治験ならニキビの最新治療薬が試せるらしい・・・

 

 

この記事を見ている方の中にも、以前からニキビ治療薬は使用しているけどなかなか効果が出ないという方もいるのではないかと思います。ニキビの原因も人それぞれですから、なかなか従来の治療薬で効果が出ない時もあります。

 

そんな時にどうするかという事ですが、もしですが、市販されていない最新のニキビ治療薬が試せると言ったら興味はあるでしょうか?それもですが、ボランティアと言っても協力費という形で謝礼が出るのです。それがこの記事で紹介する「治験」というものです。興味あればですが、参考にして下さい。

 

 

 

ニキビの最新治療薬を試せる?それも謝礼がもらえてしまう?

 

この記事を見ているという事は、恐らくですがニキビに有効な治療薬はないかなと思っての事と思います。しかし、現実的な話をすると、従来のニキビ治療薬というのは効果がある方もいれば、なかなか効果が出ないという方もいるのも事実です。そして、ニキビが治らないと嘆いている方もいるのも事実です。

 

そんな時に、もしですがまだ市販されていないニキビ治療薬が試せると言ったら、この記事を見ているあなたは興味あるでしょうか?それもですが、ボランティアという形ですが、協力費として謝礼までもらえるのです。それがこの記事で紹介する「治験ボランティア」というものです。

 

先ずは、治験というものが何なのかを以下に解説していこうと思います(^^)/

 

 

治験とは何なの?それって、怪しくないの?

 

普段私たちが、使用しているしはんやくといのは開発されてそのまま商品化されている訳ではありません。市販薬を開発する製薬会社が莫大な費用をかけて、その薬の効果や安全性をテストしているのです。そして、それが証明されてから、初めて私たちが使用できるように商品化されるのです。

 

当たり前の事ですが、医学に絶対はありません。開発した薬にどの様な効果があるのか、また、副作用がないのかは研究だけでは分からない点も多くあります。そこで、多くの一般の方に試験的にその薬を使用してもらい、効果があるのか、副作用がないのかなど、様々なテストを行っているのです。これが治験というものです。

 

勿論、治験を行ったからと言ってニキビが治るかどうかは別の話ですが、今まで市販のニキビ治療薬で効果がなかった方にとっては興味深い内容ではないかと思います。

 

⇒ ニキビ・アトピー治験ボランティア

 

 

治験はボランティアですが協力費が支給されます!!

 

上記の内容は実際にニキビの治療で、治験に参加した場合の協力費の内訳です。あくまで目安なのですが、かなり治療費が軽減される事が分かります。ですから、治験に参加するのは経済的な軽減にもなるのです。因みにですが、上記に参加されている方は主に20~90歳までの幅広い年齢その方だという事です。

 

参加される方の傾向を見ていると、ニキビ治療がしたいのと、アルバイトを気軽にしたいという両方の希望がちょうどかなえられるという事らしいのです。ですから、ただ、ニキビと悩んでばかりではなく前に向きに治験を考えてみてはどうかなと私も思います。どうでしょう、この記事を見ているあなたは??

 

⇒ ニキビ・アトピー治験ボランティア

 

 

治験に関する不安や疑問をまとめてみると!?

 

Q:治験のメリットを簡単にまとめると?

A. 治験に参加すると皮膚科での一般の治療より詳しい検査を行い、綿密な治療を受ける事が可能です。また使用する薬代や治験に関連する検査が経済的な負担なく受ける事ができます。そして、何より自分のニキビの症状が世の中の役に立つのは、人としてよろこびになるのではないでしょうか?

 

Q:治験ボランティアはアルバイト/バイトじゃないの?

A. 治験ボランティア参加は負担軽減費(謝礼金)の支給がありますが、法的にはアルバイト/バイトという括りではないのです。これは治験参加者の時間的拘束や、交通費などの負担を軽減する目的でお支払いするもので、治験協力費などとも呼ばるもので、アルバイトやバイトなどの給与とは異なります。

 

Q:治って、なんだか人体実験みたいだけど?

A. 治験と人体実験の根本的な違いは本人の医師です。基本的に治験は本人の意思がある事を確認し、健康診断など最善の配慮の元行われます。それに対し人体実験とは、本人の意思とは関係なく強制的に行われるものです。その為、人体実験を人減で行う事はほぼなく、動物で代用するが殆どです。

 

Q:治験って安全ですか?副作用は?

A.厳密に言えば、どんな薬でも絶対という事はありません。少なからず副作用の可能性はあります。 例えば風邪薬を飲んだら「眠くなることがある」、これも副作用です。現在、既に承認され世の中に出回っている医薬品(市販薬)であっても、服用する人の体質や他の薬との飲み合わせにより、副作用が発生することが判明しています。

 

Q:プラセボって何の事ですか?

A.、見た目や臭いなど治験薬と全く変わらない有効成分を含まない薬のことをいいます。 人は、「くすりを飲んだ」という安心感から、プラセボだと知らずに飲んだ薬でも、半数位の人が治ってしまう事があります。 この「病は気から」の要素を排除し、治験薬の効果を客観的にみるため、比較する薬としてプラセボが使われる場合があります。

 

Q:もし治験で副作用が出たらどうなるの?

A.治験薬の副作用などにより、何らかの健康被害が生じた場合には、治験薬との因果関係が否定できない場合に限り、治験依頼者(製薬メーカー)から補償を受けることができます。 ただし、通院途中の交通事故や入院中の給食による食中毒などに起因した健康被害は、対象外(運行管理責任者及び給食業者の賠償責任)となります。 

 

⇒ ニキビ・アトピー治験ボランティア

 

スポンサーリンク