うなじニキビが赤く腫れて痛い!痒い!原因はなに?

 

ニキビというと体の色々な場所にできます。基本的には皮脂腺が多い、背中、デコルテ(胸元)、二の腕にできる事が殆どの様です。ですが、それ以外の場所にニキビができて悩んでいる方も、決して少なくないと言われてます。この記事ではそんな方向けに「うなじニキビ」についてまとめてみようと思います。

 

うなじニキビというと、「そんなところにできるの!?」と疑問にできる方も多いようですが、実際に悩んでいる方が多いのです。もしかしたら、今、この記事を見ているあなたもそうではないかと思うのです。うなじニキビの原因を以下にまとめてみたので、ぜひ参考にして下さい(^^)/

 

 

うなじニキビの原因は、そもそもホルモンバランスが!?

そもそもですが、うなじにニキビが何でできるのかということぉ触れておきます。人間の身体には元々、性ホルモンが備わっています。アンドロゲン(テストステロン)に代表される男性ホルモン、卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)といった女性ホルモンがあります。

 

男性ホルモンと女性ホルモンと聞くと、どちらか一方しかないのではと思われがちですが、実は誰しも両方のホルモンを備えているという事です。つまり、男性でも女性ホルモンを備えてしますし、女性でも男性ホルモンを備えているという事です。この両者のバランスが保たる事で私たちは健康に生活する事ができるのです。

 

ただ、生活習慣など何らかの理由でそのホルモンバランスが崩れる事があります。男性ホルモンの分泌が過剰になると、皮脂を分泌する皮脂腺が増大し、分泌される皮脂量が多くなります。そうなると肌は脂っぽくなり(脂肪肌・オイリー肌)になり、毛穴に詰まった皮脂が角栓と混ざり合ってコメド(面皰)が形成される事になるのです。

 

また、男性ホルモンが過剰分泌されると角質も固くなるので、余計に毛穴に皮脂や角質の汚れが詰まりやすくなるのです。そしてそこにニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖するのです。アクネ菌は嫌気性で、脂肪を好む性質があります。ですから、毛穴に詰まった皮脂はまさにニキビができやすい環境なのです。

 

うなじニキビの原因:食生活の乱れ!

 

現代は各地にコンビニや大手スーパーなどができて便利になりました。真夜中にコンビニで買ったものを間食したり、夜食べ食べるという事も珍しい話ではないです。ですが、便利なのとは裏腹に食生活の乱れは今や社会問題とも言えるでしょう。

 

ニキビの改善にはビタミンを代表とする栄養が欠かせません。栄養をしっかりと摂取する事で体内から栄養を取り込み、それが血液を通して毛細血管に運ばれ、肌細胞の生まれ変わりを促進するのです。つまり、食事は肌の代謝を促すためには欠かせないのです。ですが、間食などで満腹感を得ても栄養が摂れているとはいいがたいです。

 

また、規則正しい時間に食事をしないと、自律神経の乱れにもなり先ほど触れたホルモンバランスの乱れにも繋がります。そして、感触が多いと腸の全糖運動が促されないので便秘を引き起こす可能性も高くなり、余計にニキビができやすくなります。詳しくは( ⇒ ニキビと便秘の関係性についてはこちら!! )を参考にして下さい。

 

うなじニキビの原因:夜更かし・睡眠不足!

