紫外線対策(UVケア)は秋や冬でも必要なの?

 

当たり前のことですが、夏は日差しが強く、空き家冬になると日差しは弱くなります。夏場は外に出るだけでも日焼けしてしまったという事もあるでしょう。夏場には紫外線対策は必須と言ってよいでしょう。夏場に紫外線対をしないと、日焼けしてシミやしわだらけになってしまいますから(ノД`)・゜・。

 

では、そこで疑問なのは空き家冬になれば紫外線対策は必要なのかという事です。具体的に言うと、日焼け止めクリームなどのアイテムは必要なのではという事です。この記事では、空き家冬の紫外線対策について詳しく触れています。紫外線対策のポイントなのでぜひ、参考にして下さい。

 

夏場と秋・冬ではこんなに紫外線の量が違うけど・・・

 

まず始めにか確認してもらいたいのは、日本での年間の紫外線量です。上記のグラフを見ても分かるように、5月から8月にかけての紫外線量はかなり多めです。紫外線が最も少ない12月と、紫外線が最も多い8月を比べると約4倍もの差があるのです。当然、紫外線が多い時期はなるべく紫外線に当たらない工夫が必要です。

 

ですが、ここで注目したもらいたいのは紫外線が多い少ないという事ではないのです。何が言いたいかというと、紫外線は年間を通して常に降り注いでいるという事です。

 

つまりですが、秋や冬で紫外線が少ないからと言って、紫外線対策をしないと、少なからず紫外線を影響を受けてしまうという事です。それも日焼けしないという安心感から余計に無謀になっている事がそれに拍車をかけているのも間違いありません。紫外線が少ないから対策をしなくては良いというものでは無いのです。

 

紫外線対策は年間を通して行うのが理想!!

 

秋や冬でも紫外線対策を続けると・・・

紫外線は季節や時間帯によって量に違いはありますが、一年中、天候に関わらず降り注いでいます。紫外線の影響を避けられうのは、太陽の沈んだ後、夜の時間帯のみです。また、窓ガラスを通して室内に入ってきたり、道路からの照り返したり、紫外線はあらゆる方向から影響を及ぼします。

 

紫外線を100%ガードする事は不可能と言ってよいくらいです。日焼け止めや服装、食事などできるだけ紫外線を防ぐことが大切です。面倒に思えるかもしれませんが、日々、紫外線対策に気を遣っていれば、10年後、20年後に必ず肌が違ってきます。

 

⇒ 私のキレイを助けたのは【ビューティーボタニカル】

⇒ すみずみまでケア「インナーパラソル16200forUV」

 

紫外線対策に小物類も役立つ!!

まず日焼け止めは、特別なケアではなく服を着るのと同じ当たり前のケアととらえても良いでしょう。更に、日傘や帽子、サングラス、スカーフなど、白よりは黒や紺などの濃い色の方が紫外線を通しません。紫外線カットの効果がある、尚且つ、周りから紫外線が侵入しない顔にフィットする形状を選ぶと良いでしょう。

 

服も、肌をできるだけ出さないものを選ぶのが良いでしょう。夏でも冬でもですが、肌を露出しない為に上から羽織る事ができる服を持ち歩くのも良いでしょう。

 

見落としがちな紫外線に注意が必要!!

 

以下には、日常生活に潜む見落としがちな紫外線をまとめておきます。決して必ず該当するというものではないのですが、かなり多くの方が当てはまるのではないかと思います。

 

【注意その1】室内でも紫外線は防げない!

シミやシワ、たるみの原因になる紫外線A波は窓ガラスを通り抜けます。自宅の窓際で過ごす場合には紫外線にも気を付けたいところです。オフィス、電車、車などでも、日焼け止めだけでなく、スカーフなどの小物を使った+αのガードをすると良いでしょう。

 

【注意その2】帽子や日傘だけではNG!

太陽から直接降り注ぐ直射日光の他に、空気の粒子に当たって空中に散乱する「散乱光」や、道路などから跳ね返ってくる「反射光」など、あらゆる方向から紫外線が当たります。帽子や日傘を使っていても安心はできません。日焼け止めやサングラスを使う、服装はできれば長袖や折れるものを持ち歩くのがおすすめです。

 

【注意その3】天候が悪い日も対策は必要!

晴れの日の紫外線量を100%とすると、薄曇りの日は80~90%、曇りの日は60%、雨の日は30%です。また、天気が急に変わる事もあります。紫外線量がゼロになるのは夜だけです。雨の日も曇りの日も、油断せず紫外線対策をしましょう。

 

【注意その4】朝、夕がたも油断は禁物!

紫外線量のピークは10~14時です。但し、Bははその時間帯に照射量が特に高まるのに対し、A波は日の出から急激に上昇していき、日の入りまで、かなりの量が降り注いでいきます。

 

紫外線貯金がいっぱいになるとシミができる!

 

ある日突然できるシミ。「紫外線対策はしっかりしていたつもりなのに、なぜ?」と、思う方も少なくないと思います。シミは、ここ最近に浴びた紫外線のせいでできているものではありません。生まれてからずっと浴びてきた紫外線の積み重ねが、シミとなって突然現れるのです。

 

肌の奥には、紫外線貯金箱があって、そこに、毎日のわずかな紫外線でもすべて貯金されていきます。いつか貯金箱がいっぱいになった時、あふれ出すようにシミができてきます。

 

「ちょっとの外出だから、秋や冬だし、素肌のままでかけても♪」などという油断が少しずつ紫外線貯金を殖やしていきます。また、貯金箱の大きさによって大小があり、生まれつき小さい人、つまり紫外線に弱い人は、紫外線貯箱が直ぐにあふれていっぱいになってしまいます。

 

若いころ、アウトドアのスポーツして真っ黒に焼いた方は、もうすでに貯金のスピードが他の人より早く進んでいるかもしれません。一生に浴びる紫外線の約6割は、10代のうちに浴びてしまっている方が多いと言われます。その頃に日焼けしたかでシミのでき始める年齢も大きく影響するのです。

 

ですから、紫外線対策は夏場は当然ですが、それだけでなく、秋や冬など比較的紫外線が少ない時期もしっかりと行っておきたいところです(^^)/