背中ニキビは原因が分からないと治しようがない!!

 

 

背中ニキビができてなかなか治らないと嘆いている方も多いと思います。私が見る限りですが、背中ニキビが治らないという方を見ていると原因が分からず、自己流のケアをしている方が意外に多いように感じます。それではいくらケアをしても背中ニキビは治らないでしょうし、下手すると余計に症状が悪化してしまう可能性すらあります・・・

 

ですから、この記事では背中ニキビの原因とその正しいケア方法について詳しくまとめていこうと思います。美容皮膚科などに通う方法もあるでしょうが、この記事では自宅でこっそりケアする方法を中心にまとめていきます。人知れず、こっそちろとケアしたいという方には、参考になる内容があるのではと思います(´∀`*)ウフフ

 

 

 

背中ニキビがなかなか治らないという方がかなり多い・・・

 


昔からニキビは「青春のシンボル」と言われてきましたが、大人になってもニキビが治らないと嘆いている多いのも事実です。社会人になれば自然とニキビが治ると思っていた方にとっては以外でしょう。特に体にできるニキビで多いのは背中ではないかと思います。普段は服で隠れていて分からないですが、かなりの割合で背中ニキビに悩んでいる方がいるという統計もあります。

 

背中ニキビができると本当に悩みところです。例えばですが、夏場だったら肌の露出が多い洋服が切れなかったり、みんなで海水浴に行っても日焼けするとニキビ跡になるので水着になれなかったりもします。それに温泉旅行でも周りの目線が気になってしまうのではないかと思います。友達だったらまだしも、彼氏なんて見せれないとおいう方もいるのではないでしょうか??

 

それに、社会人の背中ニキビは治りにくいという特徴があります。背中ニキビが治りにくいのには、勿論、原因があっての事です。なかなか背中ニキビの症状が治らないと、ついつい「自分は生まれ持ってニキビができやすい体質だから仕方ない・・・」なんて、諦めがちになるところですが。決してそんなことはないのです。

 

背中ニキビの原因をしっかりと理解しておくことは正しいケアへの第一歩です。その為にも、以下で紹介する内容はぜひとも覚えておいてください。

 

 

背中ニキビの原因はホルモンバランスの乱れが影響!!

 

 

背中ニキビは、主にホルモンバランスの乱れが大きく影響し、その原因は会社のストレス、睡眠不足や夜更かし、更に食事の偏りなどがあります。睡眠不足は肌の免疫力の低下を招き、背中ニキビの症状が進行し腫れやすい状態を作ります。また、会社など上司からの圧力などを受けると脳の視床下部から副腎皮質ホルモンを出す指令が出ます。

 

この時に男性ホルモンも一緒に分泌されます。すると皮脂腺が刺激されて、皮脂が多く分泌され、毛穴が詰まりやすくなります。特に背中は元々、毛穴が多く皮脂が分泌されやすい部位なのです。また、汗などで服が濡れるなどすれば皮膚の衛生状態も保ちにくくなります。余計に毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすくなるのです。

 

つまり、背中ニキビは毛穴に皮脂が詰まり、そこで炎症を起こしている状態です。肌の皮脂分泌量が増えると、毛穴に皮脂が溜まって塊となり、毛穴を塞ぎます。そこでニキビの原因菌であるアクネ菌が炎症を起こします。さらに、炎症が悪化すると、毛穴が押し広がり化膿して、跡が残りやすくなります。だからこそ、背中ニキビは、事前の予防と早めに対処する事が大切です!!

