昔からニキビは「青春のシンボル」と言われてきました。ニキビは大人になれば自然に治ると思われていたからです。ところが最近は20歳を過ぎてもニキビに悩む方が増えているようです。中には学生の頃はどそうでもなかったのに、社会人になってからもおでこ、頬、口周り、顎、鼻の下、それ以外の身体の部位などあらゆる部位にニキビができるという方も少なくないようです。

 

中でも白ニキビと言われる症状の方はかなり多いようです。ニキビ跡は放置しておくと、患部が炎症してやがてニキビ跡になる可能性もあります。ですからこそ、白ニキビができた時点で、正しいケアをする事をおすすめします。白ニキビは基本的に正しくケアすれば、かなりの確率で改善すると言われています(^^)/

 

 

白ニキビとは、どの段階か!?※白ニキビの症状を確認※

 

さっそくですが、白ニキビの原因をと言いたいところですが、その前に、この記事を見ている皆さんはニキビがどのような段階を踏んで悪化していくのかご存知でしょうか??先ずは、その事を踏まえておくと、以下で説明する白ニキビの原因と正しいケア方法が分かってくるはずです。

 

【第1段階】白ニキビ

 

 

まず始めに、ニキビの原因なるおおもとですが、人間というのは生活環境の変化など色々な要素が原因でホルモンバランスを崩す事があります。すると、それが原因で過剰に皮脂を分泌する傾向があります。するとその過剰に分泌された皮脂と、古くなった角質が混ざり合い毛穴につまり塞いでしまう状態ができます。

 

まさにこの段階こそ「白ニキビ」と言われる状態です。コメドが毛穴をふさいでぷくっとした状態ですが、痛みもなく目立たないので多くの方がそのままにしてしまうようです。ですが、これはニキビができるサインのようなものなので、なぜできたのかなど生活習慣を見返す必要があるでしょう。

 

白ニキビはニキビの症状としてかなり軽度なので生活習慣の見直しや正しいケア方法を身に着けて実践する事で、かなり改善も見込めます。後々、症状が悪化して後悔しない為にも、ぜひこの白ニキビの段階で原因の究明と正しいケア方法を身に着けたいところです!!

 

 

【第2段階】黒ニキビ

 

 

白ニキビの次にどの様な症状に進行するかというと、一概には言えませんが「黒にニキビ」と言われる状態が考えられます。黒ニキビの特徴は毛穴に溜まった皮脂が空気に触れることにより、表面が酸化して黒く固まった状態です。この段階のポイントは見た目です。肌に黒い点ができるので目立ってしまいます。ですから、無理に毛所などで覆い隠そうとして毛穴をふさいでしまうケースがあるようです。

 

黒ニキビの段階も白ニキビ同様にケア方法をしっかりすればかなりの確率で改善できます。ですから、もし、生活習慣やケア方法で思い当たる節があるのであれば、ニキビ青tにならない様早めに改善する事が重要です。

 

【第3段階】赤ニキビ

 

 

そして、さらにニキビの症状が進行してくると毛穴の広がりだけでなく炎症が起こってしまうと「赤ニキビ」になります。毛穴に溜まった皮脂や角質にニキビの原因であるアクネ菌が繁殖している状態です。赤く膨れ上がり、時にてっぺんから膿が出てくるケースもあります。この膿を潰してしまう人がいますが、これはおすすめしません。膿が出てきた部分が空洞になりニキビ跡になる毛脳性が高いからです。

赤ニキビになるとかなりニキビの症状としても進行している状態です。もし、一生懸命ケアしているはずなのに、なかなか治らないというのであれば、一度、皮膚科などで原因の診断や、薬などによる治療も考えてみると良いかもしれません。また、この段階で日焼けするとシミなどになるケースも多数報告されています。紫外線対策も欠かさずしたいところです。

 

 

【第4段階】黄ニキビ

 

 

そして、炎症がさらに進行してしまうと膿が毛穴の中で溜まる「黄ニキビ」と呼ばれる状態になります。肌の表面だけでなく、毛穴の中で膿がたまっている状態です。かなり深刻な状態なので、間違っても自分で膿を出そうとしないでください。余計に肌質が荒れて、クレーターなどと呼ばれる凹凸のあるニキビ跡になる可能性が高いです。もしですが、この状態になっているのであれば、直ぐに皮膚科で診断してもらう事をおすすめします。

 

黄ニキビは、別名、膿ニキビとも言荒れる状態です。ですから、肌にコンプレックスを感じてしまう方もいます。そうなるとただ単に肌の悩みというだけでなく、心の悩みという見方もできるでしょう。独りで悩むくらいなら、専門家に相談しるほうが良いでしょう。自分ではどうしても治らない症状でも専門家ならいくらか症状を軽減してくれるはずです。特に今は美容皮膚科でかなり高度の治療が受けられるという事です。

 

 

この様に、ニキビの症状にも色々な段階があります。白ニキビというのはかなり初期の段階なので、ケア方法次第ではかなり症状も改善し、見た目でもほとんど目立たなくする事もできるはずです。但し、白ニキビは症状が重くない分、まあいいかで軽視される傾向にもあります。白ニキビというのは生活習慣や肌ケアに注意事項があるという警告のようなものなので、見落とさないようにしたいところです。

 

 

白ニキビを画像でチェックすると、こんな感じです!!

 

 

白ニキビですが、実際にどんなものかという事を分かってもらう為に画像を用意しました。(上記画像)見ても分かるように、毛穴の頂上に白いできものがあります。これがコメド(面皰)というものです。原因としては生活習慣の乱などからくるホルモンバランスの影響と言われています。この記事を書いている私のの場合は、体調が悪いと、稀に顔にできたりします・・・(;^ω^)

 

ちなみにですが 、白ニキビですが「潰してもいいんですか!?」という疑問が多くいあります。一般的にネットではニキビは潰さないようにと言われていますが、実はこの段階であれば潰しても大丈夫という事です。但し、正確にはニキビの症状と潰し方には儒分注意が必要という事です。何でも間でも、潰して良いという訳ではないので、忘れないようにしたいところですね!!

 

 

白ニキビは潰して良いのかの真相について!?

 

 

 

 

白ニキビはニキビの初期症状という事で安易に考える方もいるのも事実です。肌表面にできた白いできもの(コメド)を指先や綿棒などを使って押し出したり、ピンセットで取ろうとする方も少なくありません。少量のニキビなら大きな問題はないですが、自己流で行うのはリスクもあります。恐らくはあまりニキビができない方は問題ないでしょうが、ニキビができやす方だとそのまま肌荒れになる事もあります。

 

もしですが、白ニキビをつぶそうと考えるのであれば入浴後や洗顔後の毛穴が開いているときに行うようにし、できる限りはコメドプッシャー(上記の商品)などの専用に器具で慎重に取り除くことが重要です。

 

また、潰すのを頻繁に行ったり、強い刺激を与えてしまうと周辺の皮膚を傷つけたり、角栓が取れたとしても毛穴を広げる原因になってしまいます。傷ついた肌は毛穴に皮脂汚れを溜めやすくなり、ニキビの原因であるアクネ菌のターゲットになりやすいです。また、毛穴が広がるといっそう皮脂汚れが詰まりやすくなります。もし、不安な方はやはり潰さないのも選択肢に入れておくべきかと思います。