男の学生さんも、女の学生さんも年頃になると体の発育とともに、異性への感情も芽生えてくる時期だと思います。そして恋愛感情が膨らめば自然と異性の目なども気になる頃になるのではと思います。そんな時に、思いもよらずニキビができてしまうというケースはよくあります。いわゆる「思春期ニキビ」という症状ですね。

 

正直なところ、誰もなりたくて思春期ニキビになる訳ではないと思います。そして、思春期ニキビで悩まされる学生さんは何とかして改善しようと躍起になる事でしょう。でも、いつまでも治らないと・・・そんな事もよく耳にします。この記事ではそんな方の生活習慣に着目して気ををまとめています。思い当たる方もいるのではないでしょうか??

 

 

思春期ニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れ!!

 

 

恐らくですが、早い学生さんだと小学校の高学年くらいからニキビができ始めるのではないかと思います。そして、中学生くらいになるとかなりの割合でニキビで悩んでいますよね。早く言えば思春期ニキビという症状ですが、この原因が何なのか、この記事を見ている皆さんは知っているでしょうかね??

 

実はこの思春期ニキビですが、第二次性徴期を迎えて起こるホルモンバランスの乱れできる原因と言われています。男性にしても、女性にしても性ホルモンはあり、男性ホルモンと女性ホルモンがあります。男性ホルモンはアンドロゲン(テストステロン)が代表的で、女性ホルモンは卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が代表的です。

 

第二次性徴期になるとこの性ホルモンの働きが活発になるのです。特に思春期ニキビの原因になるのは、男性ホルモンです。男性ホルモンの働きによって、皮脂を分泌する皮脂腺が増大し、皮脂の分泌量が多くなります。この皮脂が毛穴から正常に排出されていれば良いのですが、これが古い角質と混ざり毛穴に詰まるとコメド(面皰)が掲載される事になります。

 

また、男性ホルモンは角質が固くなる働きにも関与しているのではと指摘されています。その為、古い細胞が剥がれ落ちて新しい細胞と入れ代わるターンオーバー(肌の代謝)が正常に行われにくくなり、余計に毛穴に皮脂や古い角質が詰まる原因になるのです。

 

そこに人の肌にもともと存在するアクネ菌が繁殖する事で皆さんが知っている思春期ニキビの症状になるのです。アクネ菌にも善玉菌と悪玉菌があり、主にニキビのなるのは悪玉菌で、嫌気性で脂肪分を好むという傾向があるのです。ですから毛穴に詰まった皮脂は悪玉菌のアクネ菌が繁殖しやすいのです。

 

 

思春期ニキビがいつまでも治らないのは間違ったケア!?

 

 

思春期ニキビがホルモンバランスからくる皮脂の過剰分泌が原因というのは間違いがない事です。では、どの様なケアをしていけば、皮脂の過剰分泌が抑えられアクネ菌の繁殖を防ぐことができるかという事です。私としては生活習慣の見直し(詳しくは記事下で解説)も大事だと思うのですが・・・

 

実は学生さんがやらかしがちなのが間違った間違った方法で思春期ニキビケアを実践しているケースが非常に多いように私には思えるのです。そもそもですが、学生さんが皮膚の構造やケア方法を知っているとは考えにくいのです。この記事を見ている方でも、きっとそうではないかと思うのです。

 

当たり前と言えば当たり前ですよね。学校の勉強だけでも頭がパンクしそうなのに、更に肌の仕組みだのなんだのという事をあれこれ調べている学生さんなんて私は見てことはありません。それにこの記事を書いている私だって、学生の頃は肌の仕組みなんて考えwたこともありませんでした。勿論、思春期ニキビのケア方法も調べた事なんてなかったです!!