 

次にうなじニキビの原因として挙げるのは夜更かしや睡眠不足です。ニキビの改善には早寝早起き・しっかりと睡眠時間を確保する事は大切です。睡眠中に栄養が皮膚に補給され、新しい細胞に生まれからるからです。肌の代謝を促進させるという事です。

 

皮膚の再生や栄養補給のためには、おおよそですが8時間は睡眠時間を確保したいところです。「1日に4~5時間くらいの睡眠でも全然平気!!」という方が偶にいます。確かにその方は仕事など頑張っているでしょうが、肌の健康を考えると決して良いとは言えません。現に人間の寿命で長生きする方には7~8時間の睡眠だという方が多いという統計もあるくらいです。

 

では、夜更かししたら昼間まで寝たりとか、常日頃睡眠不足だから休日にまとめて睡眠をとるとどうなのかという事です。ですが、これでは早な早起きで、しっかりと睡眠時間を取った方の様にはいかないのです。肌の再生が最も活発なのは夜10時から夜中の2時と言われ、これを「ゴールデンタイム」と呼ぶ方もいるのです。

 

ですから、残業だったり、夜勤で睡眠時間がくるっているという方は肌の健康には尚更気を付けるべきです。また、食事同様に睡眠時間の乱れもホルモンバランスが乱れる原因になります。自律神経失調症の方も多いので、気を付けたいところです。

 

 

うなじニキビの原因:会社などのストレス!

 

実はですが、これがニキビの最大の原因かもしれません。会社のストレスというものは本当に厄介です。なぜなら自分で改善しようがないケースも多々あるからです。仕事をしっかりやっていても上司の嫌がらせや理不尽に叱責さえる事もあります。現にこの記事を書いている私も経験があるので、すごく痛感します・・・

 

ストレスというのはホルモンバランスを乱すだけでなく、私生活のいたるところで支障をきたします。例えば、イライラが原因で過食に走ったり、不安で睡眠に陥る方も少なくありません。上記のような睡眠用のサプリなどで補う事もできますが、やはり最終的にはストレスを取り除かないといけません。

 

食事、睡眠の乱れのおおもとがストレスというケースは多いです。私としてはイヤな職場や上司であれば、転職しても良いのではと思っています。生活あっての仕事ですよね(苦笑)

 

うなじニキビの原因:間違ったスキンケア!

 

そして、うなじニキビの悪化で思いつくことと言えば、やはり間違ったケア方法を続けている方が多いという事です。例えば、ニキビの炎症部をゴシゴシ擦ってしまう方がいます。肌の衛生状態を保つ頃は大切ですが、これでは逆に炎症部を刺激して余計に悪化汗てしまいます。それに最近は無添加とか、ノンシリコンといったスキンケア商品が販売されていますが・・・

 

そもそもですが、シャンプー、ボディソープ、リンスなど全て化学的に尽くされているものですから、無添加などという事はないのです。ある特定の添加物を排除しているだけで、無添加と謳っているものも数多くあるのです。それらのスキンケア商品をすり込むように洗っている方がいるのですから、うなじニキビも治りにくいはずです。

 

もしですが、ニキビで炎症が治らないという時は、市販のボディソープより固形石鹸の方が良いと言われています。理由は合成界面活性剤や合成ポリマーなどの添加物のリスクが低いからです。

 

 

うなじニキビの原因:服が擦れている!!

 

うなじニキビは場所特有の問題もあるかもしれません。なぜなら、服との摩擦で擦れてしまうからです。仕事でどうしてもスーツを着用しないといけないという方もいるでしょう。ですが、普段着などはおしゃれよりも先ずは摩擦が起きない記事の柔らかいものを選ぶべきです。例えば木綿のインナーを着るだけでも良いでしょう。

 

化学繊維の服はおしゃれかもしれませんが、摩擦も起きやすいと言われています。また、髪型も関係するかもしれません。髪が常に触れれば、ニキビの原因菌が髪につき他の場所にも付着する可能性もあります。また、髪の付いた整髪料が垂れてうなじに付着すると、添加物がそのまま炎症部に浸透する可能性もあります。

 

何気ない服装でも、こまめにチェックしておきたいところです。そして、以上のことでうなじニキビの原因は全てではないという事も覚えておきたいところです。上記内容はほんの一例です。他にもまだまだうなじニキビの原因は隠れていきます。思い当たるところは、改善を積極的に行うべきでしょう(^^)/

 

 

スポンサーリンク