大人ニキビを早く治すのにはピーリング石鹸がおすすめ!!

 

 

大人ニキビができて悩んでいて、なんとな治したい、それも、少しでも早く治したいと考えている方は多いのではないかと思います。極論を言うと大人ニキビを最短で治す方法は「美容皮膚科」に通う事だと思います。やはり肌の専門家で治療してもらうのが最善という事は間違いがないと、私も思うのです。

 

ですが、やはり美容皮膚科というのは、それなりの費用がかかりますし、それに時間的な余裕も必要になってきます。すると、どうしても美容皮膚科は難しいという方も出てきてしまうものです。そこで、この記事では自宅で気軽にできる大人ニキビのセルフケアとして「ピーリング石鹸」についてまとめてみました。

 

なぜ、大人ニキビにピーリング石鹸がおすすめなのか、そして、どの様なピーリング石鹸を使えばよいかを詳しくまとめてみました。大人ニキビでセルフケアで早く治したいという方は、ぜひ参考にして下さい(^^)/

 

 

 

そもそもピーリングとは、いったい何なのか!?

 

 

先ずですが、この記事を見ている方の中にも「ピーリング」というものが何なのかよく分からないという方もいると思うので、簡単に説明しておきます。そもそもですが、ピーリングというのは、日本語で「化学的剥皮」と言います。もっとわかりやすく言うと、人工的に肌のは和を剥がして肌質改善ると事を指します。

 

ピーリングと聞くと最新の使用法と思われがちですが、実はピーリングの歴史は深く、歴史をさかのぼると古代のヨーロッパでは、すでにピーリングの原理を用いた治療が行われていたそうです。当時はゴマージュ(スクラブともいう)を利用していました。クルミの殻やヒマワリの種を砕いたもので肌を擦っていたそうです。

 

また、日本の温泉で肌がスベスベになるのも、実は一種のピーリング効果という事です。温泉の成分がアルカリなので、肌の古くなった角質を溶かして剥き、新しい皮膚を作る作用が働くからです。ですから、私たちの生活にも少なからずピーリングというのは関係しているのです。意外ですよね(笑)

 

こう考えるとピーリングは、特に新しい美容法という訳でもないのですが、どうして大人ニキビの改善に効果を発揮するのか以下に詳しくまとめておきます(^^)/

 

 

大人ニキビを早く治すにはターンオーバーを促す事が大切!!

 

 

そもそもですが、この記事を見ている皆さんは、自分の肌がどのようにして生成されているのかをご存知でしょうか?人間の肌細胞というのは、先ず肌内部の深層部で生成さえます。そして、その生成された肌細胞は時間をかけて肌表面へと押し出されます。そして、肌表面に押し出されると皆さんが今触れている肌になるのです。

 

更に、時間が経過すると肌は劣化して垢となり剥がれ落ちます。この様に肌細胞が生成され、肌表面で劣化して剥がれ落ちるまでの過程をターンオーバー(肌の代謝)と呼びます。

 

また、ターンオーバーというのは、年齢や体の部によって周期は変化します。20代の若い女性のターンオーバー周期は最低でも28日以上はかかると言われていますが、40代の女性になると40日以上はかかるとも言われています。(勿論個人差があるので、必ずとは言えませんが。)

 

そして、大人ニキビになった方は、ターンーバーの働きが悪くなり、肌が角化している可能性が高いのです。ですから、余計に肌質が改善しずらく、大人ニキビが治りにくくなっているのです。それを人工的に起こして大人ニキビの改善を促すのがピーリングの目的です。更に、ピーリングは真皮のコラーゲンを増やす作用などがある事も最新の研究で分かってきているのです・

 

 

大人ニキビを早く治したい方にはピーリング石鹸がおすすめ!!

 

 

古い角質を剥がして毛穴の汚れを予防する!!

