プラセンタがサプリメントや化粧品に配合される理由とは!?

 

 

近年は美容の分野に数多くのメーカーが参入してくるようになりました。そして、化粧品だけでなく美容に関するサプリメントも販売される様になりました。メーカーもこぞって「〇〇成分配合」などと謳った商品を競う様に販売しています。そして、その中でも特に「プラセンタ」という言葉は特に耳にする成分ではないかと思います。

 

確かにプラセンタと聞くと肌のハリやツヤに良さそうというイメージがしますが、では、いったいプラセンタがどの様な原料からできていて、私たちの体にどの様な効果が期待できるのか、詳しく知っている方は意外と少ないのではと思います。もしですが、この記事を見ているあなたもプラセンタが何なのか、イマイチ分からないというのであれば、以下の内容はぜひ参考にして下さい(^^)/

 

 

 

プラセンタとは、いったい!?

 

 

先ずは、プラセンタが何なのかという事から説明しておきます。プラセンタとは、ずばり”胎盤”のことです。あまり知られていませんが、人間を除く全てのほ乳動物は出産すると本能的に自分の胎盤を食べてしまうそうです。これは他の捕食動物に見つからない為という説もありますが、それ以外に胎盤には自然治癒力を回復させる優れた効果があると説も有力視されているのです。

 

この事から胎盤には、出産により低下した体力を速やかに回復させ、ホルモン分泌促進成分を摂ることで乳腺を刺激して乳汁分泌をさせるという効果が証明されています。つまりですが、胎盤と言うのは生命の源となる力が凝縮された栄養素そのものというくらい道の力を宿しているのです!!

 

ちなみにですが、プラセンタですが禁煙その成分が発見されたのかと思いきや、実はその成分はかなり古いのです。実はプラセンタの歴史は“2000年以上前から愛用されているのです。プラセンタはもともと漢方の世界では「紫河車(シカシャ)」と呼ばれています。中国の皇帝たちに珍重されてきました。

 

作用も穏やかなことから、カラダの弱い女性やお年寄りの疲労回復や体力の増強、虚弱体質の改善、さらに不妊症の改善など昔から幅広く使われてきという事です。昔の人たちも、胎盤に秘められた生命の力を知っていたのですね(^^♪

 

 

プラセンタの効果・効能について!!

 

 

上記の様に、昔から漢方の世界では有名だったプラセンタですが、現代では研究が進み、色々な分野で応用されるようになってきました。医療機関で処方されるプラセンタ注射は肝疾患や更年期障害、乳汁分泌不全などに効果が期待できるとされています。プラセンタ注射は保険適用になっています。

 

さらに、抗炎症作用、抗ストレス作用、基礎代謝向上作用、内分泌調整作用、自律神経調整作用、免疫賦活・調整作用、強肝・解毒作用などさまざまな効果がある事も分かってきました。そして今一番注目されているのが、プラセンタの「美肌作用」です。その為に、化粧品やサプリメントが出回る現代でプラセンタという言葉がこれほど浸透したという事です。

 

プラセンタを摂取する事で以下のような効果・効能が期待できます。もしですが、この記事を読んでいるあなたがプラセンタについてよく分からないというのであれば、以下の内容はぜひ覚えておいてください(^^)/

 

血行促進作用により肌へ栄養を行きわたらせる!!

肌の栄養というのは、摂取した栄養素が体の中に浸透し、毛細血管を伝わり肌に届けられます。ですから、血行が悪くなるというのは肌の調子が悪くなるのと関係があるという事です。プラセンタは血行を促進する効果が期待できます。その為、肌の細胞一つひとつにまで栄養を届け、肌のターンオーバーを促し、美肌効果があるのです。

さらに、肌の老廃物を押し流すのも重要な役目です。血行が悪くなると肌に老廃物が溜まりやすくなり、シミやくすみ、クマなどの原因になります。プラセンタは血行を促すことで、これらのトラブルを改善します。

 

2)抗酸化作用により肌のシミやシワを防ぐ!!

