背中ニキビにステロイド配合の市販薬って、効果あるの!?

 

 

背中ニキビがなかなか治らないという方が多くいます。そうなると余計に治療方法を工夫したりする事でしょう。特にはスキンケアだけでなく市販薬で治療をする方もいるのではないかと思います。ですが、実はその市販薬が原因で余計に背中ニキビを悪化させてしまっているというケースもあるようです・・・。

 

特に私がよく聞くのは、ステロイド配合のニキビ薬を使用していたけど、余計に症状が酷くなったという訴えです。ステロイドはニキビ治療に効果が期待できるという情報もあるだけに、実際にどうなのかが気になるところです。以下には私なりのステロイド配合の市販薬の見解をまとめましたので、市販薬を使っている方は、ぜひ参考にして下さい。

 

 

 

背中ニキビに市販薬を適当に使っていないですか!?

 

 

街中の薬局やドラッグストアでは、気軽にニキビ治療薬を購入する事ができます。医師の処方を必要としない治療薬を一般用医薬品(OTC製剤)と呼びます。この様な治療薬で効果が得られる場合もありますが、逆にかぶれてニキビの炎症を余計に引き起こしてしまう場合もあるので、使用には注意が必要です。

 

例えばニキビの外用薬には、角質剥離剤という、表皮の角質を取り除いて、毛穴の詰まりを改善するタイプのものがあります。硫黄が含まれており、専門的には硫黄カンフルローションと呼ばれ、コメド(面皰)初期のニキビに有効であるとして、薬局やドラッグストアなどで気軽に購入する事もできるのです。

 

しかし、角質剥離剤は皮膚を乾燥させてしまい、強い刺激を与える場合も少なくないのです。その為、欧米では角質剥離剤はニキビ治療薬として認められていませんし、むしろニキビ悪化させてしまうものという認識です、とらえられているのです。ですから、私たちもニキビの治療薬だから効果があると信じているものが実は・・・なんて事も十分考えられるのです。

 

今回、私がこの記事でまとめるのは「ステロイド」という成分を配合した市販薬についてです。ステロイドというと、ニキビ治療に効果が期待できると言われる反面、副作用でニキビが悪化するというケースもあるようです。事実、私の知人もステロイドの副作用でニキビが悪化したと訴えていました。

 

果たして、ステロイド外用薬は本当にニキビ治療ができるのか気になるところではと思います。

 

 

ステロイドは正しい使い方をしないと大変な事になるかも!?

 

 

そもそもですが、この記事を見ているあなたは「ステロイド」と聞いて、どの様なものかすぐにピンとくるでしょうか?恐らくですが、ステロイドと聞いても、殆どの方がよく分からないと思うのです。

 

その為、「ステロイドって副作用があるって、本当!?」とか、「余計にニキビが悪化するらしいけど大丈夫なの!?」、更に「ステロイド以外の市販薬の方がいいかも・・・」といったネガティブなイメージが先行しているようです。私の友人も「余計にニキビが悪化してしまった!!」と嘆いていたくらいですから(苦笑)

 

ですが、私の見解としては、殆どの方がステロイド外用剤について正しい知識がない場合や、正しく使用しなかったために問題が生じた可能性が高のではと思っています。つまりですが、ステロイドが外用薬で効果が出るも、逆に副作用が出るかも本人の使い方次第ではないかという事です。

 

もしですが、これからステロイド外用薬を使おうと考えてりうのであれば、以下からの内容はからず確認しておいてもらいたい内容です。ぜひ参考にして下さい(`・ω・´)ゞ

 

 

ステロイドはどんな成分なの!?※効果・効能※

 

 

まず、ステロイドが何なのかについて説明しておきます。ステロイドとは一般的には、有機化合物の中で「ステロイド核」と呼ばれる構造を持っているものの総称です。実はステロイドにもたくさんの種類があります。主に生物の生体内で作られ、中性脂質やタンパク質、糖類とともに細胞膜の重要な構成成分の他、胆汁に含まれる胆汁酸や生体維持に重要なホルモン類として利用されます。

