背中ニキビになると、露出の多い洋服を着れなかったり、水着になれないなどの制約も色々と出てきてしまうものです。そこで、何とかして背中ニキビを治そうと考えているけれど、なかなか思う様にいかない方も多い事でしょう。そして、そんな時にどうするかというと、やはり皮膚科で治療が最善策というケースもよくあります。

 

ですが、皮膚科というと私たちが知らない苦しが処方される事もあるでしょうから、不安な方もいるのではないかと思います。今回、この記事でまとめたのは、背中ニキビの治療で皮膚科を受診した場合に、どの様な薬が処方されるのかという事です。大まかですが、背中ニキビで皮膚科を受診する際の参考になると思います!!

 

 

背中ニキビで皮膚科を受診すると処方される薬とは!?

 

 

背中ニキビなどの疾患になると薬で炎症を抑え、殺菌成分でニキビの症状を軽減させる事が重要になってきます。そんな時に、皮膚ならどのような治療をするかというと、やはり飲み薬や塗り薬による治療がメインになってきます。稀にですが、漢方薬でニキビができにく改善を行う医院もあるようですが、現段階で、漢方薬はかなり少数意見となるでしょう。

 

そななると、背中ニキビで悩む方、特に自分ではケアしきれなくて皮膚科頼みになった方は皮膚科の治療が頼みの綱になってくるでしょう。そして、その皮膚科で処方される薬がニキビの改善の運命を決めると言っても過言ではなくなってくるのです。ですが、ニキビ役の知識がないがために、自分の肌に合わない苦しを使用し続けている方も意外と多いようです・・・。

 

以下に背中ニキビになった場合、皮膚科で処方される医薬品の大まかな概要をまとめておきました(^^)/

 

 

背中ニキビで皮膚科から処方される飲み薬とは!?

 

 

先ず、皮膚科で処方される飲み薬についてまとめていこうと思います。以下の4.5.6の薬は欧米で使われる事がありますが、日本では実際にはほとんど使いません。欧米人はニキビが重症化しやすいのと、漢方薬もない為、薬の選択肢も限られいて、強い薬を使う事をやむを得ないという傾向が強いのかもしれません。

 

但し、これらの強い薬の方が効果が期待できるかというと、そういうものではないので覚えておくと良いかもしれません。

 

【飲み薬その1】ビタミン剤

ビタミンB2、B6が主に使われます。いずれも医師分泌のコントロールなどに働くので、不足すると背中ニキビができやすくなります。但し、元々ビタミンが不足していない方がビタミン剤を飲んでも背中ニキビが治るかというと、治る可能性は低いでしょう。ビタミンは普通の食事を知れいれば、それほど不足するビタミンではありません。

また、ビタミンCを飲み薬として処方する病院もあるようですが、それはニキビの症状そのものというより、ニキビのできた箇所が色素沈着して黒ずまない為に飲むという方が正解です。更に言うと、皮膚科で処方されるビタミン剤と市販のビタミン剤は、皮膚科で処方されるものの方が若干用量が多い点を除けば、基本的には同じものです。

 

 

【飲み薬その2】抗生物質

アクネ菌を殺菌する目的でよく処方されます。しかし、アクネ菌自体は皮膚の常在菌なので、いくら殺菌してもきりがありません。その為、抗生物質で一旦ニキビが良くなっても、飲むのを辞めるとすぐに元に戻ってしまいます。皮膚本来の抵抗力を取り戻さない限り、終わりなく続くでしょう。

また、長くの飲み続けると、副作用を起こす可能性もあります。実際に用いられるのは、殺菌性だけでなく抗炎症作用も併せ持ったテトラサイクリン系、もしくはマクロライド系の抗生物質が主流です。数日では効果がないため、使うならば2週間以上は使い続けたいところです。殺菌する事が目的ではない為、いくら強いものを飲んでも効果は期待できません。

 

 

【飲み薬その3】ホルモン剤

ホルモンバランスを安定させる作用があるとか、男性ホルモンを下げるなどの効果があるといって、ホルモン剤を使われる場合がよくあります。但し、これは効果が曖昧な上に、副作用も強いのでそれなりに注意が必要です。ホルモンを薬でコントロールするというのは、非常に危険で有害な上に、保険適用外の者もあります。

 

 

【飲み薬その4】抗トリコモナス薬

「トリコモナス」という菌のようなものを殺す薬(メトロニダゾール)が使用される事があります。トリコモナスがニキビに直接関係している訳ではないのですが、これも高炎症性がある為、(抗生物質と同様)殺菌以外の目的で使われます。但し、これも効果が曖昧で、また抗生物質よりも副作用は強いです。ですから、色々な抗生物質を試して効果が期待できない重傷ニキビに限り使用するべきです。

 

 

【飲み薬その5】ビタミンA誘導体

ビタミンAから作られた「レチノイド」という薬が使われる事があります。これは皮膚の角化を調整するので、毛包漏斗部の角化を防ぎます。但し、非常に肝障害が強いのと、催奇形性といって妊娠中に服用すると胎児に悪影響をもたらす副作用がありますので、注意が必要です。

 

 

【飲み薬その6】スピロノラクトン

男性ホルモン抑制作用がありますが、腎臓に対する副作用を起こします。ちなみにですが、この薬は、国内では主に利尿剤として使用されています。

 

 

背中ニキビで皮膚科から処方される塗り薬とは!?