 

 

背中ニキビは治したいけど美容皮膚科は高額過ぎる・・・

 

 

では、さっそく背中ニキビのケアに取り掛かろうと考えた時に、最も最善な方法は何かというとやはり「美容皮膚科」に通う事です。確かに普段の私生活を改善してホルモンバランスを整えることも大切なのですが、皮膚の専門医に直接ケアしてもらう事ほどケア方法はないでしょう。

 

例えばですが、美容皮膚科で背中ニキビの治療をしようとするとレーザー治療や特殊な薬品を使ったピーリング治療などのかなり高度な治療を受けれます。それも、事前のカウンセリングで治療内容もオーダーメイドですから、自分の背中ニキビの症状に合わせたオーダーメイドの治療内容です。

 

また、皮膚科と違いアフターケアもしっかりと行ってもらえるので、例え消えにくくなったニキビ跡でもかなり改善できると言われています。美容皮膚科についてさらに詳しく知りたい時はこちら( ⇒ 大人ニキビ治療【アイエスクリニック】 )

 

本気で背中ニキビを治したいのであれば、私としても美容皮膚科はおすすめだと思います。ですが、ネックはその利用にかかる料金です。基本的に美容皮膚科の治療は保険が効かない「自由診療」になります。つまり、治療費10割を丸々負担しないといけなくなるという事です。一概には言えませんが、1回の治療の目安は10,000円~18,000円(税抜)が標準的です。(初診料込)

 

ですから、経済的にもですし、時間的にも毎回通うのはなかなか難しいという方も多いはずです。できれば、自宅でこっそり手軽にケアできないかと思う方もいるのではないでしょうか?そんな方の為に背中ニキビケアでおすすめの商品をいくつかピックアップしておきました。背中ニキビに悩んでいる方は、ぜひ参考にして下さい(^^)/

 

 

ルフィーナ(キュアメディカル株式会社)

 

>>ルフィーナの公式サイトはこちら<<

 

【ルフィーナの全成分】
有効成分:水溶性プラセンタエキス・グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:天然ビタミンE・セイヨウナシ果汁発酵液・カモミラエキス(1)・酵母多糖体末・加水分解コラーゲン末・加水分解ヒアルロン酸・シロキクラゲ多糖体・ゲットウ葉エキス・スターフルーツ葉エキス・テンニンカ果実エキス・アマチャヅルエキス・カルボキシビニルポリマー・1,3-ブチレングリコール・キサンタンガム・ポリアクリル酸ナトリウム・濃グリセリン・1,2-ペンタンジオール・トレハロース・トリメチルグリシン・水酸化カリウム・2-エチルヘキサン酸セチル・メチルポリシロキサン・モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)・パルミチン酸レチノール・トウモロコシ油・10-ヒドロキシデカン酸BG・グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体・水素添加大豆リン脂質・ホップ末・トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル・油溶性甘草エキス(2)・ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液・ホエイ(2)・ラクトフェリン液・フェノキシエタノール・無水エタノール・香料・精製水

 

※1…成分名:加水分解コラーゲン末・効果:高い保湿効果
※2…成分名:シロキクラゲ多糖体・効果高い保水力・保湿効果

 

肌本来の力を引き出し、背中ニキビを繰り返さないためには、肌の乾燥を防ぎ、バリア機能を回復する事が大切です。ルフィーナはお肌の全体にうるおい成分をきちんと浸透させ、潤いのヴェールでしっかり保湿できるように成分に拘った背中ニキビ・黒ずみケア専用クリームです。

 

 

成分に配合しているシロキクラゲは世界三大美女の楊貴妃も愛用したと言われる食材で、保湿力が高い事で有名なヒアルロン酸をはるかに凌ぐ高い保湿力があります。また、低分子コラーゲンにより本来は肌内部まで浸透しない部位までしっかりと浸透します。その他にも6つの植物由来の成分が配合されています。

 

安全性に関しても完全国内生産でGMP認定工場で厳密な検査をクリアして製造しています。また、肌に刺激の強い添加物を排除して敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使用できます。120日間返金保証も付いているので、使い始める際の不安をできる限り軽減されているのもありがたいところです。

 

⇒ ルフィーナの公式サイトを詳しく確認したい時はこちらから!!

