間違った洗顔方法をしている方が意外と多い・・・

 

 

ニキビや毛穴の黒ずみがなかなか治らないと嘆いている方の特徴を見ていると、独自のケア方法に頼っている事が目につきます。特に私が気になるのは洗顔方法です。実は、肌トラブルを抱えている方のほとんどは正しい洗顔方法ができてないと言っても過言ではないほどです。ですから、肌トラブルが治らないのも無理がないのではと思えるほどです。

 

この記事では、多くの方が間違えがちになる洗顔方法と、正しい洗顔法補の違いについて詳しく解説していこうと思います。また、洗顔時におすすめの洗顔パフも紹介しておきます。今まっでの洗顔方法を変えるだけでも、かなり肌質改善が期待できるかもしれません。洗顔方法に思い当たる方は参考になるのではないでしょうか??

 

 

 

肌トラブルの原因は間違った洗顔方法にあるかも!?

 

 

肌トラブルでもニキビなどはかなりポピュラーです。学生の頃は8割ほどの方が経験したことがあると言いますし、社会人になると生活習慣の乱れからなる方も多いです。そんなニキビですが、そもそもは毛穴に皮脂や垢が詰まってしまう事が原因の大きな要素になっていると言われています。

 

ですから、洗顔で皮脂や垢などをキレイに洗い流し、常に皮膚の清潔を保つ事がニキビの予防改善には絶対に欠かせません。「一に洗顔、二に洗顔」と言われるほど大切なポイントで、もしこの記事を見ているあなたがニキビなどの肌トラブルで悩まされているのであれば、恐らくは洗顔をしている事でしょう。

 

最近は洗顔料もスキンケア用品も化粧品も様々なタイプのものが選べるようになっています。ですから、自分に合ったものを使って、肌トラブルの予防や美肌に努めているはずです。それでもニキビが出てきしまうとしたら、もしかしたら洗顔の方法が正しくないのかもしれません。

 

例えばですが、以下のような事って・・・

●朝起きた時に、冷たい水道水でバシャバシャと顔の表面を撫でるだけといった洗顔をしていませんか??

●ノーメイクの時も、濃いメイクの時も同じような洗顔方法をしていないでしょうか??

●洗顔ブラシやナイロンタオルでゴシゴシと肌を擦ったりしていないでしょうか??

●あるいは、遅い時間に帰宅して、面倒くさいからというだけで顔を洗わずに寝てしまったりしてないでしょうか??

 

こんな洗顔方法では、どんなに高価な洗顔料や化粧品を使ったとしても意味はありません。キレイになるどころかニキビなどの肌トラブルが出て着るでしょうし、その肌トラブルがなかなか治らなくもなります。更に進行するとニキビ跡などになり、どうしても消えないような症状になってしまいかねません!!

 

こうならない為にも、正しい洗顔方法はしっかりと確認しておく必要があるでしょう。そして、その正しい洗顔方法のポイントをまとめると、以下の様になります(^^)/

 

 

正しい洗顔方法のポイントをまとめてみると!!

 

 

当たり前の事ですが、以下のような事が出来ていないと正しい洗顔方法ではないです。ですが、これ以外がいと多くの方ができていないのも事実です。この記事を見ているあなたが実践している洗顔方法は大丈夫でしょうか??

 

  1. ぬるめのお湯を使う(32℃前後のお湯が適温)
  2. メイク汚れなど、しっかと洗い流す
  3. 余分な皮脂をしっかりと取り除く
  4. シャワーを利用するなど、きれいな水で洗い流す
  5. ゴシゴシ肌を刺激するような強引な洗い方をしない
  6. 洗顔後は毎回、清潔なタオルを使用する

 

洗顔時に気を付けるポイントというのは、まだまだありますが言い出すとキリがないので、あえてここでは上記の内容に絞らせてもらいます。ポイントを絞った方がより効率的に洗顔方法の改善に取り組めるはずです。上記の内容に何か櫃でも思い当たるのでしたら、引き続き以下の内容も読むようにして下さい。

 

 

洗顔時のお湯の温度や洗顔料の注意点!!