 

そうなると、思春期おニキビのケア方法が自然とオリジナルになってしまっていうるのですよね。意外と多くの学生さんが良かれと思って一生懸命取り組んでいる思春期ニキビが、実は真逆の思春期ニキビの悪化につながっているというのは本当に皮肉な話です。学生さんですから、余程は肌ケアに関して知識はない事でしょう。それがゆえに、起こる特有の問題だと言えるでしょう。

 

ですから、もしこの記事を見ている方で思春期ニキビが治らないという方は、以下の内容をしっかり確認しておいてもらいたいのです。もしかしたら気づくこともあるかと思うのです(・∀・)b

 

 

思春期ニキビの間違った洗顔方法とは、いったい!?

 

 

先ほども触れましたが、思春期ニキビは毛穴に皮脂や古くなった角質などが詰まってしまう事が原因です。ですから、洗顔で皮脂や古くなった角質をキレイに洗い流し、常に皮膚の清潔を保つ事が、思春期ニキビのケアに必要不可けるなのは当たり前の事と言えますよね「一に洗顔、二に洗顔」と言われるほど、大切なポイントと言っても過言ではないでしょう!!

 

それに最近は、数多くのメーカーがスキンケア分野に進出して、色々な洗顔料が選べるようにもなってきました。ですから、自分の好みで洗顔をできるようにもなってきています。確かにそれ自体は、私としても選り好みできて嬉しいのですが、ただ、そこに大きな落とし穴もある様に思うのです・・・

 

いくら洗顔をしても思春期ニキビが治らない、どころか余計に酷くなっているのであれば、もしかしたら洗顔の方法が正しくないのかもしれません!!もし、そのように思春期ニキビがいつまでも治らないという方は、例えばですが、以下の内容が当てはまらないか思い返してみて下さい(´・ω・`)

 

✅ 朝起きた時冷たい水道水でピシャピシャと顔の表面を撫でりだけといった洗顔をしていないでしょうか??

✅ ノーメイクの時も、濃いメイクをした時も、同じような洗顔方法をしていないでしょうか??

✅ あるいは、洗顔ブラシやナイロンタオルでゴシゴシと肌を擦っているたりしないでしょうか??

 

どうだったでしょうか。上記の内容を見て、確かに当てはまっているという方は、絶対とまでは言いませんが、少なからず思春期ニキビが治らない原因の一つに洗顔方法がなっている可能性があるのです。それどころか、中には遅い時間に帰宅して、面倒くさいから顔を洗わずに寝てしまうという方もいるかもしれませんよね。というか、私もたまにやっていたので人のこと言えませんが・・・(。-`ω-)

 

この様な洗顔方法では、どんなに高価な洗顔料つかかったとしても、そして、どんなに念入りに洗顔してみても思春期ニキビのケアに効果は期待できません。それどころか、余計に思春期ニキビの進行を促して、最終的な凸凹ニキビ跡につなげてしまう事になりかねません。そんな事だけは、何としても避けたいところですよね(苦笑)

 

 

思春期ニキビだからこそ正しい洗顔方法を!!

 

 

当たり前ですが、思春期ニキビの洗顔方法にもいくつかのポイントがあります。決して難しい内容ではないのですが、人間というのは、ついついさぼりがちになる生き物です。ですから、以下の内容をしっかりと確認したら、先ずは習慣化するまで、根気よく続けてみてはと思います。

 

因みに以下の内容が習慣買うするのには、おおよそで3週間ほどが目安いというメンタル系の統計もあるようです。ぜひ、皆さんも3週間は諦めないで下さいね(・∀・)b

 

【ポイントその1】ぬるま湯のお湯で洗顔する!!

