白ニキビと言えば、ニキビができ始める段階でできるものですが、偶に白ニキビができて触ると痛いという方がいます。そして、どの様にケアして良いのか分からずに放置した挙句、化膿してしまったという方がいます。そうなると、化膿してしまったニキビはケアが大変ですし、ニキビ跡になってしまう可能性も儒分あります。白ニキビの内にケアしておけば良かったと後悔するかもしれません。

 

そこでこの記事では白ニキビが痛いというのは、いったいどの様な症状のサイトなのかを詳しく解説していこうと思います。白ニキビの時にケアできればニキビ跡にならずに済むかもしれなかっと後悔しない為にも。ぜひ白ニキビができてしまったかは屋ニキビのできやすい体質の方は参考にして下さい(^^)/

 

 

白ニキビが痛いのはある症状のサインかもしれません!!

 

 

この記事を見ているという事は、もしかしたらですが今現在ニキビができていて触ると「痛い!!」なんて感じている方もいるのではないでしょうか?

 

実はですが、あまり知られていないのですが、上記の画像の様に白くできたニキビですが、白ニキビではなく「黄ニキビ」なのかもしれないとのです。正直、よく見ても白ニキビとあまり区別はつきません。ですから、ほとんどの方がニキビの初期症状の白ニキビと勘違いして見落としてしまっているのです。ですが、飽津舌先に待ち構えているのは、化膿した黄色ニキビなのです・・・(;^ω^)

 

なぜ私がこのように断言できるのかは理由があります。そもそもですが白ニキビ、黄ニキビ、それぞれ特注の特徴があるのです。例えばですが、白ニキビは触るとザラザラしてブツブツだったり、大量発生しる事があります。それに対し黄ニキビは鼻の下や口周り、更におでこや首筋などに単独でポツンとできます。つまり黄ニキビは単独で突如できるケースがよくあるのです。

 

単独であるがゆえに気になり触ってしまったり、潰そうとしたりする方が多いようです。ですが、黄ニキビですから膿を持っている可能性は十分あり、それを無理にいじると余計に炎症が酷くなることも考えられます。黄色ニキビを放置しない為にも以下に白ニキビと黄ニキビの特徴とケア方法を詳しくまとめておきます。

 

 

白ニキビと黄ニキビの特徴を比較してみると!?

 

 

 

なぜ、白ニキビと黄ニキビを勘違いしてしまうと、後々大変な事になるのか説明しておきます。ニキビとは基本的に、毛穴に皮脂がつまり、そこで炎症を起こしている状態です。正常な肌は、毛穴かの奥にある皮脂腺から皮脂が分泌されても、毛穴の口が開いているので皮脂が詰まる事はありません。ですが、生活習慣の乱れなどが原因でホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが過剰に分泌されて、それに伴い皮脂も過剰に分泌されます。

 

そして、その過剰に分泌された皮脂が古くなった角質と混ざり合い毛穴に詰まる事があります。それこそが「白ニキビ」と言われる状態です。ただ、この白ニキビはニキビの症状としてはかなり初期段階なので、適切に処理すれば余程は改善し跡に残らないのではと思います。但し、放置しておくと毛穴に詰まった皮脂でニキビの原因になるアクネ菌が大量に繁殖します。

 

アクネ菌は嫌気性の性質があり、脂肪分を好む傾向にあります。ですから、毛穴に詰まった皮脂はまさにアクネ菌の増殖にはもってこいのなるのです。そしてそのままアクネ菌が増殖していくと毛穴内部が炎症してしまいます。そして化膿した状態になると、触ると「痛い!!」という感触になるのです。多くの方がこの段階を白ニキビと勘違いしているようですが、これはまさに毛穴の中に膿がたまった「黄ニキビ」です。

 

ちなみにですが、この炎症が起きたニキビに更に「黄色ブドウ球菌」が侵入し、炎症がさらに拡大するケースも報告さえています。黄色ブドウ球菌というと食中毒などで気をつけなければいけないというイメージが大きいでしょうが、ニキビの場合という事で簡単に触れておきます

 

【黄色ブドウ球菌とは】

黄色ブドウ球菌ですが、実は皮膚の炎症と切っても切り離せない細菌なのです。例えばですが、調理中に何かしらの原因で手などの皮膚に傷ができます。その傷口から黄色ブドウ球菌が入り込み、とびひやアトピーの症状の悪化に繋がってしまうケースがあります。中には体の中から黄色い汁みたいなものが出る方もいる様です。できる限り清潔にして医薬品などに頼らないと黄色ブドウ球菌は死滅できないでしょう。

 

ですから、いきなりぷくっとできたものが白ニキビかどうかは慎重に判断したほうが良いかもしれません。

 

 

白ニキビの特徴とケア方法について!!