大人ニキビを作らない様に、日々の洗顔&保湿のお手入れをしっかりとしていても、それでも大人ニキビができてしまうものです。そして、また自然に治る時もあるのですが、いったいそれはなぜか不思議なところです。

 

例えば、生理前はホルモンバランスの変化によって、ホルモンバランスの変化がしやすいという事は良く知られたところです。これは黄体ホルモンが皮脂分泌を増やしたり、男性ホルモンがニキビの初期症状である毛穴の周りの角化(角質が固くなり、出口を塞ぐこと)を起こす為です。

 

また、生活が不規則なる事によるターンオーバーの乱れや、肌の乾燥も肌の角化を促すと言われています。そこで、注目されるのがピーリングによるターンオーバーの促進という事です。ただ、何の美容の知識もないのにどうやっていう方もいるとは思います。実はそんな方でも、自宅で気軽にピーリングができるのです。

 

自宅で気軽にピーリングを行う、一般的にそれを「ホームピーリング」と呼ばれていますが、その代表的なのがピーリング石鹸という事です。ピーリング石鹸は普通の石鹸と何が違うかというと・・・

 

AHAなどが配合されたピーリング石鹸がおすすめ!

美容皮膚科など専門家が行うピーリングが良く知られていますが、さすがに美容皮膚科は敷居が高いという方もいるとは思います。そんな方におすすめなのが家庭で行う「ホームピーリング」です。それにはまず、AHAなど専門の薬剤が配合された化粧品を手に入れる事です。

 

【AHAとは】
体表的なピーリング剤です。グリコール酸、乳酸、フルーツ酸などがこれに当たります。石鹸、パック、ふきとり化粧水、美容液など、色々な化粧品に配合されていますが最も手軽なものは石鹸タイプです。拭き取りタイプの化粧品はやや刺激が強いです。週に1~2度の使用から開始し、慣れてきたら回数を増やすと良いでしょう。

 

気軽に購入できる化粧品は、は専門家が行うピーリングより配合されているAHAなど専用の薬剤濃度が低く、私たちでも安心して使用ができるでしょう。但し、塗った跡に拭き取るタイプのもの(化粧水など)にすると、放置時間や拭き取り方法次第では、肌が赤くなることも稀にあるようです。

 

そこで最も気軽に使用できるのはとなると、間違いなく私のおすすめは石鹸タイプです。石鹸タイプなら、肌についたピーリング剤を、古い角質と一緒に洗い流す事ができるので、肌へ刺激が比較的少なくてすみます。肌が強い方なら、ニキビができやすい時期だけに、ピーリング効果のある石鹸を毎日使っても良いでしょう。

 

肌が弱い方は週に1~2回程度から回数を増やしていくのも良いでしょうし、万が一、使っていて肌が赤くなったり、ヒリヒリと痛みがある場合には、直ぐに使用を辞めるのも賢明でしょう。

 

ピーリング石鹸を使用した後は、角質が一時的に薄くなる為、肌がデリケートになります。ですから、アフターケアで塗る化粧水やクリームなどは敏感肌用がおすすめです。ピーリング石鹸を使用したとに、殺菌成分が強いニキビ薬などは狙撃が強くかえって逆効果になる可能性もあるので使用は控えるべきです。

 

また、紫外線の影響も受けやすくなるので、外出する時はパウダーファンデーションを塗って、紫外線から肌を守る事がおすすめです。ちなみにピーリング石鹸はどの様なものがおすすめかは以下に記載しておくので参考にして下さい(^^)/

 

 

大人ニキビを早く治すのにおすすめのピーリング石鹸は!!

 

私も早速ですが、大人ニキビケアに効果が期待できるピーリング石鹸はないかと色々探してみました。私としてもこれは良いなともうのは以下の二つの石鹸です。それぞれ特徴があるので、ぜひ参考にして下さい(^^)/

 

スキンピールバー【ドクターが認めるサンソリットの石鹸】

 

>>スキンピールバーの公式サイトはこちら<<

 

【スキンピールバーの全成分(ティートゥリーの場合)】
TEA、ステアリン酸、水酸化Na、ラウリン酸、ミリスチン酸、水、ココアンホジ酢酸2Na、グリコール酸、ティーツリー油、グリセリン、パルミチン酸レチノール、エチドロン酸4Na、赤225、赤213

