大人ニキビのスキンケア方法で化粧品選びは重要です!!

 

この記事を見ている方の中にも、大人ニキビができてしまったり、できやすくて困っているという方は多いかと思います。そんな方に私が、聞きたいのは毎日の洗顔や化粧水、そしてファンデーションなどをきちんと選んでいる自信はありますか??という事です。

 

自分の肌質というのは生活していくうちに、何となく自覚も出てくるものです。ですが、その肌をケアする為の化粧品についてはよく分からないという方が意外と多いように感じます。成分を見ても分からないし、なんだか難しすぎてよく分からないからと言って、最終的には「何となく」で選んでいたりするのではないかと思います。

 

中には商品のパッケージの「無添加」、「植物由来」などの謳い文句に飛びついたりしていたり、なんて言事もあるかもしれませんよね。ですが、大人ニキビの場合は特にですが、化粧品は毎日つけるものですからきちんと納得したものを選びたちところです。この記事では、化粧品を選ぶうえで、これだけは知っておいてもらいたいという内容をまとめました。

 

大人ニキビがなかなか治らない、もしくは大人ニキビができやすいという方はぜひ、化粧品選びの参考にして下さい。きっと、今後もずっと役に立つはずなので(^^)/

 

 

 

大人ニキビのスキンケア方法※クレンジング剤選びのコツ※

 

 

ファンデーションを使用した日はクレンジングが必要!!

大人ニキビで悩む方はファンデーションで隠しているという方も多いと思います。ファンデーションを使ってメイクをしている方は、クレンジングと洗顔の、いわゆる「ダブル洗顔」が基本になります。(粉おしろいだけの場合は、クレンジングは必要ありませんが・・・)

 

最近のメイクアップ料は畔屋水に強く、崩れにくくなった分、洗顔だけでは落ちにくくなり、きちんとクレンジングをしなくてはいけなくなりました。

 

メイクアップ用品は早く言えば、肌につけている油性汚れのようなもので、水には馴染みません。その為、メイクアップ料を浮かせるための油分と、水と馴染ませる為の界面活性剤は配合してあるのが「クレンジング剤」です。界面活性剤というと、とても肌に悪いイメージがありますが、メイクアップ料を落とす為には必要不可欠なものです。

 

一言で界面活性剤と言っても、本当に様々な種類があります。ですから、界面活性剤の量や質で、クレンジング剤の良し悪しが決まると言っても過言ではないのです!!

 

最も肌に優しいのはクリームタイプのクレンジング剤!!

クレンジング剤には、クリームやジェル、オイルなど、色々なタイプがあります。しかし、いずれにしてもクレンジング剤は、日々のスキンケアアイテムの中では、最も肌を痛めやすいものです。大人ニキビができているのであれば、尚更です。ですから、なるべく肌に優しい成分を配合したものを選ぶ努力が必要になってくるはずです。

 

色々あるクレンジング剤の中で、比較的肌に優しいと言えるのは、洗い流せるクリームタイプです。乳化したジェルタイプ(透明でなく白い物)でも良いかと思います。肌の刺激の強いタイプから順に並べると・・・

 

油分を多く配合するオイルタイプは肌への刺激が強い

刺激強い 刺激やや強い 刺激やや弱い 刺激弱い
拭き取りタイプ

オイルタイプ

リキッドタイプ

油性ジェルタイプ

クリームタイプ

ミルクタイプ

水生ジェルタイプ

 

クリームタイプ以外のクレンジング剤はどうかという事も触れておきます。最近はオイルタイプのクレンジング剤が主流ですが、これは線助力の強いものが多く、毎日使うと肌を痛めることがあります。脂分を多く含むので、メイクアップ料との馴染みは良いのですが、それを落とすための界面活性剤も多い量が必要になるからです。サラサラとした液状の為肌を擦ってしまいやすいのも欠点です。

 

リキッドタイプのクレンジング剤も同様です。毛穴の汚れを落とそうと、オイルクレンジング剤でマッサージする方がいますが、それでは洗剤で肌をマッサージしているようなものですし、毛穴の汚れは外から擦っても取れません。

 

