タバコを吸うとニキビが悪化するって、本当なの!?

 

現代社会、会社にしろ全ての事がなかなか思うようにいかないものです。思うようにいなないとストレスが溜まってしまいますが、そこでタバコを吸って、ストレス解消をしている方も多いことでしょう。この記事を書いている私はタバコを吸いませんが、私の友人に聞くと、タバコなしでは生活できないとまで言っています・・・

 

ですが、そんなタバコの問題点と言えば、やはり健康を損なうという点です。色んなリスクがあると言われていますが、実はニキビの症状悪化にもタバコが関係していると言われています。まさかタバコぐらいでと思うかもしれませんが、実際にそれが現実としてあるようなのです。私もタバコとニキビの関係について調べてみたので、喫煙者の方は確認してもらえればと思います(`・ω・´)

 

 

 

タバコの「百害あって一利なし」は本当です!!

 

そもそもですが、なぜタバコがここまで健康上に問題を引き起こすリスクがあるかという事を大まかですが説明しておきます。実はですが、タバコの煙には、4,000種類の化学物質が含まれています。その中には、何と200種類以上の有害物質が含まれ、発がん性物質は50種類以上に上ると言われています。

 

タバコの有害物質として有名なのは、ニコチン、タール、一酸化炭素ですが、その他にもペンキ除去剤に使われるアセトンや、アリの駆除剤に含まれているヒ素、車のバッテリーに使われているカドミウムなど、体に大変有害な物質がタバコの煙に含まれているのです。それも、ニコチンは依存性の強い物質です。

 

ニコチンは危険薬物のヘロインやコカインよりも依存の危険が高く、しかもニコチン依存症になってしまうと、使用を中止するのは非常に難しくなります。いつでもタバコをやめられると思っていたのに、なかなかやめられないのは、このニコチン依存症が原因なのです。そうなると、健康もですが、タバコが肌質、つまりニキビにも影響するという事は当然なのかもしれません。

 

近年、たばこの値上げが騒がれるようになりましたが、値上げの理由は「皆さんの健康の事を考慮しての事」という、厚生省の提示もあったそうです。確かに安いという事はそれだけタバコを吸いやすい環境ですから、値上げして吸いにくい、過剰に使用しない環境を整えていこうというのは一理ある事ですよね。

 

それに飲食店なども全席禁煙にしているのも、タバコの煙を他人が吸い込む「受動喫煙」を防ぐためと言われています。受動喫煙は吸っている本人の3倍も害を受けるとも言われていますから、確かに恐ろしい内容です・・・

 

 

タバコがニキビの症状を悪化させる具体的な原因とは!?

 

【原因その1】毛細血管を収縮させ血流を悪化させる!!

 タバコの煙のガス成分には、一酸化炭素が含まれています。つまり、タバコを吸うという事は、肺から体内に一酸化炭素を取り入れてしまっている事になります。一酸化炭素は、赤血球中のヘモグロビンと結合して、酸素を体のすみずみに運搬するという大切な働きを妨害します。

 

ニキビの改善には、肌の代謝が欠かせません。タバコを吸う事で一酸化炭素が取り入れられ、酸素の働きを妨げ、毛細血管を収縮させてしまいます。すると肌の代謝機能も鈍るので、ニキビに改善にも影響が出てきます。それどころか、肌の代謝が悪いので、ニキビができやすい肌質になってしまいます。

 

【原因その2】ビタミンCを消耗しストレスに弱くなる!!

 タバコ1本数だけでも、体内のビタミンCが25mg~50mg消耗します。ビタミンCは、体内のコラーゲン生成に必要ですが、ビタミンC不足は、皮膚のターンオーバーを妨げ、ニキビは出来やすく、治りにくくなります。ビタミンCは、また、なかなか体外から摂取しずらいので失われたビタミンCを補うのは難しいです。

さらに、ビタミンCは、ストレス対抗ホルモンである副腎皮質ホルモンの生成に必要です。ビタミンCが不足すると、ストレスに弱い体になります。ですから、ストレスが多い現代社会において、ストレス解消の為に吸っているタバコが余計にストレスに弱い体質を作っているのです。ストレスに弱くなれば、ホルモンバランスも乱れがりになり、ニキビが余計にできるかもしれません。

 

【原因その3】活性酸素を大量に発生させてしまう!!

 皮脂を酸化させ、ニキビを悪化させる活性酸素です。少しわかりずらいのでたとえて言うと、タイヤのゴムは新品なら弾力があり丈夫だと思います。ですがそんなゴムを長い時間放置しておくとどうなるでしょう。恐らくですが、ゴムは劣化してもろくなると思います。まさにこれはゴムが酸化して劣化したからです。

 

この様にタバコも活性酸素を大量に生み出します。活性酸素は、肌の老化を急激に促進させ、ガンや成人病も引き起こすリスクを高くします。実は今年、この活性酵素の害がニキビにとって深刻な問題を起こしている事が証明されてきました。肺癌や肺気腫など、命にかかわるような重大な病気にかかり、医師から指示されて初めて禁煙を試みる人も実際多いです。でもそれでは遅過ぎです。

 

 

タバコによるニキビの悪化を防ぐ方法は”禁煙”です!!

 

では、どうやってタバコによるニキビの症状悪化を防ぐのかという事ですが、この問題はあまりにも単純な答えです。なぜなら、タバコを吸わないようにする、つまり”禁煙”するという事です。そうは分かっていても、なかなか思うようにいかないという方ももちろんいると思います。そんな方に先ず試してもらいたいのは以下のグッズです!!

 

C-tec(株式会社ジービーエス)

>>C-tecの公式サイト<<

 

『C-tec』は、カートリッジ内のリキッドを蒸気化し、霧状の煙を吸引しフレーバー(香り)を楽しむフレーバーミストです天然植物由来成分とビタミンCを配合した7種類のフレーバーです。全てのフレーバーにビタミンCを配合し、天然植物由来成分とビタミンCのシンプルでクリアなフレーバーでニコチン0、タール0、副流煙0だからとってもクリーンです。

 

JPvapor(JPvapor)

>>JPvaporの公式サイト<<

 

JPvaporが特に力を入れているのがフレーバーリキッドです。定番のメンソールやミントはもちろん、フレッシュフルーツや大人のカクテルフレーバー、カスタードやバニラなどを使用したスウィーツフレーバーなど、幅広いラインナップの中から選べます。フレーバーリキッドを専用の機器でミスト化し、香りや味をジュースやガムのように味わい楽しめます。

 

 

タバコがどうしても辞められないという方は・・・

 

この記事の冒頭でも触れましたが、ただタバコは健康に害があるというだけではないのが厄介になところです。タバコに含まれるニコチンには強い依存性があります。危険薬物のヘロインやコカインよりも依存の危険が高いのですから、もはや自分では辞める事ができないという方もいるはずです。

 

そんな時はどうするかという事ですが、私は歳はすぐにでも禁煙外来に行ってもらえればと思います。やはり依存症というのも、ある種、病気と考えれば医師の適切な治療を受けるのが最善なのではと思います。

 

偶にですが「仕事が忙しいから禁煙外来に行けない!」という事を訴える方もいますが、よくよく考えてみて下さい。今回の記事ではタバコとニキビの関係性についてまとめましたが、実際にはタバコは寿命をお幅に短くする危険性があるものなのです。それを仕事があるからといていかないのはどうでしょうか??

 

やはり健康があっての仕事だと思うのです。ですから、優先順だけは間違えないでもらいたいと思います。