植物由来の化粧品だと安全だという先入観が・・・

 

最近は健康志向に拍車がかかり、オーガニックブランドの乱立も目立つようになりました。それらの化粧品を手に取ってみると「植物エキス配合」とと堂々と謳っています。この様な謳い文句を見ると、思わず私たちも「肌に優しいのだろうな」「肌ケアがこれならできるかも」などと考えてしまうところです。

 

ですが、果たして本当に植物由来だから安心なのでしょうか?肌に害はないのでしょうか?恐らくですが、殆どの方は確かめた事なのでないのではと思います。

 

この記事で私が皆さんにお伝えしたかったのは、本当に安全な化粧品の真実とは何のかという事です。早く言えば、植物由来だからとか、オーガニックだからと根拠のない考える事はリスクがあるという事です。その事を知ってもらう為に、あえて「植物由来」の裏事情をまとめました。

 

植物エキスと同時に合成界面活性剤が配合されている!!

 

「植物由来配合」という謳い文句の化粧品は本当に良く見かけます。少し古いデータですが、平成18年に調べたところ、化粧品原材料の内、約23%が植物や海藻類を原材料としていました。(植物油や精油を含んで言いません)成分の種類は年々増えていますので、今は恐らく、それ以上の割合を占めているかもしれません。

 

さて、人気のある「植物由来の化粧品」ですが、本当に安心して使えるのかというと、私としてはNOと言いたいところです。決して植物由来だから危険とかいう訳ではないのですが、植物由来でもそれなりのリスクがあるかもしれないという事です。

 

先ず、私が植物由来の化粧品で危惧するのは「薬効」です。植物由来というと「薬草」のイメージが湧くせいか、多くの方が「薬効がある」と勘違いしています。実際には、植物エキスには、皮膚組織に直接活力を与えるような効果は、殆どありません。たとえ、植物エキスに薬効があったとしても、皮膚のバリア機能を壊して内部に浸透さないと、効果は出ません。

 

その為、植物由来成分配合の化粧品には植物エキスを肌内部に浸透させるために、合成界面活性剤を併用して配合するという事実があるのです。ですが、メーカーとしても、そこはできる限り触れずに植物由来を強調して、何とかして消費者の購買意欲をそそろうとするわけです。

 

植物由来には「毒性」もあると事実にも注意!

 

次に私が植物由来で危惧するのは「毒性」です。植物は、東洋でも西洋でも、「薬」として珍重されてきました。薬草というと分かりやすいかと思います。薬として側面を持つ一方で、植物や動物と違い動けませんから、外敵から身を守るための防衛手段として、内部に「植物毒」を含むものもあります。

 

多くの方は、植物に対して「薬になる」「体に良い物」というイメージを持っています。繰り返しになりますが、植物は「薬」の側面を持つ一方で、「毒性」を持つのも事実です。薬としてであれ、毒としてであれ、もたらされる効果については、「作用」「効能」「刺激」などと言います。

 

化粧品に使う時はよくよく注意しなければいけないという事です。特に植物にアレルギーを持った方は尚更です。新しく開発される成分であると強調される場合は、必ず自分の体質に合うものか確認をして下さい。私たち消費者も「植物由来の天然成分」というフレーズに、ついつい飛びついてしまいがちです。

 

ですが、「肌に優しそう」というイメージを持つ前に、先ずは「植物由来」でも先ずは必ず成分を確認してみるという事を自分に言い聞かせてみて下さい。そして、分からない時はネットで調べてみて下さい。少し面倒と思うかもしれませんが、そのひと手間が自分のの大事な肌を守る事にも繋がるはずです(^^)/

 

化粧品の「食部由来」「無添加」「ノンシリコン」とか・・・

 

上記の画像は私の近所のドラッグストアで撮影した画像です。見ても分かるように何の根拠があり「最高のうるおい」と表現しているのかは謎です。そもそもですが、化粧品に加工する上で、植物由来と謳っても他の化学薬品との合成は避けられませんし、無添加っで安全と言っても、特定の添加物を排除しての事です。

 

化粧品に関しては2001年の薬事法の改正を機に、多くのメーカーが化粧品業界に参入しました。今まで大手だけで占めていたシェアを全く関連性がないメーカーまでもが取り合う事になったのです。そして、それに並行して、過剰なまでの宣伝や謳い文句が飛び交うようになりました。

 

私たち消費者にとっては色んな化粧品が選べるというメリットがある代わりに、本当に良いものが分かりにくくなっているのも事実です。中にはあからさまにメーカーが都合の悪いくとを隠して販売しているものもあります。それを思わず買ってしまうと、肌ケアができるわけもありません。

 

このブログでは、それらの情報を詰め込んでいるので興味があるかは、他の記事も、ぜひ参考にしてもらえればと思いまし、分からない事があれば、気軽にコメントしてもらえればと思います(#^^#)