ミルクタイプは肌に優しいイメージで、最近人気があるようですが、水気が多いため、メイクアップ量との馴染みはよくありません。結果として、落ちにくく、肌を擦って傷めてしまう事もあります。メイクが軽め(粉おしろいだけなど)だけれど、一応クレンジングをしたい時は良いですが、ファンデーションを使った時には、あまりおすすめできません。

 

「時間がない時でも手軽に使える」という理由で人気のシート状や、拭き取るタイプのものは、最も肌を痛めます。拭き取る刺激は、肌にとても悪く、毎日行うと赤ら顔になったり、シミを作ってしまう事もあります。

 

泡タイプで、ワンステップで落とすというものもありますが、手軽な分、肌への負担は増えてしまいます。泡は水を含むため、メイクアップ料との馴染みが悪くなりますが、それを補うために界面活性剤が多く配合されていたりするからです。

 

「値段」や「手軽さ」よりも「質」で選ぶ!!

大人ニキビのケアのためにも、クレンジング剤の選びを総合的に考えてみると、「クリームタイプ」が良いのではと思います。油分も水分も多すぎず、バランスが良いという事になります。中でも適度な硬さのある、上質のクリームタイプのものを選びましょう。値段の安さや簡単さで選んでしまうのはリスクがあります。

 

クレンジング剤が少しでも合っていないと、その後、どんなに良いスキンケアをしても、肌がきれいにならないという事は覚えておきたいところです。

 

【私のおすすめのクレンジング剤】

⇒ 無添加 マイルドクレンジング オイル【トライアルボトル】

⇒ アテニア スキンクリア クレンズ オイル <限定ローズの香り>

⇒ こんにゃくスクラブ配合クレンジング リ・ダーマラボ

 

大人ニキビのスキンケア方法※洗顔料選びのコツ※

 

 

保湿や美白成分は濯ぎですべて流れてしまう!!

大人ニキビができていると、どしても洗顔料も肌に優しいもの方が良いのではと思いがちになります。ですが、洗顔料は肌の汚れをしっかり落とす事を目的に選ぶべきです。最近は、肌に潤いを残す洗顔料とか、美白のようなイメージを謳った洗顔料もよく見かけます。しかし、洗顔料は保湿や美白などの色々な成分を配合していても、結局は濯ぎの時に全て洗い流してしまいます。

 

ですから、洗い流す事になってしまう洗顔料に潤いや美白を求めるのではなく、あくまでも、洗顔料は汚れを落とす事に徹して選ぶべきだと私は思います。

 

また、洗顔料にも色々な形状のものがあり固形石鹸、クリームタイプ、液状などのものがありますが、私のおすすめは固形石鹸です。固形石鹸はしっかりと汚れが落ちて、肌に余分な皮脂なども残りにくいからです。平均的なデータでいうと、しっとり洗顔料の洗顔フォームには約30%の脂分が含まれており、浴用の固形石鹸(昔からある白い石鹸)には5%程度しか含まれていないのです。

 

浴用の固形石鹸がでは洗浄力が強すぎるという方は、洗顔せっけんを選ぶと良いでしょう。洗い上がりの肌を触って、指がキュキュっといくらい、指が落ちているのを確かめるれるのが理想です。

 

余分な成分を含まないものが酸顔料が最適!!

固形石鹸以外にも、色々な洗顔料がありますが、何が違っているかについて触れておきます。固形であるとか、液状だとか、形というものが実は、洗顔料の良し悪しに直接関係ありません。問題は、配合されている成分です。それは(形よりも成分だというのは)単に洗顔料に限ったことではなく、化粧品全般に共通して言えることです。

 

ただし、実際のところ洗顔料に関していうと、多少の傾向はあるようです。例えば、クリームや液状タイプの洗顔料は、肌に優しいイメージで販売されている為、洗浄力が弱い傾向にあります。さらに、保湿として、油分を含むものが多いようです。油分は肌に残って油膜を作ります。

 

その為、洗い上がりのツッパリ感はあまりありませんが、油分は肌にとってありがたいものではありません。あくまで洗顔は、落とす事に徹し、保湿は洗った後にしっかりする方が良いでしょう。

 

