけ出すというのは至難の業です。そこで私が皆さんにおすすめしたいのは、昔ながらの白い固形石鹸です。なぜ固形石鹸が良いのかというと合成界面活性剤や合成ポリマーなどの添加物のリスクがはるかに低いからです。

 

ですから、なかなかニキビが治らないという方は、ボディソープから固形石鹸に変えてみると良いかもしれません。また、最近はニキビケアの為に開発された固形石鹸も販売されているので、よりニキビケアにはおすすめかもしれません。詳しくは以下から確認できるので、ぜひ参考にして下さい(^^)/

 

⇒ ニキビケア用に開発された固形石鹸を調べたい時はこちらを確認して下さい!!