背中ニキビが酷くて海水浴に行けない!!

 

毎年夏になると恒例なのが海水浴ですよね。友達や彼氏と海に入ったり、浜辺でバーベキューをするのは楽しいものですが、そんな時に背中ニキビがあると水着になれずに一人浮いてしまうのは本当に悲しいものがあります。なんだか自分だけ仲間外れになったような気にもなるものです・・・

 

そこでですが、何としても海水浴までには背中ニキビを治したいという方向けに私が知る限りの「背中ニキビの治し方」をまとめてみました。今まで何となくで背中ニキビをケアしていた方はぜひ参考にしてもらえればと思います。もしかしたら、今までのケア方法が全然間違っていたなんてこともあるかもしれませんので(^^)/

 

 

 

背中ニキビが酷いから水着が着れないという悩みが多い!!

 

現在、日本では300万人程の方がニキビの症状に悩んでいると言われています。一昔前までは、ニキビと言えば「青春のシンボル」というイメージでしたが、それももはや過去の話です。残念ながら社会人になってもなかなかニキビが治らないと訴えが増えてきています。そして、そのニキビができる場所を見ていくと、顔に次いで多いのが背中だと言われています。

 

なぜ背中にニキビがここまでできるのかという事ですが、それも理由があります。そもそもですが、人の身体の中でも汗腺が多いのが背中と胸元です。皆さんも夏場などは背中にびっしょりと汗をかいた経験はあるのではと思います。背中の皮脂分泌も多く、毛穴にも詰まりやすいく、更に言うと汗などで蒸れるなどすればニキビ菌が繁殖しやすのです。

 

また、背中ニキビができたけどなかなか治らないというのも特徴の一つです。背中ニキビができるのは、元々の体質だけでなく生活習慣の乱れによるホルモンバランスの乱れ、さらに間違ったスキンケアが原因だと言われています。

 

この記事では、背中ニキビで夏場になっても水着が着れないから海水浴に行けない!!という方の為にまとめた内容です。少しでも背中ニキビの症状を改善してもらう為に、自宅できる背中ニキビの正しいケア方法をまとめておきました。今まで色入り試したけど、ダメだったという方こそ、参考にして下さい(^^)/

 

 

背中ニキビはボディソープより固形石鹸がおすすめ!!

 

背中ニキビで悩んでいる方のケア方法に注目してみようと思います。「背中ニキビがある=気になる=一生懸命洗う」という様に、背中ニキビが酷い方ほど、一生懸命洗っている様に感じます。確かに背中ニキビができているという事は、肌の衛生状態が良くないという事ですから、肌を洗う事は大事です。ですが、問題なのは、その洗い方です!!

 

まず始めに思い抱いてもらいたいのは、皆さんが使っている洗浄剤です。今やその手軽さから固形石鹸にとって代わる様になったボディソープですが、実は肌ケアには固形石鹸の方がおすすめだと言われているのです。

 

なぜかと言うと、市販のボディソープには合成界面活性剤や合成ポリマーなどの危険な添加物が配合されている可能性が高いからです。合成界面活性剤というのは、簡単に言えば水や油を混ぜ合わせるもので、合成ポリマーは製品の品質をできる限り保つためのものです。にも関わらず「肌に優しい〇〇」、「〇〇成分配合」などといかにも肌に良い様に販売されているのです。

 

ですから、背中ニキビがある時は尚更なのですが、昔ながらの固形石鹸が良いとされているのです。因みに今はニキビケア用に開発された固形石鹸もあります。以下に記載しておくので、良ければ参考にして下さい。

 

背中ニキビケアにおすすめの固形石鹸「ノンエー(NonA.)」!!

 

⇒ 背中ニキビのケアにおすすめの固形石鹸「ノンエー(NonA.)」を確認したい時はこちら!!

 

ノンエー石鹸の説明を大まかですがしておくと、7万件以上の相談を分析し、日本人の肌に会うように開発された薬用ニキビ専用洗顔石けんです。ニキビケア売上はナンバーワンという実績もあります。累計販売個数は27万個以上です。香料・着色料・エタノール・鉱物油などの添加物は一切使用していません。

 

特徴は、もちもちの泡立ちで、キメ細やかな弾力泡は刺激に弱い肌のデリケートな方やアトピーの方にも使えます。甘草成分(消炎剤)を配合し、ニキビを防いで、肌をすこやかに保ちます。大豆から抽出したダイズエキスを加え、イソフラボン・サポニン・アミノ酸といった成分が、皮脂の分泌を抑える働きをします。

 

 

背中ニキビを洗うスポンジや拭き取るタオルは柔らかい物!!