また、パウダー状の洗顔料や、始めから泡になって出てくるタイプのもありますが、これらは洗浄力の強いものから弱いものまで様々で、使ってみないと分からない事が多いようです。全く泡立たない洗顔料(多くはミルクタイプ)もありますが、これは、かなり洗浄力が弱くできています。アトピー性皮膚炎持つ一部の方を除いては泡立つ洗顔料の方が良いでしょう。

 

自分の肌が耐えられる範囲の中で、なるべくしっかり落ちるもの。「落とす為」以外の余分な成分を含まないもの。これが、洗顔料を選ぶ時のポイントです。

 

【私のおすすめの洗顔料】

⇒ ニキビケア売上No.1、ニキビ専用洗顔石鹸【NonA.】

⇒  フジフイルムから新発売!ルナメアAC1週間お手入れキット

⇒ プロアクティブプラス<ベーシックセット(薬用)>

 

大人ニキビのスキンケア方法※化粧水選びのコツ※

 

 

肌の乾燥は水を与えるだけでは治まらない!!

大人ニキビの原因の一つが、肌の乾燥からくるバリア機能の低下というのは多くの方が知っているはずです。そこで「肌の健康には水分は欠かせないから、化粧水は一番大事!!」と考えている方がかなり多いように感じます。ですが、ただ単に肌に水を加えても肌に潤う事はありません。つまり、化粧水が、そのまま肌の水分にはならないという事です。

 

私たちの肌の水分を守るために、最も活躍しているのは、角質細胞間脂質、中でもセラミドです。セラミドは年齢とともに減り、それに伴い肌の水分も減っていきます。そこで、セラミドを補うか、もしくはその代用になる保湿成分(ヒアルロン酸など)を補うのが、正しい保湿のスキンケアになります。

 

「肌の潤い=化粧水」と思う方が多いようですが、化粧水に配合されている成分の大半は水です。水の中には、これらの保湿成分はあまり配合できません。つまり、セラミドが減っている肌にいくら化粧水をつけても、時間がたてば蒸発してしまいます。水を与えても、それは単に「濡らしているだけ」で、保湿した事にはならないのです。

 

例えばですが、髪の毛がパサついていた時に、水で濡らしてもまたすぐにパサついた状態に戻ってしまうのも同じ理屈です。ですから、なんでも門田でも化粧水をたっぷりつければ保湿できるというのは間違いです。

 

ただ、なぜかは分かりませんが「化粧水だけは、安物でいいからたっぷりつけろ!!」というのが、日本人の中では常識になっているようで、とにかく化粧水を何度も重ね付けしている方が多いようです。私から言わせると、残念ながら効果がないのではと思えてしまします。また、コットンで何度もパッティングしている方も同様に、逆に肌を痛めてしまう事もあるかもしれません。

 

また、肌が乾燥している時に、大人ニキビで肌が荒れているからと言って、化粧水だけを使用している方もいます。実はですが、これも間違いなのです。化粧水だけでは、さらに肌が乾燥し、悪循環を招きます。あれこれと化粧品をつけたくない時は、美容液かクリームだけを使う様にするべきかと思います。

 

真の保湿とは、水分を維持するための「保湿成分」をしっかりと与えて、肌の保水力を高めることを言います。そして、そして、保湿力を多く含むのは、美容液やクリームです。肌の潤いの為に使うのであれば、必要なのは保湿成分を含んだ美容液やクリームであることを覚えておいた方がよ良いでしょう。

 

効果が高いビタミンC誘導体配合の化粧水が良い!!

では、結局のところ、化粧水は何のためにつけるのかという事です。保湿などの効果はあまりないけれども、何となくみずみずしくなったような、良い気分になるのも確かにあるかもしれません極論を言うと、安物の化粧水であれば、つけても付けなくてもそれほどは肌への影響はないのかもしれません。

 

但し、最近ではビタミンC誘導体を配合した化粧水などが販売されるようになってきました。ビタミンC誘導体は、クリームなどよりも水に配合したほうが、安定性の良い成分なので、化粧水に配合して使うのが最善だと言えます。この様な有効成分を含む化粧水を使うのは、大人ニキビで悩んだ方は特に意味があると言えます。

 

化粧水を選ぶ時は、ビタミンC誘導体(もしくは他の水溶性の美肌成分)を含み、他の成分は色々と含まない、シンプルな化粧水にする事がおすすめです!!

