洗顔料はモチモチ泡にしないといけないの?面倒だけど・・・

 

皆さんは洗顔料を使う時に、洗顔料をどのように使用しているでしょうか?恐らくですが、殆どの方は洗顔料を泡立てていると思います。実際に私も洗顔料は思いっきりモコモコ泡にしてから使用しています。ですが、中には洗顔料を泡立てるのが綿だどうだからという事で中途半端に泡立てている方も目立つように感じます。

 

では、そこで疑問なのは洗顔料は何でそんなにしっかりモチモチ泡になるまでしっかり泡立てないといけないのかという事です。私が思うには、肌荒れが治らないという方は、少なからずですが洗顔方法がいい加減な事も関係しているのではと思うのです。ですから、この記事では洗顔料の泡立てがいかに大事かを詳しく解説していこうと思います(^^)/

 

 

 

洗顔料をモチモチ泡にする方法※動画解説付き※

▼ルナメアAC洗顔フォームを動画解説▼

※動画再生時に多少音が出ます※

 

⇒ ルナメアAC洗顔フォームを詳しく知りたい時はこちらから!!

 

洗顔料は洗顔フォームであれ、洗顔フォームであれモチモチ泡で使用するのが基本になります。モチモチ泡で包むように洗うのは確かに気持ちが良いものですが、決して使用感だけという事ではないのです。モチモチ肌で包むように洗うという事は、肌への摩擦がないので肌に負担をかけずに済みます。

 

また、肌にしっかりと密着したモチモチ泡が肌に未着する事で毛穴の中に溜まった皮脂や角質を包む込んで洗い流してくれるのです。因みにですが、ここ気ゴシゴシ洗う方が多くいますが、ゴシゴシ洗うと毛穴の中の汚れを自ら毛穴に刷り込んでしまうようなものです。基本はモチモチ泡で撫でるように優しく肌を洗い上げる事です(^^)/

 

もしですが、このモチモチ泡がないとどうなるか以下に載せておくので、興味あれば参考にして下さい!!

 

 

洗顔料を泡立てずに使用するとどうなるか!?※要注意※

 

では、洗顔料を泡立てずに、そのまま使用するとどうなるかという事です。確かに、洗顔できない訳ではないのですが・・・。問題は、洗顔料を肌にこすりつける際に生じる摩擦です。元々、泡立てる前提で開発された洗顔料をそのまま使うという事は、かなり固い形状です。それを肌にする込むようにゴシゴシと擦る事になり摩擦が生じます。肌の弱い方は要注意です!!

 

特にニキビ肌で肌が荒れがちな方は気を付けた方が良いです。洗顔料を伸ばすためにゴシゴシ擦りつければそれだけでも刺激になりますし、更に言うと、中には合成界面活性剤や合成ポリマーの配合された洗顔料もあるのも事実です。それをニキビで炎症した患部に刷り込んでいるようなものです。

 

これでは、ニキビなどの肌荒れを抱えた方は余計に肌質悪化するのも無理はないという事です。洗顔料や固形石鹸には色々な特徴があるので一概には言えませんが、説明書を確認してしっかりと泡立てると記載がある場合は、決して面倒臭がらずにしっかりとモチモチの泡を作る事が大切になってきます。

 

 

洗顔料を泡立てるなら「泡立てネット」が便利です!!

 

⇒ 泡立てネットをプレゼントしてもらうにはこちらをチェック!!

 

上記でも触れたように洗顔料をしっかりと泡立てるという事は大切です。ですが、やはり朝晩1日2回が基本の洗顔で、毎回その様な手間をかけるのは大変だという方もいるでしょう。(かくいう、私も面倒くさがりなので他人の事はいませんが・・・)

 

そこで少しでも活用したのが洗顔料を効率よく泡立てる事ができる「泡立てネット」です。ただ、効率よく泡立てれるだけでなく、肝の細かくてもっちりした泡ができるので、より一層、毛穴に詰まった皮脂や角質などの汚れもきれいに落ちます。ですから、泡立てネットは手軽に泡立てて、よりきれいにもなれる便利なスキンケアのアイテムなのです。

 

市販の薬局やドラッグストアでも購入できますが、先ほど動画で紹介したルナメアACならお試しセットを購入するだけで無料でプレゼントしてもらえるのです。洗顔料と泡立てネットが同時に、尚且つ、お買い得に購入できるので、興味がある方は必ずチェックしておくことをおすすめします(^^)/