ノンケミカルの日焼け止めクリームならニキビ肌にも使えるのでは!?

 

最近は、健康ブームのせいか化粧品にも色々な謳い文句が並ぶようになりました。その中でも「ノンケミカル」という言葉は典型的な例ではないかと思います。元々、ノンケミカルは日焼け止めクリームに使用されていた言葉です。日焼け止めクリームでノンケミカルなら、肌に優しいというで今や宣伝するのが当たり前になっています・・・

 

ですから、ノンケミカルの日焼け止めクリームはニキビ肌にも使えるのではと思っている方もいるのではないかと思うのです。ただ、そこで考えてもらいたいのは本当にノンケミカルのクリームが安全なのか確かめたことはあるのかという事です。この記事では、殆どの方が気づいていないノンケミカルの真実について解説していこうと思います(^^)/

 

 

 

ノンケミカルは日焼け止めクリームから広まったのです!!

 

そもそも何ですが、この記事を見ている皆さんは「ノンケミカル」と聞くと、どの様なイメージを持つでしょうか??恐らく体に悪いものが入っていない、自然に近い商品ではないかと考えている方が殆どだと思います。それに、実際に私がノンケミカルとネットで調べると、以下の様に・・・

 

【ノンケミカルとは】

ケミカルとは英語でchemical(化学物質)と表記します。つまり、化学物質を含むものを指し、反対にノンケミカルは化学物質を含まないものを指します。元々、ケミカルというのは日焼け止めに対して使われていた言葉です。紫外線吸収剤が含まれているものをケミカル、紫外線散乱剤が含まれていないものをノンケミカルと表現していました。

 

紫外線散乱剤は、紫外線を吸収して、日焼けを防ぐ効果がある化学物質です。透明性が高くて白浮きしない、塗り心地が良くて伸びが良い、紫外線カットの力が強いなどの理由でよく使用されています。主にクリームタイプやジェルタイプに使用されます。ただし、肌に負担がかかってしまうので、敏感肌の方ですと肌トラブルやアレルギー反応を起こす可能性があります。

 

また、日焼け止め以外でも、合成界面活性剤、合成香料、合成着色料、パラベンなどの化学合成物質を使用していない化粧品を「ノンケミカル」と表記するのが一般的になっています。

 

ですから、上記の内容を見る限りですが、ノンケミカルの日焼け止めクリームなら、紫外線吸収剤はもとより、ニキビ肌などに刺激の強い危険な添加物は使っていないのだろうなと思うのが普通でしょう。ですが、現実はどうなのかを以下の内容から確かめてもらえればと思います(^^)/

 

 

ノンケミカルの日焼け止めクリームには添加物が配合されて・・・

 

ノンケミカルという言葉が注目される理由についてですが、元々、欧米でナチュラルフードの流行があったのではと私は考えています。添加物を使わずに、自然のものをそのままたべるとい事は確かに体に優しく健康にとって大きなメリットがあります。ですが、それが日本に伝わる上で、食べ物だけでなく、化粧品にまで同じことを考える方が多くなってしまったいうのが問題ではないかと思います。

 

例えば、添加物の代表的な成分でいえば防腐剤があります。防腐剤を使わないのであれば、原材料が半永久的に変質しない成分、腐らない成分を使うしかありません。そこで日本のメーカーは「ノンケミカル」を謳う為に採用したのが、合成ポリマーの水溶液だったという事です。

 

合成ポリマーとは、化学的に合成された高分子化合物の事で、簡単に言うとビニールやシリコン樹脂の事です。紙オムツや生理用ナプキンの中身など、湿気をとる吸湿素材に利用されていて、食品ラップやナイロンのような合成繊維も、合成ポリマーです。

 

合成ポリマーで作られた化粧品は、半永久的に腐る事はありません。ですから、市販されている日焼け止めクリームも何年も腐らずに使用ができるという訳です。それも肌に塗るとコーディングされてツルツルした肌触りになるので、肌の状態が良くなったと錯覚してしまうケースも珍しくないのです(*´Д`)

 

 

ノンケミカルの日焼け止めクリームのこ式サイトにも秘密が・・・

 

最近は、消費者庁も目を光らせるようになってきたようですが、公式サイトの表現にもよく疑問を感じる事があります。公式サイトに「無添加」と記載されていても、そもそも必要がない化学添加物を「無添加である」とアピールしている商品もあります。

 

某メーカーの日焼け止めクリームも例外ではないのです。公式サイトには「6つの無添加」として、界面活性剤、着色料、香料、アルコール、パラベン(防腐剤)、ミネラルオイル(鉱物油)を挙げています。ですが、そもそもこうした商品にミネラルオイルは始めから配合する理由はないのです。成分が油により混ざりにくくなる為です。更に着色料や香料もあえて使い必要はどこにもないのです。

 

後々、私がその日焼け止めクリームの成分を調べてみると、紫外線吸収剤や退職防止剤に加え、合成ポリマーも配合されていました。決して、紫外線吸収剤や退職防止剤も肌に良いものとは言えません。無添加化粧品に限らず、合成ポリマーはジェルタイプの化粧品や、この記事で触れている日焼け止めクリームには特に頻繁に使用されています。

 

合成ポリマーの問題点は、皮膚を覆って皮脂の通り道を塞ぎ、常在菌が棲めない状態にしてしまう事です。その結果、皮脂の分泌量が減り、肌本来の保湿力が低下し、乾燥肌になっていきます。こうした化粧品を使い続ければ、砂漠のような乾燥肌になっていきます。当然ニキビ肌にとってそれは致命的でしょう。

 

ノンケミカルだから安心という事でニキビ肌に使い続けた結果、ニキビが余計に悪化してしまうという事は十分に十分に考えられるという事です。

 

 

日焼け止めクリームは、結局、塗るべき?辞めるべき?

 

ここまでだいぶノンケミカルについて長く話をしましたが、上記の内容を見て、結局、日焼け止めクリームは辞めた方がよ良いの??なんて思う方もいるかと思います。ですが、断っておきたいのは、日焼け止めクリームそのものがいけないという訳ではないという言事です。問題は、街中にあふれる根拠のない「ノンケミカル」「無添加」という謳い文句です。

 

2001年の薬事法改正以来、あらゆるメーカーがスキンケア商品の開発に取り組み、販売競争を繰り広げてきました。そこであらゆる商品が開発され私たちはより便利で安い商品を購入する事ができるようになりました。ですが、その反面、安くて粗悪な商品をうたい文句で販売するメーカーも増えたのも事実です。

 

私が皆さんに伝えたかったのは、繰り返しになりますが日焼け止めクリームがいけないという事ではなく、安易にパッケージの「ノンケミカル」「無添加」などのような謳い文句に飛びつかない様に気を付けた方が良いという事です。勿論、メーカーもメーカーなのですが、それを使う私たちも自分の肌を守るためには最低限、成分チェックなどはしたいところです!!

 

もしですが、どうしても自分では安全日焼け止めクリームを探す事が難しいという方は以下に、私が見て「これなら、安全性が高い!!」と思える日焼け止めクリームをいくつかピックアップしておきました。興味があればですが、ぜひ参考にして下さい(^^)/

 

おすすめ日焼け止めクリーム!!