先ず、始めに確認しておきたいのが洗顔時のお湯の温度です。思春期ニキビの原因は皮脂だから、熱いお湯で洗えば取れるのではと冠上げる方もいる様ですが、実はこれが大間違いです。確かに高温のお湯で洗えば、皮脂が取れてサッパリしたようになります。ですが、ここが盲点で高温のお湯は必要な皮脂まで取り除いてしまいます。

肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうと、肌のバリア機能が弱まりニキビの原因菌である最近の繁殖にも適してしまうのです。また、逆に冷たい水でスライスる方もいる様ですが、それでは水の温度で肌が締まり毛穴がとしてしまいます。すると毛穴に残った皮脂や古くなった角質が取り除けなくなります。

ですから、洗顔時は人肌よりややぬるい32℃前後のお湯が最適だというぇ荒れています。確かにそのお湯を用意するのが一苦労という方もいるでしょうが、そこがポイントになるのも事実なのです。

 

【ポイントその2】洗顔料はしっかりと泡立てる!(少なすぎも×)

洗顔料というと、基本的にモチモチのクリーム状に泡立てるものが主流だと思います。でも、なんでそんなにモチモチのクリーム状に泡立てないといけないか、皆さんは知っているでしょうか。実は洗顔料は研磨(スクラブ)の様に汚れを削っているのではなく、肌表面に優しくつけるようにして成分で汚れを浮かしているのです。

ですから、モチモチのクリーム状出ないと汚れが毛穴から除去できないのです。そのまま泡立てない洗顔料気擦ると汚れは浮かび上がらないどころか汚れを押し込め洗顔料を擦る摩擦で肌を余計に痛めてしまいます。洗顔料はその製品の公式サイトに使い方や使用量が明記されているでしょうから、しっかりと確認するべきでしょう。

 

【ポイントその3】ゴシゴシ強く擦って刺激しない!!

これこそが最もと多くの方が間違えやすいのですが、洗顔料を付けた後ごしごしと擦る様に洗顔している方がいます。一見、余分な皮脂が取れて肌がきれいになっているよう感じますが、大間違いです。折角、モチモチの泡状になった洗顔料で毛穴に詰まった皮脂や古い角質を浮き上がらせているのに、これではまた、汚れを毛穴に押し込んでいるようなものです。

洗顔料を付けた後は、肌表面を撫でるように優しく洗うのが基本です。その方が結果的に汚れも浮きますし。ごしごしと手の圧力がかからないの、市奮起ニキビでできた炎症の患部を刺激する事もないのです。

 

【ポイントその4】洗い残しがないように何度も濯ぐ!!

これは学生さんに限ったこともないのですが、時間がないからと言って洗顔を早々に済ませる方がいます。ですが、慌てて洗顔をすると洗顔料が肌に残りやすくなると言われています。例え、肌に優しい洗顔成分であっても肌に残り続ければ、肌荒れの原因になるのは間違いないでしょう。

基本的に洗顔後の濯ぎは先ほども触れたように32℃前後のお湯で、20~30回念入りにすすぐのが理想だと言われています。実際にそこまでは、必要ないでしょうが、念入りにという事は間違いないでしょう(笑)

 

【ポイントその5】清潔なタオルで水気を拭き取る!!

そして、洗顔後した後にそれで満足していないかも確認したいところです。洗顔後に顔を拭くタオルですが、毎回、キレイなものを使っているかも重要です。例えばですが、綿だ王だからという事で洗面所の手拭きでそのまま、顔も拭き取ったりしていないでしょうか?そうなると手の雑菌を付け放置して細菌が増えたタオルを顔につけるのですから・・・

思春期ニキビの肌はニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖していますから、当然、顔を拭けばタオルにも付きます。ですから、毎回清潔なタオルで顔を拭くのも守るべきです。面倒だからという理由だけで怠ると余計に深みにはまって出られなくなるかもしれませんので注意してください!!

 

 

思春期ニキビにおすすめケア商品ランキングTOP3!!