先ず、1~3の項目全般についてですが、ぬるめのお湯によって皮脂が温められ毛穴が開いてきます。そして、毛穴に載蚊に当たっている余分な皮脂が出ていきやすくなります。冷たい水を使うと、毛穴が収縮して皮脂が出にくくなりますし、逆に高温すぎるお湯は肌本来が必要とする皮脂窓取り除き、肌を乾燥させてバリア機能まで奪ってしまいます。

 

ですから、洗顔時のお湯は人肌より若干ぬるいくらいの32℃前後のお湯が最適と言われています。また、毛穴が開いていると洗顔後に使用する化粧品の有効成分が皮脂に浸透しやすくなるというメリットもあります。

 

次に4の項目ですが、洗顔料は二種類を使い分けるのが基本です。一つは、ファンデーションや口紅、ホコリや小さなゴミなど、顔の表面についた様々な汚れを取り除くクレンジング剤です。ファンデーションや口紅には「のび」や「つき」を良くするため、鉱物油が含まれています。

 

油は汚れを吸着させる性質があるので、メイクをしていない素顔の状態よりもメイクをしている時の方が皮膚は汚れやすいのです。ですから、ファンデーションや口紅などを」落とす為、そして、それらが吸い寄せられてしまった汚れを落とす為、鉱物油を含んだクレンジング剤を使う事が、洗顔の第一ステップです。

 

第二ステップは、皮膚の表面に残ったクレンジング剤をしっかり取り除く、余分な皮脂も落とす為の洗顔です。この時に使用するのは、ごく普通の固形石鹸で十分です。勿論、保湿や美白などの効果を狙った洗顔料もありから、自分で必要なものを選ぶのも良いでしょう。但し、着色料や香料などの入っていない、シンプルな洗顔料をおすすめします。

 

特にニキビができやすい10代の学生さんやニキビが現在できているという方は、洗浄力がすぐれたものを使う様にするべきでしょう。このダブル洗顔によって、「2.メイクや汚れなどをしっかり落とす」「3.余分な皮脂を取り除く」が可能になり、本来の清潔な肌が取り戻せるでしょう!!

 

 

洗顔時の洗い方についての注意点!!

続いて上記の「5.ゴシゴシ肌を刺激するような強引な洗い方をしない」という事ですが、それには先ず洗顔料は十分に泡立てて、汚れや皮脂を泡で包み込むようにするのがポイントです。手の平に出した洗顔料をそのまま顔については、刺激が強すぎることがあり、皮膚の潤いに必要な皮脂まで取り去ってしまう事にもなりかねないので注意が必要です。

 

中には、洗顔ブラシやナイロンタオルでゴシゴシと肌を擦った方が、汚れが落ちやすいと思い込んでいる方もいる様ですが、そのような洗い方では肌を気づ付けてしまうばかりです。さすがに顔をゴシゴシ擦る方は少ないものの、ニキビなどで炎症ができている場合などは細心の注意を払って洗いたいところです。

 

ちなみにですが、洗顔時にそうしても擦ってしまうという方は、以下のシルクでできた洗顔パフ【珠の肌パフ】を使うと、かなり肌質に改善がも込めるかもしれません。私もおすすめのスキンケアグッズなので、ぜひ皆さんも参考にして下さい(^^)/

 

 

皮膚を常に清潔にする、その為に予後やれ余分な皮脂をしっかり洗い落とす事が何より大切な事です。何もゴシゴシ擦らなくても日¥余分な皮脂や汚れは落ちるという事を覚えておきたいところです。

 

また、一日に何回も洗顔した方が良いと思っている方もいる様ですが、基本的には朝と夜の2回で大丈夫です。非常に油っぽい肌質お方や汗を掻きやすい夏には、朝と夜に加えて気になった時に洗顔するのも良いでしょうが、洗い過ぎるのは肌の乾燥を招きます。すると肌を保護するバリア機能が低下し、かえって肌トラブルを招く危険性が出てきます。

 

その後、洗顔料をキレイに洗い流します。この時は、洗面器などにお湯をためて使うより、シャワーを利用する事をおすすめします。洗面器などを使用すると、お湯に溶けた洗顔料が十分に落とせない事があり、それがニキビや肌荒れの原因になる事もあるからです。

 

そして、タオルで顔の水分を拭き取って終了ですが、清潔に選択したタオルを使うようにするべきです。使い古しのタオルでは、タオルの繊維の中に雑菌などが潜んでいて、ニキビが悪化する恐れがあるからです。

 

 

 

スポンサーリンク