 

 

ジュエルレイン( 株式会社ピカイチ)

 

>>ジュエルレインの公式サイトはこちら<<

 

【ジュエルレインの全成分】
有効成分:サリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウム
その他成分:精製水、濃グリセリン、シュガースクワラン、オリブ油、トリメチルグリシン、ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)デカグリセリル液、トレハロース、アラントイン、L-アルギニン、グリシルグリシン、ホエイ(2)、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、加水分解ヒアルロン酸、ムコ多糖体液、ブリエラスチン、コメヌカエキス、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、コラーゲン・トリペプチドF、ローマカミツレエキス、アロエエキス(2)、水溶性コラーゲン液(4)、オウバクエキス、アーティチョークエキス、エイジツエキス、トウキエキス(1)、シャクヤクエキス、クワエキス、クララエキス(1)、天然ビタミンE、ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸ソルビタン(20E.O.)、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル(20E.O.)(4P.O.)、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ジプロピレングリコール、1,3-ブチレングリコール、1,2-ペンタンジオール、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、水酸化カリウム、香料

 

ジュエルレインはサリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウムの有効成分がW主剤になり従来よりパワーアップしています。今現在の炎症している背中ニキビのケアから、ニキビができにくい肌へしっかりケアできます。また35年の肌湿潤浸透技術を応用し、顔の7倍厚い背中の皮膚でもしっかりと有効成分を肌に届けることができます

 

 

研究開発された独自の浸透技術、「ナノBテクノロジー3.0」を採用しているので、有効成分を肌奥へと浸透させます。(10億分の1メートルまで小さくした有効成分をお肌の奥まで浸透させます)サリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウムのW主剤でしっかり背中ニキビをケアするだけでなく、極小微粒化したナノ成分が新たに5種類も加わっています。

 

日本に限られた工場しか持っていない、「ナノ乳化」「ブースター」技術を採用しているだけでなく、ノンアルコール、ノンシリコン、無鉱物油、石油系界面活性剤フリー、合成香料フリー、合成着色料フリーなど肌に刺激の強い添加物を排除しています。マーカーも販売会社のスタッフが全員、「スキンケアアドバイザー」を取得しているのでサポート体制も万全です。

「色々な商品を試してきたけどダメだった…」という購入者にも安心して購入できる“60日間の返金保証”もついています。気軽に始めることもできます!!

 

⇒ ジュエルレインの公式サイトを詳しく確認したい時はこちら!!

 

 

ジッテプラス(株式会社イッティ)

 

>>ジッテプラスの公式サイトはこちら<<

 

【ジッテプラスの全成分】
有効成分:水溶性プラセンタエキス ・ グリチルリチン酸2K
その他の成分:ビサボロール ・ 3-O-エチルアスコルビン酸 ・ 米糠抽出物水解液A ・ アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム ・ 加水分解ヒアルロン酸 ・ ヒアルロン酸Na-2 ・ 水溶性コラーゲン液-4 ・ ヒメフウロエキス ・ 酵母多糖体末 ・ プルーン酵素分解物 ・ スターフルーツ葉エキス ・ アーティチョークエキス ・ セイヨウナシ果汁発酵液 ・ カモミラエキス-1 ・ ステアロイルフィトスフィンゴシン ・ トレハロース ・ 天然ビタミンE ・ エチルヘキサン酸セチル ・ トリメチルグリシン ・ 濃グリセリン ・ キサンタンガム ・ ステアリン酸POE(20)ソルビタン ・ ジメチコンBG ・ カルボキシビニルポリマー ・ 1,2-ペンタンジオール ・ 水酸化K ・ フェノキシエタノール ・ ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液 ・ 水素添加大豆リン脂質 ・ 香料
アクシア-トリプルヒアルロン酸 ・ アーチチョークエキス ・ スターフルーツ葉エキス ・ ブルーン酸素エキス ・ ベルガモット ・グレープフルーツ ・ ラベンダー ・ ローズマリー

 

ジッテプラスは芸能人愛用の背中にきび・にきび跡・大人にきびをこれ1つでケアできる専用クリームです。特徴は独自成分「アクシア-トリプルヒアルロン酸」により背中の厚い皮膚にも浸透する驚異の保湿力、栄養や水分を保てる様に肌の水分と油分の比率を8:2の黄金バランスへ導きます。毛穴の洗浄力とニキビ跡を抑える美白効果で予防→改善→跡ケアをたった1つで実現します。

 

 

