ニキビの

日差しが強い時期になると気になるのが日焼けです。そして、日焼けと同時に気になるのが、ニキビ跡の「色素沈着」です。一度できてしまった、ニキビ跡の色素沈着はなかなか消えるものではないので、本当に多くの方が悩んでいるのではと思います。そして、そのような悩みにどう対応して良いのかも分からない事ででしょう・・・

 

そこで、ニキビ跡の色素沈着をどうすればよいのかまとめました。ニキビ跡の色素沈着にならない為の予防法や、ニキビ跡の色素沈着ができてしまった跡のケア方法についても詳しく触れています。もし、ケア方法が分からないと嘆いているのであれば、ぜひ参考にして下さい(^^)/

 

 

ニキビ跡の色素沈着の原因とは、いったい!?

 

 

先ずは、ニキビ跡の色素沈着がどのような仕組みで起こるのか詳しく触れておきます。ニキビ跡の色素沈着の原因は、肌の刺激により、表皮に存在する色素細胞(メラノサイト)から過剰に分泌されたメラニン色素が表皮や真皮に沈着して起きます。肌は刺激を感じるとメラニン色素を生成して肌を守ろうとする防御機能が元々備わっているのです。

その肌への刺激という事こそ、ニキビの炎症です。ニキビの炎症が原因で残る肌の色素沈着を「炎症後色素沈着」と言います。更にですが、ニキビができた後の幹部を日にさらし続ける事で、紫外線により肌がダメージするのも炎症後色素沈着の一因になります。肌の炎症が刺激となり、肌を守ろうとメラニン色素が生成されたという事です。

 

但し、この肌に色素が沈着しているので、厳密にはニキビ跡という訳ではありません。あくまでもニキビができたとの皮膚に色素が沈着しているのです。ですから、そのままなのかというとそうでありません。完全いという事は難しいのかもしれませんが、長い時間をかけれ徐々にキレイになっていくとも言われています。

 

そして、ニキビ跡の色素沈着の症状を軽減できるのに大きくかかわってくるのが、肌のターンーオーバー(肌の代謝機能)という訳です。詳しくは以下の通りです。

 

 

ニキビ跡の色素沈着にはターンオーバー(肌の代謝機能)が重要!!

 

ニキビ跡の色素沈着というのは、肌の凹凸という訳ではなく、あくまで肌の色素が付着している状態です。ですから、完全とまでは言いませんがある程度の改善して目立たなくなることは十分可能なのです。但しそこのは肌のターンオーバー(肌の代謝機能)大きく関係してきます。ですからターンオーバーが何かという事をしっかりと理解しておく必要があります。

 

 

肌のターンーオーバー(肌の代謝機能)の仕組みについて

 

 

肌のターンーバーというのは、簡単に言えば代謝機能の事です。肌というのは、元々は肌の深層部で元となる皮膚組織が生成されます。そして時間とともに肌表面に押し出され、やがて皆さんの今触れている肌となるのです。そして、更に時間がたつと、肌は劣化して赤などとなり剥がれ落ちます。この一連の流れをターンオーバーと言います。

 

先ほどのニキビ跡の色素沈着は肌表面に色素が付着していう事といいましたが、このターンオーバーを繰り返す事で、ニキビ跡の色素沈着が薄くなるという事です。更に言うと、このターンオーバーを促す事でニキビ跡の色素沈着も目立ちにくくできるという事です。問題は、そのターンオーバーをそうやって促すかという事ですが・・・

 

 

ニキビ跡の色素沈着を促すために取り入れたいスキンケア!!

 

 

このきじをみてい方も一度くらいは聞いたことがあるかもしれませんが、「ケミカルピーリング」という美容皮膚科などで行う治療法があります。ケミカルピーリングというのは簡単言えば、古くなった肌(角質)を剥いて、人工的に肌のターンーオバーを促進するスキンケア方法の一種です。

 

ケミカルピーリングの歴史は意外と古く、古代の西洋ではクルミの皮や砕いたヒマワリの種で肌を擦っていたそうです。勿論、今はそんなことしていませんが、それでも、未だに美容皮膚科やエステサロンでは積極的に行われる治療法です。つまりそれほど、肌のターンオーバー、美肌に効果が期待できるという事です。勿論、ニキビ跡の色素沈着にも効果が期待できるのです。

 

 

自宅で気軽にケミカルピーリングをする事も可能!!