 

この中で、生理活性物質として人体に様々な作用・影響を持つものは「ステロイドホルモン」と言われ、私たちの身体の中で毎日合成され、分泌されています。副腎という腎臓の上にある小さい臓器の皮質といわれる部位から分泌される「副腎皮質ホルモン」と、精巣や卵巣から分泌される「性ホルモン」があります。

 

また、「副腎皮質ホルモン」の中でも機能的に「糖質コルチコイド」と「鉱質コルチコイド」に分類されます。主な作用として、糖質コルチコイドは血糖値を上昇させたり、ストレスや免疫を抑えたり、炎症を抑える作用があり、鉱質コルチコイドは腎臓でのナトリウム、カリウムのバランス調節を行なっています。

 

医薬品として用いられるいわゆる「ステロイド剤」は糖質コルチコイドに分類されるステロイドホルモンまたはその類似物質を人工的に合成したものです。その為、ステロイドの作用は幅広いものです。

 

●細胞の中に入ることができ、核内の遺伝子に直接作用する。

●その作用は大きく持続時間も長いので、様々な病気の治療に向いている。

●ステロイドを投与しないと死に至るような疾患や病態も多数あります。

 

このようにステロイドは自分の体の中で常に存在する身近な物質であり、薬剤としてはすばらしい効果がありますが、その反面、副作用も幅広いものとなってしまいます。それゆえ、ステロイドは「ニキビ治療が期待できる医薬品」でもあり、「副作用が怖い医薬品」となっているのです。

 

 

ステロイド外用薬によっても強さが違う!!

ステロイド配合の市販薬は主に軟膏という状態で販売されている事が殆どです。薬効成分として上記のステロイドホルモンが含まれており、様々な基剤と混合した外用剤のことです。ステロイド外用剤の作用で重要なものは“抗炎症作用”です。背中ニキビで肌がカサカサになって赤くなったりするのは、皮膚の表面で炎症が起こっているためであり、ステロイド外用剤はこの炎症をしずめる作用があります。

 

病院で処方されるステロイド外用剤にはたくさんの種類がありますが、この炎症を抑える強さによって5段階に分類されます。作用の強いものから弱いものまで以下のように分類され、これをステロイド外用剤の“ランク”といいます。(強い)ストロンゲスト⇒ベリーストロング⇒ストロング⇒ミディアム(マイルド)⇒ウィーク(弱い)

主なステロイド外用剤の種類とランクは以下の表をご覧ください。

 

ステロイド外用薬のランク

 

 

◆ I群 strongest:SG(最も強力/最強)◆
・デルモベート(グラクソ・スミスクライン)
・ジフラール(アステラス製薬)
・ダイアコート(ファイザー)

 

◆ II群 very strong:VS(かなり強力/非常に強力)◆
・フルメタ(塩野義製薬)
・アンテベート(鳥居薬品)
・トプシム(田辺三菱製薬)
・リンデロン‐DP(塩野義製薬)
・マイザー(田辺三菱製薬)
・ビスダーム(日医工)
・テクスメテン(佐藤製薬)
・ネリゾナ(バイエル薬品)
・パンデル(大正富山医薬品)

 

◆ III群 strong:S(強力)◆
・エクラー(久光製薬)
・メサデルム(大鵬薬品)
・ボアラ(マルホ)
・ザルックス(マイランEPD合同会社)
・ベトネベート、ベトネベートN(第一三共)
・リンデロン‐V、リンデロン‐VG(塩野義製薬)
・フルコート、フルコートF(田辺三菱製薬)
・プロパデルム(協和発酵キリン)※
・ドレニゾンテープ(帝國製薬)※
・プロトピック(マルホ)※免疫抑制外用薬

 