 

【私のおすすめの化粧水】

⇒ バランシングラインお試しセット

⇒ 【シーボディ】「VCスターターセット」

⇒ ノブ ACアクティブトライアルセット

 

大人ニキビのスキンケア方法※美容液選びのコツ※

 

 

そもそもですが、見この記事を見ている皆さんは、美容液が一体どんなものを指すのかご存知でしょうか?通常は、透明もしくは半透明のジェルで、保湿や美白などの有効成分を豊富に含む化粧品の事を指すのです。容器は意外なほど小さめで、値段は高めのものが多いようです。

 

ところが、最近は色々な形の美容液が出回る様になりました。クリームに近いものや、化粧水の様に水っぽいものもあります。メダンもまちまちの様です。「こういうものが美容液」という正確な定義や条件はないので、各メーカーが色々なものを、美容液として売り出しているのです。

 

では、美容液を選ぶ際は、どの様な事に沖したら良いのかという事ですが、先ずは、配合されている成分を確認するのがいでしょう。単なる保湿から、美白、アンチエイジングなど、色々な成分を含むものがあります。美容液というからには、何らかの美容効果を期待しての事と思います。ですから、有効成分についてははっきり確認する事が大事です。

 

そして次に使用感を確認するのが良いでしょう。あまり固すぎたり、べたべたしすぎるものは、刺激が強い事が多いです。増粘剤という、高分子化合物で粘度を付けているのですが、これが多すぎると肌を荒らす事があるからです。サラッとしたジェルタイプを選ぶ方が良いでしょう。

 

美容液は顔全体にたっぷりつける!!

美容液は、大人ニキビなどを防ぐための保湿は勿論、美白やアンチエイジングの働きを持つものも、老化から肌を守るために使う為、顔の一部ではなく、顔全体に塗ります。

 

顔に美容液を塗る時は、化粧水をつける時と同じように、指の腹を使い、優しく肌に馴染ませていきます。例えば、保湿タイプト美白タイプの様に、作用の異なる美容液を2つ以上使う時は、まず最初に保湿の者を塗るのが基本です。後は、水っぽいものから油っぽいものへと塗っていきます。但し、あまり油分の多いものはTゾーンは避け、Uゾーン飲みに使うべきです。

 

美容液は、化粧下地の代わりにもなります。専用の化粧下地は、ファンデ^-ションのツキを良くしたり、肌色を補正するといった目的で、色々な成分が配合されています。その分、肌には負担になる事も多いようです。ファンデーションで肌荒れをしたと思っていると、本当の原因は化粧下地にあったという事もあり得ます。

 

肌の水分量と油分量のバランスが整っていれば、専用の化粧下地を使う必要はありません。保湿線分が配合された美容液を塗るだけで充分です。それでも乾きが気になる時は、保湿成分が配合された乳液または、クリームを上から薄く塗ると良いでしょう。なお、「保湿液」というものを最近見かけますが、これは保湿専用の美輸液の事を指す事が多いようです。

 

【私のおすすめの美容液】

⇒ 全額返金保証で安心の美容液!リポコラージュラメラエッセンス C

⇒ サロン品質のこだわりがぎゅっと詰まった美の滴!ドクターリセラ

⇒ 92%がキレイになった!大人にきび・肌荒れにラ・ミューテ美肌セット

 

大人ニキビのスキンケア方法※乳液選びのコツ※

 

 

「化粧水と乳液」は、「シャンプーとリンス」の様に、かつては必ずせっとで販売されていたものです。「水分の後に、油分で蓋」という、古典的なスキンケア方法が主流だった頃の事です。

 

なぜ、水分の後に油分で蓋をするのが古典的なのかというと、肌の水分は油分で蓋をされているわけではなく、セラミドなどと結合する事によって維持される事が、分かってきたからです。その為、最近では乳液に代わって美容液が使われるようになりました。近い将来、乳液はレトロ化粧品となるかもしれません。

 

但し、やはり使い慣れた感触が手放せないのか、乳液のファンも未だに根強くいるのも事実です。そういう方たちには、セラミドなどの保湿成分配合の乳液をおすすめします。美容液と入営の中間のような、保湿成分をたっぷり含んだ乳液というものは最近は出てきています。「油で蓋」から一歩進んだ、新しいタイプの乳液ならば、使う価値はあるのではと、私は思います。

 

30代までは油が少なめのタイプを選ぶ!!