 

 

背中ニキビに処方される塗り薬には主に①抗生物質などの殺菌成分を含むもの②角質溶解作用のがるもの③抗炎症座用のあるものの、3種類に分けられます。ニキビができた時は毛穴の出口が殆どふさがった状態なので、角質愉快剤を使って、まず始めに毛穴を開かせることが必要です。

 

欧米の塗り薬では、この角質溶解剤が主になっているのはこのためです。日本では、ニキビの原因はアクネ菌であるとのイメージが強いためか、殺菌効果を謳うものが多いようです。角質溶解作用がのあるものと殺菌作用があるものを併用するというやり方もあります。この方法を使うと、殺菌成分が毛穴の中へ浸透しやすくなるので効果がアップします。

 

ただ、その分、かぶれやすくもなります。また、角質溶解剤を使うと、また、角質溶解剤を使うと、毛穴だけでなく周りの皮膚の角質を溶かす事にもなるので角質バリア機能を壊してしまい、しみたり痒くなったりすることもあります。効果もある分、使い方の難しいのが角質溶解剤ですので、素人判断で使うのは、控えるべきでしょう。美容皮膚科などで処方してもらい慎重に使う方が賢明です。

 

ここでは実際に、皮膚科や薬局、海外で使われているに利薬には、どの様なものがあるのか、紹介しておきます。美容系のクリニックなどでは、欧米で処方されている薬を輸入したり、同じようなものを国内で作って使用しているところもあります。

 

 

皮膚科で処方される塗り薬(保険適用の薬)

 

【塗り薬(処方箋)その1】抗生物質を含む薬

クリーム、ローション、ジェルなどのタイプがあります。飲む抗生物質のような副作用は起こしませんので気軽に使える薬です。但し、毛穴の奥まではなかなか浸透しないので、飲み薬に比べると効果も落ちます。

 

 

【塗り薬(処方箋)その2】イオウを含む薬

皮脂を抑える、角質を柔らかくして毛穴のつまりを防ぐ(角質溶解作用)、殺菌するなどの作用がある為、昔からニキビに使われてきました。但し、10代の方のニキビのTゾーンにできるニキビには良いのですが、口周りにできる大人ニキビに使うと、乾燥して肌荒れを起こす事があります。

 

 

【塗り薬(処方箋)その3】抗炎症作用のある塗り薬

イブプロフェンという抗炎症作用のある薬がありますが、効果は弱めです。

 

 

薬局やドラッグストアで購入できる市販の塗り薬

 

【塗り薬(市販薬)その1】レぞルチンを含む薬

抗炎症作用がある為ニキビによく使われますが、かぶれやすいので要注意です。

 

 

【塗り薬(市販薬)その2】クリコール酸を含む薬

ピーリング剤の一種です。角質溶解作用があり、パックや拭き取り化粧水、石鹸などの形で市販されていますが、肌が乾燥しやすいので注意が必要です。

 

 

【塗り薬(市販薬)その3】その他の薬

イオウを少量含むものや、各種殺菌・消炎効果を持つ成分も市販薬やニキビ用化粧品に使われていますが、刺激があるものも多いので、注意が必要です。

 

 

海外で使われている塗り薬

 

【塗り薬(海外)その1】トレチノインを含む薬

ビタミンAの誘導体で、これもレチノイドの一種です。角質溶解作用や抗炎症作用があるのでニキビに有効ですが、非常にかぶれやすく、使い方の難しい薬です。レチノイドですので血中に入ると催奇形性があります。塗り薬と言えど、妊娠中は使用を控えるべきです。

 

 

【塗り薬(海外)その2】ベンゾイルオキサイドを含む薬

これも角質溶解作用があるので毛穴詰まりを予防するのですがかぶれやすく、また、発がん性の疑いがあると言われています。

 

 

【塗り薬(海外)その3】アゼライン酸を含む薬

角質溶剤作用、美白作用がありますが、濃度が高いとかぶれます。

 

 

【塗り薬(海外)その4】スピノラクトンの塗り薬

抗男性ホルモン作用を期待して使われますが、皮膚に塗った時の安定性や吸収性が悪いためか、あまり効かないようです。

 

 

【塗り薬(海外)その5】サリチル酸を含む薬

ピーリング剤の一種で、やはり角質溶解作用があります。日本では化粧品には0.2%までしか配合できないという規制があり、これでは効果が十分ではないです。そこで海外のサリチル酸製剤を使ったり、院内で調合して処方しているところもあります。

フルーツ酸やグリコール酸に比べると、肌荒れを起こす事は少ないのと、脂溶性のため毛穴への浸透が良いのがメリットです。

 

 

 

スポンサーリンク