 

サンソリットのピーリング石鹸「スキンピールバー」は、誕生から販売実績は500万個突破しています。肌表面をなめらかにするAHA(グリコール酸)の力を生かした、ピーリング作用を持つ固形石鹸です。洗顔をするだけで続けられる、簡単ピーリングでつるつる美肌へと導きます。肌の生まれ変わり「ターンオーバー」をサポートします。

 

 

●AHAマイルド ・・・ グリコール酸0.6%配合。ピーリングビギナーの方におすすめです。

●AHA ・・・ グリコール酸1.0%配合。ピーリングに慣れてきたお肌におすすめです。

●ティトゥリー ・・・ グリコール酸2.0%に加え、ニキビに有効なティートゥリーを配合。

●ハイドロノール ・・・ AHA・BHAに加え、シミ・くすみに働きかけるハイドロキノンを配合。

 

この様、4種類の石鹸が用意されています。当然ながら大人ニキビで悩む方も多く愛用しています。どの石鹸が自分の肌に合っているかは、以下の公式サイトから確認できると思います。それに、以下のサイトにはお買い得なお試しセットがあるので、興味がある方は購入してみるのも良いでしょう。

 

⇒ スキンピールバーの公式サイトを確認したい時はこちらから!!

 

 

プライスソープHQ【ハイドロキノン配合の石鹸】

 

>>プライスソープHQの公式サイトはこちら<<

 

【エクセレントメディカルの全成分】
カリ含有石ケン素地、水、TEA、ステアリン酸、ミリスチン酸、スクロース、グリセリン、パルミチン酸、エタノール、ラウリン酸、水酸化Na、ソルビトール、トレハロース、BG、ハイドロキノン、グリコール酸、炭、グリコシルトレハロース、ラウラミノプロピオン酸Na、PG、デシルグルコシド、加水分解水添デンプン、HEDTA-3Na、EDTA-2Na、ポリクオタニウム-64、ポリクオタニウム-10、エチドロン酸、セタルコニウムクロリド

 

シミ取り成分として知名度の高いハイドロキノンと肌のターンオーバーを促すグリコール酸が配合された洗顔石鹸です。大名町スキンクリニック(美容皮膚科)の院長も推薦する確かな実力のある石鹸です。ドクターズコスメは、まだまだ認知度が低いですが、 市販のものに比べ、有効成分の配合濃度が高いです。シミ取り成分として定評あるハイドロキノンや、グリコール酸を最適に配合しています。

 

大名町スキンクリニックの看護婦さんが自分でも使う程の石鹸です。私としても知名度はまだまだですが、これは使ってみる価値はある石鹸だと思います。やはり、医師が直接研修した石鹸ですから、大手化粧品マーカーの大量生産型との違いは明らかではないかと思うのです。

 

⇒ プライスソープHQの公式サイトを確認したいときはこちらから!!

 

 

ピーリング石鹸の成分について※種類と特徴まとめ※

 

ピーリング石鹸に配合される成分について

では、ピーリング石鹸は一般の石鹸と何が違うのかという事も気になるところです。そこでですが、ピーリング石鹸に配合されている成分の中で、ピーリング効果が期待できる成分をピックアップしてみました。

 

【AHA(アルファヒドロキシ酸)】

リング酸、クエン酸、乳酸、グリコール酸、TCA(トリクロロ酢酸)などはみなAHAの部類で、水溶性の酸です。なお、フルーツ酸という言葉も使われますが、これはリンゴ酸やクエン酸などの総称で、果物にもこれらの酸が含まれています。このため、こう呼ぼれるもので、「フルーツ酸」という酸はありません。TCAは作用がかなり強めです(一般の方が扱うのは困難でしょう。)

 

【BHA(ベータヒドロキシ酸)】

サリチル酸がこれに当たります。油性のもので、皮脂の詰まった毛穴にも馴染みがよく、ニキビ治療や毛穴の引き締めに用いるのに適しています。また、BHAでピーリングを行うと、AHAで行った場合よりも施術後に皮が捲れたり、肌が荒れしたりしにくいというメリットがあります。従来日本のピーリング治療はAHA主流でしたが、最近はBHAに移行しつつあります。

 

ピーリング石鹸の成分によって効果は違うの!?

