大人ニキビというのは原因む複雑でできる場所も、人それぞれだと思います。その中でも大人ニキビが顔にできるといのはなかなか気になるものです。私も経験があるのですが、顔に大人ニキビができると気になってしょうがないものです。気にしないようにと考えれば考えるほどドツボにはまり、やがて他人のがどう見るかなと疑心暗鬼にもなります・・・(´;ω;`)

 

この記事では顔にできる大人ニキビの中でも「おでこ」にできるのはなぜかという事を中心にまとめていこうと思います。大人ニキビの原因は他の記事でも消化していますから、この記事ではおでこ特有の原因とケア方法を紹介しようと思います。大人ニキビがおでこにできてなかなか治らないという方は、ぜひ参考にして下さい!!

 

 

おでこは顔中でも特に皮脂量を多く分泌します!!

 

大人ニキビがおでこにできてなかなか治らないという事ですが、先ずはおでこの仕組みについて触れておこうと思います。皆さんも経験があるかもしれませんが学生の頃、特に中学生に上る頃になると急にニキビができやすくなるという事があります。いわゆる思春期ニキビと呼ばれる症状ですが、その思春期ニキビができる場所が比較的に顔の「Tゾーン」にできやすいという事です。

 

でも、なぜ顔のTゾーンにニキビができやすいのかという事です。理由は簡単に言えば皮脂腺が多く、それに比例して皮脂量が多い部位だからです。これは単に宅性だけでなく、私たち社会人にも共通していけることです、。私たちにできるニキビ、つまり大人ニキビでもおでこにできて安いという事です。そして、なかなか治りにくい場所でもあるという事です。

 

そして大人ニキビの原因である皮脂の過剰分泌はどうするかですが、それに関しては別記事で詳しく紹介しています。気になる方は、そちらの記事も併せて読むとより参考になるかと思います。

 

⇒ 大人ニキビの原因である皮脂の過剰分泌の原因とケア方法について!!

⇒ 大人ニキビを悪化させない為の正しい洗顔方法の手順について!!

 

 

この記事では、あえて皮脂の過剰分泌の原因である生活習慣全般ではなく、おでこ特有の原因とケア方法に気絞ってまとめていこうと思います。その方がより具体的で見ている方にも分かりやすいのではないかと思います。もしですが、大人ニキビがおでこにできてなかなか治らないという方は、ぜひ以下の内容を参考にしてもらえればと思います(^^)/

 

 

大人ニキビがおでこにできてなかなか治らない意外な理由!!

 

上記で紹介しているサイトでも分かるように大人ニキビの原因というのは実に様々です。会社のストレス、食生活の乱れ、睡眠不足、夜更かし、生理、便秘などなど言い出したらキリがないくらいです。もしかしたら、それ以外にも大人ニキビの原因があっても、何ら不思議はありません。ですが、以下で紹介する内容は意外と私たちがも落としているように感じるのです・・・(゚д゚)!

 

前髪がおでこに触れて細菌を媒介している!!

 

 

大人ニキビの原因は毛穴に皮脂がたまる事です。そこに脂肪性を好むアクネ菌が付着する事で炎症が起きることです。特におでこにできると、他人と顔を合わせたりするののにも抵抗があったりします。特に販売業や接客業の方は、なおさらでしょう。そこで、前髪でおでこにできた大人ニキビを隠そうとする方もいる様ですが、これも実は大人ニキビがなかなか治らない原因の一つなのです。

 

なぜかかというと、大人ニキビができた場所というのは基本的に肌が炎症している状態です。つまり肌に細菌や汚れが繁殖しているという事です。そこの髪の毛が触れ続けるという事は、肌の細菌や汚れがそなまま髪の毛に付着するという事です。そして、髪の毛についた細菌や汚れが、おでこ全体に広がり続けてしまうかもしれないのです。

 

もしですが、大人ニキビがおでこにあり、そこに前髪が触れ続けるような方は髪型を変えたり、もしくは髪の毛を後ろで束なる様にすると良いかもしれません。また、入浴時でも髪についた細菌や汚れが落ちる様、しっかりと洗髪したいところです。お湯や水だけではなかなか細菌や汚れは落ちにくいのです。これは意外と女性に多いケースかもしれません。

 

 

おでこを指で擦って細菌やばい菌を付着させている!!