 

 

白ニキビの症状をまとめておきます。白ニキビは正確には上記のような画像の状態です。

 

【白ニキビの特徴】

  • ポツポツとした凹凸が大量にできやすい
  • 症状が浅いのでニキビと認識されにくい
  • 余程はケアで改善できる上、跡も残りにくい

 

具体的なケア方法があるかというと、生活習慣など見直す事が重要だと思います。肌が荒れる、今回の様に白ニキビができ始めるのは生活習慣が乱れてホルモンバランスが乱れていることが原因なあるはずです。ですから、会社のストレス、食事の偏り、睡眠不足や夜更かし、などはできる限り改善したいところです。また女性の場合は生理周期にもホルモンバランが崩れる場合もあるので注意が必要でしょう。

 

その上で洗顔などのスキンケア法う方も正しいのか見直すべきです。意外と多いのですが。、肌が荒れ気味だからと言って洗顔を多めにしたり、やたらとゴシゴシ擦る方がいます。ですが、残念ながらそれでは肌質が悪化しかねません。間違った洗顔方法を続けると肌が乾燥して余計にニキビができやすい肌になるかもしれません。以下に正しい洗顔方法の記事も載せておくので参考にしてください。

 

( 詳しくは ⇒ 正しい洗顔方法について )

 

 

黄ニキビの特徴とケア方法について!!

 

 

黄色ニキビは炎症を伴う為にできる限りは触らない方が良いでしょう。画像は黄ニキビになりかけの状態です。

 

【黄ニキビ】

  • 炎症が進んで触ると痛い
  • 膿が出ている場合もある
  • 潰すと余計悪化する
  • 治っても跡になりましぃ
  • できるだけ早く皮膚科で見てもらうべき

 

この様に当たり前ですが、黄ニキビは炎症が起こっているので、触らない様にしたいところです。間違っても潰さないで下さい。できるだけ早く皮膚科で治療する事をおすすめします。ちなみにですが、上記のような症状を私の母も経験しているという事ですが、その際に使ったステロイド剤の副作用で余計に肌質が悪化したという事です。

 

ですから、なおさら独断でケアするのは辞めた方が良いという事です。

 

 

ニキビ薬だから何でもかんでも聞く訳ではない!!※要確認※

 

 

デパートの薬品売り場やドラッグストアでは、ニキビ治療薬と購入する事ができます。医師の処方を執拗としない治療薬を一般用医薬品(OTC製剤)と言います。このような治療薬で効果が得られる場合もありますが、中にはかぶれや炎症を引き起こしてしまう場合もありますから、注意が必要です!!

 

例えば、ニキビの外用薬には角質剥離剤という表皮の角質を取り除いて毛穴のつまりを改善するタイプのものもあります。その成分には硫黄も含まれており、専門的には硫黄カンフルローションと呼ばれ、コメド(面皰)が主体となる白ニキビに有効と言われています。その為にドラッグストアなどでも簡単に入手できるようになっています。

 

しかし、皮膚を乾燥させてしまい、強い刺激を与える場合も少なくないのです。その為、欧米では硫黄カンフルローションはニキビの治療薬として認められていません。むしろニキビを悪化させてしまうものという見方が強いくらいです。また、コメド(面皰)が形成されると、アクネ菌などが増殖して炎症を起こしやすくなります。この段階では炎症を抑える抗炎症剤を使用するのが一般的です。抗炎症作用に効果のあるイソプロフェンピコノールという成分が主体となる治療薬ですが、あまり有効であるとは言えません。

 

さらに次の段階では、アクネ菌などの増殖を防いで炎症の進行を食い止めるため、抗菌作用に優れた治療薬を使うのが一般的です。このように、ニキビの進行状況に合わせて治療薬を使い分けるのですが、、一般的に使用される薬を使った薬物治療ではなかなか治らない問うのが、ニキビに悩む方のリアルは本音なのです。治りにくいばかりか、硫黄カンフルローションの様にニキビを悪化させてしまう事もあるのです。

 

一人ひとりの症状をしっかり見極め、確実な治療効果が得られる方法を選ぶ事は非常に重要です。しかも、安全でなければなりません。そうした治療が可能になるのは、やはり皮膚科や美容皮膚科などの専門の医院になるのではと思います。一度、施文的な場所に足を運んでみようかどうしようかと迷っている方もいいのではないかと思います。そんな方は、先ずは自分にあった治療法がどんなものか知るためにも、カウンセリングなどを申す込むのもありだとは思います。

 

⇒ 美容皮膚科について詳しく知りたい時は、こちらも参考にして下さい!!

 

 

 

スポンサーリンク