成分の中に「アクシア-トリプルヒアルロン酸」を配合し、今までにない保湿力と浸透力を実現しました。敏感で大切なお肌へのケア用品だからこだわりがあります。また、製造に関しても品質管理を徹底するため国内生産し、5つのフリーで肌に合わないという心配を払拭しています。敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使える上に、リラックスできる柑橘系の香りです。

 

分厚い皮膚の背中でもしっかりケアするために開発したので、体の他の部位でも使用ができます。背中以外にも今まで改善できなかった、繰り返す大人ニキビ・ニキビ跡に悩みの方にには簡単に使える上に、かなり広い用途が期待できます。フリーダイヤルで常にさぷともしれもらえる上に、90日間返金保証にも対応してくれます。

 

⇒ ジッテプラスの公式サイトを詳しく確認したいときはこちら!!

 

 

背中ニキビを治す為に知るべき肌のメカニズム!!

 

ここでは、背中ニキビを治すうえで必ず知っておきたい肌のメカニズムについて知っておいてもらおうと思います。なぜ、上記のような背中ニキビ用のクリーム塗る事で背中ニキビが改善するのか理解してもらえればと思います。理解できればより背中ニキビのケアの大切さが分かるはずです(^^)/

 

肌は生まれ変わる事で瑞々しく潤う!!

まず始めに知ってもらいたいのは、私たちが触れている肌と言うのは、今現在も含め常に生まれからっているという事です。このサイクルを「ターンオーバー」と呼びます。

 

表皮細胞は、表面から角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4つの層で構成されています。表皮の最も内側の「基底層」で生まれた表皮細胞は、基底層➡有棘層➡顆粒層と、姿を変えながら上に押し上げられ、約14日間「角質層」に留まった後、垢やフケといった角片となり、体外に排出されます。

 

 

つまり、ターンオーバーは肌の代謝の事で、若々しく健康的な肌を保つためには、このサイクルが非常に重要になってくるのです。因みにですが、背中ニキビなどの肌トラブルが起こっている方、また、ニキビの症状がなかなか改善しない問う方は、このターンオーバーが、何らかの理由で正常に行われていない可能性があるのです。

 

ですから、このターンオーバーを正常化する事は、背中ニキビを治す上で必ず押さえておきたいポイントです。ただ、がむしゃらに背中を洗うだけでは背中ニキビは治らないという事です。このターンオーバーを理解していない方ほど、ケア用品を使っても背中ニキビが治らないと感じてしまう傾向が強いようです。

 

肌では背中ニキビが徐々に治り欠けているので、途中で断念してしまう事ほどもったいない事はないですから忘れないようにしたいところです。

 

ターンオーバーの周期は体の部位によって異なる!!

ターンオーバーの周期ですが、基本的には28もと言われていますが、それはあくまで若い女性の場合です。例えばですが、若い女性であれば28日前後の周期なのに対し、40代になると40~50日程の周期になると言われています。ですから、基本的に年齢が増えれば増えるほど、ターンオーバーの周期は長くなるという事です。

 

また、ターンオーバーというのは体の部位によっても異なると言われています。顔の皮膚に対し、背中の皮膚の厚さは約5~7倍もあると言われています。ですから、顔の肌が生まれ代わるターンオーバーよりも、背中の皮膚が生まれ変わるターンオーバーの方がはるかに長い期間必要になるという事です。

 

仮にですが、上記の様に有効成分を配合したクリームを使い続けてもいきなり肌質改善するという事は考えにくいのです。最低でも数カ月単位になると考えるべきでしょう。

 

 

背中ニキビをできにくくする肌のバリア機能とは!?

 

 

角質細胞が水分をつなぎ留め肌を外的要因から守る!!

