無添加化粧品って、本当に肌に優しいの?怪しくない?

 

最近は、健康志向のせいかスキンケア製品の品質にも拘る方が多くなってきました。テレビを見ていても「無添加だから安心」、「肌に優しい弱酸性」などというキャッチフレーズで販売されているボディソープなどもあります。恐らくですが、皆さんも何となくどこのメーカーなのか分かるのではないでしょうか(笑)

 

ですが、果たしてそれらのスキンケア商品が本当に肌に優しいのか?安全なのか?と考えたことがある方は意外と少ないようです。なぜなら、私も街中のドラッグストアやスーパーでよく色んな商品の謳いモックを調べっているのですが、はっきり言って根拠のないことばかりが並んでいるのです。

 

特に「無添加」という文字には違和感を感じて仕方ないと私は思っています。無添加とは、そもそもどの様な時に使う言葉なのか皆さんは知っているでしょうか??

 

 

無添加は食品ならあるが、化粧品ではありえない!!

 

この際なのではっきりとこの記事で断っておきたいという事があります。それは何かというとスキンケア商品で無添加はあり得ないという事です。例えばですが、植物由来、天然成分配合などの謳い文句で無添加を謳っているボディソープがあるとします。これなら安心と思いたくもなるところですが、私から言わせれば待った!!!!となるのです。

 

確かに原材料の天然成分を使用しているのは分かりますが、それを加工する上で界面活性剤などの化学薬品を混ぜる必要があるからです。本当に天然成分だけのものだけで作った製品が何年もその状態のままで保管できるでしょうか??答えはいいえです。仮に簿不在不使用でも、肌に害が指摘される合成ポリマーが配合されている事が殆どです。

 

それに、それらのへ天然成分がいくらは硫黄されていてもそれが肌表面につくだけでは意味がありません。それが肌内部に浸透してこそ初めて意味があるのです。ですから、メーカーでは天然成分を大々的に宣伝し、その裏で天然成分を肌へ浸透させるためには、浸透力の強い界面活性剤を混ぜるという事も行っているのです!

 

無添加落というのは、特定の添加物が不使用という事!

 

上記の画像はあるスキンケア商品のホームページに記載されている内容です。見ても分かる様に無添加という事を強調しています。ですが、これは本当に無添加という事ではないのです。上記の画像のトリックは、ある特定成分、つまり人体に悪影響が懸念される特性の強い添加物のみを排除しているという事です。

 

ですから、厳密には添加物を使っていない訳ではないのです。それにも関わらず、無添加に拘っていると謳っているのですから、疑問に思えて仕方がありません。繰り返しになりますが、スキンケア商品は食品と違い自然界のものだけで、作る事は不可能なのです。化学的に作られたもの以外の何物でもないのです。

 

では、なぜこのような全く事実と異なる謳い文句が横行するようになってしまったのかという事です。以下にその解説も付け加えておくので参考にして下さい。

 

薬事法改正による、異業種の参入が相次ぎ・・・

 

あまり知られていませんが、以前は化粧品メーカーというと大手の誰でも知っているようなメーカーしかありませんでした。それがですが、ここ10年、15年の間に急激に増えたと思いませんか?実はこれは2001年に薬事法が改正されたことが影響しているのです。2001年以降、化粧品業界に参入するメーカーが相次ぎました。

 

例えば、フイルムメーカー、食品メーカー、更には酒造メーカまでもがー化粧品業界に参入してきました。理由は薬事法の改正により、使用できる原材料の基準が大幅に緩和された為です。

 

ですから、メーカーが増える事で今まで大手のメーカーだけで独占していた市場がライバル会社が皮脂目合う激戦の業界へと変貌したのです。これは私たちにとっても、色んなマーカーの商品が比較できる上に、良い商品があればそのまま使用し続けるうえでも比較的安価で済むのでありがたいところではあります。

 

ですが、その反面、各メーカーは熾烈な販売競争を行う様になりました。消費者の購買心理を刺激する為、誇大広告?根拠のない内容?それらを堂々と宣伝するようになり、やがてそれらが当たり前の様に定着してしまったのです。

 

無添加化粧品という謳い文句に惑わされない様に!

 

では、どうやってスキンケア商品を選んだらよいのと疑問に思う方もいるかもしれません。私たち一般人が成分表を見てもよく分からないというのも事実です。ですが、一つだけ言えるのは、どの様な商品であれ、成分表は確かめれるという事です。

 

商品を見極めるのに、成分チェックやネットで口コミなどを調べるのも良いでしょう。それでも不安な時は、他の商品と比較するのも良いでしょう。「肌に優しい」「無添加」という気持ちに思わずという気持ちは分からなくもないですが、先ずはしっかりと確認してから購入する事をおすすめします(^^)/