 

 

 

⇒ 面白いほどポロポロ角質が取れるピーリング!【薬用リメンバーリンクスホワイト】

 

実はケミカルピーリングですが、どうしても美容皮膚科やエステサロンでなければ無理かというとそうではないのです。確かに美容日うかで行うケミカルピーリングは一般の方ではまねができない、高度の技術や、時に入手できない成分のピーリング剤を使用するケースもあります。ですが、そこまではないにしろ自宅で気軽にできるのも事実です。

 

現在では、様々なピーリングアイテムが市販されていて、石鹸タイプや洗い流すローションタイプ、パックなどがあります。ニキビ跡の色素沈着の場合は、できるだけ低刺激で肌にダメージを与えないものを計測使用するのが大切です。ピーリング成分としては、フルーツ酸のほか、グリコール酸、乳酸、サリチル酸などが配合されたものを選びましょう。

 

これ私が調べた限りですが、上記の動画で紹介している「薬用リメンバーリンクスホワイト」は、気軽に購入できるピーリング商品の中では特に人気の様です。更に、ピーリングに加えて色素沈着に効果があると言われてるいのが、ビタミンC美容液や誘導体ローションです。コラーゲンの生成促進やメラニン合成の阻害作用が有り、ニキビ跡(痕)の色素沈着や赤みなどを改善してくれます。

 

 

⇒ ビタミンC誘導体のスキンケア商品を知りたい時は、こちらから!!

 

 

ニキビ跡の色素沈着は紫外線でそのまま残る事も!!

 

 

ニキビ跡の色素沈着は、かなりの時間がかけて徐々に薄くなると言われています。ですが、実際にはそのまま後になって聞けなくなることもあります。その跡になって消えなくなる原因の代表格が「紫外線対策を怠った!!」という事があげられます。基本的にニキビ跡の色素沈着は数年という長い期間で消えていきます。

 

ですから、紫外線対策というのは必要費不可欠になってくるのです。紫外線が原因で肌はダメージを受けます。すると、メラノサイトがメラニン色素の異常生成を引き起こすことでできます。いわゆる紫外線貯金と言われるモノです。夏場の紫外線が強い時期は特にですが、実は年間を通りて必要なのです。

 

紫外線対策というと夏の暑い時期にと考える方が多いようです。確かにそれは間違いないですが、実は秋や冬など一見、紫外線が少なそうな時期でも私たちの肌は紫外線を浴び続けているという事なのです。ですから、今は紫外線が弱い時期だからと言って、ケアしないまま出歩いたりしていると、知らないうちに顔にシミが!!なんてことも・・・

 

 

ニキビ跡の色素沈着は敏感肌の方は特に注意!!

 

 

では、次にニキビ跡の色素沈着と肌質の関係について触れておこうと思います。私が特に注目したのは「敏感肌」の方です。敏感肌の方というのは肌質が悪化して、肌が乾燥しているケースがよくあります。ですから、肌荒れなどになりそれがニキビ跡の色素沈着につながっているという事です。

 

特に敏感肌の方の肌というのは、ニキビ跡の色素沈着が濃く見えやすいという特徴があります。敏感肌は生活環境の影響を受けやすく、血流の状態が安定しにくいという特徴をもっています。そうして血流が悪くなって血液が滞ると、肌色がくすんで見えるため、実際のメラニン量に大きな変化はないのに、、ニキビ跡の色素沈着がより濃く見えてしまうことがあるのです。

 

 

ニキビ跡の色素沈着はスキンケアと紫外線対策がカギ!!

 

 

上記の内容とまとめておくと、ニキビ跡の色素沈着を改善しようと考えているのであれば、肌のターンオーバーを意識した正しいスキンケアと、しっかりと紫外線対策をする事がポイントになります。勿論、それ以外にも食事や睡眠、ストレスの解消も肌をハリのあるキレイに状態にする為には欠かせません。

 

ニキビ跡の色素沈着を改善する方法というのは一つだけではありません。ですから、この記事ではケミカルピーリングや、そこにビタミンC誘導体などを」紹介しましたが、あくまでそれらは一例です。近年は、無香料無着色、低刺激でありながら高い美白効果が期待できる美白有効成分の「トラネキサム酸」が配合されているような美白化粧品も多くあるので参考にするのも良いでしょう!!

 

また、敏感肌向けのスキンケア製品は効能が低いと思う人もいるかもしれませんが、安全性を考慮したうえでしっかりと悩みを改善してくれる製品もたくさんあるので、探してみると良いでしょう。それでも、なかなか効果が出ないなと思えば美容皮膚科やエステサロンなどでも気軽にカウンセリングを受けることもできます。

 

自分だけで改善ができない場合は、やはり肌診断のプロに相談するのも、良い方法でしょう。私たちではどうしようもなかった事が解決できたりもします。この記事を見ている方も、ニキビ跡の色素沈着ができたからと言って、落ち込まず、ぜひ、改善に向けて取り組んでみて下さい(^^)/