酸によっての強さは、分子量や電離度などによって違ってきています。AHAのなかでいうと、リンゴ酸、クエン酸はかなり弱めです。その上が乳酸、さらに上がTCAとなります。但し、グリコール酸やTCAでも濃度が低ければ勿論、作用は弱くなります。

 

よく、天然のフルーツ酸などと謳ったピーリング剤が売られていますが、天然だから肌に優しいという事はありません。天然であろうと人口であろうと、酸の濃度が高ければ作用も強くなる訳です。天然100%の地酒でも合成のエチルアルコールでも、度数が高ければ酔っぱらうのと同じです。

 

また、ピーリングの場合は、優しいものの方が良いとも言えません。それなりの効果を求めるならば、それなりの強さの酸が必要です。例えば、パーマ液でも、薄くて弱いものを使えば髪が傷まなくて優しいのかもしれませんが、その分、パーマもきちんとかかりませんね。弱ければ良いというものではないのです。

 

 

大人ニキビは早く治したくてもピーリングし過ぎには注意!!

 

 

ピーリングをし過ぎると、どんな症状が起きるか!?

 

【皮脂の角質層が薄く敏感になる

ピーリングをする事では肌がツヤツヤになるのは本当にうれしいものです。ですから、美容意識の高い方は、ついつい必要以上にピーリングを行いがちになりがちです。ですが、特に敏感肌や乾燥肌の方は元々肌が弱いので肌の角質層を削り過ぎると、逆効果になりかねません。

大人ニキビがある場合に、余計な刺激を与えと炎症部が悪化する事も考えられます。そうなると、肌の刺激に対して敏感になり過ぎないよう適切な頻度でピーリングを行う事が大事です。

 

【肌のバリア機能が低下してしまう】

古くなり不要となったった角質層を問い除くのであれば、ターンオーバーを促進しメリットもあるでしょう。ですが、本来肌に必要な角質層まで取り除いてしまうと、肌のバリア機能が低下してしまいます。すると、外部からの細菌や汚染物質により、肌の荒れの原因にもなる事も十分に考えられます。

大人ニキビができている場合は、毛穴にニキビの菌が繁殖している状態ですから、肌のバリア機能が弱ければ、ニキビの炎症が悪化する事になるはずです。

 

【紫外線の影響を受けやすくなる】

紫外線対策というと夏場に行うものと考える方も多いようですが、肌ケアの観点から考えると、実は年間通して行うのが基本になります。ピーリング直後の肌というのは、角質層が薄くなり外部からの刺激に弱くなっている状態です。ですから、紫外線の影響も受けやすくなっています。

紫外線を受け続けると、肌内部でメラニンが生成され、ニキビができた部分などはシミなどの跡にななりやすくなってしまいます。ですから、ピーリング直後はなるべく紫外線に当たらない様工夫が必要になってきます。

 

【肌の乾燥でシミ・シワの原因にも】

適度なピーリングであれば肌は新しくなり肌質改善ができます。ですが、極端なピーリングを行うと、肌の角質層が薄くなるので、肌の乾燥などにつながる事もあります。そして、必要以上に角質を生成する機能が働き、余計に角質が厚くなってしまう事があります。

角質が余計厚くなると、毛穴の出口がふさがりがちになり皮脂がや古い角質のが毛穴の中で詰まってしまう事になります。そして、ニキビ菌がそこで繁殖してしまう事になるのです。

 

 

ピーリング石鹸の使用頻度は、どれくらいが適正か!?

