ニキビを掻き過ぎて炎症してしまった!!

 

ニキビは時に痒みを伴う事があります。痒みを伴うと、ついつい無意識に書いてしまうという事もあるはずです。基本的に人の肌は刺激から肌を守るバリア機能がありあます。ですが、ニキビができた肌は肌質が弱っているので、肌の刺激にも弱くなっています。そこを掻けば余計に酷くなり、時に炎症してしまいます。

 

とこで、ニキビに痒みが伴う時はどの様に対処しておくべきなのかまとめておきました。ニキビの痒みを防ぐだけでもかなりニキビの症状改善につながる可能性もあります。

 

 

ニキビの痒みは肌の乾燥が招いているかも!?

 

私がニキビで悩んでいる方の話を着ていると共通している事があるのですが、スキンケア方法をどうしているのか?と聞くと「一生懸命洗っています!!」と言われます。確かにニキビで痒みがある方は、肌質が悪化しているので、スキンケアは大切です。ですが、問題なのはどのような方法をしているのかという事です。

 

なかなか肌質が悪化しないという方は、大抵が自己流のスキンケアを実践しています。それもですが、肌が痒いというのを何とかしたいという理由でゴシゴシ強引に擦り洗いをしていたりもするのです。残念ながらですが、がむしゃらに洗っていても肌質が改善するとは限りません。間違ったスキンケアは余計に肌質悪化の可能性があるのです。

 

洗顔や入浴時の身体の洗い方を自己流でしているという方は、以下の記事を参考にしてもらえればと思います。もしかしたら、肌質改善の参考になるかもしれません。( ⇒ 肌質改善のための正しい洗顔方法とは!? )

 

ニキビの痒みが気になる時はしっかりと保湿も大切!!

 

また、もう一つ私が思い当たる点として挙げるのは洗顔や入浴時に洗ったとのケアです。肌が荒れていない方は、肌が弱いからと言って何もつけない方がいます。最近は、「肌断食」という事も話題になっていますが、ただ話題だからという流行でけで行うのはどうかと思います。

 

肌が痒いという方は乾燥状態になっている方が多いです。特に洗顔、入浴時に洗うと肌の皮脂は落ちますから、その直後には保湿ケアはするべきです。それも、市販の水分だけでできた化粧水だけでなく、保湿成分がしっかりと配合された化粧水を使用するのが理想です。( ⇒ 肌質改善に効果が期待できる保湿化粧水はこちら!! )

 

ニキビを掻き過ぎて炎症しても市販のスキンケア商品は・・・

 

最近、市販のスキンケア商品には根拠のない謳い文句を掲載したパッケージが多くあるなと思います。中には酷いのは「無為添加」と謳っているにもかかわらず、合成界面活性剤や合成ポリマーなどが平気で配合されているものがあります。その商品のメーカーの言い分としては、特敵の危険な添加物を排除したから無添加だとか・・・

 

あまりに無茶苦茶な言い分だお思うのですが、それが今やスキンケア商品の世界ではありり前の様になっているのです、。そして、ニキビに限らず肌トラブルを抱えた方がそれを好んで使用しているのです。

 

もしですが、この記事を見ている方でニキビの痒みが治まらないと思う時は、一度、自分が使用しているスキン商品が本当に安全な喪なのか成分表をチェックしてもらえればと思います。恐らくですが、驚くべき程、添加物が配合されていたりするはずです。スキンケア商品も慎重に選ぶべきでしょう(^^)/

 

 

スポンサーリンク