 

では、さっそく思春期ニキビのケアにと思っても、どんなケア商品を使用して良いのか分からないという方もいると思うのです。そんな方におすすめなのは以下の思春期ニキビのケア用品のお試しセットです。やはりいきなり継続的に使うのも抵抗があるでしょうし、市販薬のような副作用のリスクも心配な時はお試しから始めるべきでは思います。

 

プロアクティブプラス(ベーシックセット)

 

>>プロアクティブプラスの公式サイトはこちら<<

 

【プロアクティブプラスベーシックセットの内容】
●スキン スムージング クレンザー 60g(薬用洗顔料)
●ポアターゲティング トリートメント 30g(薬用美容液)
●スキン ブライトニング ハイドレイター 30g(薬用クリーム)
●ディープ クレンジング ブラシ 1個(無料プレゼント)
●スキン クーリング セラム 15g(無料プレゼント)

 

先ず、私が思春期ニキビのケアでおすすめしたのは言わずと知れた「プロアクティブ」です。日米でニキビケア商品として売り上げ№1で今現在でもテレビCMなどで大々的に宣伝していますよね。プロアクティブプラスの愛用者の多くは学生さんという事で、思春期ニキビの実績は十分あると言えます。

 

プロアクティブプラスは有効成分を毛穴の奥まですばやく届ける「スマートターゲット テクノロジー」を採用し、ニキビができにくい、すこやかな肌に整えます。また、ステップ3の「スキンコンディショニング セラム」は保湿成分を贅沢に配合。肌荒れやニキビを予防し、内側からふっくらと押し上げるようなハリ感をめぐらせ、肌のキメを整えます。

 

⇒ プロアクティブプラスの公式サイトを確認したい時はこちらから!!

 

 

ファーストクラッシュ(トライアルセット)

 

>>ファーストクラッシュの公式サイトはこちら<<

 

【ファーストクラッシュトライアルセットの内容】
●ファースト クラッシュ 3-in-1
●ファースト クラッシュ スムースクリーム 30g

 

続いて私が紹介するのはファーストクラッシュです。これらもテレビCMなどで芸能人が良く宣伝していますが、特徴はやはり思春期ニキビのケアに定評があると事です。愛用者の多くが学生で、比較的値段もお手軽なので学生さんのお小遣いでも気軽に購入できるのも魅力の一つではないかと思います。

 

ファーストクラッシュは、日本人の肌に合わせたやさしい処方でヒリヒリせず、必要なものを1本にまとめたオールインワンスタイルです。洗顔後もつっぱらず、しっとりスベスベ!でもスッキリ!です。あらゆるニキビに対応しているので、誰でも使えるのが大きな特徴と言えます。

 

⇒ ファーストクラッシュの公式サイトを確認したい時はこちら!!

 

 

VCスターターセット(1週間トライアルセット)

 

>>VCスターターセットの公式サイトはこちら<<

 

【VCスターターセットの内容】
●VCローション(20ml)
●薬用VCエッセンス(8ml)
●VCビタール(20g×7包)(約7日分)

 

最後に私が学生さんに紹介したのは「VCシリーズ」です。聞いたことないという方もいるかも言しれませんが、私的には思春期ニキビにかなり効果が期待できるのではと思っています。理由はシーボディのVCシリーズに配合されているビタミンCは通常のビタミンCの約200倍の効果あり、「最新型ビタミンC誘導体 VC200」を配合されています。

 

このビタミンC誘導体というのは肌の再生に欠かせない成分です。それが他のニキビケアよりダントツなのです勿論、それでいて無香料無着色・パラベンフリー・アルコールフリー・界面活性剤フリー(エッセンス除く)鉱物油フリー・無添加なのも学生さんが安心して使用できるメリットの一つでもあるのです。

 

⇒ VCスターターセットの公式サイトを確認したい時はこちら!!

 

 

思春期ニキビに間違った市販薬を使ってないですか!?