結局のところ、ピーリング石鹸の使用頻度はどれくらいが適正なのかという事もまとめておきます。肌質というのは人それぞれですから一概には言えないのですが、基本的にごく普通の肌の方であれば毎日でも問題はないでしょう。ですが、敏感肌や乾燥肌など肌が弱いという方は週に2~3回程度にした方が良いでしょう。

 

また、中には生理時の肌が荒れる時期のみ毎日使用するという方もいる様です。最終的には自分で使ってみて、どれくらいの使用頻度が自分にとって最善なのか試してみるしかないのかもしれません。

 

もしですが、ピーリング石鹸の使用頻度が分からないという方は、週に2~3回程度の使用頻度で始め、徐々にその回数を増やしていけばよいのではと思います。そのまま、毎日酢漬けても問題ないのであればそのまま継続し、万が一、問題があれば使用頻度を減らすか、一旦、使用を辞めてみるというのもありかもしれません。

 

 

ピーリング石鹸使用後は敏感肌用化粧品がおすすめ!!

 

次にまとめておきたいのはピーリング石鹸を使用後の肌のケア方法です。ピーリングというのは肌の角質を人工的に剥く事ですから、一時的とはいえ角質が薄くなる状態ができます。それでも元々肌が強いという方なら大丈夫ですが、肌が弱い問う方はこの状態の肌ケアは慎重に行いたいと事です。

 

ですから、ピーリング石鹸使用後の肌ケア、特に大人ニキビのケアは、予め敏感肌用のものを使うのが良いでしょう。以下には敏感肌用のニキビケア商品を紹介しておきます。上記のピーリング石鹸と併せて確認しておくと良いでしょう(^^)/

 

ノブACアクティブトライアルセット【常盤薬品工業】

 

 

⇒ 常盤薬品工業のノブACアクティブトライアルキットを確認したい時はこちら!!

 

大人のための「攻める」にきび肌ケア「ノブ ACアクティブシリーズ」は敏感肌の方でもニキビケアができる人気シリーズです。販売累計は500万個という実績もあります。臨床皮膚科医学に基いて考えられたノブ ACアクティブシリーズは、にきびの原因にしっかり対処しながら、美白・キメ・毛穴の黒ずみ・肌の凹凸などの美肌ケアもできる、大人のためのにきび肌ケアシリーズです。

 

◆ノブACアクティブの特徴◆
1、マイルドピーリング効果※で毛穴の汚れもスッキリ!
2、簡単4ステップで、☆ニキビ肌のお手入れ☆ニキビ予防☆保湿☆美白が可能
3、@cosmeクチコミランキング トライアル部門で1位
※肌表面の古い角質を洗い流す。(ウォッシングフォーム)

 

⇒ 常盤薬品工業のノブACアクティブトライアルキットを確認したい時はこちら!!

 

 

つつむ トライアルセット【ディセンシア】

 

 

⇒ ディセンシアのつつむトライアルセットを確認したい時はこちら!!

 

「つつむ」はポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「ディセンシア」が提供するベーシックケアシリーズです。ポーラ研究所の敏感肌研究から開発された特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」は、2007年のディセンシア創業のきっかけとなった技術です。“まもって” “うるおす”をコンセプトに、肌にとって本当に必要な成分を選び抜き、敏感肌を外部からの刺激に負けない肌へと導きます。

 

【『ヴァイタサイクルヴェール』のヒミツ1】ディセンシアだけの角層を“つつみこむ”という技術
ベントナイトと呼ばれる非常に薄い板状粉体を採用し処方化した肌のラッピング機能。
乱れた角層に代わって、肌をほこりや花粉などの外部刺激から守ります。

 

【『ヴァイタサイクルヴェール』のヒミツ2】角層内部の水分保持能力をサポート
敏感肌に不足しがちなうるおい成分「セラミド」をナノサイズで配合!
肌の奥まで浸透し、毎日うるおう肌へと導きます。

 

⇒ ディセンシアのつつむトライアルセットを確認したい時はこちら!!

 

 

ピーリング石鹸使用後は紫外線対策も大事です!!