活性酵素とは何かというと、酸化する事で劣化するという事です。分かりにくいのであれば、タイヤなどのゴムが空気に触れた状態で放置するとだんだんと劣化して弾力がなくなりボロボロになると思います。これが肌でも同じように起きています。これこそ活性酵素なのです。そして、これを食い止める働きが抗酸化作用という事です。

紫外線など外的刺激にさらされることの多い顔まわりの肌は、カラダの中でも特に活性酸素による老化ダメージを受けやすい部位です。肌への影響としては、シミの原因となったり、ハリ・弾力を支えるコラーゲンへダメージを与え、シワやたるみの原因になることが知られています。

プラセンタは、抗酸化作用により、肌のハリ・弾力を支えるコラーゲンのダメージを抑制し、さらにシミの原因になるメラニンの発生を抑えることで、肌を老化ダメージから守ります。

 

3)線維芽細胞増殖作用により体の内部からの美肌効果!!

「線維芽細胞」をご存知でしょうか。実は美しい肌を手に入れる上で欠かせない細胞で、この細胞が「美肌の鍵」を握っていると言っても過言ではありません。線維芽細胞は肌の真皮層にあり、肌の弾力やハリを作り出す「コラーゲン」や「エラスチン」、肌の水分を保ち潤いを作り出します。

「ヒアルロン酸」などの美肌成分を産み出している、とても重要な細胞です。しかしながら悲しいことに、加齢や活性酸素の影響により、線維芽細胞の自己増殖能力は20歳後半から低下し始め、30代ではその低下に拍車がかかると言われています。まさに、年齢の下降曲線と同じです。

実は、肌の真皮層にある「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸」は、外から化粧品などで補うことはできません。そこでプラセンタの登場です。プラセンタには線維芽細胞の増殖を促す働きがあり、美肌成分の生成を助け、内側からハリと潤いが溢れ出る肌をサポートします。

 

 

おすすめはスーパープレミアムプラセンタ「キレイ・デ・プラセンタ」!!

 

>>キレイ・デ・プラセンタの公式サイトはこちら<<

 

先ほども触れたように、プラセンタには美肌効果が期待できます。ですが、プラセンタにも色々な種類があり、どれが良いのかという事で悩む方もいるのではないかと思います。そんな方に、私のおすすめのプラセンタを載せておきます。それが上記の画像のスーパープレミアムプラセンタ「キレイ・デ・プラセンタ」です。

 

「スーパープレミアムプラセンタ」=発酵プラセンタ+臍帯エキス+羊膜エキス

 

胎盤・臍帯・羊膜は赤ちゃんを育てるために最も重要で欠かせないものと言われており、臍帯エキスは天然のヒアルロン酸とも言われるほど、美容保湿成分がぎっしりと詰まっています。さらに、プラセンタへ羊膜エキスを配合したのは株式会社ウエルネス・ラボのプラセンタが“世界初”という事です。

医療分野でも注目されている「羊膜エキス」は“GDF-11”「最強若見え成分」とも言われるほどの最強成分。さらに羊膜エキスにはGDF-11に加えEGF、FGF、KGF、HGFの有用成分が含まれておりエイジングケアに期待ができる注目成分です。

発酵プラセンタは北海道産馬プラセンタを発酵させ熟成させることで有用成分や吸収率が1.7倍もUPしています。さらに臍帯エキスと羊膜エキスを配合することで発酵プラセンタと合わせるとEGF2530%UP、FGF1030%UPしています。

 

純度100%のピュアプラセンタ原末のみ配合。馬プラセンタのサプリメントとしてはトップクラスの含有量を誇る、1カプセルの中にぎっしり220mgも詰め込まれています。また徹底的な管理のもとで育てられた北海道サラブレット由来の100%プラセンタなのでトレーサビリティも万全、品質面でも安心安全です。

 

カプセルにもこだわり、女性に優しい小粒の3号カプセルにプラセンタ・臍帯エキス・羊膜エキスをたっぷり220mg配合されています。弊社は希釈していない高濃度のプラセンタを使用しています。その為プラセンタの独特のニオイを気にせず飲めるようにカプセルにニオイを漏らさないようにバンドシール加工をしており、飲みやすい工夫を施されています。

 

さらにカプセルは安心の植物素材HPMCを採用しており、プラセンタの原料だけでなくカプセルの原料にもこだわり、カラメル色素もアレルゲンフリーで安全なカラメルが採用されています。さらに工場にもこだわり国内生産で取得が厳しいと言われているGMP工場で生産されているので品質面でも安心です。

 

 

 

スポンサーリンク