 

背中ニキビのケアでやらかしがちなのは、上記の様にケア法品を間違えるだけではありません。背中を洗う時のスポンジやお風呂から出た時に体をふくタオルなどにも注意が必要になってきます。例えばですが、背中ニキビを固いスポンジでゴシゴシ擦れば、ニキビの炎症部は刺激されていまい、余計に症状が悪化するのは間に見えています。

 

また、お風呂から出た時のタオルは意外と多くの方が見落としがちですが、タオルも生地が柔らかいものを選ぶべきでしょう。それもタオルの場合は、面倒でも毎回新しいものを用意し、常に衛生的なものを使うべきです。ニキビ菌が付いたタオルを使いまわそうものなら、これも症状悪化につながるはずです。

 

お風呂場のスポンジもタオルも基本的にそれほど高いものではないので、もし思い当たる時は、思い切って新しいものに取り換えてみると良いでしょう!!

 

 

背中ニキビは乾燥しがちなので保湿クリームでケアも大切!!

 

背中ニキビに限ったことでもないのですが、肌質が悪化した方の肌というのは”乾燥”状態になっている可能性が高いです。前述したように間違ったケアをすれば尚更です。なぜかと言うと、人間には肌には元々皮脂が存在していますが、皮脂分泌が過剰だからという事で洗い流したりしてしまうからです。

 

肌本来必要な皮脂がなくなるとどうなるかというと、肌表面の皮脂幕がなくなります。すると、肌内部の成分が蒸発していますのです。つまり、肌の水分を保つための蓋がなくなってしまうという事です。

 

更に、皮脂幕がなくなると肌のバリア機能が弱くなり外部からの刺激や汚染物質からの攻撃に弱くなります。そうなるとニキビ菌が繁殖しやすくなり、なかなかニキビの症状が改善しない状態が続くのです。そしてまた、一生懸命洗うなどの間違ったケアをするという負の螺旋に追いいるという事です・・・

 

そうならない為にも、お風呂で正しいケアをした後はしっかりと保湿をしたいところです。但し、市販のボディクリームは油分が多くニキビの症状を促進しかねないので、保湿をする時は背中ニキビ専用の保湿クリームを使用すると良いでしょう。

 

背中ニキビにおすすめの保湿クリーム「ルフィーナ」!!

 

⇒ 背中ニキビのケアにおすすめの保湿クリーム「ルフィーナ」を確認したいときはこちら!!

 

ルフィーナは背中ニキビだけではなく保湿や美白効果など、肌トラブル全体の悩みを徹底的にサポートしてくれます。背中ニキビ以外のデコルテニキビや二の腕ニキビなどができている方は兼用で使う事もできるので、かなり便利ではないかと思います。お風呂上がりの必須アイテムです。

 

また、ルフィーナは国内にある医薬部外品製造業許可取得工場(医薬部外品GMP承認工場)で製造しております。品質面や安全面等において一定の基準をクリアしたもののみ出荷しているので品質面でも安心です。敏感肌や乾燥肌の方でも市が気が強くないので安心して使う事ができるでしょう。

 

 

背中ニキビがある時通気性が良く柔らかい下着を!!

 

中ニキビのある場合の服装についても触れておきます。背中は否応なしにも汗が出る場所です。特に夏場は知らないうちに汗でびっしょりなんて事も珍しくないでしょう。また、そのような時に生地が厚く通気性が悪い下着を着ていると摩擦と蒸れで背中ニキビをより悪化させるはずです。

 

そうならない為にも、背中ニキビがある時は木綿のインナーなど着ると良いと思います。木綿生地は肌触りが優しく、通気性が良いので背中の蒸れや摩擦を最小限に抑えられると思います。

 

そして、最後にですがこの記事を見ている方に私から伝えておくと、背中ニキビは確かになかなか治らないという特徴があります。ですから、何としても治したいと思う気持ちが余計にマイナスに働きまい違ったケアに走らせているケースも珍しくないのです。もし、今まで一生懸命ケアしているのに、全然よくならないと思うのであれば、今までのケアを見返してください。

 

もしかしたらですが、今までの自分の背中ニキビのケアの改善点も燃えてくるかもしれません。背中ニキビを気にせず、この記事を見ている皆さんが、夏場の海水浴やプールで楽しまれる事を祈っています(^ω^)