ニキビ跡の中でも、肌表面が凸凹してしまう状態、つまり「クレーター」になってしまうとどうしようもないと諦めてしまう方も多いようです。ですが、本当にニキビ跡クレーターになったからと言って、諦めなくてはいけないのかというと、私はそうは思いません。ニキビ跡クレータになっても改善できる可能性は十分あると思います。

 

確かに完全にニキビ跡クレータを治せるかというと、難しいのかもしれません。ですが、少しでも家事円できるのであれば、その方法は知っておきたいところではないかと思うのです。この記事ではニキビ跡クレータに悩む方に少しでも役立てばと思います。

 

 

ニキビ跡がクレーターになるのは皮膚細胞の破壊!!

 

一般的に「ニキビ跡」と呼ばれるものには、いくつかの種類があります。大きく分かると以下の3つのタイプに分けられます。中でも「赤みが残るタイプ」と「シミが残るタイプ」は、ケア方法次第ではかなり薄く目立たなくすることも可能です。ですが、「クレータータイプ」は、どうかというと、残念ながら薄くすることはできてもある程度という事です。

 

ただしですが、問題はそのクレーター型のニキビ跡がそれほど目立たなくなるのではという事です。誰しも少しでもきれいな肌で痛いと思うことでしょう。ですから、その上で参考にしてもらえればと思います。

 

 

赤みが残るニキビ跡の特徴

 

ニキビが進行して炎症が起こり、赤みが生じてなかなか治らなくなる場合があります。ニキビで炎症ができた場所に対し、人間の治癒能力で再生す用と働きかけ、毛細血管が集中して入り状態です。ニキビの炎症が治まり、服らんどぇいた幹部もほぼ平らになって、ニキビも治っているのに、赤みだけがなかなかひかない状態です。

 

この状態が続くと赤みだけがいつまでもも残り、治ったように見えないので、見て目的に凄く気になれる方がいます。ただ、一生消えないかというとそうではなく年々もかけて(通常2~3年、長い場合5年ほどかけて)消えていく事があります。その為、この状態を厳密にいうと、ニキビ跡には分類されません。

 

なぜなら、人間の治癒力で自然には消えないニキビの症状を「ニキビ跡」というからです。但し、ニキビの炎症がないからと言って、赤みがあるうちは、日焼けをしない事が重要です。そして少しでも早く赤みを消したい時は、ビタミンC誘導体の化粧品やビタミンCのイオン導入が有効です。( ⇒ 赤みのあるニキビのケアはこちら!! )

 

 

シミが残るニキビ跡(色素沈着)の特徴

 

ニキビ跡の炎症が起きた後の赤みが、何らかの原因で茶色くシミになる場合があります。これは炎症性色素沈着と呼ばれる状態です。分かりやすく言えばニキビの跡がシミになってしまったという事です。この場合は年々もかけて徐々に薄くなっていく場合もありますが、紫外線を浴び続けるなどの条件次第ではそのまま残てしまう場合もあります。

 

ですから、日焼けをすると消えにくくなるので、日焼け止めの対策をできる限りうつのと同時に、美白化粧品を使ったケアも取り入れていきたいところです。また、この段階で美容皮膚科やエステサロンなどの専門家によるピーリングを施せば、かなりの確率でシミが目立ちにくくなると言われています。

 

 

クレーター(凸凹)になったニキビ跡の特徴

 

そして、この記事の本題であるニキビ跡が凸凹になったクレータータイプです。これは残念ながら完全に肌を戻す事は難しいです。なぜなら、ニキビが延焼した際に毛穴の周りの皮膚組織が破壊されてしまった状態だからです。破壊さえてしまった皮膚組織を再生しようとしても元通りとはいかないのが現状です・・・

 

この様にクレータータイプのニキビ跡になる方の傾向を見ていると、強い炎症を起こしやすい体質の方や皮膚の固い方に多いようです。皆さんが知っている方でいうと芸能人のブラック〇ヨネーズの〇田さん辺りはその典型ではないかと思います。こうなると、諦めなくてはいけないのかと思う方もいるかもしれませんが、決して洗決める必要はないのです。

 

例え完全に治らなくても専門家によるピーリングを施すと、完全には治らなくても、見て目でもかなりの改善が見込めるように案るようです。具体的には以下に、そのピーリングの詳細を載せておくので参考にしてください(・∀・)b

 

 

ニキビ跡のクレーターが改善!?※ピーリングとは※

 

 

ケミカルピーリングは、毛穴のつまりを取る作用と殺菌作用を併せ持つため、ニキビ治療に多く採用さえています。日本皮膚科学会でも、ニキビ治療のためのピーリングガイドラインを制定しています。ニキビ跡のシミ(色素沈着)だけでなく、クレーター(陥没)にも有効と言われています。

 

 

ピーリングはニキビ跡だけでなく、毛穴、シワにも有効!!

 

ピーリングによる美容法は、古代から行われていたのではないかと言われています。種子を砕いたものでスクラブ(研磨)をかけたり、天然由来の酸などで角質を除去すると、肌が真っ白くなったりきめ細かくなることは経験的に知られ、おこなわれていた可能性は高いのです。

 

ピーリングによって角質を取り去ると、肌の代謝が活性化します。ターンオーバーが高まり、メラニン色素が排出されます。続けていくとコラーゲンが増えて、、毛穴の開きやシワの改善にも効果が期待できます。そして、肌全体の若返りにもつながるのです。また、毛穴のつまりが取れるのでニキビ治療にも有効で、日本皮膚科学会のニキビ治療ガイドラインにもピーリングによる治療が上がっています。

 

ピーリングの効果が科学的に証明され、現在のような酸を用いた「ケミカルピーリング」に進化したのは1970年代くらいからです。それ以前に酸の代わりに使われていたのがスクラブ(研磨剤)です。今も売られていますが、スクラブのザラザラしたもので擦る刺激が返ってシミの原因になる事もあったそうです。

 

また、ゴマージュと呼ばれる消しゴムのカスの様に皮がポロポロ取れるタイプもありますが、これも擦る刺激で肌が傷むことがあります。ですから、特にですが、顔など肌が弱い場所に用いるのであれば、今現在の酸を使用するケミカルピーリングが最善という事になったという事です。

 

ピーリング治療は、やはり美容皮膚科が最善です!!