◆ IV群 medium:M(中程度)◆
・リドメックス(興和)
・レダコート(アルフレッサファーマ)
・アルメタ(塩野義)
・キンダベート(グラクソ・スミスクライン)
・ロコイド(鳥居薬品)
・グリメサゾン(第一三共)
・ケナログ(ブリストル・マイヤーズ)※

 

◆ V群 weak:W(弱い)◆
・プレドニン(塩野義製薬)
・オイラックスH(ノバルティスファーマ)※
・テラ・コートリル(陽進堂)※
・エキザルベ(マルホ)※

 

この様に一言でステロイド外用薬と言っても、強さは様々なのです。ちなみにですが私たち一般人が薬局・ドラッグストアで市販薬として購入できるステロイド外用薬は、成分が限られており、強さを示す5つのランクの内、下から3つのランクの市販薬に限られます。

 

1. III群 strong:S(強力)
2. IV群 medium:M(中程度)
3. V群 weak:W(弱い)

 

ただ、下のランクと言っても使い方次第でも、効果も期待できますし、また、いい加減な使い方をすれば副作用の危険性もあるので注意は必要です。また、このステロイド外用薬の強さも大切ですが、それを塗る場所、つまり私たちの身体の部位によってもステロイドの成分の収集率は異なります。詳しくは以下の図を参考にして下さい。

 

 

ステロイドの吸収率は体の部位によって異なる!!

 

 

上記の図を見ても分かるようにステロイドの吸収率というのは体の部位によっても異なる事が分かると思います。この図は腕の内側の場合のステロイドの吸収率を1としています。そうすると、背中は1.7という値になっています。ですから、腕や背中であれば、余程、ステロイド外用薬を塗ったからと言って、いきなり副作用が出るとは考えにくいのです。

 

では、なぜステロイドで肌が荒れたなどの報告があるかというと、この記事を見ている方も気が付いたかもしれませんが、顔の中でも頬のステロイド吸収率は腕の内側の13倍もあるのです。それもニキビができた頬は通常以上に肌が敏感になっているので、なおの事、ステロイドの吸収が激しいでしょう。

 

つまり、頬などに肌の敏感な場所に、強力なステロイド外用薬を何気なく使用したがために副作用ができている可能性があるという事です。体の部位によってステロイドの吸収率が異なるという事は、体の部位や肌の荒れ方などから、それに応じたステロイド外用薬を処方しなければいけないという事です。

 

 

ステロイド外用剤の副作用には、どんな症状が!!

 

 

ステロイド外用薬の副作用ですが、基本的に正しい使用方法をも待っているのであれば余程はないです。ですが、やはりそれでも副作用が心配という方もいるでしょうから、あえてステロイド外用薬で起こり得る副作用の症状例を挙げておきます。

 

そもそも、外用剤の場合は皮膚の毛包や脂腺から吸収されて効果を発揮しますが、毛細血管内に入るのはわずかであり、全身投与の時のような全身に作用するような効果もないし副作用もありません。その代わり、今度は外用剤ならではの副作用に注意する必要が出てきます。これを“局所的副作用”といいます。代表的な局所的副作用には、以下のようなものがあります。

 

●局所的副作用 主な症状
●皮膚萎縮 皮膚がうすくなり、弱くなる。
●毛細血管の拡張 皮膚の毛細血管が太くなり、透けて見えたり、周囲と比べて赤く見える。
●色素脱失 メラニン色素が少なくなり、皮膚が白っぽくなる。
●多毛 産毛が太くなる。
●ステロイドざ瘡 ニキビができてくる。
●皮膚の真菌感染 水虫やカンジダなどのカビがつきやすくなる。

 

これらの副作用のほとんどは一過性であり、かりに副作用が起きても適切な対処をすれば余程は改善します。局所的副作用はステロイド外用剤を“正しく使用”していれば、通常起こるものではありません。ここで言う“正しい使用法”とは、外用剤の塗る部位とその種類、塗り方、塗る量、塗る期間などのことを指します。