 

 

紫外線対策を怠ると肌トラブルの原因

近年になり紫外線対策も強く叫ばれる様になり、紫外線を意識していない方はほとんどいないのではないかと思います。ましてや、ピーリング石鹸を使う場合は、角質が薄くなるために尚更紫外線対策は重要になってくると言われています。ピーリングをしっかりしても、紫外線対策を怠れば大人ニキビが悪化したり、最悪、シミなどになりかねません。

 

そこで、よくありがちなのが「日焼け止め」をぬっていればという過信です。「SPF値の高い日焼けをぬっていれば安心」と思っている方が多い様ですが、それが実は落とし穴だったりもします・・・

 

日焼け止め下地や日焼け止め乳液を朝一度塗ったくらいでは、紫外線対策をしたうちには入りません。塗る量がバラバラだったり、汗で流れてしまう方もいることでしょう。肌トラブルの中でも紫外線対策ができていないのが原因という事も多くあります。ですから、ピーリング石鹸を使うのであれば、尚更、紫外線対策は気を付けるべきです。

 

ピーリング石鹸使用後はパウダーファンデーション!!

日焼け止めだけに頼らず、日焼けを防ぐにはどうしたら良いのかといういう事もまとめておきます。私としてはピーリング石鹸などを使用した後はパウダーファンデーションで紫外線対策をするのが良いのではと思います。殆どのファンデーションはタルクや酸化チタンなどを含み、これらは一種の紫外線散乱剤です。

 

普通のパウダーファンデーションは、むらなく塗ればSPF20程度、つまり日常生活に十分な日焼け防止効果を発揮します。リキッドやクリームタイプのだんでーションでもある程度は紫外線カットになりますが、パウダーファンデーションに比べると顔料の密度が低いため、効果は下がります。

 

総合的に考えると、ピーリング石鹸を使用するのであれば、その後の紫外線対策はパウダーファンデーションを使用するのが良いのではと思います。洗顔後、保湿美容液をぬった後に、パウダーファンデーションを塗るのが良いでしょう!!

 

ミネラルファンデスターターキットM【ETVOS(エトヴォス)】

 

 

⇒ ETVOS(エトヴォス)のミネラルファンデスターターキットMを確認したい時はこちら!!

 

毛穴カバーOK!ミネラルファンデで肌をいたわりながら美肌メイク、マットスムースミネラルファンデ+下地+ブラシがセットになった「スターターキット」 です。マットスムースミネラルファンデーションは、なめらかなセミマット肌へ仕上げる新感覚ファンデーションです。 気になる毛穴やシミ、小じわのカバー力に優れています。 高保湿、高密着で、透明感のある素肌美が続きます。

 

ナチュラル成分で、ピーリンゴグ後の敏感な肌でも安心して使える上、SPF30PA++で、日常の紫外線対策もでき、日焼け止め専用のクレンジングも必要ないという事です。特殊コーティングしたパウダーでも肌の乾燥も防ぐので大人ニキビの方にも、かなりおすすめではないかと思います(^^)/

 

⇒ ETVOS(エトヴォス)のミネラルファンデスターターキットMを確認したい時はこちら!!

 

 

ピーリング石鹸など「ホームピーリング」が注目される理由

 

 

この記事では大人ニキビは少しでも早く治したいのであればピーリング石鹸、つまり「ホームピーリング」がおすすめという事についてまとめてきました。ですが、なぜここまでホームピーリングがここまで注目されるようになったのかは、効果だけでもない様に思います。勿論、ピーリング石鹸の効果が期待できるのは言うまでもない事ですが・・・

 

例えばですが、美容外科でもニキビ治療の一環としてピーリングは行われます。費用は1回1万円前後からで、2~4週間おきに合計5~10回程度の必要になってくるのが一般的です、ピーリング治療の流をすべて終えるのに合計で30分くらいです。通常は当日、もしくは翌日からメイク可能という事です。

 

この内容から見ても分かるように、美容皮膚科でピーリング治療を受けるには、それなりに費用がかかります。ですから、美容皮膚科でピーリングをしたくても受けれない方が殆どだと思うのです。だからこそ、ピーリング石鹸などによる「ホームピーリング」が注目されるのではないかと思うのです。