乳液を使う時に、気を付けなくてはいけないのは、油分を与えすぎる事です。特に、皮脂の分泌量が充分ある30代までは、必要以上に油分を与えすぎないように注意した方が良いでしょう。乳液の中でも油分をあまり多く含まないものを選ぶべきです。特にTゾーンにはつけすぎないよう注意が必要です。

 

乳液をつける時は、化粧水と受ける時と同じように、指の腹を使い、肌に優しくなじませていきます。ちなみに乳液に使用される鉱物油ですが石油を精製して作られるオイルの事です。昔は純度の低いものを使っていた為、肌荒れなどの報告があったようです。ですが、現在の鉱物油は純度も高く生成されたものが主流なので安心という事です。

 

【私のおすすめの乳液】

⇒ モンドセレクション最高金賞受賞【TRINTYLINE】

⇒ 天然ヒト型セラミド シュセラモイストゲル

⇒ ラウディ クリーミィモイストミルク

 

大人ニキビのスキンケア方法※でたらめ化粧品の見分け方※

 

 

私たちが普段、目にする大人ニキビ用のスキンケア商品には「医薬品」、「医薬部外品」、「化粧品」があります。よく商品パッケージに記載されているのを見かけますがこれらの違いを皆さんはご存知でしょうか??実際のところ何となくはわかるけど、正確な意味を把握しているという方はほとんどいないのではと思います。

 

実はこれらは、「医薬品医療機器等法」(旧薬事法)によって以下の様に分類されています。(正式名称は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全子の確保等に関する法律」といい「薬機法」と称される事もあります。)

 

医薬品についての定義

病気などの治療を目的とした製品で、いわゆる薬の事です。厚生労働省によって効果・効能が認められ有効成分が含まれていて、薬局やドラッグストアなどで販売されている一般用医薬品と要指導医薬品、医師・薬剤師の指示で処方される医療用医薬品(薬局医薬品)があります。

 

医薬部外品(薬用)の定義

厚生労働省によって効果・こ脳が認められた有効成分が一定の濃度で配合されている製品です。医薬品と化粧品の中間の存在という事です。ただ、効き目は緩やかで医薬品の様に効果が必ず訪れるというものではなく、効果が期待できるというレベルで、予防が主な目的です。

 

「ニキビを防ぐ」、「美白に効果がある」などを謳う事ができ、いわゆる薬用化粧品も医薬部外品に該当します。ですから、薬用歯磨きや薬用シャンプーなども医薬部外品という事です。ちなみにですが、薬用化粧品は全成分が義務付けられていません。(日本化粧品工業連合会による自主基準はあります。)

 

化粧品の定義

医薬部外品よりさらに効果・効能が緩やかで、清潔にする、美しくする、健やかに保つなどを目的とする製品です。医薬部外品では認められている、「美白に効果がある」などと表記する事はできません。ファンデーションや口紅などの他、石鹸(薬用石鹸は除く)やシャンプーなども化粧品に含まれます。

 

現在の化粧品の成分表示のルールを要約すると以下の様になります。

●原則として、配合されている全成分を表示する

●全ての成分を容器または外箱に表示する

●配合量の多い順に記載する

●1%以下の成分は順不同でも良い

●着色料は(+/-)の記載後の後であれば順不同でも良い

●混合成分になっている原料は、各構成成分を一つずつ分けて記載する

●日本化粧品工業連合会が命名した成分表示名称で記載する

 

 

大人ニキビのスキンケアはやはり「医薬部外品」が良い!?