「バリア機能」とは、体を守るために備えられた皮膚の働きの一つです。表皮細胞はターンオーバーによって押し上げられた後、薄い角質細胞となって角質層を構成します。核がなく、いわば死んでいる状態の細胞の集まりですが、これが細菌やウイルスから体を守り、皮膚に必要な水分を保つバリアとなるのです。

 

角質細胞には、主に「ケラチン」というタンパク質がレンガ上に積み重なって並んでいます。この防御壁をより強くするために、レンガをくっ付ける接着剤のような役割を果たしているのが「角質細胞間脂質」です。「角質細胞間脂質」は、スフィンゴ糖脂質、コレステロール、脂肪酸が一分子ずつ集まって構成されています。

 

特にスフィンゴ糖脂質の主要成分であるセラミドが”ラメラ構造”になっていて、乾燥した環境でも、ある水分を分子の形で細胞間脂質の間につなぎとめる働きがあります。

 

さらに、角質細胞には天然保湿因子(NMF)が存在します。主要成分はアミノ酸や尿素などの水溶性の物質で、ケラチノサイトが角質細胞になる時に作り出されます。水分を大量に抱え込む性質があり、肌の潤いを保つのに重要な物質です。太陽光線の多くが角質でガードされますが、UVAは透過して真皮に届くので、UVAから肌を防備する必要があります。

 

バリア機能が改善するまではある程度時間がかかる

肌のバリ機能が低下すると、背中ニキビなどの原因になる細菌も繁殖しやすくなりますし、ターンオーバーも乱れてくるので角質なども毛穴に詰まり余計に、背中ニキビが治りにくくなります。そもそもですが、そのバリア機能が低下する理由は何かというと、乾燥は紫外線、更にはボディソープなどでゴシゴシ過度に洗うなどの摩擦などが原因です。

 

始めは小さな炎症でも、そこからどんどんほころびは広がり、芋ずる式に肌のバリア機能は低下していきます。肌が乾燥して皮脂の膜が薄くなったりすると、天然保湿成分などがむき出しになって蒸発してしまい、外的刺激にさらされやすくなります。こうしてバリア機能が損なわれた場合、正常に戻すまでにある程度の期間が必要になります。背中ニキビの炎症度合いにもよって個人差はあるはずです。

 

乾燥や炎症の程度が軽ければ軽いほど、肌は早く修復します。ちょっとした日焼けなら、2~3日肌が赤くなった後に皮がむけて、1ヵ月後には日焼けした事さえ忘れてしまう程です。逆に、肌の乾燥や炎症が酷い場合、逆に戻るのに数年間という長い期間かかる事もあります。実際に、背中ニキビが何年も治らないという方も多いです。

 

肌のバリア機能を正常に保つには、そうした摩擦や炎症を避けたり、保湿をしっかりする事が大切になります。背中ニキビの原因菌の繁殖も抑えられ、肌のターンオーバーも促進されて改善もしやすくなります。

 

因みにですが、私が見る限り背中ニキビで悩む方は、何とかして改善したいという気持ちから合成界面活性剤入りのボディソープを使い、まるでそれを背中にゴシゴシとすり込むかのように洗っている方もいます。これでは、肌のバリア機能も低下してしまうのも無理ありません。私が背中を洗う時におすすめなのは固形石鹸です。固形石鹸は合成界面活性剤のリスクも低くというメリットがあります。

 

以下の紹介するのは、それもニキビ肌用に開発された固形石鹸です。上記の背中ニキビ用の保湿クリームを使う前の身体の洗浄にもってこいです。今まで市販のボディソープを何気なく使っていたという方は、改めてみるとよ良いかもしれません!!

 

 

ノンエー「NonA.」(有限会社プライマリー)

 

>>ノンエー(NonA.)の公式サイトはこちら<<

 

【ノンエー(NonA.)の全成分】
有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム(甘草エキス)
その他の成分:ダイズエキス・クワエキス・ローヤルゼリーエキス・スクワラン・ヒアルロン酸ナトリウム・海藻エキス・2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液(リピジュアR)・カリウム含有石けん用素地・精製水・ラウリン酸・濃グリセリン・1.3-ブチレングリコール

 

ノンエー(NonA.)は、7万件以上の相談を分析し、日本人の肌に会うように開発された薬用ニキビ専用洗顔石けんです。ニキビケア売上はナンバーワンで累計販売個数は27万個以上という驚きの実績です。香料・着色料・エタノール・鉱物油などの添加物は一切使用していないので、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使用ができます。

 