 

 

ピーリングに関しては自宅で化粧品をして行うホームピーリングを行う事も出来ます。( ⇒ ピーリング化粧品について )但し、自分で行うピーリングには限界があります。より高い効果を望むなら、美容皮膚科やエステサロンに通いケミカルピーリングを受けるのが利用でしょう。

 

 

ピーリング治療の流れと料金について!!

 

美容皮膚科やエステサロンでピーリング治療を受けると多少は担当医により処理の方法やピーリング剤に違いはあるはずです。ですからここでは大まかな流れと施術時間、そして料金について触れておきます。

 

【ピーリング治療の大まかな流れ】

  1. クレンジングでメイクを落とします。
  2. ピーリング剤を塗布し、刷毛やコットンなどで、顔全体にピーリング剤を塗っていきます。
  3. 数分で終了します。ピーリング剤を洗い流すか拭き取るなどして除去します。
  4. 化粧水や保湿美容液などで仕上げます。

この様にピーリング治療に要する時間は合計で30分くらいで終了します。通常は、当日、もしくは翌日からメイクも可能なのでそれほど手間がかかる治療ではないです。費用も1回1万円前後からで、2~4週間おきに合計5~10回程度の通院が必要です。こう考えるとニキビ跡のクレーター治療でもそれほど高額にはならない事が分かります。

 

 

ピーリングの強さは調整できます!!

 

ピーリング治療は、強くも弱くも調節はできます。強さは患者さんの目的に合わせて選びます。強く行えば当然早く改善していきますし、弱めにすればゆっくりしたペースになります。勿論、早く治したいというのが人情ですが、強く行った場合の経緯もしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

 

強めのピーリングをした場合は、まず、ピーリング剤をぬっている時に痛みがあります。1分から数分くらいの間、熱いようなピリピリ感を感じます。施術後から数日間は赤みが出たり皮膚科剥けてきたりします。これも程度は様々ですが、軽いもならばメイクでもごまかせる程度です。

 

強めに行えば改善度も高いので、シミだけでなくシワが薄くなたり、更にこの記事の本題であるニキビ跡のクレーターをいくらか改善する効果も期待できます。但し、強ければ強いほどよいという訳ではないので、注意も必要です。肌質にもよりますが、ピーリングが強すぎれば皮がむけた後に炎症性色素沈着を起こす可能性もないとは言えないのです。

 

なお、ピーリングを安全に行う為に、現在、日本皮膚科学会ではピーリングに関するガイドラインを定めています。また、ケミカルピーリングは医療機関でしか行えない事になっています。

 

 

ピーリング剤の種類には、どんなものがあるの!?

 

ピーリングは、さんが使われるという事ですが、いったいどんなものなのと不安な方もいると思います。そこで美容皮膚科で使われるピーリング剤の種類と特徴についても調べておきました。基本的に美容皮膚科では、以下のピーリング剤が使われるという事です。

 

 

AHA(アルファヒドロキシ酸)

 

リンゴ酸、クエン酸、乳酸、グリコール酸、TCA(トリクロロ酢酸)などはみなAHAの部類で、水溶性の酸です。なお、フルーツ酸という言葉も使われますが、これはリンゴ酸やクエン酸などの総称です。果物にもこれらの酸が含まれている為、こう呼ばれるものだけです。元々、「フルーツ酸」という酸はありません。

 

TACは作用がかなり強めなので、一般の方が扱う事は困難でしょう。また、購入する事も困難なので、実際には特定の医療機関に限られるはずです。

 

 

BHA(ベータヒドロキシ酸)

 

サリチル酸がこれに当たります。油性のもので、皮脂の詰まった毛穴にも馴染みがよく、ニキビ治療や毛穴の引き締めなどに用いるのに適しています。また、BHAでピーリングを行うと、AHAで行った場合よりも施術後に皮がめくれたり、肌が荒れたりしにくいというメリットがあります。

 

従来のの日本のピーリング治療はAHA主流でしたが、最近ではBHAのメリットが知られるようになり、BHAに移行しつつあると言われています。

 

 

ニキビ跡のクレーターをピーリング治療でケア【まとめ】

 

 

最後に私がニキビ跡のクレーターのケアについて、私なりの見解をまとめておきます。人としていつまでもきれいな肌でいたいと思うのは誰しも思う事だと思います。事実私も少しでもきれいな肌でいたいと思っています。それに、この記事をもしここまで読まれているのでしたら、美肌に興味があっての事ではないかと思います。

 

もしニキビ跡のクレーターが気になるのでしたら、決してあきらめることはないと思います。そしれに悲観的になる事もないと思います。ニキビ跡のクレーターは治らないと思っても、いざ治療を受けて改善していく肌を見て自分に自信を取り戻してい言った方も、私は知っています。

 

もしですが、ニキビ跡のクレーターが気になるけど、どうしても美容皮膚科やエステサロンには通えな医という方は、以下の自宅で使えるピーリング化粧品も参考にしてみてはと思います。今、自宅で気軽に使用できるピーリング化粧品の中で最も人気がある商品です!!

 

 

⇒ 面白いほどポロポロ角質が取れるピーリング!【薬用リメンバーリンクスホワイト】