 

では、そこで問題なのはどうやって自分のニキビの部位や症状に合わせてステロイド外用薬を購入すればよいのかという事です。何かしらの目安でもない限り、私たち一般人がニキビの症状を見て、どのステロイド外用薬が合っているのかというのは難しい事でしょう。というよりも、ほぼ不可能な事でしょう・・・

 

背中ニキビが治らないけど、今の時点でステロイド外用薬は辞めようかなという方は以下の記事を参考にして下さい。無理にステロイド外用薬を選ぶ必要もないのですから!!

 

⇒ 背中ニキビをステロイド外用薬に頼らず治なら、こちらのスキンケア商品!!

 

 

市販のステロイド外用薬は成分表を見れば直ぐ分かる!!

 

 

次にですがステロイドを配合していない市販薬を探したちという方もいるのではないかもという事で触れておきます。ですが、もしかしたら知らずに購入してしまうかもと心配な方もいるのではないでしょうか??本当に簡単な方法は成分表をしっかりと確認する事です。

 

では、どうやってステロイド外用薬と、それ以外の外用薬を見分ければよいかという事です。上記の画像を見ても分かるように「概要副腎皮質ホルモン剤」と記載されていますが、これがすれロイド外用薬という事です。もっと簡単に簡単にいうと「・・・ゾロン」や「・・・ゾン」などと書いてあるものがステロイドです。(フルコートFは例外ですが。)フルコートFの成分表は以下の様になています。

 

【外箱の裏面に記載されている成分表】

少しボケて分かりずらいと思うので成分をかき出すと以下の様に・・・

●成分・分量
成分(1g中)
成 分 含 量
フルオシノロンアセトニド(合成副腎皮質ホルモン) 0.25mg
フラジオマイシン硫酸塩(抗生物質) 3.5mg(力価)

添加物:パラベン、ラウリン酸ポリエチレングリコール、
プロピレングリコール、サラシミツロウ、ワセリン

 

【中に同封されている説明書】

 

こんな感じで確認できます。ですから、ステロイド外用薬を心配するのであれば、成分表ないし、説明書を見れば直ぐに分かるという事です。また、ステロイド外用薬は販売場所も限られています。

 

ステロイド外用薬はコンビニなどではステロイドは取り扱えません。つまり、コンビニなどで販売されているニベアなどはステロイドが配合されていないという事です。つまり、薬局やドラッグストアなどの特定の場所でしか、ステロイド外用薬は取り扱っていないという事です。

 

早く言えば、ステロイド外用薬は私たち一般人が間違って安易に購入できない様に予め販売場所が限られているという事です。どうしても使いたい時は薬局などで薬剤師さんにあるか尋ねてみると良いでしょう(^^)/

 

 

ステロイド外用薬にあるよく質問をまとめると!?

 

 

◆ステロイド外用薬は使い続けないといけないのか!?

ステロイドは炎症を抑えるためのもので、ニキビそのものをできなくするものではないです。ですから、肌質改善でき、ニキビができにくくなれば自然とステロイドの使用も辞められるはずです。しかし、なかには長期にわたって使用しないといけない症状もあります。その場合は、ステロイドの効果を弱くしたり、使用を中止するなどの治療が必要になります。

 

◆ステロイド外用薬の使用を辞めると元に戻るの!?

長い間、ステロイド外用薬を使い続けると急にやめた場合に症状が悪化することが、稀にあります。一般的にはこれをリバウンドと称しています。ただこれは、ニキビができ易い体質に逆戻りした訳ではなく、炎症がまた起きたという事です。ステロイドは炎症を抑える効果であり、根本的なニキビの改善ではないのです。

最近の研究で解明されてきたことですが、皮膚は自身でステロイドを作っています。皮膚にとってステロイドは必要なものです。ところが長期にステロイド剤を外用することで、自身でステロイドを作れなる、ステロイド依存体質になってしまう事があります。ステロイド切れを起こして悪化することがあるようです。これがリバウンドの正体ではないかと考えられています。

 

◆ステロイド外用薬の浸透力で骨に影響が出るのか!?

