思春期ニキビが治らない学生さんがかなり多い!!

 

思春期ニキビで悩む学生の方は多いと思います。いきなりニキビができ始めるというのは外見だけではなく、多感な時期ですから心が塞ぎがちになる事もあるかもしれません。そして何として治したいと考える方もいうるのではないかと思います。でも、ケアしようとしても方法が分からなっかったり、ケアしてもなかなかニキビが改善しないという方もいる様です・・・(。-`ω-)

 

スポンサードリンク



 

そこでですが、この記事では学生の方にありがちな間違ったニキビケアについて触れておこうと思います。特に難しい事ではなく、普段の生活でありがちな洗顔方法について触れています。洗顔方法なのですぐにでも改善できる内容です。この以外にもニキビと洗顔方法に関する内容はまとめてあります。もし、自分の洗顔方法を振り返った時に、思い当たる様にことがあれば、ぜひ以下の内容は参考にして下さい!!

 

 

ニキビが治らない原因は間違った洗顔方法かも!!※間違った5つの特徴※

洗顔料の泡立てが足りない !!

洗顔料はしっかりと泡立てないと、硬い状態で肌に触れることになります。すると濃度が濃いままなので肌に刺激が強い状態になります。ニキビ肌の方はすでに肌質が悪化している状態が殆どです。ですから、洗顔料をしっかりと泡立てないと肌質が悪化する可能性があります。

最近では、洗顔料を泡立てるのに便利な泡立てネットを使用する方も多いと思います。確かにそれ自体は良い事なのですが、泡立てネットを好かうだけでよいという訳ではありません。あくまで洗顔料に適量の水を加えて泡立てる事が重要になってきます。

 

ゴシゴシとこすりながら洗顔する!!

洗顔料をしっかりと泡立てたので、さっそくと言わんばかりに顔をごしごしと擦る様に洗う方がいます。確かに、ゴシゴシ擦ると毛穴の汚れがしっかりと落ちて、ニキビもできにくくなるように思えそうですが、実際には大間違いです。ゴシゴシ擦ると、摩擦が起こる肌が傷みやすいだけでなく、毛穴から浮き出した汚れをすり込むようなものです。

洗顔料をしっかりと泡立て後は、顔に馴染ませるように優しく洗う事が大切です。撫でるように泡で包み込むことで毛穴の汚れが自然と浮き上がります。ニキビのアクネ菌の繁殖を抑制する事もできるのです。

 

高温のお湯で何度も洗う!!

洗顔というと顔の余計な脂分を落とすようなイメージから、高温のお湯で洗おうとする方もいます。確かに余計な皮脂が取れ鵜かもしれませんが、本来、人が必要とする皮脂まで取り除いてしまう事です。多くの方が誤解していますが、皮脂というのは決して悪性物質という訳ではないのです。皮脂は人の肌の健康に取って必要不可欠なものです。

皮脂があるからこそ、肌は表面に膜ができて余計な水分が飛ばないよう保湿を果たします。また、外部の細菌や環境汚染物質からの攻撃も守ってくれるのです。ですから、洗顔というのは皮脂を取り除くものではないという事です。本来は洗顔は毛穴などに詰まったの汚れを取り除いて、肌を衛星に保つためのものです。

おおよそですが、人の肌にいちばんやさしいのは32℃前後のお湯で洗顔する事だと言われています。

 

洗顔料を洗い残したままにする!!

洗顔というのは正直、面倒なものです。特に部活や勉強で忙しいという学生に事に洗顔で時間を取られるというのは本当に対得難いところです。そこで洗顔を適当に済ませると洗顔料の成分が皮膚に付着したままになり、洗顔料の成分で肌を悪化させてしまう事になります。理想としては先ほども触れたように32℃前後のお湯で20~30回は丁寧にすすぎたいところです。

当た現実的にそこまで手間が欠けられないという方が殆どでしょうから、採取的には本人がしっかりと洗顔料を落とせているかを確認する事が重要でしょう。

 

仕上げに冷水で肌を引き締める!!

先ほどは高温のお湯で洗顔すると肌が乾燥するという事について触れましたが、逆に冷水で荒れえばよいのではと考える方もいるのではないかと思います。ですが、実はこれも間違いなのです。冷水というのは肌表面の体温を下げる効果があります。すると、毛穴の開きが悪くなり、毛穴に詰まった汚れが十分に流れ落ちない可能性があるのです。

ですから、冷水で洗顔するのは肌が引きしまうように感じますが避けるべきでしょう。また、冷水というのは赤ら顔の原因にもなると言われています。32℃前後のお湯というのは繰り返しになりますが意識するべきでしょう。

 

思春期ニキビの治すための正しい洗顔方法とは!?

 

 

では、正しい洗顔方法が一通りの流れはどうなのかという事が気にあるところだと思います。特に学生の方は誰に聞く事も出来ないという方が殆どだと思います。今までの自分の洗顔方法が正しかったか、以下の内容を見て確かめてもらえればと思います。

 

【正しい洗顔方法の手順】

①先ず、ぬるま湯で顔をしっかりと濡らします。手を洗って雑菌を落とし、その後、顔をぬるま湯で済洗いしておきます。

②次に洗顔料を適量手の平に取り、水を加えながら泡立てます。この時、空気を含ませるように泡立てるのがポイントです。

③しっかりと泡立てたら皮脂の多い顔のTゾーン(おでこや鼻筋当たり)からのせます。そしてクルクル回すように円を描きながら洗顔をしていきます。

④更にUゾーン(頬や顎辺り)にも泡をのせ、転がすように汚れと馴染ませていきます。最後に目元や口元など繊細な部分にも泡を載せなしませます。

⑤32℃前後のぬるま湯でしっかりと洗い流します。特にこめかみやフェイスライン、髪の生え際などにも泡が残らない様に、しっかりと洗い流します。

そしてですが、洗顔をすればそれでおしまいかというとそれだけではないのです。この後もしっかりと肌を保湿する事が大切になってくるのです。具体的に肌の保湿方法に関しては以下の記事も参考に捨てもらうと良いでしょう。

 

思春期ニキビの治らないならばこそ、ケア方法の確認を!!

 

 

思春期ニキビで悩んでいる学生の方の殆どはニキビケアの正しい方法を知らない様に感じます。確かに、勉強に部活にと慌ただしい生活を置こうっているうえに、金銭的な制約もあるでしょうから小名沙羅かもしれません。ですが、そんな時こそ、普段の何気ないニキビケアの方法を見返してみてはどうかと思うのです。案外多くの方がよけれと思っていることが、間違いだったりもします。

 

この記事で紹介した洗顔方法の間違いも実際に多く報告されています。そして、今現在もそのように間違ったまま洗顔されている、そしてニキビを悪化させてしまっているいるのです。学生で金銭的にも自由がないのであればこそ、洗顔など誰でもできることを意識する事が大事になると思うのです。いきなりとまでは言いませんが、それでも正しい方法でケアすれば肌質も改善する可能性は間違いなく高くなります。

 

 

スポンサーリンク