紫外線には3種類ある事を知っていますか??

 

紫外線というと、皆さんはどの様なイメージを持つでしょうか?恐らくですが、殆どの方は「夏場に多い」、「肌に害がある」などというあいまいなイメージしなないのではと思うのです。それも紫外線というとただそれだけで他に種類はないと考えがちです。ですが、実は、紫外線と言っても色入り種類があるのです。

 

そこで、紫外線にはどの様な種類があるのか調べてみました。その種類が都の特徴と、肌への影響をまとめておきます。紫外線はシミやシワの原因にもなります。この記事では紫外線の事を少しでも理解してもらい、正しい肌ケアをしてもらえればと思います。きっと役立つはずです(^^)/

 

紫外線は3種類(UVA・UVB・UVC)あります!

 

日光の中で、波長の短いものが紫外線と呼ばれています。光のエネルギー量の内訳で見ると、日光の50%は可視光線で、45%が赤外線、残りの5%が紫外線です。こう考えると、「「なんだ?紫外線って、光の5%しかないの?」と思うかもしれませんが、この5%の紫外線が肌に及ぼす影響は大きいです。

 

夏の紫外線量は冬の3~4倍にもなり、4~9月で1年間の紫外線量の70~80%を占めています。ただ、いくら夏に紫外線量が大いからと言っても秋や冬でも紫外線が降り注いでるのは間違いないことです。年間を通して、紫外線がなくなる時期というのはないのです。紫外線対策は年間を通してと言われるのはこの為です。紫外線は、A波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)に分かれます。

 

①UVA(紫外線A波)

長波紫外線とも呼ばれる、波長320~400㎚の紫外線(1㎚は1㎜の100慢分の1)。全紫外線の90%を占めます。エネルギーは弱いですが、雲やガラスを透過する性質を持ちます。皮膚も透視して真皮まで到達し、シミやシワの原因になります。

 

②UVB(紫外線B波)

短波紫外線とも呼ばれる、波長280~320㎚の紫外線。全紫外線エネルギーに占める割合は10%以下ですがエネルギーが強く、サンバーン(火ぶくれになるような日焼け)や皮膚がんの主原因になります。雲などで遮られやすく、皮膚においても真皮の深いところまではほとんど到達しません。

 

③UVC(紫外線C波)

波長190~280㎚の紫外線。地上にはほとんど到達しません。

 

紫外線(UVA・UVB・UVC)の特徴とは!?

 

 

UVAは生活紫外線、UVBはレジャー紫外線とも呼ばれます。UVAは雲やガラスを突き通す性質を持つため、曇りの日でも室内でも、常に身近に存在します。衣類も通過する厄介者です。エネルギーが弱い為、浴びている感覚があまりないのですが、知らないうちにじわじわと皮膚の老化を進めていってしまいます。

 

UVBはエネルギーが強い為、海辺などでは短時間で火ぶくれを起こす原因になります。どちらも皮膚への影響が蓄積すると、シミやシワなどの皮膚老化、また、皮膚がんの原因になります。

 

紫外線による日焼けにも種類があります!

 

紫外線の肌への有害作用にも色々な種類があります。大きく分けて急性のもの(発症が急激なもの)と慢性のもの(少しずつ蓄積して現れてくるもの)とに分けられます。慢性的なものは、分かりやすく言えば、シミやシワなどです。つまり紫外線で日焼けするなどの症状は急性のものに分類される事になるのです。

 

そして、その紫外線の有害作用で急性のものを詳しく見ていくと、更に以下のように別れる事が分かります。この記事を見ているあなたは、どちらに分類されるか確かめてみて下さい(^^)/

 

●サンバーン(紅斑形成)

日焼けで赤くなる事を指します。UVBによるもので、紫外線を受けた部分が赤く膨れて熱をもち、ひどいバイは水泡ができます。(火傷と同じ状態になります)。紫外線を受けてから8~12時間でピークに達し、炎症は数日間続きます。サンバーンを起こすほどの日焼けは、DNAの損傷も伴うので、サンバーンを繰り返す皮膚がんの原因になります。

 

●讃嘆(色素増強)

日焼けで黒くなること。UVAとUVBの両方によるもので、紫外線照射72時間後くらいからメラニン産生が始まり、1ヵ月以上続くこともあります。生成されたメラニン色素は、皮膚のターンオーバーとともに数カ月かけて排泄されていきますが、排泄しきれずに残るとシミになります。

また、繰り返しサンタンを起こすとメラノサイトの数自体が増え、より肌は黒くなり、またシミだけでなくほくろができる事もあります。

 

メイクは紫外線から肌を守る役目もあります!

 

肌が荒れて調子が悪い時、真っ先にメイクを辞めてみるという女性も多いようです。毎日のようにメイクをしながらも、メイクは肌に悪いという思いが頭のどこかにあるからというのが頭の片隅に焼き付いているからかもしれません。ですが、実際にはメイクは皆さんが思うほど肌を荒らすものではないのです。

 

なぜかと言うと、スキンケア用の化粧品は肌に浸透するように作られています。メイクアップ化粧品はあくまで肌に載っているもので、浸透はしない、つまり肌に入っていかないので、アレルギーなどのトラブルは少ないのです。

 

メイクは、肌の上に膜を作って見た目をカバーするだけでなく、外的刺激からも肌を守ってくれます。当然、紫外線を防ぐ役目も果たすという事です。正しい化粧品の選び方、そして使い方をすれば、肌を健康に保つ事にも役立つのです。一度、メイクの役割を見直して盛るのも良いでしょう(^^)/