 

 

デパートの薬品売り場や街中の薬局、ぢおらっぐストアでは、気軽にに基地市販薬を購入する事ができます。中内は市販薬の方がスキンケア商品より効果があるのではと考える方もいるかもしれませんよね。ですが、ニキビ市販薬にも色々な注意点があるのです。

 

基本的に私たちが気軽に購入できる、つまり、医師の処方を必要としない治療薬を一般用医薬品(OTC製剤)と言います。このような市販薬でも効果が得られるのは間違いない事ですが、時にはかぶれたり、炎症を引き起こしてしまう場合もあるので、思春期ニキビには特に注意が必要なのです。

 

例えば思春期ニキビ様に外用薬には、角質剥離剤という表皮の角質をノリ覗いて、毛穴のつまりを改善するタイプのものがあります。硫黄が含まれており、専門的には硫黄カンフルローションと呼ばれ、コメド(面皰)が主体となる初期ニキビに有効だと言われています。そして、薬局やドラッグストアで気軽に購入する事ができるようになっています。

 

しかし、皮膚を乾燥させてしまい、強い刺激を与える場合も少なくないのです。その為、欧米では硫黄カンフルローションはニキビの治療薬として認められていません。それどころか、ニキビの症状を悪化させてしまうものとすら考えられているのです。

 

また、コメド(面皰)が形成されると、アクネ菌などが増殖して炎症をおこしやすなりますから、この段階では炎症を抑える抗炎症剤を使用するのが一般的です。抗炎症作用に効果があるイソポロフェンピコノールという成分が主体となる治療薬が該当しますが、実際のところあまり効果が期待できないのも事実です。

 

さらに次の段階では、アクネ菌などの繁殖を防いで炎症の進行を食い止めるため、抗菌作用に優れた治療薬を使うのが普通です。この様に、ニキビの進行に合わせて治療薬を使い分けるのですが一般的に使用されている薬を使ったなかなか治らないというのが思春期ニキビに悩む学生さんの率直な喧騒の様です。

 

それに学生さんがこの内容を理解するというのも少々酷な話だと、私自身、この記事を書きながら思えています。私としては学生さんにはリスクのあるニキビ薬ではなく、できる限り生活習慣とスキンケアの組み合わせで改善をおすすめします(`・ω・´)/

 

 

思春期ニキビがいつまでも治らないのは生活習慣も!?

 

先ほどは、思春期ニキビのケア方法についてまとめましたが、やはり生活習慣も見落としてはいけない注意事項でしょう。なぜなら思春期を迎える中学生という時期は、成長に伴うホルモンバランスの乱れ、そして、ケアが分からなく悩むのと同時に生活のリズムも今までとは異なってくるからです。

 

確かに思春期の頃というのは多忙です。部活に宿題、それに友人関係などなど課題が山積みです。それらを抱えながら今までの生活をそのままキープするのは限界がるのかもしれません。以下に紹介するのは、思春期ニキビがいるまでも治らないという学生さんにありがちな生活スタイルです。

 

【ポイントその1】偏った食生活で余計に悪化

中学生頃になると自分で買い物に出かけたり、コンビニでスナック菓子やファーストフードを購入したりもし始めることでしょう。そして、ついつい食べ過ぎてしまったという方も多い事でしょう(苦笑)

脂肪分や糖分は、ニキビの原因となる皮脂の材料になります。つまり、過剰な脂肪分や糖分によって、皮脂の分泌量が増えてくるのです。また、脂肪分や糖分は、皮脂の性質を変化させ、皮脂を皮膚の外に排出しにくくしてしまう事も分かっています。つまり、毛穴に皮脂が詰まる原因にもなるのです。

勿論、食べ過ぎというのは肥満の原因にもなりますから、肥満予防はニキビ予防にもなるという事です!

 

【ポイントその2】睡眠不足や夜更でも悪化

肌の健康と美容を保つためには、十分な睡眠が不可欠です。眠っている間に、栄養が皮膚に補給され、不要となった老廃物が排出され、細胞が新しく生成されるからです。

皮膚の再生や栄養補給の為に、だいたい8時間前後の睡眠が必要と言われています。中学生くらいになると夜更かしして4時間とか、5時間くらいしか寝ていないという学生さんもいますが思春期ニキビの改善には、それでは不十分と言わざるを得ないでしょう。これでは思春期ニキビが治らないのも無理はないでしょう。