 

 

特に夏場になるとおでこに汗が流れることがよくある事があると思います。そんな時に、無意識におでこをぬぐってしまったりするはずです。かくいう、この記事を書いている私もおでこを良く触ってしまっているので、他人の事は言えませんが・・・。それも、実は大人ニキビがおでこにできて治らない原因の一つではないかと言われているのです。

 

先ほども触れているように、大人ニキビの原因は皮脂が過剰に分される事により、細菌や外部からの汚れが繁殖する事です。そこで、手で何とも触れてしまうという事は、おでこに繁殖した細菌や汚れが余計繁殖しやすくなるという事です。また、同じタオルなどで何度も拭くのも同様です。タオルに繁殖した細菌や汚れをおでこにこすりつけるようなものです。

 

ですから、当たり前の事ですが、おでこをできる限り触らない様にして、なおかつ、タオルやハンカチなども綱に新しいものを使う様に心がけることです。衛生的にすることは本当に大事という事ですね♪

 

シャンプーやリンスが肌に合わず肌荒れしている!!

 

 

シャンプーやリンスというと、おでこには直接関係がいないのではと思う方もいるかもしれません。ですが、実は大きく関係している可能性もあるのです。街中のドラッグストアや薬局などで販売されているシャンプーやリンスは安物であれば、界面活性剤、合成着色料、合成香料、鉱物油、パラベンなどの添加物が配合されているます。

 

添加物を配合したシャンプーやリンスは一見、洗浄力が強く清潔になった様にも思えます。ですが、実際に添加物の強い浸透力が弱った肌の患部に浸透してしまい、余計肌質を悪化させているかもしれないのです。それも、頭皮だけではなく、洗髪した際におでこにまで及んでいる可能性もあるのです。シャンプーやリンスに心当たりがある方は、一度、アミノ酸系の肌に優しいシャンプーを選ぶのも良いでしょう。

 

⇒ オーガニックシャンプー&トリートメント【アスロング】

⇒ 【ノンシリコン全身シャンプー】シンプリッチ

 

 

整髪料などが垂れて患部に入り刺激物となっている!!

 

 

実は整髪料なども注意が必要です。整髪料も街中の薬局やドラッグストアなどには添加物配合が配合されているものがあります。ですが、浸透力が強い代わりに、頭皮などの肌質を悪化させる可能性があるのです。頭皮だけなら良いのですが、夏場などは汗をかくために、おでこなどに成分が垂れるという事も考えられます。すると、おでこの肌質にも影響が出るかもしれません。

 

また、髪の毛に付いた整髪料がおでこの触れてしまう事も考えられます。するとやはり垂れるのと同様におでこの荒れた肌を余計に悪化させる可能性もあります。整髪料なども慎重に選ぶ必要がありますし、垂れたりしない様に正しい使い方を心がける必要があるでしょう。おこでに一見、関係なさそうに感じるので意外と見落としがちになるところです。

 

 

ファンデーションで隠そうとして毛穴を塞いでいる!!

 

 

おでこに大人ニキビができると何かと気になるはずです。他人の目線が気になるので、ファンデーションで隠すという方もいるかもしれません。ですが、ファンデーションを圧にるすると、毛穴はつまりやすくなります。また、鉱物油などの添加物が配合されている場合は、肌に張り付くように毛穴をふさぐために毛穴に溜まり皮脂と混ざり合う可能性もあります。

 

ファンデーションもできる限り自然に薄くし、使用するものもオイルフリーなどの様に成分に拘ったものを選ぶと良いでしょう。ファンデーションならどれも同じという様に考えがちですが、実は肌質に大きく影響しているかもしれません。ファンデーシオン選びもできるだけ慎重に進め、安易に安物に手を出さない様にしたいところです。

 

 

大人ニキビがおでこにできて治らな時こそ生活改善を!?

 

 

基本的に大人ニキビは生活習慣の乱れ(食生活の偏り、睡眠不足、夜更かし、会社のストレス、便秘、生理など)からくるホルモンバランスの乱れが原因の大半を占めると言われています。原因は本当に人それですし、肌質も人それぞれですから、万人に共通して絶対というケア方法はないでしょう。今回の記事の内容もおでこに大人ニキビができる本の一例です。

 

大人ニキビができれしまった時は、先ずは思い当たる生活習慣をできるだけ細かく調べ、自分なりに改善していくべきでしょう。そしてそれでも、なかなか治らない時はニキビ化粧品でケアする事もありだと思います。事実、キビ化粧品で肌質が改善したという方も多くいます。詳しくは以下の記事にニキビ化粧品について触れているので参考にしてください。

 

⇒ 部位別におすすめのニキビ化粧品の紹介はこちらの記事から!!