洗顔で大切なことは、弾力のあるキメ細かい泡でやさしく洗い上げることです。泡立ちが悪いと、洗顔によって逆にお肌を傷つけてしまいかねません。ノンエー(NonA.)には、モコモコの泡を作り出すために開発したカリ含有石ケン素地を使用しています。通常の石けん素地と比べて約4倍の弾力があり、キメ細やかで均一な泡を作ることができます。

 

 

特徴は、上記の様なもちもちの泡立ちですが、その成分の中にはニキビを予防する甘草成分(消炎剤)や天然有効成分のローヤルゼリーエキスやヒアルロン酸、スクワランが肌に潤いを与えて、乾燥や刺激からお肌を保護することで、若々しくハリのある肌を保つことができます。

 

また、大豆から抽出したダイズエキスに含まれるイソフラボンやサポニン、アミノ酸といった有効成分には、女性ホルモンと同じ働きがあり皮脂の分泌を抑える働きがあります。このダイズエキスには、ムダ毛を抑える、美白、コラーゲンやヒアルロン酸生成の促進、抗酸化、保湿など、美容に効果的な多くの成分が含まれています

 

初回購入の方には、「NonA. お試しミニサイズ(12g)」「泡立てネット」「NonA.ローション(10ml)」「NonA.ジェル(5g)」をプレゼントがつく上に、本製品未開封で全額返金保証付きです。

 

⇒ ノンエー(NonA.)の公式サイトを詳しく確認したい時はこちら!!

 

 

背中ニキビを治すには衣服や紫外線対策もしっかり!!

 

 

着る服は通気性が良く、肌触りが良いものを!!

そして、忘れてはいけないのが背中ニキビですから着る服と言うのも重要になってきます。背中は元々、汗腺が発達しているので、体のどこの部位よりも汗の様が多いです。特に夏場には、出歩くだけで背中がびっしょりしてしまう経験というのは、この記事を見ているあなたもあるのではないかと思います。

 

ですから、できる限り背中ニキビな悩むときは木綿素材で通気性の良いインナーなどを着ると良いでしょう。それも肌にザラザラと擦れる様な洋服はできる限り避けるべきです。たかが、洋服でと思うかもしれませんが、常に背中にニキビに刺激が続くことを考えれば、決して服をいい加減に選ばない方が良いでしょう。

 

また、背中を拭く時のタオルも毎回清潔なものに取り換えることと、これも着る服同様に肌に優しい柔らかいものを選ぶと良いでしょう。背中ニキビの菌が付いたタオルを使いまわすと、余計に症状が悪化しかねないところなので、気を付けたいところです。

 

紫外線のダメージや冷房の冷えにも要注意!!

背中ニキビはなかなか治りにくいのも特徴の一つです。何度も触れることですが、背中の皮膚は顔の皮膚の5~7倍もの厚さがあるので、回復にもそれなりに時間がかかります。正しいケア方法をしても何カ月単位でケアが長引く事も珍しくありません。時に何年という期間でケアする方もいるのも事実です。

 

ですから、そのようなケアしている最中に日焼けなどのしてしまうと、紫外線のダメージで肌が焼けて、ニキビ跡になってしまう可能性が高いです。できる限りは日が当たらない様に露出の少ない服装を心がけることも大事です。夏場は、外に出歩く時は日傘などを常に携帯しておくと良いでしょう。

 

そして、意外と気が付いていない方が多いですが、冷房の冷えによる血行不良や乾燥で、肌のバリア機能が低下してしまうという事も考えられます。実はというような意外な事を治すだけでも、背中ニキビが改善する事も考えられるので、もし、思い当たる事がある時は、積極的に改善してみてはどうかなと思います。

 

この記事では背中ニキビ用のクリームや石鹸を紹介しましたが、あくまでそれは背中ニキビのケアのサポートをするものです。背中ニキビを治すと保証するものではありません。先ずは、私たち本人が生活習慣を見直し、背中ニキビの原因になっていそうだと思う事を改めるべきでしょう。そすれば、背中ニキビ用のクリームや石鹸も最大限の効果が期待できるのではと思います(^^)/

 

 

 

スポンサーリンク