また、睡眠時間の確保だけでなく、睡眠する時間帯も重要です。夜10時から夜中の2時頃は新しい細胞が積極的に生成される時間帯です。この時間帯は肌の再生のゴールデンタイムです。ですから、なかなか難しいでしょうが、肌の事を考えればできる限り睡眠時間の確保と、睡眠時間帯には気を付けたいところです。

 

【ポイントその3】勉強や人間関係のストレスも悪影響

学生の頃は、勉強、部活、そして友人関係などストレスになる事は数多くあるはずです。私も経験あるので分かりますが、正直なところストレスをなくすというのは不可能と言っても良いでしょう。ただ、私が言いたいのはストレスをなくすという事ではなくストレスをコントロールする事が重要という事です。

心配事やイライラが過剰な状態で継続すると、自律神経が乱れホルモンバランスが狂います。そして、思春期ニキビの原因である皮脂の分泌も余計に促進される事になるのです。つまり、メンタル面での安定はそれほど、私たちの健康と密接に関係し、思春期ニキビもその例外ではないという事です。

 

【ポイントその4】紫外線対策を何もしていない

学生の頃は紫外線対策もそっちのけで部活動に取り組む学生さんも多い事でしょう。確かに学生の時しかできないですから、いけないとはさすがに私も言えません。ですが、実際に思春期ニキビで荒れた肌に塩谷線が当たり続けると、毛穴に詰まった皮脂が酸化されるせいでコメド(面皰)が作られます。

また、ニキビの原因菌であるアクネ菌が分泌するポルフィリンに紫外線が当たると、活性酵素が大量発生し、これもまた、ニキビの症状を悪化させる原因にもなるのです。そして、大気の汚れというのは大人、学生さん問わず共通する衛生面での課題です。大気が汚れた場所では、しっかりと洗顔をする事も大事でしょう。

 

 

思春期ニキビがいつまでも治らない最終手段は!!

 

 

この記事では、思春期ニキビがいつまでも治らないという特徴やそのケア方法についてまとめてきました。ですが、それらはあくまで統計上のものです。それらを理解し実践していれば、必ず思春期ニキビが治るかというとそういう訳ではありません。ですから、もしかしたら、理屈はわかるけど全然、思春期ニキビが治らない!!と嘆き続けている方もいるのではと思います。

 

そんな方はですが、一度、美容皮膚科などで専門医のカウンセリングなどを受けてみてはと思います。確かに思春期ニキビですから学生さんでなかなか金銭的な問題もあるでしょう。ですが、いつまでも思春期ニキビを放置しておけば余計の症状が悪化したり、時には「ニキビ跡」になってしまう事すらあるはずです。

 

そう考えれば、美容皮膚科でカウンセリングを受けるだけでも違うともうのです。ちなみにですが、美容皮膚科でなくて、普通の皮膚科ではだめなのかと疑問に思う方もいるでしょうが、そこに関していると私も美容皮膚科の方がはるかに良いと断言する理由があります。以下の表を見てもらえれば分かります。

 

【普通の皮膚科の特徴】

  • 無料カウンセリングは特にない
  • ニキビの炎症部の治療のみを目的とする
  • 主に飲み薬や塗り薬の治療がメイン
  • 保険が適用されるので良心的な費用
  • アフターケアはないので見た目は×

 

【美容皮膚科の特徴】

  • 無料カウンセリングで相談がある
  • 治療方法もそれぞれでオーダーメイド
  • 最新の治療機器で的確な治療が可能
  • 保険が適用されないので比較的高額
  • アフターケアまであるので見た目◎

 

この様に、決して普通の皮膚科がいけないという事でなないのですが、思春期ニキビが深刻なのであればあるほど、美容皮膚科の重要性は増すのではないかと思います。もしかしたら、自分ではどうしようもないという事でも解決する方法を提示してしてもらえるかもしれないのです。もし、美容皮膚科の治療内容などを詳しく知りたい時は、以下から調べる事ができるので参考にして下さい(^^)/

 

⇒ カウンセリング無料の美容皮膚科の内容を知りたい時はこちらから!!