 

 

薬用化粧品と聞くと、皆さんはどの様なイメージを持つでしょうか?一般的には化粧品より薬に近いイメージがあり、ニキビケアの効果も高そうだと感じるのではないでしょうか。ただ、前述したように、医薬部外品には何が配合されているのか分からないというリスクがあります。ですから、薬用化粧品だから安全というのは少し安易な考えではないかと思います。

 

基本的に化粧品と医薬部外品の違いは、有効成分が配合されているかどうかという事です。有効成分は厚生労働大臣によって効果・効能が認められたものですが、1種類でも少量でも配合されていれば医薬部外品と認められます。140種類の表示指定成分以外の全ての成分を表示しなくても販売できてしまいます。

 

また、有効成分は肌のバリアを壊して肌の奥まで浸透させる必要があります。成分を浸透させ、有効に働いてもらうには、「浸透剤」が配合されていなくてはならないのですが、浸透剤として使用されているのは「合成界面活性剤」です。

 

合成界面活性剤は、強力な洗浄力と浸透力によって皮膚のバリア機能を破壊します。まず、皮脂腺が奪われ、皮脂は水をはじく力を失ってしまいます。お風呂に入った時に肌がお湯を弾くのは、皮脂がしっかりと肌を守っているからです。バリア機能が壊れると、水はコロコロと弾かれずに、ジワっと広がる様になります。

 

さらに、角層にある天然保湿因子であるセラミドも流出するようになり、こうなれば乾燥肌への道まっすぐらです。皮膚の健康を守ってくれている常在菌も、いなくなってしまいます。それほど強力な合成界面活性剤についても、全成分表示の義務がないため、消費者である私たちにも配合されているかどうかは分かりません。

 

この事から分かるのは、医薬部外品というジャンルは、合成界面活性剤を始め、表示が憚れるような成分を配合している場合は、有効成分を加えてしまえば全成分を表示しなくてもよくなるという事です。ですが、この記事を見ている方も、「さすがに、そんな変なものは配合されていないでしょ!?」と思われる事でしょう・・・

 

果たして、本当に本当にそうなのかという事ですが、もしかしたら、効果・効能がある有効成分はほんのごく少量しか配合されていないかもしれません。それは化粧品と違って、医薬部外品は配合成分の記載の順番が自由なので、配合量が分からない為です。しかも効果を出すためには皮膚の内部に有効成分を浸透させないといけません。

 

ですが、浸透剤=合成界面活性剤が入っている事を隠す事も出来ますこれは大きな問題と言ってよいでしょう・・・

 

 

大人ニキビの化粧品が増えた理由※薬事法改正が関係※

 

 

この10年ほどの傾向ですが、化粧品メーカーが急激に増えたと思わないでしょうか?元々は、化粧品メーカーではない企業が、例えばフイルムメーカー、酒造メーカー、食品メーカーなどが大人ニキビなどのケア商品を販売し始めるようになってきています。こうした新規参入のメーカーが急激に増えたのは2001年の薬事法改正が理由だと言われています。

 

薬事法が改正されたことで、化粧品の原材料を使用する際の細かいルールが緩くなり、新しい原材料が使用しやすくなったからです。要は、本当にスキンケアを専門にしているメーカー以外でも気軽に大人ニキビ用の化粧品が販売できるようになったという事です。

 

日本化粧品工場連合会の正会員企業数は、法改正前は700社程度でしたが、2001年以降に急激に増え、2018年(私がこの記事を書いている時点)では、1000社を超えているのです。更に言うと海外からも色々な化粧品が輸入されるようにもなりました。やはり、化粧品の利益率の高さは他業種のメーカーから見ても魅力的という事でしょう・・・

 

私もありがちな事なのであまり人の事は言えないのですが、値段の高いクリームや美容液を見ると「これなら大人ニキビも改善して効果がありそう!!」なんて言う先入観の陥りがちになります。また、実際にそのような商品はよく売れている傾向にあります。

 

ですが、メーカーによりますが利益率を高くするために原材料費をダウンさせているメーカーも中にはあるようです。品質ではなく、大々的な広告宣伝費や設備費だったりもする事もあるという事です。私たちが品質が良いから高い値段だと思っていたものが、実は全く見当違いのもだという事もあり得るのです!!

 

ですから、結論を言うと大人ニキビ用の化粧品に限ったことではないのですが、値段やパッケージに惑わされず、本当に自分の肌に合う化粧品が何か、しっかりと見極めてもらえればと思います。もし、どうしても自分では分からないという方は、この記事で紹介されている化粧品は、品質的にもおすすめなので参考にしてもらえればと思います(^^)/