ステロイドの副作用についての多くは飲み薬によるものです。ネットでは飲み薬も塗り薬も同じように表現されるために、いかにもステロイド外用薬で副作用があるのではと勘違いされているようです。ネットの情報は曖昧なので、「ステロイド=危険」というイメージができてしまたっただけです。塗り薬で体内に入るステロイドの量は微量です。骨に悪い影響を与えるという事は考えにくいです。

 

◆ステロイド外用薬でニキビができやすくなるのか!?

ステロイド外用薬はかなり高い浸透力で働きかける為、塗った部位の皮膚の免疫力が低下します。そうすると、その部位に細菌やウイルスがついて、にきびやおできができやすくなる事もあります。このような状態になると、今までと違った症状が現れる可能性もあります。その場合は、無理にステロイド外用薬を使用せず、皮膚科で医師に相談するべきです。

 

◆ステロイド外用薬で肌が黒ずむこともあるのか!?

ステロイド外用薬で黒くなるのではありません。炎症のあとが一時的に黒くなることがあり、それが原因です。時間がたてば薄くなっていきます。日焼けのあとに肌が黒くなるように、皮膚は赤くなると次に黒くなります。ステロイド外用薬で炎症を抑えることで赤みが消えて黒くなってきます。日焼けのあとが一生残らないようにステロイド外用薬を使ったあとの黒さも時間とともに消えていきます。

 

◆ステロイド外用薬の成分は皮膚に蓄積するのか!?

ステロイドの塗り薬が皮膚に蓄積することはありません。ステロイド自体は毒ではなく、人にとって必要不可欠なもので、皮膚は自らステロイドを作っています。ステロイドの塗り薬を長期に使うことで、皮膚自身がステロイドを作る力が弱くなることによるトラブルは起こりうるので、注意が必要にはなります。

 

◆ステロイド外用薬で血管が浮き皮膚が薄くなるのか!?

ステロイド外用薬の吸収率がよい顔面や高齢者の皮膚に、長期間にわたって効果の強いものを使用し続けると血管が浮いたり、皮膚が薄くなることがあるのも事実です。そのためにステロイド外用薬を使用する空けるなどして、うまく使っていくことが大事です。無理に使用し続けるものではないです。

 

 

背中ニキビにステロイド外用薬は、結局、おすすめなの!?

 

 

最終的にですが、では、結局のところステロイド外用薬は背中ニキビに有効なのかという事ですが、私なりの意見をまとめておきます。確かにステロイド外用薬はなるべく使用期間を短期間にとどめる」ことや、「皮膚の厚さや薬剤の吸収率を考えてステロイドのランクを選択すること」をしっかり守れば有効な治療法になり得ると思います。

 

ですが、私たち一般人が的確にステロイド外用薬を使うというのは至難の業です。ですから、ステロイド外用薬で言えるのは、独自の判断でむやみに使用はし内容方が良い!!という事です。

 

もしどうしても、ステロイド外用薬を使用したい時は、薬局などで薬剤師さんに自分が抱えている肌の悩みをできるだけ詳しく説明したうえで、その症状にあったステロイド外用薬を処方してもらう事をおすすめします。きっと薬剤師さんなら、ある程度の知識を持っているので参考になるアドバイスがもらえると思います。

 

また、更に慎重に使用したいという方は、皮膚科で診察を受けてみることです。専門医に元、的確な治療を受ければ、ニキビの治り方もだいぶ違ってくるとは思います。勿論、全ての医師を信用して良いという訳ではないのですが、それでも独自に判断でいい加減にステロイド外用薬を使用するよりは、いく分良いのではと思います(^^)/

 

 

 

スポンサーリンク