生理前のニキビでおでこのが酷いことに!!どうしよう?

 

生理前になると、色々と体調が変化するものです。その症状は個人差もあり様々ですが、中でも目に見えて分かるのがニキビです。生理前になると、いきなりニキビができるという方もいるはずです。そして、今までのスキンケアでは肌荒れしてしまう事もあると思います。特におでこにできると目立つし、気になる事も・・・

 

そこで、生理前の体調変化の現認と、少しでも軽減するための予防対策の方法を調べてみました。生理前にニキビができやすいという方は、ぜひ以下の内容を参考にして下さい(^^)/

 

 

生理前ニキビには女性ホルモンが関係している!!

 

女性ホルモンが女性の肌や健康に大きく関係している事が最近知られるようになってきました。ホルモンの仕組みは一見複雑なようですが、皆さんがニキビの改善に知っておくことはいたってシンプルです。2つの女性ホルモンの作用さえわかれば、自分の肌や体の変化がもっとわかりやすくなります。

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)を合わせて、女性ホルモンと呼んでいます。簡単にいうとエストロゲンは女性らしさを作る作用、プロゲステロンは妊娠を維持する作用を持ちます。それぞれの働きをもう少し詳しく見ていくと以下の様になります。

 

【エストロゲン(卵胞ホルモン)】

エストロゲンの特性は、子供から大人に分かる時、つまり思春期の時に女性らしい体を作ります。肌の潤いを増し、コラーゲンを増やして肌に張りを出します。また、肌を白くする働きや、髪を豊かにする働きもあります。乳腺を発達させて胸を豊かにする働きや、適度に脂肪のついた丸みのある体を作ります。卵胞を成熟させ、子宮内膜を厚くします。

 

【プロゲステロン(黄体ホルモン)】

妊娠した時に威力を発揮し、妊娠を医師する働きがあります。但し、生理前のイライラや不調は、このプロゲステロンの仕業だと言われています。皮脂分泌を増し、メラニンの生成を活性化する働きや、体内に水分をためたり(むくみの原因になる)、体温を高める効果もあります。胃腸の機能を低下させて、便秘や胃のむかつきの原因になる事もあります。

 

生理前ニキビは女性ホルモン分泌の波が原因!!

 

前述した内容から、ニキビの改善にはエストロゲンの働きが大切という事が分かると思います。2つの女性ホルモンは、生理周期で増えたり減ったりしています。簡単にいうと、

 

●低温相(生理期間の後半から、排卵まで)・・・エストロゲンが高い。

●高温相(生理前2週間) ・・・ プロゲステロンが高い。

 

となります。その為、生理前(高温相)は肌の調子が悪く、生理が来ると低温相調子がよくなる方が多いのです。この様な月の変化が、女性の体にとってストレスになっているのは事実です、。しかし、これは女性の宿命で、女性に生まれたからにはそれに耐えられるように、体ができているはずです。

 

ただ、生理前に体や肌の調子が非常に悪くなり、イライラや落ち込みが激しくなる方もいます。症状が著しい場合は、月経前菌腸症候群(PMS)と呼びます。それらの症状も、学生の時からというよりは社会人になってから悪化してきている方が多いようです。つまり、不規則な生活や運動不足、ストレスなども影響しているのも事実です。

 

生理前に見られる症状としてはニキビが出やすくなる、肌の免疫が低下して傷が化膿しやすくなる(おできができたり、「ムダ毛処理」にあるように毛を抜いたところが生んでしまうなど)、シミが濃くなる、クマができる、ヘルペス・口内炎・物貰いなどもできる事があります。

 

少しでも月の波を上手に乗り切るために、普段から生活を整えるようにするべきです。以下にポイントを挙げておくので、試してみると良いかもしれません。

 

生理前ニキビのスキンケア(生理前・整理後)

 

生理周期による肌の変化を知り、それに合わせたてあが必要です。生理前(高温相)と生理後(低温相)ごとにスキンケアのポイントをまとめておいたので参考にして下さい。

 

生理前(高温相)のスキンケア方法

生理前は皮脂が増える傾向にあります。普段より肌がオイリーになる事があるでしょう。美白やシワ用美容液などは刺激になる事もあります。ピリピリ感を感じたら、この時期は使用を控えるべきでしょうマッサージや美顔器を使った手入れや、除毛なども札の負担になる事があります。肌の弱い方は、この時期を避けて、これらの手入れをするべきです。

 

また、普段より紫外線に弱くなります。いつもより紫外線対策を入念にし、パウダーファンデーションでしっかりガードして出かけ、崩れてきたらフェイスパウダー(おしろい)を塗り重ねます。生理前は免疫が低下する時期なので、疲れをためないように早く寝る、便秘に気を付ける(生理前に便秘をするとニキビや月経前菌腸症候群が悪化するする事があります)なども大切です。

 

⇒ 生理前ニキビのケアにおすすめの固形石鹸はこちらをチェック!!

 

生理後(低温相)のスキンケア方法

生理後は肌が安定した時期です。スペシャルケアを積極的に行るのが良いでしょう。ホームピーリング、ビタミンCイオン導入、超音波マッサージなどは特におすすめです。

 

この時期から「早寝早起きと運動を心がける」「温かいものを飲む」「婦人科のツボを冷やさない」などを意識しておくと、性t李メアの症状がひどくならずに済むはずです。婦人科のツボというのは、血海と三陰交。血海は、脚の内側の、膝のお皿から指3本分上がったところにあります。三陰交は、脚の内のくるぶしから指4本分上がったところにある骨の少し後ろにあります。

 

 

スポンサーリンク